Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

情報化と社会_第6回 「電話」

159 views

Published on

尚美学園大学2016年度講義「情報化と社会」第6回の講義スライド。電話について。

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

情報化と社会_第6回 「電話」

  1. 1. http://www.***.net 情報化と社会 第6回 メディア・情報技術と社会(2) 電話 七邊 信重
  2. 2. 前回の講義内容 新聞というメディアの歴史  活字メディアの誕生  印刷技術が近代社会に与えた影響  パンフレットから新聞へ  コーヒーハウスと公衆  新聞産業の拡大 2
  3. 3. 今日の講義内容 電話というメディアの歴史  電話の誕生  19世紀の電信と電話  「ビジネス」メディアとしての電話  「放送」メディアとしての電話  電話交換手と女性  「会話」メディアとしての電話 3
  4. 4. 講義スライドのアップ先 http://www.slideshare.net/ nobushigehichibe 講義前後にスライドをアップし ます。 4
  5. 5. 中間レポート テーマ「よく見ている/使っているインターネット のサイト・アプリ」  ジャンル(SNS、情報、ファッション、エンタメなど)  インスタグラム、Yahoo、ゲームアプリなど  いつから? どれくらい?(時期、一日の利用時間等)  利用端末(スマホ、タブレット、PCなど)  何が楽しいか? 役立つか? など A4 1枚 氏名、学年、学籍番号を忘れずに記入 提出日: 11月11日(金) 講義終了後  その後に提出した場合、減点します。 5
  6. 6. 補講日 11月26日(土) 2限  N210に変更  高校生を招いた発表会でE棟が使用不可のため 6
  7. 7. 電話の誕生 1876年 アレクサンダー・グラハム・ベルが発明  1860年 振動膜で電流を断続させて離れた地点 にまで送信する装置「テレフォン」を考案  1876年 イライシャ・グレイ、電話機の特許出願がベ ルより2時間遅れる。  1890年、ファクシミリの原型「テレオートグラフ」発明  1877年 エジソンが炭素送話器発明、特許取得 電話  声を電気に変え、電線に送り、再び声に戻す  空間を超えて、声を複製  蓄音機: 時間を超えて声を複製 7
  8. 8. 19世紀の電信と電話 電信  符号(モールス符号など)の通信  19世紀、将来性のある電気通信メディア  1876年 米国に8,500箇所の電信局と21万マイ ル以上の電信網、家庭用簡易電信装置が存在 電話  音声通信  雑音が激しい、電送された情報が記録されない  ベルが10万ドルで売却しようとした電話に関する 権利を、電話を「電気の玩具」と考えていたウェス タン・ユニオン電信会社は購入せず 8
  9. 9. 「ビジネス」メディアとしての電話 電話のイメージ=電信  緊急の業務連絡ができる  顧客を獲得できる 家庭向け電話  ○)主婦の業務を助ける手段  ×)おしゃべりの手段 9
  10. 10. 放送メディアとしての電話① 「娯楽」放送  1881年 パリ国際電気博覧会の展示室で、受話 器が多数置かれ、オペラ座等での公演が中継  受話器に耳を当てて、オーケストラの演奏等を楽しむ  ラジオはまだ存在していない  1890年 パリの電話会社が契約者の市内の劇 場での公演の実況中継を開始  1896年 英電話会社がロンドンの劇場公演の送 信を事業化  コイン式電話装置も登場  ホテルのロビーや盛り場の電話の受話器から、音楽 や演劇が流れる 10
  11. 11. 放送メディアとしての電話② 「宗教」放送  教会のミサも中継  1890年代、電話を使う説教師が登場  バーミンガム: 教会がロンドン等の電話に中継  グラスゴー: 電話による礼拝式が開催  ロンドン: 電話会社が、加入者と病院の患者向けに、 教会と加入者の間の回線を接続  米国: 多数の教区民が受話器を通して礼拝式に参加 11
  12. 12. テレフォン・ヒルモンド(ハンガリー) ブダペストの電話放送局  放送番組をマジャール語で加入世帯に提供  1893年 中央交換局から約1,000人の加入者に 向けて最初の放送を提供 加入者  政治家、ホテル、カフェ、病院、理髪店、服飾店等 番組内容  ニュース、講演、演劇、音楽会、朗読など  9時半: ニュース 10時: 株式情報 など  1893年~1920年代 電話新聞  1920年代~1944年 ラジオ 12
  13. 13. 電話交換手 本来の通話相手に代わって通話を受け取り、 必要に応じて本来の相手に電話をつなぎか える人  送信者→電話局(→他地域の電話局)→受信者 電話の普及で人間では足りない→自動化  日本 1979年に完了 13
  14. 14. 電話交換の担い手としての女性 男性  電信配達人。新技術が男性と結びつけられて考 えられていた  顧客に乱暴な口をきく、床の上でレスリング 等 女性  経済的要因: 大量で安価な労働力  非経済的要因: 上流階級との接客が重要  女性の社会的役割に適した活動と見なされる  従順で受け身、忍耐強く分別がある、公共の場を歩く べでない・・・  上等な職業として認知(アナウンサー、客室乗務員) 14
  15. 15. 女性交換手の社会的機能 地域のネットワーカー  交換手:地域の契約者の名前・住所を知っている  地域の情報にも詳しい  顧客の相談に乗る  契約者:交換手の名前を知っている  人間的な関係が存在 15
  16. 16. 会話のメディアとしての電話 密室的な「会話」のメディアへ  1890年代から1920年代に移行  1920年代末 ほぼ現在と変わらない状態に 変化の契機  地域限定の電話網→全国的な電話網  電話は個室と個室をつなぐプライベートなメディアに  電話交換手の労働の標準化・規格化  「電話らしい声」の訓練(マニュアル化)  「おしゃべり」の市場化  距離を超えた友人・家族のコミュニケーションを可能に するメディアに 16
  17. 17. 講義のまとめ、次回の講義内容 電話というメディアの歴史  電話の誕生  19世紀の電信と電話  「ビジネス」メディアとしての電話  「放送」メディアとしての電話  電話交換手と女性  「会話」メディアとしての電話 次回  映画とアニメーション 17

×