Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Upcoming SlideShare
最新情報でわかる Windows 10 の導入と展開 (2017/9/19 開催分)
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

6

Share

Download to read offline

ノンコーディングでactive directoryを管理してみる

Download to read offline

古くはVBScript、最近ではPowerShellを駆使してActive Directoryを管理されることが多いと思います。
そこへ可能な限りノンコーディングでActive Directoryを管理する方法をご紹介することで、管理方法の間口を広げて行ければと考えております。
そこで本セッションは、
・System Center 2012 R2 Orchestratorの振り返り
・System Center 2012 R2 Orchestrator 統合パック(IP)の振り返り
・ユーザーとグループを題材にとして、System Center 2012 R2 OrchestratorのRunbookでActive Directoryをどのように管理できるかについてご紹介します。

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

ノンコーディングでactive directoryを管理してみる

  1. 1. ノンコーディングで Active Directoryを管理してみる System Center User Group Japan 第10回勉強会 2014年10月25日 Microsoft MVP System Center Cloud and Datacenter Management 指崎則夫
  2. 2. お断り  本資料に記載されているSystem CenterおよびWindows は、米国Microsoft Corporation の、米国、日本およびその他の国における登録商標または商標で す。  その他、資料に表記されている製品名は、各社の米国、日本およびその他の国にお ける登録商標または商標です。  資料中で表記を省略していますが、System Center 2012 R2を前提としてお話し ます。 2014/10/25 1
  3. 3. アジェンダ  自己紹介  System Center 2012 R2  System Center 2012 R2 Orchestrator  Integration Packs for System Center 2012 – Orchestrator  Runbook  ノンコーディングでユーザー管理、グループ管理を行う  まとめ 2014/10/25 2
  4. 4. 自己紹介  指崎則夫(さしざきのりお) http://sashiz.seesaa.net → http://sashiz.wordpress.com https://www.facebook.com/norio.sashizaki @sshzk  SCUGJ運営スタッフ  Microsoft MVP System Center Cloud and Datacenter Management  SIer勤務  SharePoint、Windows Server 2012 R2 Hyper-V、System Center 2012 R2  週末は、技術系ブログの運営、写真撮影、ガンプラ…  高校サッカーの観戦&写真撮影 2014/10/25 3
  5. 5. System Center 2012 R2 System Center 2012 R2 製品群App Controller Configuration Manager Endpoint Protection Service Manager Virtual Machine Manager Data Protection Manager Operations Manager Orchestrator Unified Installer 2014/10/25 4
  6. 6. System Center 2012 R2 Orchestrator  いろいろな製品を組み合わせて処理の自動化を実現するコンポーネン ト  統合パック(Integratioin Pack:IP)が橋渡し役となり自動化を実現  マイクロソフト製品 Active Directory、Exchange Server、Integration Packs for System Center 等々  マイクロソフト以外の製品 VMware vSphere等々 2014/10/25 5
  7. 7. Integration Packs for System Center 2012 - Orchestrator  どういった製品のIPがあるかは、以下のドキュメントで確認できます  Integration Packs for System Center 2012 – Orchestrator http://technet.microsoft.com/en-us/library/hh295851.aspx  アクティビティのリファレンスも上記リンクからたどれます  Runbook Activity Reference for System Center 2012 – Orchestrator Standard Activities http://technet.microsoft.com/en-us/library/hh225055.aspx 2014/10/25 6
  8. 8. Integration Packのダウンロード  System Center 2012 – Orchestrator Component Add-ons and Extensions http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=28725 CM 2007、OM 2007、VMM 2008、DPM 2010、SM 2010そしてSC 2012用のIntegration Packsをダ ウンロード可能です。  System Center 2012 Service Pack 1 – Orchestrator Component Add-ons and Extensions http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=34611 Microsoft Azure、SC 2012 SP1、Active Directory、Exchange、ftp用のIntegration Packsをダウ ンロード可能です。  System Center 2012 R2 – Orchestrator Component Add-ons and Extensions http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=39622 Microsoft Azure、SC 2012 R2、Active Directory、Exchange、ftp、SharePoint用のIntegration Packsをダウンロード可能です。  System Center 2012 Orchestratorの各バージョン用Integration Packsダウンロードページ http://sashiz.wordpress.com/2014/09/09/sc2012orchestrator-versions-ip-downloads/ にも記載しているので、よろしければご覧ください。 2014/10/25 7
  9. 9. Integration Packの登録 2014/10/25 8
  10. 10. Integration Packの展開(1/2) 2014/10/25 9
  11. 11. Integration Packの展開(2/2)  下記のようなダイアログが表示されたら、Runbook ServerとRunbook Designer に展開済みのIntegration Packをアンインストールします。  アンインストールしても、Integration Packの設定は保持 されます。  そのうえで、再度、登録と展開を行ってください。 2014/10/25 10
  12. 12. オンプレミス検証環境(自宅) SC 2012 R2 Orchestrator SC 2012 R2 VMM SC 2012 R2 OM AD DC その他数台 のVM Windows Server 2012 R2 Hyper-V Windows Server 2012 R2 Hyper-V 2014/10/25 11 ※OSは、全VMともWindows Server 2012 R2 で統一 AD DC
