Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

アジャイルとクラウドの『危険なカンケイ』

1,354 views

Published on

ビアバッシュ!KDDIの技術の裏側見せます!~アジャイル、クラウド、大規模ネットワーク編~ - dots. [ドッツ]
https://eventdots.jp/event/602207
の発表スライドです(一部添削)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「アジャイルとクラウドの「危険なカンケイ」」
大橋 衛 氏

AWSに代表されるPublicクラウドの登場によって、これまでアプリレイヤでしか実現できなかったアジャイル開発をインフラを含めたシステム全体に対して適用できる時代になりました。
しかし、クラウドの進化は、ただのオンプレミスの代替に留まりません。
クラウドの世界において今まさに急速に進化が続けられている「あらゆるインフラレイヤの抽象化」は、我々システムエンジニアに対してスキルセットとエンジニアリングの転換を強く迫ってきています。
2016年10月より弊社にてスタートした「アジャイル開発センター」での取り組みを軸に、クラウド業界の最前線にいると自負する私から見たクラウドの進化、アジャイルとの密接な関係、そして我々システムエンジニアが今後どういった志向を持って未来へ歩んでいけばよいのか?をご紹介させて頂きます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Published in: Technology
  • Be the first to comment

アジャイルとクラウドの『危険なカンケイ』

  1. 1. Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved アジャイルとクラウドの 『危険なカンケイ』 2016年10月25日 KDDIの技術の裏側見せます! 〜アジャイル、クラウド、大規模ネットワーク編〜
  2. 2. Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved 「KDDIの技術の裏側見せます!」 というタイトルに反して、、、、 私のセッションでは 技術の話は一切しません! ごめんなさい。。。。。 1
  3. 3. 自己紹介 Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved 2 大橋 衛(オオハシマモル) 1974/10/01(42歳) アプリエンジニア12年 インフラエンジニア4年 クラウドエンジニア3年(=AWS歴) AWSコンサル/セキュリティ監査 クラウドアーキテクト 家族:妻、娘2人、両親、祖母 趣味:スノーボード、読書、DIY 絶賛本名プレイ中 @mamohacy http://blog.mamohacy.com/
  4. 4. AWS Summit Tokyo 2016に登壇しました Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved 3 http://cloudblog.kddi.com/iaaspaas/4279/
  5. 5. アジャイル、 やってますか? Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved
  6. 6. グローバルのトレンド Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved 5 【導入の効果Top4】 ①優先順位による柔軟な変更管理、②生産性向上、③プロ ジェクトの可視化、④チームのモチベーション向上 出典:VERSIONONE 9th ANNUAL State of Agile Survey 2015 海外ではアジャイル開発などの新たな開発方法が主流
  7. 7. 国内のトレンド Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved 6 リクルート、楽天をはじめとする先進的Web系企業のみではなく、金融、自動車、鉄鋼業でのエ ンタープライズ系システム開発に本格的な導入が始まっている。 導入事例 • トヨタ自動車 • アクサ生命 • 東京海上日動 • 神戸製鋼 • JFE ここ数年で、大手企業が積極的に採用 約50%がアジャイル開発案件となっている(NTT-DATA調査)
  8. 8. 一方で・・・・ Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved 7 実際に導入したが、継続してAgile開発を行っている 企業は全体の30%強程度というデータもある 出典:一般社団法人PMI日本支部 アジャイル プロジェクト マネジメント 意識調査報告 2015 36% 31%
  9. 9. クラウド、 使ってますか? Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved
  10. 10. グローバルでの市場動向 Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved 9 2016年度の世界のパブリッククラウド市場予測では、2040億ド ルもの規模に到達。 2015年からの1年間で16.5%もの成長が見込まれている。 出典:ガートナー社 パブリッククラウドのセグメント別市場規模 2016年1月25日 16.5%
  11. 11. 一方、国内では Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved 10 この5年間で6ポイント近く上昇し、全体平均で16.1%の採用率 ただし2015年比では0.3%の微増に留まる 出典:ガートナー社 クラウド・コンピューティングに関する調査 2016年4月 16.1%
