Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

OpenIDファウンデーション・ジャパンKYC WGの活動報告 - OpenID Summit 2020

880 views

Published on

OpenIDファウンデーション・ジャパンKYC WGの活動報告
富士榮 尚寛 - 一般社団法人OpenIDファウンデーション・ジャパン 理事

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

OpenIDファウンデーション・ジャパンKYC WGの活動報告 - OpenID Summit 2020

  1. 1. OpenIDファウンデーション・ジャパン KYC WGの活動報告 2020/01/24(金) OpenIDファウンデーション・ジャパン理事 KYC WGリーダー 富士榮 尚寛 (伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)
  2. 2. 自己紹介 • 役割 • OpenIDファウンデーション・ジャパン/理事、KYC WGリーダー • 米国OpenID Foundation/eKYC and Identity Assurance WG Co-Chair • 書き物など • Blog:IdM実験室(https://idmlab.eidentity.jp) • 監訳 : クラウド時代の認証基盤 Azure Active Directory 完全解説 • 共著 : クラウド環境におけるアイデンティティ管理ガイドライン • その他活動 • 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)デジタル・アイデンティティWG • Microsoft MVP for Enterprise Mobility(Jan 2010 -) • LINE API Expert (Feb 2018 -) • Auth0 Ambassador(Sep 2018 -) Copyright 2020 OpenID Foundation Japan - All Rights Reserved. 2
  3. 3. OpenIDファウンデーション KYC WG • 2019年1月より第1期活動開始 • 本人確認・KYCの現状の課題の分析を通じて次世代KYCのあるべき姿、法令や ガイドラインとして調整・整備すべき事項、およびOpenID Connect等のID連携 標準が具備すべき機能の洗い出し・検討を行い、社会実装へつなげていくための きっかけを作ることを目的として活動している。 • 月次+アドホックでミーティング開催、各種勉強会~検討を実施 • 以下の2チームに分けて各種調査~検討 • ポリシーチーム(TRUSTDOCK菊池さん):法律やガイドライン • Techチーム(OSS Tech濱野さん):関連技術 • 現在、第2期の活動検討中 Copyright 2020 OpenID Foundation Japan - All Rights Reserved. 3
  4. 4. WG参加企業(26企業、60名) Copyright 2020 OpenID Foundation Japan - All Rights Reserved. 4 ご協力いただき ありがとうございました!
  5. 5. 立ち上げの背景(モチベーション) • 身元確認、本人確認に関する各種課題 • 身分のロスト・詐称、難民、テロ支援 • グローバル化に伴う学位のポータビリティ • マネーロンダリング、テロ支援対策 • グループ経営の多角化 • 金融、証券、キャリア • デジタル化、オンライン化 • 電子決済、口座開設 • 官民ワンストップ • アイデンティティとの関連? • Identity on Blockchain、Self Sovereign Identity Copyright 2020 OpenID Foundation Japan - All Rights Reserved. 5 モヤっとしていて よくわからない!!
  6. 6. 背景)SDGsを絡めて良く出てくる話 • 16.9 : 2030 年までに、すべての人々に出生登録を含む法的な身分証明を提供する • 約20億人が正式な金融サービスを使っておらず、貧困層の大人の約半数が銀行口座を持っていない。 • 出典)World Bank Group • 戸籍がない人は確実に存在するのです。きちんとした統計はどこにもないので、1万人というのは「最低 限、確実にそのぐらいはいる」という数字です。 • 出典)日本の無国籍者 Copyright 2020 OpenID Foundation Japan - All Rights Reserved. 6
