日本老年社会科学会 2014.06.07

744 views

Published on

2014.06.07 日本老年社会科学会 第56回大会 「自主企画フォーラム I」

Published in: Services
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
744
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
7
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • 旧来の言い方をすれば、『高齢化社会の潜在課題と新サービスの発見』であり、『認知症という課題』
    認知症という問い × フューチャーセンター
  • 日本老年社会科学会 2014.06.07

    1. 1. 高齢になっても安心して暮らしていける まちは本当に実現できるのか? http://www.facebook.com/makoto.okada okadamkt@jp.fujitsu.com 富士通研究所 R&D戦略本部 岡田 誠 2014.06.07 老年社会科学 第56回大会「自主企画フォーラム I」
    2. 2. 【私の仕事】 オープン・サービス・イノベーションの推進 【大切にしていること】  セクターを越える 境界を越える  問い
    3. 3. 【セッションの問い】 高齢になっても安心して暮らしていける まちは本当に実現できるのか? ちょっと モヤモヤ 行動に 分解しにくい 行動の結果の 変化がみたい
    4. 4. 富士宮プロジェクト・ビデオ 富士宮での「高校生」×「富士宮駅前商店街・十六市」の活動を映像化したもの https://vimeo.com/89067319
    5. 5. 【高校生への問い】 古い写真を使ってさ、十六市で なにかしてくれないかなぁ。
    6. 6. “肩を寄せ、同じものをみる” 大切さ
    7. 7. “聞いて書き留めて貼る” 役割の大切さ
    8. 8. 地域寄合処 市役所 社会福祉協議会 商店街おかみさん会 地元新聞社 写真愛好家 高校生 先生 足りなさから生まれることがある
    9. 9. 高齢になっても安心して暮らしていける まちは本当に実現できるのか? 理想 現実 変化 【提案】  関わる人のスコープを広くとる  3%の変化でいいと割り切る

    ×