  13. 13. System Center 2012 R2 Integration Pack for Active Directoryの設定– オンプレミス 2014/10/25 12
  14. 14. 検証環境(Azure) Micosoft Azure SC 2012 R2 Orchestrator 2014/10/25 13 Windows Server 2012 R2 AD DC Windows Server 2012 R2 AD DC SQL Server 2012 SP1 を追加インストール ※OSは、全VMともイメージギャラリーからWindows Server 2012 R2 選択 DC2台ともDIP (静的IPアドレス)を 付与済み
  15. 15. System Center 2012 R2 Integration Pack for Active Directoryの設定– Azure IaaS 2014/10/25 14
  16. 16. Runbook  統合パックに含まれるアクティビティを用いて、プロセスを定義するもの 2014/10/25 15
  17. 17. 「本日のテーマ」 ノンコーディングでユーザー管理、 グループ管理を行う  古くはVBScript、最近ではPowerShellを駆使してActive Directoryを管理される ことが多いのではないでしょうか。  ここから、可能な限りノンコーディングでActive Directoryを管理する方法をご 紹介していきます。 2014/10/25 16
  18. 18. 今回使用したアクティビティ 2014/10/25 17
  19. 19. 今回使うCSV 処理対象,処理内容,対象のオブジェクト名,名,姓,未使用,グループの場合は対象となるグループメンバー名 2014/10/25 18
  20. 20. デモ 2014/10/25 19
  21. 21. ユーザー管理、グループ管理のRunbook 2014/10/25 20
  22. 22. Runbook内での動き方 2014/10/25 21
  23. 23. ここだけはコーディングしました 2014/10/25 22
  24. 24. 日付フォーマットの変更 2014/10/25 23
  25. 25. アクティビティの実行成否 による条件分岐 or条件も構成可能 2014/10/25 24
  26. 26. データに基づく条件分岐 2014/10/25 25
  27. 27. ユーザー管理のRunbook 2014/10/25 26
  28. 28. Create Userアクティビティ 2014/10/25 27
  29. 29. Reset User Passwordアクティビティ 2014/10/25 28
  30. 30. Enable Userアクティビティ 2014/10/25 29
  31. 31. Get Userアクティビティ 2014/10/25 30
  32. 32. Disable Userアクティビティ 2014/10/25 31
  33. 33. グループ管理のRunbook 2014/10/25 32
  34. 34. Create Groupアクティビティ 2014/10/25 33
  35. 35. Get Groupアクティビティ 2014/10/25 34
  36. 36. Get Userアクティビティ 2014/10/25 35
  37. 37. Add User To Groupアクティビティ 2014/10/25 36
  38. 38. Remove User From Groupアクティビティ 2014/10/25 37
  39. 39. 文字列処理  関数 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh440537.aspx  Field関数を用いて、CSVの一行から個々のフィールドを 取り出しています。  Upper、Lower、Sum、Diff、Mult、Div、Instr、 Right、Left、Mid、Ltrrim、Rtrim、Lenがあります。  正規表現 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh440535.aspx  データ操作に使えます。 2014/10/25 38
  40. 40. まとめ  OrchestratorのRunbookは、一般的なプログラミング言語と は動き方が違う部分があることを理解しましょう。  例えばファイルの読み込みは、一行ごとの読み込むというこ と作り手が意識しなくても良いようになっています。  スクリプトにより管理したいが、プログラミング技術が追 い付かないという場合は、OrchestratorのRunbook による Active Directoryの管理を試してみてください。  OrchestratorのRunbookは、Active Directory以外も管理で きますので、興味を持たれたらお試しください。 2014/10/25 39
  41. 41. 参考資料  System Center 2012 R2 Orchestrator, Service Manager ステップバイステップ評価ガ イドhttp://download.microsoft.com/download/0/7/B/07BE7A3C-07B9-4173- B251-6865ADA98E5D/SC2012R2_O_SM_EvalGuide_v1.0.docx  Free ebook: System Center: Designing Orchestrator Runbooks http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh403791.aspx  Integration Packs for System Center 2012 – Orchestrator http://technet.microsoft.com/en-us/library/hh295851.aspx  アクティビティのリファレンスも上記リンクからたどれます  Runbook Activity Reference for System Center 2012 – Orchestrator Standard Activities http://technet.microsoft.com/en-us/library/hh225055.aspx  System Center 2012 - Orchestrator のRunbook の使用 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh403791.aspx  データの操作http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh440530.aspx 2014/10/25 40
  42. 42. 御清聴ありがとうございました。 2014/10/25 41
  • ShintaroKaku

    Nov. 7, 2016
  • shin0307

    Sep. 13, 2016
  • ryojia

    Mar. 1, 2015
  • yukipiyopiyo

    Nov. 26, 2014
  • tasuku1127

    Nov. 19, 2014
  • HiromichiYukawa

    Oct. 27, 2014

古くはVBScript、最近ではPowerShellを駆使してActive Directoryを管理されることが多いと思います。 そこへ可能な限りノンコーディングでActive Directoryを管理する方法をご紹介することで、管理方法の間口を広げて行ければと考えております。 そこで本セッションは、 ・System Center 2012 R2 Orchestratorの振り返り ・System Center 2012 R2 Orchestrator 統合パック(IP)の振り返り ・ユーザーとグループを題材にとして、System Center 2012 R2 OrchestratorのRunbookでActive Directoryをどのように管理できるかについてご紹介します。

Views

Total views

3,766

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

2,105

Actions

Downloads

15

Shares

0

Comments

0

Likes

6

×