Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

東京台東区谷中の細幅織物(リボン)産業関連資料調査

2013( 平 25)年 9 月 、東 京 都 台 東 区 谷 中 で 北 側 に 窓 を 持 つ 5 連 の 鋸 屋 根 工 場 が 解 体
さ れ た 。 解 体 時 は 印 刷 会 社 が 使 っ て い た が 、 1894( 明 27) 年 、 ま た は 1910( 明 43)
年から、リボン工場として紳士用の帽子や女性のドレスにあしらう絹のリボンを製造
していた。町のランドマークであった鋸屋根工場の解体を惜しむ声に推されて、谷中
のこ屋根会が結成され、建物の一部を譲り受けて、現在は澁澤倉庫のご厚意で保管、
地元での活用を模索中である。
工 場 脇 に あ っ た 小 屋 の 古 い 書 棚 か ら は 、洋 書 を 中 心 と し た 1900 年 前 後 の 繊 維 産 業 関
係の文献資料が多数発見された。今回は、この文献の全体像を把握するために作成し
た文献目録の概要について報告する。

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

東京台東区谷中の細幅織物(リボン)産業関連資料調査

  1. 1. 東京台東区谷中の細幅織物(リボン)産業関連資料調査 権上かおる1 ) ,山崎範子1 ) ,真鍋雅信 2 ) ,吉田喜一3 ) 1)谷中のこ屋根会 2)澁澤倉庫3)東京都立産業技術高等専門学校 Manufacture of narrow woven fabrics(ribbon) related search for material in Tokyo Yanaka, Taito-ku Gonjo kaoru,Yamasaki noriko(Yanaka Sawtooth-Roof Heritage Society), Manabe masanobu(THE SHIBUSAWA WAREHOUSE. CO.,LTD), Yoshida Kiichi (Tokyo Metropolitan College of Industrial Technology) 1.はじめに 2013(平 25)年 9 月、東京都台東区谷中で北側に窓を持つ 5 連の鋸屋根工場が解体 された。解体時は印刷会社が使っていたが、 1894(明 27)年、または 1910(明 43) 年か ら 、 リボ ン 工場 とし て 紳 士用 の 帽子 や女 性 の ドレ ス にあ しら う 絹 のリ ボ ンを 製 造 して い た 。町 の ラン ドマ ー ク であ っ た鋸 屋根 工 場 の解 体 を惜 しむ 声 に 推さ れ て、 谷 中 のこ 屋 根 会が 結 成さ れ、 建 物 の一 部 を譲 り受 け て 、現 在 は澁 澤倉 庫 の ご厚 意 で保 管 、 地元での活用を模索中である。 工場脇にあった小屋の古い書棚からは、洋書を中心とした 1900 年前後の繊維産業関 係の 文 献 資料 が 多数 発見 さ れ た。 今 回は 、こ の 文 献の 全 体 像 を把 握 す るた め に作 成 し た文献目録の概要について報告する。 2.谷中リボン工場の経緯 工 場 の あ っ た 台 東 区 谷 中 は 文 京 区 と の 区 境 に 位 置 し 、 昭 和 の 初 め に 暗 渠 と な る ま で 川 が 流 れ て い た 。 川 は 不 忍 池 か ら こ の あ た り ま で を 藍 染 川 、 少 し 上 流 で 谷 田 川 と 名 を 変 え る[ 図 1 ]。明治・大正期はリボ ン工 場 を はじ め 、ネ クタ イ 、 染物 、 うち わ、 人 力 車の 母 衣、 下駄 の 爪 皮な ど の工 場 が 多く見られた。 鋸 屋 根 工 場 跡 地 の 地 主 の 親 族 の 方 が 書 い た 「 創 業 か ら 現 在 ま で の 流 れ 」 に よ れ ば 、 「1894 年(明 27)年 8 月、白木屋の支配人を 10 年勤めた岩橋謹次郎が財界の支援を 図 1 明 治 20 年 の 頃 の 藍 染 川 と リ ボ ン 工 場
  2. 2. 受け国産リボンを作るべく岩橋リボン製職所を創業。1907(明 40)年に三井財閥が日 本で唯一のリボン工場の将来性に着目し、買収して東京リボン製職所とした。その後、 渡辺 銀 行 の支 援 によ り渡 辺 四 郎が 買 取り 、千 代 田 リボ ン 製職 所と な っ た。 そ の後 、 工 場長の青木道造の仲介で鈴木哲が買い取った」とある。工場は 1966(昭 41)年まで操 業した。 3.渡辺四郎について 発見された文献資料は、 そのほとんどが、年代、蔵 書印などから渡辺四郎[ 写 真 1 ]の収集である。氏は資 産家 の東京 渡辺 銀行 頭 取 、 渡 辺 治 右 衛 門 の 四 男 で あ る 。 今回の調査のなかで、MAR 15 1903 ゴム印の書籍 (仮№71)から、自筆の 履歴書の下書きが発見された [ 写 真 2 ]。これによると、1880(明 13)年 8 月、東京 市日本橋区本材木町 1 丁目(現中央区日本橋 1 丁目) 生まれである。