Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

成功したチーム 失敗したチーム -F.O.X Meetup #3-

Ad

成功したチーム
失敗したチーム
F.O.X Meetup #3
F.O.X Service Manager
Noriaki Kadota

Ad

hello!
Noriaki Kadota
F.O.X Service Manager

Ad

ForceOperationX (F.O.X)
Smartphone-App Analytics Platform and AdTech Infrastructure.PR

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Check these out next

1 of 27 Ad
1 of 27 Ad

More Related Content

Slideshows for you (19)

成功したチーム 失敗したチーム -F.O.X Meetup #3-

  1. 1. 成功したチーム 失敗したチーム F.O.X Meetup #3 F.O.X Service Manager Noriaki Kadota
  2. 2. hello! Noriaki Kadota F.O.X Service Manager
  3. 3. ForceOperationX (F.O.X) Smartphone-App Analytics Platform and AdTech Infrastructure.PR
  4. 4. Kadota's Career SIer
  5. 5. スタートアップチームの事例を 3つご紹介します
  6. 6. 1. SNS for teenager JKJC向けSNS
  7. 7. 人数とか構成についての説明 ✘ 一般ユーザ向けスマホサービス立ち上げ ✘ サーバサイド3人、Webフロント1人、スマホアプリ2人 ★ 2週間毎にユーザー投稿型のイベントが開催(優先度: High) ★ 1回の設計、実装、テストは約3~4週かかる ★ 直近のイベントと次のイベント準備が並走
  8. 8. “チームの課題 リリース直後の イベント開発と機能開発の両立
  9. 9. 対処の方法 開発ラインを3つに分け、サーバサイド1人づつアサイン 1. 直近イベントの設計開発 2. 次回イベントの設計開発 3. 機能追加の設計開発(と他の人のサポート) 1が終われば、次回は3のように2週間ルーティンで役割変更
  10. 10. Success or Failure 成功だったか、失敗だったか
  11. 11. 一応、成功 イベントと機能追加の両立成功 イベント担当は追い込みで気疲れす るが、終わったら余裕のある開発ライ ンに移れる チーム全体と個人のバランスがとりや すかった
  12. 12. 2. AdTech Product アドテクプロダクト
  13. 13. 人数とか構成についての説明 ✘ 新規の広告配信サービス立ち上げ ✘ エンジニア4人、プロジェクトリーダー ★ 広告配信、トラッキング、管理画面、集計バッチが存在 ★ フルスクラッチのため、開発タスクが膨大
  14. 14. “チームの課題 4システムの膨大なタスク
  15. 15. 対処の方法 ✘ システム毎に専任担当を1名づつアサイン ✘ PLは基本設計とタスク分割、システム毎のタスク管理 専任担当がそれぞれのシステムに集中できる環境を整備
  16. 16. Success or Failure 成功だったか、失敗だったか
  17. 17. 数か月後に問題発生 タスクに偏りが発生 専任担当以外のキャッチアップができ ず、領域外のカバー困難 リリースの遅れが発生し、その後の運 用でも問題が。。。 最終的に専任制は廃止
  18. 18. 3. Social Matching ソーシャルマッチングサービス
  19. 19. 人数とか構成についての説明 ✘ 出会い系 マッチングスマホサービスの立ち上げ ✘ サーバサイド3人、Webフロント1人、スマホアプリ2人 ★ 2012年初頭だったため、スマホに関する技術情報が無い ★ スマホWebは機種依存だらけ、アプリも試行錯誤の連続 ★ 始まったばかりのアプリ内課金を実装
  20. 20. “チームの課題 技術調査と開発の両立
  21. 21. 対処の方法 ✘ 専門領域問わず、複数名で技術調査 ✘ 調査メンバーで全領域(サーバ、Web、アプリ)の設計 ✘ 専門領域問わず、調査メンバーでコードレビュー 調査~開発を複数名で当たることを前提にした
  22. 22. Success or Failure 成功だったか、失敗だったか
  23. 23. 成功 予定通り、リリース 思わぬトラブルが発生した場合も、詳 しいメンバーが複数名居るため、解決 までが速かった
  24. 24. matome
  25. 25. スタートアップで成功するチーム ★ チーム内でタスクや知識をシェア出来ている ★ 専門領域を超えた仕事が出来ている \ チームワーク /
  26. 26. あわせて読みたい https://www.slideshare.net/keiichiendo1/20160608-63011799
  27. 27. thanks! You can find me at @nottegra

×