Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

PRIME BIRDの開発バナシ

1,382 views

Published on

cluster. ごっちゃにLT #2で発表したスライドです。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

PRIME BIRDの開発バナシ

  1. 1. PRIME BIRD 開発バナシ
  2. 2. PROFILE ■ なまえ / HN NOSHIPU ■ やっていること LIVE2Dとか、THETAとか、HMDとか使ったUNITYアプリ制作 最近は3Dプリンタを買って、ロボット作ってます
  3. 3. PRIME BIRDってなに? ■ ジャンル カジュアル脳トレゲーム Oculus Rift/GearVR対応アプリ ■ 内容 カモメをとばして、素数のプレートだけにぶつかる ■ その他 OcuFes Finalに出展していました
  4. 4. 素数のパネルをくぐっていく簡単なミニゲーム
  5. 5. PRIME BIRD開発バナシ 1.ゲームを作るきっかけ 2.UnityVRSampleのおすすめ 3.GearVRアプリの審査提出 4.第1回審査の結果…
  6. 6. ゲームを作るきっかけ GearVRで手軽に何度も遊べるようなアプリを作りたい ↓ トリが好きなので、トリのVRゲームを作ろう ↓ トリシミュレーターを作ろう!!! ↓ 色々、苦戦しているところにUnityVRSampleが登場 ↓ 素数をとっていく脳トレゲームになる
  7. 7. Unity VR Sample → すごい捗る VRで使う基本的なもの ・カメラ ・Ray周り ・UI(フェードインフェードアウト、VRでの3DUIの見せ方) 処理負荷周り ・Render scale調整 ・Object poolスクリプト VRマルチプラットフォーム ・Oculus、GearVR等対応。Cardboardも今後対応! 他にも色々…これをベースとしたAssetも色々増えてきそう
  8. 8. Gear VRアプリを動作確認 GearVRの動作確認 GaraxyのDeviceIDから生成される Signatureファイルが必要 →端末の起動制限をかけているので、 GooglePlayで配布しても他のユーザーが使用できない SingnatureファイルはOculusDeveloperのサイトで生成 https://developer.oculus.com/osig/ VRデバッグモード GearVRなしでも一応プレイ可能 Launcherのアイコンを表示してGearVRのアプリ直接起動も
  9. 9. Gear VRアプリを提出するまで 審査に必要な素材や、提出方法は結構UPDATEかかってます。 ※このスライドも3/21時点の情報なので要注意。 Oculusモバイルアプリ申請の際のdocumentファイルが 日本語翻訳でありますが、一部古いので注意。 DropBoxのフォルダ申請する手順とかは今は無いみたいです。 公式開発者サイトのドキュメントを確認しましょう! https://developer.oculus.com/documentation/
  10. 10. Oculus developerサイトでアプリの登録が簡単にできます! https://developer2.oculus.com ログイン後に[Create New App]でアプリを追加できます Gear VRアプリを新規登録する
  11. 11. Gear VRアプリを事前にチェック APKファイルのチェックツールが存在します 申請する前にチェックツールを通しましょう!! https://developer.oculus.com/validator/ APKを引数に実行すると、 Manifestファイルのチェックや、署名済みかのチェック等を 行ってくれます。 実際に実行してみると・・・
  12. 12. APKのチェックツールのエラーこんな感じ だいたいは開発者サイト通りにManifestを更新していくと 潰れていきます。 Gear VRアプリを事前にチェック *** *** 6 errors detected. Submission does not meet requirements. *** --> APK ('/Users/noshipu/Desktop/PrimeBird/primebird.apk') is not built with SDK version v1.0.0 (or newer) --> APK install location is not 'internalOnly' (android:installLocation) --> APK is launchable (launchable-activity) --> Intent Filter Category attribute (application/activity/intent-filter/category) must be INFO in manifest --> Exclude from Recents (android:excludeFromRecents) must be non-0 in manifest --> Certificate is a debug cert
  13. 13. ■ Manifestファイルの修正について PluginのManifestファイルに記載していても、Unityの PlayerSettings側で上書きされているケースがあるので要注意。 ■ APK 〜 is not built with SDK version v1.0.0 (or newer) 上記のエラーが消えない場合、Windows環境推奨らしいので、 WindowsからUnityのビルドでやってみましょう! この辺もきっと作業しなくていいようになっていくのでしょう。 チェックツールでのハマりポイント
  14. 14. スクショ等の素材も必要なので、随時確認しましょう。 Google PlayやiTunes Connectと同じような形なので、 この辺は特につまずくことなくできそうです。 Gear VRアプリの素材や説明文登録
  15. 15. もろもろ登録情報を記載して審査提出完了すると SUBMITと表示されます。 また審査に入ると、 UNDER REVIEWと記載されます。 Gear VRアプリを審査提出!
  16. 16. 3/4 審査提出(SUBMIT) 3/14 審査開始(UNDER REVIEW) 3/18 審査結果が返ってきました 初回の審査の日付メモ
  17. 17. 結果は…
  18. 18. 「Changes Requested」 審査落ちました!残念!
  19. 19. ■ backキーの挙動 Pause Menuを出して欲しい。 (一応、backボタンでタイトルに戻る処理は入ってました) ■ backキーの長押し(0.75秒以上)の挙動 ユニバーサルメニューを表示させてください。 ■ 音量ボタンを押した時の挙動 音量の大小した時のUIが表示されていません。 OculusMobileSDKに入っているUIを使ってください。 そんな感じでボタンの挙動が抜けていたのが問題でした。 (追記:Oculus Utilities for Unity5を使えば解決しそうです) 修正して再度申請してみたいと思います。 審査に落ちた理由まとめ
  20. 20. まとめ VR元年ということで、さまざまなプラットフォームが登場 し、誰でもVRコンテンツを作れる環境が整ってきたと思い ます。 VRのキラータイトルを狙って、 ソフトウェアをどんどん充実させていきましょうー
  21. 21. ご静聴ありがとうございました! リリースはもうちょっとかかりそう

×