Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

Office 365 adfs環境の構築

Office 365 adfs環境の構築

株式会社ゆめみ システムアーキテクト部 渡辺 博理様の発表資料です。
Office365+ADFSのシングルサインオン環境を構築しつつ、社内アプリケーションとの連携を視野に入れた社内IT設計のご紹介

株式会社ゆめみ システムアーキテクト部 渡辺 博理様の発表資料です。
Office365+ADFSのシングルサインオン環境を構築しつつ、社内アプリケーションとの連携を視野に入れた社内IT設計のご紹介

More Related Content

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Office 365 adfs環境の構築

  1. 1. OFFICE 365 AD FS環境の構築 株式会社ゆめみ 渡辺博理
  2. 2. • Office 365 およびAD/AD FS 導入のきっかけ • 社内システムの構成 BEFORE / AFTER • カスタマイズ • 将来への投資 • ハマリ ポイント
  3. 3. OFFICE 365 およびAD/AD FS導入のきっかけ • 既存の社内システムの老朽化・陳腐化・煩雑化。 • 既存の社内システムの運用方法では運用工数が多すぎる。 • OSS中心の構成には限界があった。 • アイデンティティ管理を一元化し、Office 365だけでなく、SalesforceやGoogle Appsなども統合可能であると判断したため。 • 社内環境のユーザ数が100人、端末が150台近くなった。 • 顧客が開発ベンダへ求めるセキュリティ要件を満たすため。
  4. 4. 社内システムの構成 BEFORE / AFTER 旧環境 新環境 日報 + 日報
  5. 5. 社内システムの構成 BEFORE / AFTER • 端末管理・アイデンティティ管理は Active Directoryで行う。 • AD FSでオンプレミスとクラウドサービスの連携を行う。 • Active Directory は拠点間でレプリケーション。 • 認証をLAN内で行わせるため。 • AD FSプロキシは1拠点のみ。
  6. 6. カスタマイズ- EXCHANGE • 予定表へのアクセスポリシの変更 • 会議室の予定表のアイテムは、詳細情報まで各ユーザが閲覧できる。 Set-MailboxFolderPermission –Identity “会議室A:¥予定表” -User “規定” -AccessRights Reviewer • 各ユーザの予定表は互いに勝手に編集できる。 Set-MailboxFolderPermission –Identity “someuser@consoto.com:¥予定表” -User “規定” -AccessRights Editor 注意点: • 予定表フォルダ名が「予定表」のユーザもいれば「Calendar」のユーザもいる! • ライセンスを付与して、最初にOutlook Web Appにアクセスすると、フォルダ名が 「Calendar」など英語表記になる。 http://support.microsoft.com/kb/230273/ja
  7. 7. カスタマイズ - EXCHANGE • Mac版Outlookで他のユーザの予定表をイン ポートする • インポートしたいユーザの「予定表」 フォルダのアクセス許可項目のカスタマ イズが必要。 「その他」の「フォルダーの表示」に チェックを入れる。
  8. 8. カスタマイズ – SHARE POINT • プロジェクトポータルによるツールの提供 • プロジェクト管理業務を定義し、それに必要なリストやライブラリを設計 した。 • プロジェクトポータルをテンプレート化し、プロジェクトの立ち上げコス トを低減化した。(旧システムを思い出してください) • 新たに、業務アプリケーションを提供した。 人事や経理向けツールなど、アクセスを制御する必要のあるものはActive Directoryのセキュリティグループによって制御している。 Active Directoryのユーザおよびセキュリティグループは、Microsoft Online Serviceのディ レクトリサービスに同期され、さらにSharePointで利用可能となる。
  9. 9. カスタマイズ - LYNC • Exchange Onlineの配布グループにてチームを作成した。 • 最小チーム構成に至るチーム名とそのメンバーをExchange Onlineの配布 グループで構成し、グループメンバーの一括インポートを可能とした。 • パートナー企業とのLyncの接続を行った。 • パブリックIMとの接続を許可した。 • すでに顧客やパートナー企業とWindows Live Messengerでメッセージング していた経緯があった。
  10. 10. 将来への投資 • AD FSに対応した他のSaaS型アプリケーションを追加できる。 • 当社のエンジニアのシステム構成技術向上が見込める。 • アイデンティティ管理とサービス、オンプレミスとクラウドの役割分 担・責任分界点を考慮した構成を行う上での勉強材料となる。
  11. 11. ハマリ ポイント • Office 365 における各種「有効化」 • Active Directoryとの同期機能のアクティブ化に54時間要した。 • LyncのパブリックIM接続のアクティブ化に5日間要した。 • 同期を前提とした後続の作業を実施する場合には注意が必要。余裕をもって予め有効化 しておきましょう。 • ネットワーク構成は会社それぞれ。その上にADやAD FSを構築するには、やはりローレベルなネッ トワークのメンテナンスは必須。 • MacでのOffice 365対応 • Lyncの接続設定に追加が必要。 • 機能面でWindows版Officeに劣る。 • Exchange Onlineの予定表で重複した施設予約を取って返ってくる「重複してるよ」メール • 記述されている予約の時間がUTCである。稼働しているサーバの時計がUTCの為。

×