Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

横浜型リビングラボに向けて

1,422 views

Published on

ソーシャルイノベーションの実践

『横浜から新しい市民のライフスタイルを創発する 』
2016.6.29 @ 富士通エフサスみなとみらい Innovation & Future Center
FCAJ 2016年度第3回ミーティング(Day2) <第2部>

Published in: Business
  • Be the first to comment

横浜型リビングラボに向けて

  1. 1. ソーシャルイノベーションの実践 ~ 横浜から新しい市民のライフスタイルを創発する ~ ケア革新と働き方改革を中心に 2016.6.29 @ 富士通エフサスみなとみらい Innovation & Future Center FCAJ 2016年度第3回ミーティング(Day2) <第2部> (進行・WS設計) エーザイ株式会社、富士通研究所、株式会社ワークハピネス (会場提供) 富士通エフサス
  2. 2. 1. セッションの背景 (13:05~13:20) 紺野先生(FCAJ理事長) 高山さん(エーザイ執行役員) 2. 横浜市の課題意識 (13:20~14:00) 関口さん(横浜市政策局)、ゲスト(7名)自己紹介 ------(休憩 10分)------ 3. ワークショップ(前半) (14:10~16:00) ゲストの話を起点として(感情から生まれるニーズ) ------(休憩 10分)------ 4. ワークショップ(後半) (16:10~17:10) ゲストの話を起点とした「チャレンジ」の整理 5. 共有・ラップアップ (17:10~18:00) 本日の流れ(概要)
  3. 3. NPO法人 五つのパン、いのちの木:岩永俊郎さん 特別養護老人ホーム 和みの園:木内菜穂子さん Local Good Yokohama:杉浦裕樹さん アンブレラ関内:宮嶋真希子さん 横浜市市民活動支援センター:関尾潤さん 港北区地域子育て支援拠点ドロップ:畑中祐美子さん 日本エーラスダンロス症候群協会:和久井真糸さん 本日のゲスト(横浜市の7名のステークホルダーのみなさん)
  4. 4. ゲストの話を起点として(テーブル毎) ① アイスブレーク (気持ちを話す練習) ② ゲストトーク (写真+感情) ③ ゲストトークの整理 (感情=>機会) 3. ワークショップ(前半) (14:10~16:00) (気持ちを話す練習)
  5. 5. 3. ワークショップ(前半) ① アイスブレーク 子育てや家のこと、仕事のことで、 嬉しかったことや腹が立ったことは? (最近のことでも、これまでのことでも) (2人ずつのペアーで) 聞き手が受け取ったメッセージを 感情リストから選んで、 話し手に返してあげてください (気持ちを話す練習)
  6. 6. 3. ワークショップ(前半) ② ゲストトーク ゲストの活動の話を伺います。 (15分程度) ゲストは、 ① 普段の活動のWhatではなく、 ② 普段、活動で接している『人たち』の ことを具体的にお話ください。 聞き手も、ゲストの活動ではなく、活動で接する人 たちの『気持ち』に意識を向けてください
  7. 7. 3. ワークショップ(前半))③ ゲストトークの整理 ゲストトークの中で感じた気づきを 「感情リスト」 「ニーズリスト」から選び、 ポストイットに書いてください。 正と負の感情 => 心のニーズ ポジティブ ネガティブ ニーズ
  8. 8. 3. ワークショップ(前半)② ゲストトークの整理(d) グループのメンバーは、 ゲストトークの中で感じた気づきを 感情リストから選んで書いてください。 (ネガティブとポジティブ) ポジティブ ネガティブ ニーズ
  9. 9. 3. ワークショップ(前半)② ゲストトークの整理(続き) ニーズの背景や前提となる 『状況(コンテクスト)』 『機会(オポチュニティ)』 について話をしてください。 ポジティブ ネガティブ ニーズ 状況 機会 ゲスト名、テーブル参加者名
  10. 10. 3. ワークショップ(前半)③ シェア  ハンク・クーネさんからのコメント  他のテーブルの内容のシェア(ジグゾー) 20
  11. 11. ゲストの話を起点として(テーブル毎) 4. ワークショップ(後半) (16:10~17:10) (『チャレンジ』自体をプロトタイプする) (ゲストと一緒に新しいチャレンジを創出する) (粒度はあまり気にしない) 『感情』『ニーズ』『状況』『機会』から、 今後、横浜市のリビングラボで取り組むべき 『チャレンジ』を文章で記述してみる。 次のヨコハマでの活動(プロセス)の入り口として
  12. 12. 5. 共有・ラップアップ 1) 各テーブルから全体に、『チャレンジ』を共有 2) テーブル毎に、現在の『感情』を共有 3) 7人のゲストの感想を、全体で共有 4) 関口さんからのクロージングを、全体で共有 20 午後のセッションに対する司会からのお礼 FCJAとしての2日間のラップアップ

×