Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

1人で始めた技術コミュニティ活動を1年で経営層に公認してもらうまで

480 views

Published on

2019/08/05に開催された「CMC MeetUp vol.13」にLT登壇させて頂いた際の資料です。
撮影禁止スライドは削除させて頂いています。ご了承ください。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

1人で始めた技術コミュニティ活動を1年で経営層に公認してもらうまで

  1. 1. 1人で始めた技術コミュニティ活動を 1年で経営層に公認してもらうまで 2019.08.05 CMC MeetUp Vol.13 LT
  2. 2. 2 大橋 衛(オオハシマモル) 1974/10/01(44歳) アプリエンジニア12年 インフラエンジニア4年 クラウドエンジニア5年 社内Techコミュニティプロデューサー 全社Publicクラウド適用戦略策定(CCoE) 5GサービスPF構築戦略策定 趣味:スノーボード、旅行、DIY KDDI株式会社
  3. 3. #TechOn東京 ハッシュタグ
  4. 4. Tech-on 〜Networking for Techies〜とは? 『技術者同士を、人と人とのネットワーキングで繋ぐ』 IT技術のナレッジは文書化されない/できない/陳腐化が早い ホンモノのナレッジは人と人との緩い繋がりの中にこそある
  5. 5. Tech-on/Tech-inが目指すもの 「KDDIへのコミュニティ文化の注入」 ・外の文化と触れ合うこと ・外のモノサシで内を見れること ・好きなことで輝ける場があること
  6. 6. すべては1枚の公募告知からはじまった
  7. 7. 2018.05.11 記念すべきキックオフ 合計27名もの参加希望が! キックオフも盛大に開催
  8. 8. KDDI社員 社外技術者 KDDI社員 KDDI社員 社外向けDevRel 社内向けDevRel
  9. 9. Tech-onイベント(社外向けDevRel)
  10. 10. Tech-inイベント(社内向けDevRel)
  11. 11. Tech-on/in活動 1年間の活動実績('18/05〜'19/05) 2018/05/11(金) キックオフ 毎週1回 DevRel事務局 週次定例会 毎週1回 コアメンバーによるコンテンツ検討会 隔週1回 DevRel戦略会議 (エヴァンジェリズム研究所 長沢氏との戦略議論定例会) #01 7/9(月) 「開発現場に効くサーバーレス」 #02 9/7(金) 「マネージドサービスだけに頼らないコンテナ基盤」 #03 11/12(月) 「Agile for Developers ~やってみよう!お作法だけじゃないアジャイルレシピ~」 #04 1/15(火) 「APIでつなぐ・つながるFinTecher」 #05 3/11(月) 「xR meets Everything~VR/AR/MRが変える日常と取り巻く技術たち~」 #06 5/13(月) 「What can AI(I) do?」 #01 8/20(月) 「挑戦者~渦に飛び込む者たち~」 #02 10/09(火) 「挑戦者Ⅱ~失敗を恐れず走れ~」 #03 12/10(月) 「挑戦者Ⅲ~ないしょの戦い教えます~」 #04 2/20(水) 「Tech in the young」 #05 4/24(水) 「平成最後のTech-in」 #00 12/07(金) 「AWS Recap & re:Invent 初参加報告会」 #01 2/07(木) 「社内事例から見るサーバーレスアーキテクチャー」 #02 4/18(木) 「AWSにおけるNWトラフィックの捌き方」 計14回開催
  12. 12. 参加者数推移 計 14回 で 延べ 1100人超 の参加者を動員! 0 200 400 600 800 1000 1200 累計参加者 参加者数 累計 1149名
  13. 13. 何をしてきたのか?
  14. 14. Tech-on/in運営指針 • ブランディングポリシーの明確化 • 社外コンサルの採用 • 中長期計画への組入れ • 期待値制御を入れた幹部報告 • プロモーション活動の徹底 • コミュニティ・マーケティングの実践 • アウトプットファースト • オフラインファースト • コンテキストファースト
  15. 15. Tech-on/in運営指針 • ブランディングポリシーの明確化 • 社外コンサルの採用 • 中長期計画への組入れ • 期待値制御を入れた幹部報告 • プロモーション活動の徹底 • コミュニティ・マーケティングの実践 • アウトプットファースト • オフラインファースト • コンテキストファースト
  16. 16. 中長期計画への組入れ AWS公認化時の知見は"コミュニティから得た" 技術者の最新情報追従には"コミュニティが命" 所属技術本部の中長期計画の柱に認定
  17. 17. • "初年度はデータ取りである"と開始前に定義 • KPIは目安/必達目標にしない • 上記内容を報告のたびに毎回掲示 • 報告義務を逆手に取りポジ情報だけを定期報告 • 定期開催/参加人数/部門数が都度上昇etc • 上長を通じ定期的に幹部へ報告 • 過度な期待抑止のためポジ情報は小出しに 期待値制御を入れた幹部報告
  18. 18. "社内の意識改革"のためのプロモーション 【Tech-on】あらゆるプロモーション手段を駆使  PV数やアクティブ率は現時点では無視  あくまでエゴサーチのための"種まき" 【Tech-in】社内露出の徹底  社内公的サイト登録/Techブログ構築  活動内容ではなく"登壇者"を推して評価に繋ぐ プロモーション活動の徹底
  19. 19. Tech-onではコミュニティ活動に必要なWebプロモーションを徹底網羅。主役の登壇者 にフォーカスが当たるよう工夫。例え今はアクセスが少なくても、後からエゴサーチさ れたときの強力な後押しになるので、我々はプロモーション活動を”種まき"と呼ぶ。
  20. 20. Tech-inは逆に社内公的ポータル設置やブログの構築、Web社内ニュースなどを徹底活 用してプロモーションを展開。ここでも主役は「登壇者」であり、発表内容はもちろん 所属部門/氏名/写真までも公開。承認欲求を満たし部署や個人の評価向上に努めた。
  21. 21. 経営層はどう見たか?
  22. 22. 経営層による「コミュニティ活動への支援表明」  不利益ゼロ&社員エンゲージメントが高まる活動を 止める理由が見当たらない  所属部門や自社のプレゼンス向上や内製力の向上が 期待できるなら尚更  「働き方改革」「SDG's」への寄与も支援の引き金に 経営層はどう見たか?
  23. 23. 経営層による「コミュニティ活動への支援表明」 社内から決裁権限を持つ支援者が登場 • フォロワーが躊躇なくコミュニティを立ち上げ可能に • 最早コミュニティ活動を咎める人は誰も居ない環境 社内に起きた”不可避な流れ”
  24. 24. 経営層による「コミュニティ活動への支援表明」 社内から決裁権限を持つ支援者が登場 自社に新しい文化の潮流を生み出した ・・・かな? 文化革命の成就へ
  25. 25. まとめ
  26. 26. どうやったのか? • 複数の大きな船に乗せる(大義名分の作成) • 定期的かつ期待値制御された上長報告 • 意識改革の為のプロモーションの徹底 どうなったか? ・経営層がコミュニティ活動を支援 ・決裁権限のある支援者が登場 ・会社にコミュニティ活動文化が花開いた
  27. 27. 詳細は下記にも書いてます♪ http://blog.mamohacy.com/entry/2019/07/05/114927 電磁波に撃たれて眠りたい! SlideShare(Mamoru Ohashi) https://www.slideshare.net/ohashimamoru
  28. 28. One more thing...
  29. 29. Are you ready to ’MOSH’!?

×