201012 ips

1,663 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,663
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
5
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

201012 ips

  1. 1. IPSのおさらいと アレコレ JapanOpenSolarisUserGroup sakaue (nslope)
  2. 2. 目次 <ul>1. IPS のおさらい 2. アレコレ </ul>
  3. 3. IPSのおさらい <ul><li>IPS – I mage P ackaging S ystem </li><ul><li>OpenSolaris以降に追加されたパッケージ管理システム </li><ul><li>ネットワーク経由でリポジトリを参照し、依存関係の解決やカーネルを一度に更新できる
  4. 4. linuxでだとyumやapt-getとか </li></ul><li>旧来の方式(SVR4)とは互換性無し </li><ul><li>パッケージファイルによってインストール
  5. 5. カーネルはパッチを適用する
  6. 6. Linuxだとrpmやdebとか </li></ul></ul></ul>
  7. 7. SVR4の場合 (1)パッケージファイルを対象サーバへ配置 (2)pkgaddコマンドを実行し、インストール インターネット CD/DVD USBメモリ
  8. 8. IPSの場合 (2) リポジトリからパッケージファイルをダウンロード (1)pkg install を実行 (3) インストール インターネット
  9. 9. 目次 <ul>1. IPSのおさらい 2. アレコレ </ul>
  10. 10. pkgコマンドについて <ul><li>サブコマンドが時々変わる </li><ul><li>Solaris 11 expressからは
  11. 11. 「image-update」->「update」 </li></ul><li>旧来のものと命名規則が同じ(先頭にpkg) </li><ul><li>SVR4 </li><ul><li>pkgadd,pkgrm,pkginfo,pkg,pkgcond,pkgmk,pkgparam,pkgproto,pkgtrans </li></ul><li>IPS </li><ul><li>pkg,pkgdepend,pkgdiff,pkgfmt,pkglint,pkgmogrify,pkgrecv,pkgrepo,pkgsend,pkgsign,pkg.depo </li></ul></ul></ul>
  12. 12. patchについて <ul><li>Solaris 10まであったpatch系コマンドは全廃 </li><ul><li>patchadd,patchrm,shorevなど </li></ul><li>10までのRecommended Patchも廃止 </li><ul><li>supportリポジトリになる(はず) </li></ul><li>更新はpkg update </li><ul><li>リポジトリを参照する必要有り </li></ul></ul>
  13. 13. IPSリポジトリ(1) <ul><li>http://pkg.opensolaris.org/release
  14. 14. http://pkg.opensolaris.org/dev </li><ul><li>最新版はreleaseが134b、devが134
  15. 15. 今後は更新されない(多分) </li></ul></ul>
  16. 16. IPSリポジトリ(2) <ul><li>http://pkg.oracle.com/solaris/release </li><ul><li>Solaris 11 (express)のリポジトリ </li></ul><li>https://pkg.oracle.com/solaris/support </li><ul><li>有償のリポジトリ </li></ul><li>https://pkg.oracle.com/solaris/dev </li><ul><li>開発用のリポジトリ
  17. 17. Oracleのパートナーのみアクセス可能(?) </li></ul></ul>
  18. 18. IPSリポジトリ(3) <ul><li>http://pkg.openindiana.org/release </li><ul><li>OpenIndianaの安定版用リポジトリ
  19. 19. なにもなし(2010/12時点) </li></ul><li>http://pkg.openindiana.org/dev </li><ul><li>OpenIndianaの開発版用リポジトリ </li></ul><li>http://pkg.openindiana.org/legacy </li><ul><li>pkg.opensolaris.org/devと同じ
  20. 20. ミラー一覧:http://wiki.openindiana.org:8080/display/oi/Mirrors </li></ul></ul>
  21. 21. IPSリポジトリ(4) <ul><li>https://pkg.sun.com/opensolaris/extra </li><ul><li>追加パッケージのリポジトリ </li></ul><li>https://pkg.sun.com/opensolaris/ha-cluster </li><ul><li>OpenHAclusterのリポジトリ </li></ul><li>http://pkg.codenursery.com </li><ul><li>puppetのリポジトリ </li></ul></ul>
  22. 22. ミラーリポジトリの作り方 <ul><li>リポジトリからファイルを入手 </li><ul><li>公開されているisoやtar.gzをダウンロード
  23. 23. rsyncコマンドで入手 </li><ul><li>rsync -a pkg-origin.openindiana.org::pkgdepot-dev /export/pkg/dev/ </li></ul></ul><li>svccfg -s pkg/server setprop=pkg/inst_root=/export/pkg/dev </li></ul>
  24. 24. 空のリポジトリの作り方 <ul><ul><li>pkgrepo create /export/pkg/local
  25. 25. svccfg -s pkg/server </li><ul><li>add local
  26. 26. select local
  27. 27. addpg pkg application
  28. 28. setprop pkg/inst_root=/export/pkg/local
  29. 29. setprop pkg/port=10000
  30. 30. setprop pkg/pkg_root=/
  31. 31. setprop pkg/readonly=true </li></ul><li>svcadm refresh pkg/server:local
  32. 32. svcadm enable pkg/server:local </li></ul></ul>
  33. 33. 皆さんに質問です IPSでハマったことはなんですか?

×