WebSphere V7を Windows Azure上で動かすまで

1,301 views

Published on

1 Comment
2 Likes
Statistics
Notes
  • How are you today,
    i hope fine,my name is miss blessing, i saw your profile today at (www.slideshare.net) and i became interested in you i will also like to know more about you, and i will like you to send an email to me so that i can send my photos to you, remember that distance, color or language does not matter but love matters allot in life, am waiting for your reply in my E-mail ID at blessingandrew3@yahoo.com have a nice day yours blessing.
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
No Downloads
Views
Total views
1,301
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
38
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
1
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

WebSphere V7を Windows Azure上で動かすまで

  1. 1. Windows Server 2008 R2を選択
  2. 2. リモートデスクトップで接続
  3. 3. IE ESC を一旦オフ
  4. 4. 一旦ファイヤウォールの設定をオフにする
  5. 5. Windows 版 JDK6 の 32bit 版をダウンロード
  6. 6. WAS が Java7 に対応していないので注意
  7. 7. http://www.ibm.com/developerworks/downloads/ws/wasdevelopers/
  8. 8. 当然 Windows 版を選択
  9. 9. ダウンロード後、zip パッケージを展開し、 install.exe を実行
  10. 10. IBM ID を入力
  11. 11. ① C++ コンポーネントが原因? で IHS はインストールできな いのでチェックを外す Next ボタンを押下後、必要なコ ンポーネントをダウンロードする
  12. 12.
  13. 13. ③ ライセンス条項に同意し、 Next ボタンを押下する
  14. 14. JDK7 に対応していないため、 JDK6 を利用Next ボタン押下時、必要ファイルをダウンロードするので時間がかかる
  15. 15. インストール内容に問題なければInstall ボタンを押下
  16. 16. WAS 管理コンソールの「ユーザ名/パスワード」を設定
  17. 17. 「WAS を サービスとして起動する」を有効化している
  18. 18. http://localhost:9060/ibm/console
  19. 19. 管理ポータル用、アプリケーション動作用にポートを空ける
  20. 20. 無事外部からアクセス可能に

×