Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

of

"地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 1 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 2 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 3 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 4 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 5 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 6 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 7 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 8 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 9 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 10 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 11 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 12 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 13 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 14 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 15 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 16 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 17 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 18 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 19 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 20 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 21 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 22 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 23 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 24 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 25 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 26 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 27 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 28 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 29 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 30 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 31 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 32 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 33 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 34 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 35 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 36 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 37 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 38 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 39 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 40 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 41 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 42 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 43 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 44 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 45 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 46 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 47 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 48 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 49 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 50 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 51 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 52 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 53 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 54 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 55 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 56 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 57 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 58 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 59 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 60 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 61 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 62 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 63 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 64 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 65 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 66 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 67 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 68 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 69 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 70 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 71 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 72 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 73 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 74 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 75 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 76 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 77 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 78 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 79 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 80 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 81 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 82 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 83 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 84 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 85 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 86 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 87 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 88 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 89 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 90 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 91 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 92 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 93 "地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている Slide 94
Upcoming SlideShare
「納品のない受託開発」とエンジニアの働きかたのこれから
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

145 Likes

Share

Download to read offline

"地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている

Download to read offline

2014/2/1 DevLOVE四国の発表資料。

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

"地方エンジニア" という考え方はすでに終わっている

  1. 1. “地方エンジニア” という 考え方はすでに終わっている 2014年2月1日 株式会社ハートレイルズ 荻野 浩史(@ogin_s57)
  2. 2. 自己紹介 ゆるふわ.rb 創設者 Agile459 スタッフ Blog:ITエンジニアとして生きる
  3. 3. アジェンダ 終わりゆく “地方エンジニア” という考え方 “仕事力” を考える・・・その前に 在宅勤務から学ぶ信頼を得る “仕事力” まとめ
  4. 4. アジェンダ 終わりゆく “地方エンジニア” という考え方 “仕事力” を考える・・・その前に 在宅勤務から学ぶ信頼を得る “仕事力” まとめ
  5. 5. “地方エンジニア” と聞いて どのような印象を持ちますか?
  6. 6. わたしは何だか違和感を覚えます
  7. 7. なぜ “エンジニア” ではなく “地方エンジニア” なのか?
  8. 8. “地方” という言葉は “首都圏” との対比で使われている???
  9. 9. ※こんなイメージ 首都圏 地方
  10. 10. しばしば語られる 多額のIT予算を持つ企業や官庁が 集中する “首都圏”とそれに従属 する “地方” の構図
  11. 11. http://diamond.jp/articles/-/46790
  12. 12. 首都圏にIT産業が集中すれば 地方からエンジニアはいなく なるのでしょうか?
  13. 13. 労働集約的な考え方だとYES
  14. 14. 仕事のある場所に 仕事をこなす人がいる
  15. 15. 知識集約的な考え方だとNO
  16. 16. 仕事に必要な知識・技術を それを持っている人から集める
  17. 17. 有用な知識を集約出来るのであれ ば離れた場所であっても問題ない
  18. 18. 地方に住む我々は知識集約的な 方向へ歩を進めるべき
  19. 19. それをお膳立てするための 環境も整ってきている
  20. 20. Google Drive Hangouts! お膳立てする環境
  21. 21. 様々なクラウドの登場によって 地方⇄首都圏といった物理的な 距離は制約ではなくなりつつある
  22. 22. 物理的な距離が制約でなくなると どうなるのか・・・?
  23. 23. 物理的な距離を越えてでも 優秀なエンジニアと仕事がしたい という企業が出てきます
  24. 24. つまり日本中のエンジニアが 同じ土俵で能力を競い合う 大海賊時代がやってきます
  25. 25. 「オレの財宝か?欲しけ りゃくれてやる。探せ! この世のすべてをそこへ 置いてきた!!」
  26. 26. 「オレの財宝か?欲しけ この世のすべてを りゃくれてやる。探せ! この世のすべてをそこへ 手に入れられるかも?www 置いてきた!!」
  27. 27. 冗談はさておき・・・
  28. 28. その時代の到来と共に あなたは “地方エンジニア” ではなくなります
  29. 29. ロケーションが離れていても あなたを求めて仕事がやってくる
  30. 30. あなた自身が仕事を 勝ち取ってくるような時代
  31. 31. ワクワクしませんか?
  32. 32. ・・・とはいえ不安もあります
  33. 33. そのような時代で生き抜いていく ためには何が必要でしょうか?
  34. 34. わたしはこう思います
  35. 35. 技術力はあって当たり前 必要なのは信頼を得る仕事力
  36. 36. 仕事力とは・・・?
  37. 37. わたしの在宅勤務事例を通して 信頼を得る仕事力について 一緒に考えてみましょう
  38. 38. アジェンダ 終わりゆく “地方エンジニア” という考え方 “仕事力” を考える・・・その前に 在宅勤務から学ぶ信頼を得る “仕事力” まとめ
