Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ノンコーディングで LINE Bot 開発! Azure Logic Apps × Azure Cognitive Services ×LINE メッセージで自動スケジュール登録

1,973 views

Published on

2019/05/29-30に開催された「de:code2019」のEXPO オープンシアター(AI91)での発表資料です

Published in: Technology
  • Be the first to comment

ノンコーディングで LINE Bot 開発! Azure Logic Apps × Azure Cognitive Services ×LINE メッセージで自動スケジュール登録

  1. 1. Ask the Speaker 写真撮影 動画撮影 セッション資料 後日公開 Twitter ハッシュタグ ノン コーディングで LINE Bot 開発! Azure Logic Apps × Azure Cognitive Services × LINE メッセージで自動スケジュール登録 AI91 松本 典子 株式会社オルターブース / Microsoft MVP for Microsoft Azure #decode19 #AI91設定なし 公開
  2. 2. de:code 2019 ノン コーディングで LINE Bot 開発! Azure Logic Apps × Azure Cognitive Services × LINE メッセージで自動スケジュール登録 AI91 松本 典子 株式会社オルターブース / Microsoft MVP for Microsoft Azure
  3. 3. • 自分も作れそう!
  4. 4. http://bit.ly/decode19-ai91 手順書とサンプルコードのご案内
  5. 5. 自己紹介 松本 典子 @nori790822 https://www.facebook.com/noriji822 ASCII.jp: 「Azure Logic Apps」超入門 https://ascii.jp/elem/000/001/647/1647224/ ASCII.jp:「Azure Logic Apps」超入門 ~AI編~ https://ascii.jp/elem/000/001/736/1736136/ Blog:https://zuvuyalink.net/nrjlog/
  6. 6. 今回ご紹介する内容 LINE チャットボット Googleカレンダー スケジュール トウロク シマス
  7. 7. 今回ご紹介する内容 LINEメッセージ(テキストorボイス)でスケジュールを送信 すると自動でGoogleカレンダーに登録するチャットボット LINE チャットボット Googleカレンダー スケジュール トウロク シマス この仕組みをノンコーディングで作ります!
  8. 8. DEMO: LINEからスケジュールを送る
  9. 9. スケジュールを人に伝える場合
  10. 10. Demo1の内容:テキストメッセージ 7/8の14時から品川で 小尾さんと打ち合わせ
  11. 11. Demo2の内容:ボイスメッセージ 7月9日の15時から デプロイ王子と マイクロソフトで打ち合わせ
  12. 12. Demoの内容をまとめると・・・ 小尾さん しちがつここのか じゅうごじ デプロイ王子 スケジュールの話ってわかりますよね?
  13. 13. チャットボット ????? デプロイ王子 小尾さん
  14. 14. ノンコーディングでスケジュールを自動登録の仕組み LINE Logic Apps Cognitive Services Googleカレンダー
  15. 15. 利用するサービス
  16. 16. 1. LINE Messaging API
  17. 17. • テキストメッセージ • 音声メッセージ LINE Messaging API https://developers.line.biz/ja/reference/messaging-api/
  18. 18. 2. Azure Logic Apps
  19. 19. • Microsoftが提供するiPaaSサービスの1つ • ブラウザで視覚的にワークフローを構築 • コードを 1 行も書かずにワークフローを 作成可能 • 料金はリソース分のみ(動いた回数分) 250以上(2019年5月時点) Azure Logic Apps
  20. 20. サービス連携先=コネクタ 250以上のサービスと連携可能
  21. 21. Logic Apps コネクタの概念 • イベントがあったら動く、 先頭に選ぶコネクタ コネクタ(サービス連携を行うためのコンポーネント) • 2番目以降に選ぶコネクタ (複数あり)
  22. 22. Azure Logic Apps デザイナー画面 トリガー アクション ワークフロー アクション イベントをトリガで受け取り後続のアクションで処理 を行う
  23. 23. 3. Speech Services
  24. 24. Speech Services
  25. 25. Speech Services Logic Appsコネクタ無し
  26. 26. Speech Services API v2.0 https://westus.cris.ai/swagger/ui/index#/Custom32Speech32transcriptions58/CreateTranscription
  27. 27. Speech Servicesは「HTTP」コネクタを利用
  28. 28. 4. Language Understanding (LUIS)
  29. 29. Intents Entities Language Understanding (LUIS) 人間が日常的に使っている「話し言葉(自然言語)」を コンピューターに処理させるための分析モデルが簡単に作成・利用できる https://www.luis.ai/home (目的や意図) (単語)
  30. 30. チャットボット ワカル! date action time 7/8の14時から品川で小尾さんと打ち合わせ 7月9日の15時からデプロイ王子とマイクロソフトで打ち合わせ name location
  31. 31. Intents Entities Language Understanding (LUIS) 人間が日常的に使っている「話し言葉(自然言語)」を コンピューターに処理させるための分析モデルが簡単に作成・利用できる https://www.luis.ai/home (目的や意図) (単語) Logic Appsコネクタあり
  32. 32. Logic Apps構築時のポイント
  33. 33. 1:テキストメッセージ利用時の構成図
  34. 34. LINEテキストメッセージ:Logic Apps全体図 トリガー:LINEからテキストメッセージを受信 LUISコネクタでメッセージ内容を分析 Googleカレンダーに登録
  35. 35. LUISコネクタでメッセージ内容を分析 date:7/8 location:品川 name:小尾
  36. 36. date:7/8 location:品川 name:小尾 time:14時 action:打ち合わせ
  37. 37. Googleカレンダーに登録 formatDateTime(variables('date'))
  38. 38. 2:LINEボイスメッセージ利用時の構成図
  39. 39. LINEボイスメッセージ:Logic Apps全体図 • Logic Appsは2つ作成 ① ②
  40. 40. ① ボイスメッセージを格納 トリガー:LINEからテキストメッセージを受信
  41. 41. ② Speech Servicesで音声ファイル変換 LUISで利用できるように 変換&取り出し 変換バッチ処理を削除 APIを利用して 音声ファイルをテキストに変換
  42. 42. 音声ファイル→テキスト変換 Display
  43. 43. 配列の中から「Display」を取り出す
  44. 44. LUISコネクタでメッセージ内容を分析 date:7月9日 location:マイクロソフト name:デプロイ王子
  45. 45. Demoの結果
  46. 46. Googleカレンダーの入力内容
  47. 47. ノンコーディングでもチャットボットは出来る! LINE チャットボット Googleカレンダー スケジュール トウロク シマシタ
  48. 48. http://bit.ly/decode19-ai91 手順書とサンプルコードのご案内
  49. 49. © 2018 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。 © 2019 Noriko Matsumoto All rights reserved. 本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、de:code 2019 開催日 (2019年5月29~30日) 時点のものであり、予告なく変更される場合があります。 本コンテンツの著作権、および本コンテンツ中に出てくる商標権、団体名、ロゴ、製品、サービスなどはそれぞれ、各権利保有者に帰属します。

×