  12. 12. KDDIの選択 Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved 11 1. Agileの利用を継続的に行っている国内の IT企業はまだ半数にも遠く及ばない 1. Cloudの採用率に至っては国内全体の1/6程度 しかも伸び悩んでいるようにも見える しかし KDDIは Agile も Cloud も 正式に採用することを決めた
  13. 13. ナゼ? Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved
  14. 14. KDDIが Agileを選んだ理由 Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved
  15. 15. KDDIがAgileを選んだ理由 Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved 14 一、最初から誤差のない計画など立てられない 二、市場を取り巻く環境は常に変化し続けている 三、作られた機能の六割以上は使われない WaterFall型開発が無視し続けている課題を 避けられない現実として受け入れるため
  16. 16. ①最初から誤差のない計画など立てられない Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved 15 出典:プロジェクトの本質とは何か 日経ITPro 2013年10月 不確実性は初期段階では大きく、時間が経っていくことで 減っていく。ならば「進みながら計画を立ていくやり方」を 受け入れるしか他に方法がない 不確実性のコーン
  17. 17. ②市場を取り巻く環境は常に変化し続けている Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved 16 ?? 時間の経過とともに市場をとりまく環境はひたすら変わり続ける 。今日決めた要件は明日には陳腐化する可能性すらある。 「じっくり狙い撃つ」ことを最初から諦める
  18. 18. ③作られた機能の殆どが使われない Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved 17 最初に決めて作られたソフトウェアの機能のうち64%は「まった く使わない」か「めったに使わない」。ならば最も確定的で優先 度の高いものから作り、まず市場に出してみればいい 前進 漸進
  19. 19. KDDIが Publicクラウドを 採用した理由 Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved
  20. 20. KDDIがPublicクラウドを採用した理由 Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved 19 一、工期の足を引っ張る「インフラ開発」 二、規模変化に迅速に対応できない 三、Infrastructure As Codeの採用 インフラ開発工期の絶対的短縮と規模変化への リアルタイムな追従をコードで実装させるため
  21. 21. ①工期の足を引っ張る「インフラ開発」 Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved 20 開発全体の工期のうち、インフラの設計・調達・設置・SIにかか る割合はおよそ3割。容量設計も調達リードタイムも不要な Publicクラウドならインフラ開発工数を絶対的に削減できる 要 件 定 義 設 計 イ ン フ ラ 開 発 ア プ リ 開 発 試 験 導 入 / 移 行 開発全体の工期(100%) 限りなく0へ!
  22. 22. ②規模変化に迅速に追従できない Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved 21 システムへの想定外のアクセス急増があった時にその場でいきな り増強/増設が可能。さらに予測が外れたとしても全システムを クローズし費用をゼロにできるのはPublicクラウドだけ。 Public Cloud Only
  23. 23. ③Infrastructure As Codeの採用 Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved 22 システムを取り巻く状況の把握とそれに伴う構成変更をプログラ ムコードで実現させる。「ボタンひとつで云々」はPublicクラウ ドの魅力のほんの一握りでしかない。 出典:AWS January 2016 Webinar Series - Managing your Infrastructure as Code 2016年1月
  24. 24. Agile Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved ホンモノのAgility + Cloud =
  25. 25. ある社内案件の例 Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved 24 API Consumer-A Consumer-B Consumer-C Provider-1 Provider-2 Provider-3 Provider-4 Provider-5 Provider-6 Provider-7 MySQL memcached Proxy
  26. 26. ある社内案件の例 Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved 25 API Consumer-A Consumer-B Consumer-C Provider-1 Provider-2 Provider-3 Provider-4 Provider-5 Provider-6 Provider-7 MySQL memcached Proxy