  39. 39. まずはざっくり在宅勤務の 雰囲気をお伝えします
  40. 40. 職場
  41. 41. 職場(2m×2m)
  42. 42. 離れたロケーション
  43. 43. 900km
  44. 44. 2パターンの仕事のしかた (メリット・デメリットと共に)
  45. 45. 顧客 ※1 顧客代理が開発スタッフに仕事を割り当てる ※2 開発スタッフは顧客代理とのみやりとりする 隔週の打ち合わせ 顧客代理 起票 issue単位で作業 開発スタッフ その1. 顧客代理パターン
  46. 46. メリット ・顧客代理がイイ意味で情報を精査出来る ・開発スタッフがやりとりするのは基本的に 顧客代理だけなので気兼ねしない
  47. 47. デメリット ・トラックナンバー1になりがち ・顧客代理がボトルネックになってしまう ・開発スタッフの自主性を生みづらい
  48. 48. 隔週の打ち合わせ 管理スタッフ 顧客 ※1 開発スタッフが顧客と直接やりとりする ※2 必要に応じて管理スタッフと相談しながら   進める 開発スタッフ その2. 開発スタッフ主導パターン
  49. 49. メリット ・トラックナンバーを増やせる ・クラウド上に情報を集約出来る ・開発スタッフの自主性を生みやすい
  50. 50. デメリット ・開発スタッフからは顧客の表情が読み取れ ないので思わず失礼なことをしてしまうかも ・開発スタッフの自主性がないと回らない (自らクラウド上の情報を追いかけてプロジェ クト全体の内容を整理したりボトルネックを推 測したりする等のスキルが必要)
  51. 51. アジェンダ 終わりゆく “地方エンジニア” という考え方 “仕事力” を考える・・・その前に 在宅勤務から学ぶ信頼を得る “仕事力” まとめ
  52. 52. 在宅勤務で出来ること
  53. 53. 密接な対話
  54. 54. 飲みニケーション
  55. 55. ソフトウェア開発
  56. 56. 在宅勤務で出来ること 密接な対話 飲みニケーション ソフトウェア開発 ➡対話や飲みではなく開発(仕事)を  通して信頼関係を築く
  57. 57. 在宅勤務で出来ること 問. 密接な対話 どうすれば開発(仕事)を通 飲みニケーション して信頼関係を築けるか? ソフトウェア開発 ➡対話や飲みではなく開発(仕事)を  通して信頼関係を築く
  58. 58. 在宅勤務で出来ること 答. 密接な対話 飲みニケーション 信頼される仕事をする ソフトウェア開発 ➡対話や飲みではなく開発(仕事)を  通して信頼関係を築く
  59. 59. 信頼される仕事をするために 大きく3つ重要なことがあります
  60. 60. (その1) 成果にコミットする
  61. 61. 成果とは?
  62. 62. このシステムのおかげで 請求書管理がとっても楽 になった 製造 成果 利用者A エンジニア ちょっとUIが分かりづら 利用者B くて使いづらいんだよ な∼
  63. 63. このシステムのおかげで 請求書管理がとっても楽 になった 製造 成果 利用者A エンジニア ちょっとUIが分かりづら 利用者B くて使いづらいんだよ な∼
  64. 64. 利用者にとっては重要なのは 「ソフトウェアで自分の問題を解 決出来るか?」であり、それが どんなテクノロジーで実現されて いるかは全く重要ではない
  65. 65. どうやってソフトウェアを製造す るか?ではなく、ソフトウェアを 通してどのような価値を利用者に 提供するか?にコミットする
  66. 66. (その2) トレードオフを考える
  67. 67. 価値を提供するスピードと技術 的負債のトレードオフを考える
  68. 68. エンジニアとしては技術的負債を 抱えないために拡張性の高い 無駄のないコードとしたい
  69. 69. でも利用者は待ってくれない ソフトウェアを早く届けることは それだけで価値がある
  70. 70. 早く届けることも技術的負債を 残さないこともどちらも大事 ちょうど良い着地点を見つける
  71. 71. (その3) 毎日成果を出す
  72. 72. 在宅勤務で1番避けるべき状態は 「何をやっているか分からない」 という状態
  73. 73. 作業している姿が見えないので 「今日は1日xxxの調査をしてました」 は通用しづらい
  74. 74. だってホントにやってたか どうか分からないでしょ?w
  75. 75. だから信頼される仕事をする ためには毎日少しずつでいいから 成果を出すことが大事なのです
  76. 76. そのために・・・ 1つの仕事を「2時間∼1日」 単位に分割する      
  77. 77. 利用者に価値が届けられる最小の 粒度かそれよりもう少し大きな 粒度で分割する ・帳票登録できること ・帳票出力できること ・etc...
  78. 78. 分割することで小さな価値を 毎日届けることが出来る
  79. 79. アジェンダ 終わりゆく “地方エンジニア” という考え方 “仕事力” を考える・・・その前に 在宅勤務から学ぶ信頼を得る「仕事力」 まとめ
  80. 80. 仕事力とは・・・?
  81. 81. 仕事を通して小さな信頼を積み 重ねていく我慢強さを持つこと
  82. 82. 成果にコミットし、小さな 成果を出し続けていくこと
  83. 83. ・・・だとわたしは思います
  84. 84. あなたの答えは出そうですか?
  85. 85. 本日は “地方エンジニア” というものが終わりゆく時代が やってくるという話をしました
  86. 86. ただし! 誰にでも等しくその時代が 到来することはないでしょう
  87. 87. あなたが望めばその時代は きっと到来するでしょう
  88. 88. あなたが望まなければその時代は きっと到来しないでしょう
  89. 89. あなたはその時代の到来を 望みますか?  望みませんか?
  90. 90. もしあなたが新しい時代の 到来を望んだ時、今日の話を ほんの少し活かしてもらえれば 嬉しく思います
  91. 91. 共に大海賊時代を懸命に 生き抜いていきましょう
  92. 92. 「お前がどこの誰だろうとおれはお前を越えていく」
  93. 93. やっぱり訂正。 1番大事なのは仕事力じゃなくて どんなことがあっても生き抜こう とする信念と志だと思います
  94. 94. ご清聴ありがとう ございました
  • ShusukeKamimura

    Aug. 14, 2017
  • U-MA

    Mar. 2, 2016
  • stoanebashibashi

    Feb. 14, 2016
  • tetsuoyutani

    Sep. 24, 2015
  • nanzono

    Jul. 20, 2015
  • khoyee

    May. 19, 2015
  • TomoakiKoshi

    Mar. 29, 2015
  • m5813k

    Feb. 12, 2015
  • omega6

    Dec. 28, 2014
  • TakashiNojima1

    Dec. 21, 2014
  • bundai223

    Dec. 10, 2014
  • yoshiyukikawashima902

    Nov. 26, 2014
  • from1380

    Aug. 19, 2014
  • kkd

    Jul. 7, 2014
  • YuuKawanami

    Apr. 4, 2014
  • katsumitakada

    Mar. 8, 2014
  • naokikido1

    Feb. 21, 2014
  • ssuser82d97a

    Feb. 13, 2014
  • hfu

    Feb. 12, 2014
  • takeshiyamaya

    Feb. 10, 2014

2014/2/1 DevLOVE四国の発表資料。

Views

Total views

63,849

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

10,999

Actions

Downloads

117

Shares

0

Comments

0

Likes

145

×