  7. 7. 背景)無戸籍者、移民の話 Copyright 2020 OpenID Foundation Japan - All Rights Reserved. 7 戸籍がない人は確実に存在するのです。きちんとした統計はどこにもないので、1 万人というのは「最低限、確実にそのぐらいはいる」という数字です。実際には もっとたくさんいると思います。出生届が出せないなどの事情で、一時的に無戸籍 になったことのある人を含めて累計すれば、20年間で6万人いることになるんです。 出典)日本の無戸籍者/井戸まさえ著 厚生労働省の集計によると、いま日 本では約128万人の外国人が働いて いる(2017年10月時点)。これは届 出が義務化されてから過去最高の人 数であり、この10年で倍増している。 出典) http://gendai.ismedia.jp/articles/- /56296
  8. 8. Copyright 2020 OpenID Foundation Japan - All Rights Reserved. 8 背景)デジタル化 • オンラインで本人確認書類の提出 • オンライン、スマホ決済
  9. 9. 背景)犯収法、官民ワンストップの話 Copyright 2020 OpenID Foundation Japan - All Rights Reserved. 9 犯収法改正 口座開設時の本人確認方法の見直し • 身分証+本人の画像・動画の送信 • すでに本人確認済みの別の金融機関に照会 • 既設の口座への振込み+通帳の写しの送付 世界最先端IT国家創造宣言 ・官民データ活用推進基本計画 の変更について (2018年6月15日閣議決定) 多くの国民が利用し、生活に影響の大きい ライフイベントである介護、死亡・相続及 び引越しの際に必要となる諸手続のワンス トップ化を推進し、手続負担の軽減を図る。 介護に係る手続は平成30年度から、死亡・ 相続と引越しについては平成31年度から、 順次サービスを開始する。
  10. 10. 海外事例)学位の電子化 Copyright 2020 OpenID Foundation Japan - All Rights Reserved. 10 • 大学で発行され、DIDで署名された学位を就職先やプロフェッショナル・ネットワークへ提示する • 就職先の企業やプロフェッショナル・ネットワークは発行元の検証を行う 出典)Decentralized Identity for a Decentralized World Alex Simons, Microsoft, EIC2018
  11. 11. 海外事例)KYC共有化 Copyright 2020 OpenID Foundation Japan - All Rights Reserved. 11 • テレコムの持っている契約情報を利用することでオンボーディングプロセスの短縮 • 2018年は他の事業者とも連携し、範囲を拡張 出典) Embracing Self Sovereign Identity for Albertans Mike Brown, ATB Financial, EIC2018
  12. 12. 海外事例)研修医の身元確認の電子化 Copyright 2020 OpenID Foundation Japan - All Rights Reserved. 12 控えめに見積もってもドク ターは年間25,000人日かけて 55,000人の研修医の身元確認 を行っている。 出典)Decentralized Identity for a Decentralized World Alex Simons, Microsoft, EIC2018
  13. 13. 実際にやろうとすると? • 犯罪収益移転防止法 • 割賦販売法 • 古物営業法 • 携帯電話不正利用防止法 • 出会い系サイト規制法 • 住宅宿泊事業法 • など Copyright 2020 OpenID Foundation Japan - All Rights Reserved. 13 各種要件の整理が必要 • 相互運用は現実的なのか? • どこまでデジタル化できるのか?
  14. 14. WGの目標と活動内容 【目標】 • KYCの共有化、デジタル化に関するホワイトペーパー・提言を作成・公開 する 【活動内容】 • KYCそのものの定義を整理する • 業界毎に適用される法令や要求事項を整理、相互運用の可否や障壁 を整理する • KYCとしばしば関連して語られるブロックチェーンや関連するアイデンティ ティ技術について実装モデル、実装手段を整理する Copyright 2020 OpenID Foundation Japan - All Rights Reserved. 14
  15. 15. スケジュール(案) • 2018年12月: • WGメンバー募集 • 2019年1月: • キックオフ、課題設定 • 以降、月1回を目途に会合を行う • 2019年1月~2019年6月: • 上記活動に関連する議論、課題検討、整理を行う • 2019年7月~2019年12月: • ホワイトペーパー等の文書を作成し、公開する Copyright 2020 OpenID Foundation Japan - All Rights Reserved. 15
