Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Getting started with edison

1,722 views

Published on

第11回まどべんよっかいちの発表資料です。
Edisonの概要、プログラム開発の方法を紹介しています。

Published in: Devices & Hardware
  • Be the first to comment

Getting started with edison

  1. 1. Getting Started with Edison @第11回まどべんよっかいち 2015/1/24 青木 宣明(@kumar0001)
  2. 2. INTEL Edisonとは?
  3. 3. Edisonとは? Intelが2014年9月に発売した超小型 コンピュータ • SDカードとほぼ同じ大きさ ウェアラブルデバイスにも使える大きさ
  4. 4. 機能 プロセッサー ・Intel Atom Processor Z34xx (500MHz) (2コア,2スレッド) ・Intel Quark 100MHz メモリ RAM: 1GB LPDDR3 Flash ROM: 4GB eMMC0 通信 Wi-Fi (IEEE 802.11a/b/g/n) Bluetooth 4.0 + 2.1EDR 外部入出力 ヒロセ電機 DF40コネクタ (70ピン) ・SDカード×1 ・SPI×1 ・USB(OTG対応) ・UART×2 ・I2S×1 ・I2C×2 ・GPIO×14 (4個はPWM) 電源(入力) DC 3.3V ~ 4.5V 大きさ 35.5mm×25mm×3.9mm
  5. 5. Edisonの本体 外部入出力・電源の端子 (70ピン) もちろん技適を 通ってます Wi-Fi アンテナ
  6. 6. Edisonへの配線 15mm/35ピン 入出力・電源コネクタの ピン間隔が非常に狭く、 ここから配線するのは非 常に困難 通常はEdison本体を取り 付けて信号線を取り出す ボードを利用する
  7. 7. Edisonのボード一覧 2015/1時点で入手可能なボード • Intel純正 Edison Board for Arduino Intel Edison Breakout Board Kit • SparkFun Intel Edison Block • スイッチサイエンス スイッチサイエンス版Eaglet(MFT版) • 秋月電子通商 Edison 2.54mmピッチ変換基板
  8. 8. Edisonのボード① Intel Edison Board for Arduino Arduinoのシールドを装着可能 (5V/3.3V) micro SDスロット USB OTG PGのDL 給電 PCとの シリアル通信 Power/Resetなどの ボタン DV 7-17V
  9. 9. Edisonのボード② Intel Edison Breakout Board PGのDL 給電 PCとの シリアル通信 2.54mmピッチ スルーホール (信号線はここから)
  10. 10. Edisonのボード③ SparkFun Blocks for Intel Edison https://learn.sparkfun.com/tutorials/general- guide-to-sparkfun-blocks-for-intel-edison 機能ごとのボードを 積み重ねる Baseブロック UARTブロック
  11. 11. Edisonのボード④ スイッチサイエンス版Eaglet (MFTバージョン)
  12. 12. Edisonのボード⑤ 秋月電子通商 Edison 2.54mmピッチ変換基板 Edisonのコネクタを 2.54mm×32ピン(2列)に変換 キットなのではんだ 付けは自分で
  13. 13. ボード比較 初めて人向け / 検証用 • Intel Edison Board for Arduino GPIO=3.3V or 5V • SparkFun Blocks for Intel Edison GPIO=1.8V 慣れた人向け / 実装用 • スイッチサイエンス版Eaglet GPIO=3.3V • Intel Edison Breakout Board Kit GPIO=1.8V • Edison 2.54mmピッチ変換基板 GPIO=1.8V まずはこれから
  14. 14. プログラム開発 プログラミング言語 開発環境
  15. 15. プログラミング言語 Arduinoスケッチ • EdisonにUSB接続したPCでビルド・実行 C/C++, Python, JavaScript(node.js) • MRAAライブラリで制御 • ビルド・実行はローカルもしくはリモートで シェルスクリプト • sysfsを使ってGPIOを制御
  16. 16. 開発環境 Arduino IDE • スケッチ Intel IoT Devkit • Eclipseベース • C++ Intel XDK IoT Edition • JavaScript (node.js)
  17. 17. Arduino IDE
  18. 18. Intel IoT Devkit
  19. 19. Intel XDK IoT Edition
  20. 20. デモ GPIO (Lチカ) I2C UART(シリアル通信) クラウドとのHTTP通信 (Wi-Fi) Bluetooth 今日はここまで
  21. 21. プログラムの例① GPIO - Lチカ • 0 / 1の入出力 スイッチとかLEDの点灯などに使える • 基本は以下の3点 GPIOのポートを開く ポートの入出力の方向を設定する ポートをON/OFFする echo 128 > /sys/class/gpio/export echo out > /sys/class/gpio/gpio128/direction echo 1 > /sys/class/gpio/gpio128/value
  22. 22. プログラムの例① GPIO - Lチカ • Arduino IDEでの実行 • C言語でのリモート実行 • node.jsでのリモート実行 • sysfsでの制御  https://github.com/intel-iot- devkit/mraa/blob/master/docs/edison.md#intelr- breakout-board  Aruduinoの13番⇒GPIO128
  23. 23. プログラムの例② I2C • ADT7410(温度センサー)の例
  24. 24. プログラムの例② I2C • I2Cはバスとアドレスで指定 • 処理は以下の通り ① MRAAの初期化 ② I2Cの初期化 (バスを指定) ③ I2Cアドレスを指定 ④ 値の入出力 (データサイズを指定) mraa_init(); mraa_i2c_context i2c = mraa_i2c_init(6); mraa_i2c_address(i2c, 0x48); uint8_t data[2]; int count = mraa_i2c_read(i2c, data, 2);
  25. 25. まとめ
  26. 26. まとめ Edisonの概要 • SDカードとほぼ同じ大きさ • GPIO/I2C/UARTなどの外部入出力 • Wi-Fi, Bluetoothの通信 開発環境・言語 • C/C++, Python, node.jsが利用可能 • PCからのリモートデバッグが可能 • MRAAライブラリでハードウェアを制御
  27. 27. Edisonのメリット・デメリット メリット • Edison単体でBluetooth / Wi-Fi通信を使ったガジェッ トを作成できる • Intel Atom搭載のLinux PC デメリット • 映像・音声出力端子がない • 電源ONからOS起動完了までのタイムラグ
  28. 28. 今後の課題 公式Linuxイメージのカスタマイズ • Rootパーティションサイズを増やしてmonoを導入 monoを使ったC#プログラミング • GPIO/I2C/UARTなどを使うクラスライブラリを作成 Pythonスクリプトのリモート実行 • コミュニティサイトに成功報告があったので確認

×