Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

卒業発表 即戦力コース 1805期 櫻井 俊介さん

127 views

Published on

https://github.com/shun57/occhan.git
https://hidden-depths-77466.herokuapp.com

プロのエンジニアになるために挑戦する人が、チャンスをつかめる場をつくる。

DIVE INTO CODEでは、コースの卒業後に卒業発表会を開催しています。

エンジニアへの就職やキャリア相談、 サービス内容に関するご質問がありましたら、ぜひ一度カウンセリングにお越しください。
https://diveintocode.jp/briefings
DIVE INTO CODE 東京校
〒150-0044 東京都渋谷区円山町28番4号大場ビルA館4階ab
cs@diveintocode.jp

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

卒業発表 即戦力コース 1805期 櫻井 俊介さん

  1. 1. Occhan (オッチャン) 若者がおっちゃんのアドバイスを ”聞いてあげる”マッチングサービス 2018年11月24日 櫻井 俊介
  2. 2. Occhan
 開発について 1.自己紹介 2.開発の経緯 3.Gemの解説 4.実装で一番苦労した箇所 2
  3. 3. 1.自己紹介 ■ 経歴 ● 社会人5年目 転職1回経験 教育ベンチャーで働いています ● 新卒は広告代理店にいました ■ プログラミング勉強理由 ● 自分でなんでも作れるということに憧れ ● 手に職つけたい! ■ PR ● Youtuberやってます! アクトラクトで検索、登録お願いします! ● ブログやってます! 「マジPEACE」と検索お願いします! ● 漫画と映画が好き、昨日は4DXで「ファンタスティックビースト」見ました! 3 DIC5期 櫻井 俊介 1991年生まれ O型 おうし座
  4. 4. 2.開発の経緯 4 ーR25 けんすうさんのインタビューより 「初対面では相手の名前を連呼。起業家けんすうの「人見知りのためのビジネスTips」 https://r25.jp/article/588284745748762243 「おじさんにアドバイスさせてあげてお金をもらうサー ビス、作ったら需要あると思いますよ。若い人にアド バイスしたいおじさん、いっぱいいるので。」
  5. 5. 2.開発の経緯 ~ビジネスマッチング国内市場~ 5 知らない誰かを応援する、時間をお金に買える、意図を持って知らない誰かに会う・・・ C to Cサービスが盛んになってきている。 ビジネスマッチング 時間を売買 就活相談 支援を募る 支援を募る 年間DL:2万 時間を売買 年間DL:5万 年間DL:6000 年間DL:2万
  6. 6. 2.開発の経緯 ~Occhanについて~ 6 誰かに必要とされ たい! 認められたい! おっちゃん 若者 お金欲しい! 人脈欲しい! Occhan 起業の相談 転職の相談 ビジネスの相談 副業の相談 資産運用の相談 ・・・ アドバイスする! モノ・カネをもらう!
  7. 7. 2.開発の経緯 ~Occhanについて~ 7 1. 相談の作成・保存 おっちゃんと若者をマッチングする相談とリソースを作成する 2. 相談の一覧 おっちゃんがアドバイスしたい相談とリソースを選ぶ 3. 相談の編集・削除 相談内容を変えたりできる 4. ログイン機能 ユーザログインによる機能制限(ログインしないと相談作成や申請ができない 5. マイページ機能 自情報の管理・編集 6. アドバイス申請機能 おっちゃんと若者をマッチングさせる機能(申請機能) 申請があったらメールで通知 7. 相談の詳細 課題の詳細をみる 8. 申請のメール告知機能 申請があったら相談作成者にメールがいく 9. メッセージやり取り機能 機能一覧 制作時間 60時間前後
  8. 8. 2.開発の経緯 ~反省点~ ■ 若者の相談テーマを絞るべきだった ■ マッチングはポイント支払いにすべきだった ■ マッチング場所を都内に絞るべきだった ■ ツイッターアカウントに飛べるようにすべきだった 8
  9. 9. 3.Gemの解説 ■ device ログイン機能 ■ carrierwave 画像処理機能 ■ mini_magick 画像処理機能 ■ font-awesome-rails アイコンの表示 ■ bootstrap_form 綺麗なフォームを表示 ■ kaminari ページネーション表示 9
  10. 10. 4.実装で一番苦労した箇所 10 ■ わからなすぎてDB設計の本を買いました  「達人に学ぶDB設計徹底指南書」 (後々気づきましたが、DIVERのフェーズ4にDB設計の解説ありました) DB設計!!
  11. 11. 11 4.実装で一番苦労した箇所 ~DB設計~ ■ ネットに事例が少なかった ■ 役割部分はテーブルを分けるべきか? ■ 1対1メッセージのDB設計が不明だった
  12. 12. 12 4.実装で一番苦労した箇所 ~DB設計~ ■ アソシエーションの理解不足 ■ レビューの実装方法がわからなかった
  13. 13. 13 4.実装で一番苦労した箇所 ~DB設計 ER図~ ■ User同士のアソシエーション実装がわからなかった
  14. 14. 14 4.実装で一番苦労した箇所 ~DB設計 ER図~ ここがわからなかった! belongs_to :sender, foreign_key: :sender_id, class_name: 'User' belongs_to :recipient, foreign_key: :recipient_id, class_name: 'User'
  15. 15. 4.実装で一番苦労した箇所 ~その他~ ■ 直リンクの禁止 ■ User_idのセット(アソシエーション) 15 @problem = Problem.new(problem_params) @problem.user.id = current_user.id @problem = current_user.problems.build(problem_params) redirect_to problems_path, notice: 'アクセスできません' if request.referer.blank?

×