ここは、 日本の郵便の発祥の地と言わ れ る 現 日 本 橋 郵 便 局 付 近 で あ ろ う か 。 当 時 の 東 京 の 中 心 地 で あ る。 1899(明 32)年に東京府立開 成 尋 常 中 学 校 を 卒 業 し た 。 現 在 の 開 成 中 ・ 高 等 学 校 の 前 身 で 、 こ の 場 所 の 旧 町 名 は 、 日 暮 里 渡 辺 町 と 称 し た 。 渡 辺 治 右 衛 門 が 開 い た 土 地 で あ る 。 そ の 後 、 正 則英語学校(現正則高校)、大成中高 予備 門 (現 大 成 高校 )、順 天 中学 校 ( 現順 天 学 園 )な ど を 経て 、ま た 個人 指 導で 数 学、 英会話を学び、1904(明 37)年 9 月東京高等工業学校機械分科入学、 1907(明 40) 年 7 月に 27 歳で卒業している。 蔵書にあるサインや印の中で、国外住所も 4冊認められた。 1910 年;ロンドン;イギリス 3冊。1910 年 サン テテ ィ エン ヌ; フラ ンス 1 冊。 これらは、織物研究のため 1910(明治 43)年から 1913 年まで紡織機研究のためフ ランスに滞在し,この間 1910 から 1912 年にかけて欧米諸国の視察を兄弟と共に行って 写 真 1 渡 辺 四 郎 写 真 2 書 籍 か ら 発 見 さ れ た 履 歴 書 の 下 書 き
  3. 3. いることの物証となるであろう。 晩年は潔癖症を病み、子供達も近づけない状態で、1921(大正 10)年、42 歳で没し た。 また、交友のあった 岩崎輝弥(三菱の創 始者、岩崎弥太郎の 甥 1887-1921) ととも に写真家小川一真に依頼して撮影した 鉄道写真‘岩崎・渡辺コレクション’(現在は鉄 道博物館に収蔵・展示) で著名である。 4.文献について 総点数 103 点(書籍以外のもの 2 点 も 含 む ) の 本 文 献 資 料 の 特 徴 は 以 下 で ある。[ 写 真 3 ] ① 大きく 3 分類できる a) 渡 辺 が ヨ ー ロ ッ パ に 留 学 中 や 日 本で取り寄せた繊維関係の洋書 b) 渡 辺 が 東 京 高 等 工 業 学 校 で 学 ん だ際のノート類の製本されたもの c) 国 内 外 製 と 類 推 さ れ る リ ボ ン の 見本帳[ 写 真 4 ] ② 洋書については、後世で使用された形跡がな く、保存状態が極めてよい ③ リボンの見本帳の保存状態も良く、当初の色 彩を保っているものも多い ④ 文献の発行年は、1900 年代をピークに、1910 年代と続く。1885 年の Die Bindungslehre für Gewebe(織 物 の た め の シ リ ー ズ )が も っ とも古く、1932 年の和書が最も新しい ⑤ 年代の新しい和書は,年代 と鈴木蔵書印から みて、鈴木蔵書と推定される。なかでも‘最 新機織法’前編(三浦幹太郎( Tokyo 府立織 染学校教諭)昭和 4 年(1929)仮№76)見 返しには、「本書は昭和 20 年 3 月 4 日の爆 撃に因り甚しく汚損の止むなきに至る(鈴 木印)」と記されている ⑥ そ の 他 に 時代 を 感 じ さ せ る も のと し て は、 写 真 3 譲 り 受 け た 蔵 書 の 山 写 真 4 リ ボ ン の 見 本 帳 か ら
  4. 4. ‘最新機織法’後編(高級組織及紋織法太田七郎(前米澤高等工業学校教授)校閲 三浦幹太郎(Tokyo 府立織染学校教著)昭和 4 年(1929)に「紀元 2600 年奉祝祝 典記念バス壱区乗車券」が挟まれていた ⑦ 繊維関係の文献は、養蚕、製糸、織機 の機械工学、織物のデザインなど、幅広い収 集である ⑧ 洋書の言語は英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語 である ⑨ 分野別に見ると機械 関係はドイツ語が多く、紡績撚糸、繊維、織物設計 関係は英語 のみであった ⑩ リボン工場の経営に関する資料は皆無である。 おそらく、途中の時代に処分された ものと推定される おわりに 谷中のこ屋根会では、 2014 年 2~3 月「谷中のこ屋根展~藍染川ファクトリーライ フ」(ギャラリーTEN)[ 図 2 ]および 2014 年 11 月「復活に向けて 谷中のこ屋根展 in HAGISO」(HAGISO)[ 図 3 ] にて、展覧会を開催した。目的は、譲り受けた鋸屋 根の 骨 組 みの 活 用先 を探 す た めで あ る。 やや も す ると 下 町風 情を 楽 し む観 光 地と み ら れる こ の 町が 、 明治 以降 、 時 代の 先 端を ゆく ハ イ カラ な リボ ンや ネ ク タイ を 作り 、 働 き暮らした町であった記憶を留めておきたいと願うからである。 その 活 動 の中 で 、 文 献に つ い ても 整 理 し 、活 用 の 道は な い だ ろう か と の思 い が 強く なっ た 。 しか し 、専 門性 は な く、 文 字の 判読 か ら 苦し み 、量 の多 さ に も格 闘 する こ と とな っ た 。