Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
平成25年度実施
「附属図書館利用者アンケート調査」
- 反省と課題 -
平成28年3月4日
情報リテラシー教育支援WG勉強会
「北大生の学習・情報利用行動を把握せよ!」
北図書館 松尾 博朋
本発表の目的
2
• 平成25年度実施の「附属
図書館利用者アンケート
調査」について,平成18
年度実施のアンケート調
査との比較も行いながら,
3
その概要と,反省点及び課
題等について述べる。
4
そして,次回以降の調査に
役立てていただく。
次回って,H28年度?
5
調査の概要
6
調査の目的(1)
本学教員・学生及び一般
市民の附属図書館に対す
る満足度・要望などを把
握し,
7
図書館サービスの改善や充
実を図るための基礎資料
を得る。
8
調査の目的(2)
『自己点検・自己評価』
の基礎資料として実施
9
調査の組織
利用者アンケートWG
• 図書館職員8名
• 附属図書館点検評価小委員
会の下部組織
10
Q1. WG発足から
報告書完成までは
どれくらい?
11
A1.
6ヶ月
12
Q2. WG発足から
アンケート配布までは
どれくらい?
13
A2.
17日
14
調査の対象(1)
• 教員: 2,077名
• 大学院生: 6,204
• 学部学生: 11,394
※上記身分は全数調査
15
調査の対象(2)
• 一般市民: 200名
※図書館システムへの
登録者から無作為抽出
16
調査の方法(1)
教員
• 回答: 調査票
• 配布・回収: 学内便
17
調査の方法(2)
大学院生,学部学生
• 回答: Webフォーム
• 依頼: 電子メール
18
調査の方法(3)
一般市民
• 回答: 調査票
• 配布・回収: 郵便
19
調査の方法(4)
• 全身分とも,
調査票,Webの
いずれでも回答OK
20
回収率は?
21
調査票回答グループ
• 教員 39.7%
• 一般市民 55.1%
22
Web回答グループ
• 大学院生 5.2%
• 学部学生 6.4%
23
<参考>H18年度調査の
回収率(調査票を郵送)
• 大学院生 27.7%
• 学部学生 18.6% 24
調査項目
• 学内者(教員,大学院生,
学部学生) ー 共通
• 学外者(一般市民) ー
学内者とは別様式
25
調査項目(学内者向け)の作
成方針
26
①回収率を上げるため,設問
を厳選
• 10分程度で回答可能
• 調査票,Webのどちら
でも回答可能
27
②前回調査との比較が可能な
ように
• LibQUAL+(ライブカ
ル)に基づく設問
28
LibQUAL+(ライブカル)
とは
29
• 北米研究図書館協会
(ARL)が開発した
図書館サービス品質の
評価手法。
30
サービス品質について
「サービスの姿勢」「情報
とその管理」「場としての
図書館」の3側面に関する
22の項目を設定し,
31
それぞれについて「最低
限」「望ましい」「実際」
の3種類の評点を,利用者
に9点満点でつけてもらい,
32
それらのギャップから分析
を行う。
(出典)参考文献 7
33
ただし,本調査で使用した
のは
なんちゃってライブカル
34
35
<例:国立O大学>
(出典)参考文献 6
36
<例:本調査>
(出典)参考文献 1,p.44
LibQUAL+について
もっと知りたい方は
37
LibQUAL+とは 検索
反省と課題
38
不足していたもの(1)
• お金
• 時間
39
不足していたもの(2)
• 知識(調査手法,
統計手法,etc.)
• 調査の経験
40
お金があれば...(1)
• 配布方法等を郵便で
• 回答者に景品プレゼント
→ 回収率向上
41
お金があれば...(2)
• データ入力作業等を
外注化 → 作業量軽減
42
時間があれば...
• 調査方法・項目等の検討
→ より良い調査が
可能に
• より深い分析が可能に 43
知識をつけるには...
• 自学自習,勉強会
• 講義,放送大学の受講
• 日常業務での調査
44
経験を継承するには...
• このような勉強会
• 若手職員のWG参加
• 課題等の報告書への記載
45
しかし,最も不足してい
たものは...
46
調査結果を
サービス改善に
つなげようという
47
組織的で
強い
意志と実行力
48
調査報告書
HUSCAPで公開中
(http://hdl.handle.net/2115/55261)
読んでみてください
49
ご清聴ありがとう
ございました
50
参考文献 (※インターネットアクセスは,全て2016-3-3)
1. 『附属図書館利用者アンケート調査報告書』
※以下の別冊として発行
2. 『平成25年度北海道大学附属図書館自己点検・
評価報告書 : 平成15年度~24年度』
(http:/...
4. 『附属図書館利用者アンケート調査結果概要(そ
の1)』 楡蔭126号(平成19年 7月号)
(http://www.lib.hokudai.ac.jp/uploads/xoops_uploa
ds/yuin126-1.pdf)
5. 『附...
6. 『LibQUAL+®による附属図書館アンケート調査
の実施結果について』(大阪大学附属図書館)
(https://www.library.osaka-
u.ac.jp/doc/2009_enquete_report.pdf)
7. 『図書...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

