OSS Product feat. Gradle

5,177 views

Published on

Material of LT for JGGUG meetup at 2014-10-24

Published in: Software
0 Comments
9 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
5,177
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3,514
Actions
Shares
0
Downloads
6
Comments
0
Likes
9
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

OSS Product feat. Gradle

  1. 1. OSS開発者としての嗜み ~ぐれ江戸るしぐさ~ nobeans OSS Product feat. Gradle
  2. 2. OSSプロダクトの 利用者/貢献者目線から みたGradleのメリット
  3. 3. こんなOSS プロダクトは嫌だ
  4. 4. Ant/Mavenの インストールが必要 zip探してダウンロードして展開して~ が面倒だったので $ apt-get install ant してみたら、大量の依存ライブラリが ドバドバとインストールされた。 ちょっとビルドしてみたかっただけな のに…orz
  5. 5. そこで Gradle Wrapper 次の2点以外に準備は不用: 1. Javaがインストールされている 2. ネットにつながっている もちろんグローバル環境は汚しません プロジェクト直下にスクリプトが、 $HOME/.gradle/wrapper 配下に DLしたバイナリ等が格納される
  6. 6. どうやってビルド を実行すればよい かわからない Ant/Maven/Gradleは用意したけど、 さて、なんてコマンドを実行すればいいの?
  7. 7. そこで デフォルトタスク 適切に設定しておけば Gradleコマンドを無引数で実行するだけでOK // build.gradle defaultTasks 'clean', 'test', 'dist' (例) $ ./gradlew →clean, test, distタスクが実行される
  8. 8. ソースを展開したも のの次に何をすれば よいかわからない おい、ドキュメントはどこだ
  9. 9. README.md ビルドツールに何使っててもいいからとりあえず RequiresとHow To BuildとUsageとか 最小限の説明ぐらい書きましょう そこで Web+DBプレスvol.83で特集されたし、 今ならMarkdownがおすすめ
  10. 10. ※未承諾広告  Gaiden Markdownでまとまったドキュメント書くなら 使ってみるといいんじゃないかな (震え声 近々v1.0がでます、たぶん https://github.com/kobo/gaiden $ gvm install gaiden
  11. 11. v1.0のデフォルトテーマは こんな感じ Gaiden Wrapperもあるよ
  12. 12. 動機 == 私怨 一週間ぐらい前に、あるOSSツールを試そうとして、よせばいいのにバイ ナリzipじゃなくて、ソースコードも読みたいからとGithubからcloneしてビ ルドしようとしたら READMEにはアプリ名の1行だけしかない →どうやってビルドするの? →build.xmlがあるからAntかな? →めんどいのでapt-getでAntをインストールしてみた →ウワアァァァァ →build.xmlを読んで適当にタスクを実行したらzipができた →あれ、またこれ展開するの? →ダウンロードしとけば良かった…orz …ということで、このネタを思いつきました
  13. 13. 告 OSSプロダクトを提供している開発者各位におかれ ましてはひとつご理解ご協力のほどよろしくお願い いたします。 1. Ant/MavenからGradleへ移行する 2. Gradle Wrapperは標準装備で 3. コレやっときゃ間違いない、という一連のタ スク呼び出しをデフォルトタスクとして定義 4. ビルドの仕方だけでもREADME.mdに書く
  14. 14. 受託開発でも、gradlew コマンドを無引数で実行し たら即ビルドできる、とい うのは結構価値が高いはず

×