  27. 27. Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved 26  インフラプロビ  インフラコンフィグ  インフラテスト  アプリケーション  ユニットテスト  結合テスト  上記のフロー制御 全てをコードで書けるから アジャイルで回せる!
  28. 28. ”怒り”から生まれたアジャイルとクラウド Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved 27 アジャイルとクラウドはどちらも現場で苦しむプログラマの苦悩 から生み出された"究極の現実解"。コーディング能力やアーキテ クティングと組み合わせてこそその効果が最大化される。 どちらもプログラマの"怒り"から生みだされた
  29. 29. Agile Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved 一度繋げて使ってしまったら もう2度と離れられない… もはや"麻薬"のよう と Cloud
  30. 30. エンタープライズ業界における システムエンジニア生存戦略 Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved
  31. 31. エンプラ業界でのシステムエンジニアの立ち位置 Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved 30 お 客 様 ユ ー ザ オ ー ナ ー シ ス テ ム エ ン ジ ニ ア デ ベ ロ ッ パ フィードバック サービス提供 要求事項 ・製品 ・ドキュメント ・ドキュメント ・マネジメント ・製品 ・ドキュメント ビジネス 判断 成果物 評価 ・設計 ・製造 ・試験 非常に長いターンアラウンドタイム オーナーの意図が作り手に伝わり難い
  32. 32. エンプラ業界でのシステムエンジニアの立ち位置 Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved 31 お 客 様 ユ ー ザ シ ス テ ム エ ン ジ ニ ア フィードバック サービス提供 要求事項 製品 ・設計 ・製造 ・試験 オ ー ナ ー ビジネス 判断 「フルスタック・エンジニ ア」 エンジニアも ビジネスサイド 志向へ!
  33. 33. 組み合せ型アーキテクチャ Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved 32 あらゆるレイヤーの仮想化が進めば、究極的にはインフラや実行環境は 作り手の意識から消えてなくなる。今後もSaaSは増え続けるから、最後は 「スクラッチ」と「SaaS」の組み合わせのバランス取りがキモになる 調べる 使う 作る 組み 合せる 生み出す OSS/プロプラ + フルスクラッチ SaaS + コンフィグ
  34. 34. 未来に繋がるエンジニアスキル Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved 33 どれが欠けても生き残るのは難しい 技術力 コミュ力 コーディング 力 好奇心 人脈力 会話力
  35. 35. まとめ Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved
  36. 36. Today’s Wrap-up 35 Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved  日本国内市場におけるAgile採用率は約35%、 クラウド採用率は約16%  Agileの本質は、製品の市場へのリーチを早め ユーザーニーズにずっと追随し続けること  Cloudの本質は、インフラをコードで書ける意味を理解 しソフトウェア開発のノウハウを活かすこと  エンプラ業界のエンジニアは高い技術力と強い好奇心、 そしてそれを支えるコミュ力が生き残りのカギ
  37. 37. One More Things....
  38. 38. Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved 僕たちは共に戦い、共に笑い、共に成長していく仲間を求めています! We are Hiring!
  39. 39. ここで募集してます! 38 Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved http://recruiting-site.jp/s/career-kddi-864/
  40. 40. アジャイル開発センターの設立 Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved 39 http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2016/09/07/2011.html 「アジャイル開発センター」
  41. 41. アジャイル開発センターの機能 Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved 40 アジャイル開発センターが保有する様々なリソースを共有化し KDDI内のアジャイル開発を支援・促進する
  42. 42. Publicクラウド( )の積極利用 Copyright © 2016 KDDI Corporation. All Rights Reserved 41 Privateクラウド(KCPS)も Publicクラウド(AWS)も まったく同じセキュリティ規準・規定で使えます! 社内セキュリティ規準に準拠  弊社セキュリティ規準をAWSに 当てはめて正式に準拠!  安全にAWSを使う方法と運用の 両方を整備 社内クラウド利用規定に準拠  「社内認定Publicクラウド」 としてAWSが利用可能に!  クラウド管理統制業務の運用 体制を整備
  43. 43. ご清聴有り難うございました!

×