平成25年度実施「附属図書館利用者アンケート調査」-反省と課題-

558 views

Published on

松尾博朋. 平成25年度実施「附属図書館利用者アンケート調査」-反省と課題-
[2015年度] 第4回 情報リテラシー教育支援ワーキンググループ勉強会「北大生の学習・情報利用行動を把握せよ!」
全体プログラム及び他発表へのリンク:http://www.slideshare.net/nrefhulib/20154-wg

平成27年3月4日(金) 13:00 - 16:30 @北図書館セミナールーム
北海道大学附属図書館 情報リテラシー教育支援WG主催

Published in: Education
  • Login to see the comments

  • Be the first to like this

平成25年度実施「附属図書館利用者アンケート調査」-反省と課題-

  1. 1. 平成25年度実施 「附属図書館利用者アンケート調査」 - 反省と課題 - 平成28年3月4日 情報リテラシー教育支援WG勉強会 「北大生の学習・情報利用行動を把握せよ!」 北図書館 松尾 博朋
  2. 2. 本発表の目的 2
  3. 3. • 平成25年度実施の「附属 図書館利用者アンケート 調査」について,平成18 年度実施のアンケート調 査との比較も行いながら, 3
  4. 4. その概要と,反省点及び課 題等について述べる。 4
  5. 5. そして,次回以降の調査に 役立てていただく。 次回って,H28年度? 5
  6. 6. 調査の概要 6
  7. 7. 調査の目的(1) 本学教員・学生及び一般 市民の附属図書館に対す る満足度・要望などを把 握し, 7
  8. 8. 図書館サービスの改善や充 実を図るための基礎資料 を得る。 8
  9. 9. 調査の目的(2) 『自己点検・自己評価』 の基礎資料として実施 9
  10. 10. 調査の組織 利用者アンケートWG • 図書館職員8名 • 附属図書館点検評価小委員 会の下部組織 10
  11. 11. Q1. WG発足から 報告書完成までは どれくらい? 11
  12. 12. A1. 6ヶ月 12
  13. 13. Q2. WG発足から アンケート配布までは どれくらい? 13
  14. 14. A2. 17日 14
  15. 15. 調査の対象(1) • 教員: 2,077名 • 大学院生: 6,204 • 学部学生: 11,394 ※上記身分は全数調査 15
  16. 16. 調査の対象(2) • 一般市民: 200名 ※図書館システムへの 登録者から無作為抽出 16
  17. 17. 調査の方法(1) 教員 • 回答: 調査票 • 配布・回収: 学内便 17
  18. 18. 調査の方法(2) 大学院生,学部学生 • 回答: Webフォーム • 依頼: 電子メール 18
  19. 19. 調査の方法(3) 一般市民 • 回答: 調査票 • 配布・回収: 郵便 19
  20. 20. 調査の方法(4) • 全身分とも, 調査票,Webの いずれでも回答OK 20
  21. 21. 回収率は? 21
  22. 22. 調査票回答グループ • 教員 39.7% • 一般市民 55.1% 22
  23. 23. Web回答グループ • 大学院生 5.2% • 学部学生 6.4% 23
  24. 24. <参考>H18年度調査の 回収率(調査票を郵送) • 大学院生 27.7% • 学部学生 18.6% 24
  25. 25. 調査項目 • 学内者(教員,大学院生, 学部学生) ー 共通 • 学外者(一般市民) ー 学内者とは別様式 25
  26. 26. 調査項目(学内者向け)の作 成方針 26
  27. 27. ①回収率を上げるため,設問 を厳選 • 10分程度で回答可能 • 調査票,Webのどちら でも回答可能 27
  28. 28. ②前回調査との比較が可能な ように • LibQUAL+(ライブカ ル)に基づく設問 28
  29. 29. LibQUAL+(ライブカル) とは 29