  16. 16. スケジュール・進め方イメージ Copyright 2020 OpenID Foundation Japan - All Rights Reserved. 16 1~3月 4~6月 7~9月 10~12月 業務整理チーム 技術チーム 基礎知識習得 (KYCとは) 業界毎の要求 事項の整理 海外の実装例、 技術面の調査 共通化の課題 の抽出と整理 実装モデル 手段の整理 成果物 まとめ チーム分け 業界毎にサブ・ タスク化
  17. 17. ということで、本日成果物をリリースしました Copyright 2020 OpenID Foundation Japan - All Rights Reserved. 17
  18. 18. こちらからダウンロードできます Copyright 2020 OpenID Foundation Japan - All Rights Reserved. 18 準備できたら書きます
  19. 19. 成果物の紹介:目次 • はじめに • KYCの定義 • 国内事業者におけるKYCの現状 • 次世代の目指すべきKYCの姿に向けて • KYCに関する要素技術の調査 Copyright 2020 OpenID Foundation Japan - All Rights Reserved. 19
  20. 20. KYCの定義 • 本人確認(KYC)とは • FATFの勧告を参考に整理 • 自然人を対象(法人は対象外) • CDDを対象(Enhanced CDDは対象外) • Onboardingを対象(Ongoingは対象外) • 本人確認、当人確認、ID連携の整理 Copyright 2020 OpenID Foundation Japan - All Rights Reserved. 20 FATF:Financial Action Task Force CDD(Customer Due Delicense):顧客の本人確認 Enhanced CDD:顧客の職業、収入、資産、反社確認など
  21. 21. 国内事業者におけるKYCの現状 • 業種ごとに適用される法律とKYCに関する要件の整理 • クレジットカード事業者 ⇒ 犯罪収益移転防止法 • 仮想通貨交換業者 ⇒ 犯罪収益移転防止法 • 携帯電話事業者 ⇒ 携帯電話不正利用防止法 • 古物取引事業者 ⇒ 古物営業法 ※その他、電子署名法、出会い系サイト規制法、外為法などについて調査 • 国内のソリューションベンダが提供するKYCソリューションの紹介 • NTTドコモ様:本人確認アシストAPI • オープンソースソリューションテクノロジ様:LibJeID • KDDI様:本人確認支援サービス • 日本電気様:本人確認サービス「Digital KYC」 • TRUSTDOCK様:KYC as a Service Copyright 2020 OpenID Foundation Japan - All Rights Reserved. 21
  22. 22. 次世代の目指すべきKYCの姿に向けて • 海外のKYCサービスの動向 • 政府、銀行、携帯電話事業者が提供するKYCサービスの調査 • 理想のKYCの定義 • 制度 • 認知 • カバレッジ • UI/UX • セキュリティ • コスト の側面から検討 Copyright 2020 OpenID Foundation Japan - All Rights Reserved. 22
  23. 23. KYCに関連する技術要素の調査 • オンラインにおける本人確認のための技術 • 本人確認書類の画像送信+本人の容貌の画像送信 • ICカード読み取り+本人の容貌の画像送信 • 公的個人認証 • OpenID ConnectとKYC • OpenID Connect for Identity Assuranceの紹介 • 祝日本語化!(翻訳・教育WG) • https://openid-foundation-japan.github.io/openid-connect-4-identity- assurance-1_0.html • コラム • 本人確認書類に使われる文字 • Decentralized Identifierとは Copyright 2020 OpenID Foundation Japan - All Rights Reserved. 23
  24. 24. KYC WGは継続して活動していく予定です • OpenID Foundation eKYC and Identity Assurance WGとの連携 • 国内におけるOpenID Connect for Identity Assuranceの適用検討 などなど Copyright 2020 OpenID Foundation Japan - All Rights Reserved. 24 是非、ご参加ください お問い合わせはこちらまで contact@openid.or.jp

×