ま だ 校正 の余 地 は 大き い と考 える が 、 リス ト の公 開と い う 一歩 の 前進 さ せ № 書 名 副 書 名 著 者 名 シ リ ー ズ 名 言 語 発 行 年 46 Hundbuch fur Webeschulen sowie zum Selbstunterricht fur Weberei-Beflissene. ( 紡 織 学 校 と 織 物 を 独 学 す る 学 生 の た め の ハ ン ド ブ ッ ク ) Text Band (テ キ ス ト 版 ) Ruh . Drnk Die Bindungsle hre für Gewebe( 織 物 の た め の シ リ ー ズ ) ド イ ツ 語 1885 3 Textile Machinery ( 繊 維 機 械 製 織 編 ) Relating to Weaving PartⅡ Posselt, E. A. Posselt's Textile Library Vol.VI 英 語 1901 97 Silk Dyeing, Printing, and Finishing ( シ ル ク の 染 色 、 捺 染 、 仕 上 ) George H,.Hurs t, F.C.S Technologic al Handbooks 英 語 1892 51 JACQUARD WEAVING AND DESIGNING ( ジ ャ カ ー ド 織 物 と 設 計 ) T.F.BEL L 英 語 1895 リ ス ト の 一 部
  5. 5. たく、今回の発表の場をいただいた。 ここ ま で たど り 着 い たの は 、 ひと え に 、 玉川 寛 治 さん の ご 協 力・ 助 言 によ る も の。 繊維 産 業 への 専 門性 はな い 発 表者 達 だが 、な ん と か地 元 の産 業の 記 録 と記 憶 を留 め た いと い う 強い 思 いを 持つ 。 な にか ご 教示 ・ご 協 力 を い た だけ る方 は 、 月刊 の こぎ り 屋 根サイト http://nokoyane.com/ へ、ご連絡をいただければ、望外の喜びである。 図 2 ( 右 )「 谷 中 の こ 屋 根 展 ~ 藍 染 川 フ ァ ク ト リ ー ラ イ フ 」 の 案 内 チ ラ シ 図 3 ( 下 )「 復 活 に 向 け て 谷 中 の こ 屋 根 展 in HAGISO」 の 案 内 チ ラ シ 謝辞 オ リ ジナ ル 部材 の保 存 に ご理 解 くだ さっ た 旭 プロ セ ス製 版、 澁 澤 倉庫 、 ギャ ラ リ ーTEN、HAGISO、地元町会各位、文献資料を大切に保管されていた鈴木家の皆様、 解体 の 危 機の 中 で 参 集し た 谷 中の こ 屋 根 会の 仲 間 、の こ ぎ り 屋根 に 関 心を 寄 せ てく ださった多くの方々、最後に改めて、玉川寛治さんに深謝いたします。 参考文献 谷 中 の こ 屋 根 会 「 谷 中 の 『 の こ ぎ り 屋 根 』」 の こ 屋 根 編 集 室 2014 年 小 川 功 「 企 業 破 綻 と 金 融 破 綻 - 負 の 連 鎖 と リ ス ク 増 幅 の メ カ ニ ズ ム - 」 九 州 大 学 出 版 会 2002 年 菅 建 彦 「 交 通 博 物 館 の 至 宝 - 岩 崎 ・ 渡 辺 コ レ ク シ ョ ン 」 日 本 写 真 学 会 誌 2004 年 67 巻 2 号 :108-112 森 ま ゆ み 「 明 治 東 京 畸 人 傅 」 中 公 文 庫 2013 年 、 地 域 雑 誌 「 谷 中 根 津 千 駄 木 」 谷 根 千 工 房 1984~ 2009 年 月 刊 の こ ぎ り 屋 根 http://nokoyane.com/

    Be the first to comment

    Login to see the comments

2013( 平 25)年 9 月 、東 京 都 台 東 区 谷 中 で 北 側 に 窓 を 持 つ 5 連 の 鋸 屋 根 工 場 が 解 体 さ れ た 。 解 体 時 は 印 刷 会 社 が 使 っ て い た が 、 1894( 明 27) 年 、 ま た は 1910( 明 43) 年から、リボン工場として紳士用の帽子や女性のドレスにあしらう絹のリボンを製造 していた。町のランドマークであった鋸屋根工場の解体を惜しむ声に推されて、谷中 のこ屋根会が結成され、建物の一部を譲り受けて、現在は澁澤倉庫のご厚意で保管、 地元での活用を模索中である。 工 場 脇 に あ っ た 小 屋 の 古 い 書 棚 か ら は 、洋 書 を 中 心 と し た 1900 年 前 後 の 繊 維 産 業 関 係の文献資料が多数発見された。今回は、この文献の全体像を把握するために作成し た文献目録の概要について報告する。

Views

Total views

448

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

2

Actions

Downloads

2

Shares

0

Comments

0

Likes

0

×