Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

saiはRに宿るか? -RStudioとggplot2で碁を打つ-

1,027 views

Published on

Hijiyama.R the Final (2017/11/26)のLTで発表した資料です

Published in: Data & Analytics
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

saiはRに宿るか? -RStudioとggplot2で碁を打つ-

  1. 1. saiはRに宿るか? -RStudioとggplot2で碁を打つ- @kyn02666 Hijiyama.R –the Final- 2017/11/26
  2. 2. Hijiyama.R #2 Hijiyama.R #4
  3. 3. 碁の勉強を始めて困ったこと 1. 詰碁集や碁盤を持ち歩くのは大変 2. 9路盤,13路盤,19路盤など色々ある 3. 平面上でないと碁が打てない ‒ 電車の中で碁石をぶちまけるわけにはいかない
  4. 4. そんなわけで,ggtsumego()を作りました
  5. 5. 設問番号を指定したあと,対話形式で座標を入力 (この場合は,黒番で3手まで入力) 自分が打った位置がハイライトされる
  6. 6. 処理の概要 g g g + geom_point(data.frame(y=next_y, x=next_x), aes(y, x), shape=21, fill = 奇:黒,偶:白) + geom_point(data.frame(y=next_y, x=next_x), aes(next_y, next_x), shape=21, fill=“orange”) next_x readline(次の手) next_y
  7. 7. 間違えた場合, 希望すれば模範解答を表示可能
  8. 8. 対局モードも:gggo() 対話形式で手を入力していく
  9. 9. 悩み • 相手の石を囲んだことを検知して,自動で取り上げたい • 勝敗の自動判定 • graphicsパッケージのlocator()やidentify()のような挙動で, 石を打つ座標をマウス入力できないか
  10. 10. 引用文献 東大流 これからはじめる囲碁入門 (光永淳造=著) http://natsume.co.jp/book/index.php?action=show&code=005972&book_type=1
  11. 11. 一応ggothello()も作りまして To be continued…

×