  30. 30. • 北米研究図書館協会 (ARL)が開発した 図書館サービス品質の 評価手法。 30
  31. 31. サービス品質について 「サービスの姿勢」「情報 とその管理」「場としての 図書館」の3側面に関する 22の項目を設定し, 31
  32. 32. それぞれについて「最低 限」「望ましい」「実際」 の3種類の評点を,利用者 に9点満点でつけてもらい, 32
  33. 33. それらのギャップから分析 を行う。 (出典)参考文献 7 33
  34. 34. ただし,本調査で使用した のは なんちゃってライブカル 34
  35. 35. 35 <例:国立O大学> (出典)参考文献 6
  36. 36. 36 <例:本調査> (出典)参考文献 1,p.44
  37. 37. LibQUAL+について もっと知りたい方は 37 LibQUAL+とは 検索
  38. 38. 反省と課題 38
  39. 39. 不足していたもの(1) • お金 • 時間 39
  40. 40. 不足していたもの(2) • 知識(調査手法, 統計手法,etc.) • 調査の経験 40
  41. 41. お金があれば...(1) • 配布方法等を郵便で • 回答者に景品プレゼント → 回収率向上 41
  42. 42. お金があれば...(2) • データ入力作業等を 外注化 → 作業量軽減 42
  43. 43. 時間があれば... • 調査方法・項目等の検討 → より良い調査が 可能に • より深い分析が可能に 43
  44. 44. 知識をつけるには... • 自学自習,勉強会 • 講義,放送大学の受講 • 日常業務での調査 44
  45. 45. 経験を継承するには... • このような勉強会 • 若手職員のWG参加 • 課題等の報告書への記載 45
  46. 46. しかし,最も不足してい たものは... 46
  47. 47. 調査結果を サービス改善に つなげようという 47
  48. 48. 組織的で 強い 意志と実行力 48
  49. 49. 調査報告書 HUSCAPで公開中 (http://hdl.handle.net/2115/55261) 読んでみてください 49
  50. 50. ご清聴ありがとう ございました 50
  51. 51. 参考文献 (※インターネットアクセスは,全て2016-3-3) 1. 『附属図書館利用者アンケート調査報告書』 ※以下の別冊として発行 2. 『平成25年度北海道大学附属図書館自己点検・ 評価報告書 : 平成15年度~24年度』 (http://hdl.handle.net/2115/55261) 3. 『平成26年度北海道大学附属図書館外部評価報 告書』(http://hdl.handle.net/2115/58201) 51
  52. 52. 4. 『附属図書館利用者アンケート調査結果概要(そ の1)』 楡蔭126号(平成19年 7月号) (http://www.lib.hokudai.ac.jp/uploads/xoops_uploa ds/yuin126-1.pdf) 5. 『附属図書館利用者アンケート調査結果概要(そ の2)』 楡蔭127号(平成19年 11月号) (http://www.lib.hokudai.ac.jp/uploads/xoops_uploa ds/yuin127-2.pdf) 52
  53. 53. 6. 『LibQUAL+®による附属図書館アンケート調査 の実施結果について』(大阪大学附属図書館) (https://www.library.osaka- u.ac.jp/doc/2009_enquete_report.pdf) 7. 『図書館情報学用語辞典 第4版』 日本図書館情 報学会用語辞典編集委員会編, 2013 (https://kotobank.jp/word/LibQUAL%2B- 1703920#E5.9B.B3.E6.9B.B8.E9.A4.A8.E6.83.85.E5. A0.B1.E5.AD.A6.E7.94.A8.E8.AA.9E.E8.BE.9E.E5.85. B8) 53

×