Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Firebase update from io'17

641 views

Published on

ABC2017springで登壇した資料です。

Published in: Mobile
  • Hey guys! Who wants to chat with me? More photos with me here 👉 http://www.bit.ly/katekoxx
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

Firebase update from io'17

  1. 1. Firebase Update From IO’17 ABC 2017 Spring Namito Satoyama
  2. 2. 里山 南人 [Namito Satoyama] ヤフー株式会社 / メディアカンパニー 検索事業本部 Engineer / Yahoo! ブラウザー Product Manager 第6代Androidアプリ黒帯 経歴 SIer (2001〜) IT Consulting(2006〜) CyberAgent, Inc(2010〜) DeNA Co., Ltd.(2013〜) Yahoo Japan Corp. (2014/09〜) 活動 Shibuya.apk運営 共著: 「黒帯エンジニアが教えるプロの技術 Android開発の教科書」(SB Creative) Yahoo! JAPAN Techblog執筆など Photo by アフロ
  3. 3. Google I/O 2017
  4. 4. Google I/O 2017 キーワード: 「Mobile First to AI First」 ・機械学習がベーステクノロジー ・利用者のコンテキストを理解し、適切なタイミン グで情報を表示 ・将来的にはデバイスという概念がなくなる
  5. 5. Android O Kotlin Firebase PWA AI First Android TV O Fablic PWA Google Lens Architecture Components Google Play TensorFlow Actions on Google VR/AR GCP Flutter
  6. 6. Firebase
  7. 7. Firebase 2014年にGoogleが買収した、MBaaS(mobile Backend as a Service) https://firebase.google.com/? hl=ja 昨年までに提供されている主な機能 ・Analytics:分析ソリューション ・FCM:Analyticsと連携したセグメンテーションPush ・Auth:ソーシャル認証機能など ・remoteConfig:リモートで設定値を変更 ・DynamicLink:ディープリンクソリューション ・Invites:招待ベースのバイラルインストールチャネル ・TestLab:クラウドテストソリューション ・Cloud Storage:クラウドストレージ ・realtime Database:リアルタイムデータベース ・AdMob連携 ・AdWords連携
  8. 8. UPDATE_01: Firebase + fabric
  9. 9. Firebase + fabric 2017年1月にTwitter社のMBasSであるfabricを買収 1月の発表から4ヶ月、急ピッチで統 合に取り組んでいる模様
  10. 10. DIGITS → Firebase Auth 電話番号認証ソリューション「DIGITS」の統合 https://goo.gl/IdyGqN 「DIGITS」ブランドとSDK廃止へ ・Firebase Authへ統合済み ・旧SDKの動作は2017年9/30まで https://goo.gl/A9PSXI
  11. 11. Crashlyticsはこれから移行 クラッシュ管理ツール「crashlytics」は今後数ヶ月で移行される予定 https://goo.gl/6IfyBV 移行までの期間は、Firebase CrashReportingではなく、crashlyticsが 推奨
  12. 12. fastlaneはオープンソースを重視? Fastlaneはビルド、テスト、デプロイを行うためのタスクランナー https://goo.gl/gmJDqI 数多くのタスクがOSSで公開されて おり、しばらくは見守っていきそう https://goo.gl/IdyGqN
  13. 13. UPDATE_02: Firebase Performance Monitoring
  14. 14. Firebase Performance Monitoring アプリのパフォーマンス特性を把握するためのツール
  15. 15. Performance Monitoring SDK 以下の手順でアプリに組み込む 1) Android Studioで[Tools]→[Firebase] 2)Firebase Assistantから 任意のモジュールを選択し、 Firebaseと接続
  16. 16. Performance Monitoring SDK 以下の手順でアプリに組み込む 3) Projectレベルのbuild.gradleで以下を確認・追加
  17. 17. Performance Monitoring SDK 以下の手順でアプリに組み込む 4) モジュールレベルのbuild.gradleで以下を確認・追加 ・・・
  18. 18. UPDATE_03: Cloud Functions for Firebase
  19. 19. Cloud Functions for Firebase Realtime DatabaseやAnalyticsなどのイベントをトリガーに処理を動かす仕組み ・Realtime Databaseの更新時に Notificationを発動させることでチャット アプリをサーバーレスで作成することも 可能 ・Sampleが豊富に公開 https://github.com/firebase/funct ions-samples https://goo.gl/IdyGqN
  20. 20. (余談) Actions on GoogleもCloudFunctions前提 https://www.youtube.com/watch?v=Y26vvxCb3zE □ actions console □ api.ai □ GCP(cloud functions) □ 自社のデータサーバ 構成要素
  21. 21. UPDATE_04: Firebase Analytics の新機能
  22. 22. Firebase Analytics Google Analytics for Firebase Google Analytics ブランドに統一
  23. 23. StreamView アプリレポートに送られてくるイベントが都市レベルまで https://goo.gl/IdyGqN
  24. 24. StreamView(User Snapshots) ランダムに選んだ個々のユーザーのイベントの流れを追うことができる https://goo.gl/IdyGqN
  25. 25. DebugView 開発デバイス別のログが正確にとれているか確認する機能 https://goo.gl/IdyGqN
  26. 26. CustomEventParameter 独自のカスタムパラメータレポートを生成する機能 (今まではBigQueryで取る必要があった) 任意のイベントパラメータを50個まで登録できる https://goo.gl/IdyGqN
  27. 27. AdMobとの統合 アプリ分析機能とAdMobが統合 → 収益、click、impressionなどのデータがアプリのイベントデータと紐付けられる → 以下のような分析が可能に • 「広告収益と購入収益を含めた本当のライフタイムバリュー」 • 「ユーザーに特に多く(または少なく)広告を表示しているスクリーンはどれか」 • 「リワード広告がエンゲージメントやライフタイムバリューにどう響くか?」
  28. 28. その他 https://goo.gl/IdyGqN
  29. 29. UPDATE_05: Feedback/SDK…etc
  30. 30. Firebase Alpha Program 新規機能への早期アクセスプログラム https://goo.gl/HaHFjA
  31. 31. Firebase SDKのオープンソース化 https://goo.gl/kXSBNn
  32. 32. UDACITYでの教育プログラム UDACITYの教育プログラムにFirebaseのコースが追加 https://goo.gl/oMzV MF
  33. 33. まとめ
  34. 34. Firebaseは実績を踏まえて機能向上 • Fabricのjoinにより不足分を補う形での大幅アップデートに期待 • Analyticsの連携先が大幅に増え、アプリ開発の中心へ • CloudFunctions導入によりサーバーレス開発が可能に • 広告周り(AdMob/double click)との連携により、収益やユーザー獲得の 掘り下げができ、より意思決定しやすいプラットフォームへ 一方で • 自動的にデータが取得されるものが多く利用範囲が不明なものも • 自社のプライバシーポリシーを一度見直したほうが良いかも
  35. 35. Thanks!

×