Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

OSS Product feat. Gradle

5,736 views

Published on

Material of LT for JGGUG meetup at 2014-10-24

Published in: Software
  • Be the first to comment

OSS Product feat. Gradle

  1. 1. OSS開発者としての嗜み ~ぐれ江戸るしぐさ~ nobeans OSS Product feat. Gradle
  2. 2. OSSプロダクトの 利用者/貢献者目線から みたGradleのメリット
  3. 3. こんなOSS プロダクトは嫌だ
  4. 4. Ant/Mavenの インストールが必要 zip探してダウンロードして展開して~ が面倒だったので $ apt-get install ant してみたら、大量の依存ライブラリが ドバドバとインストールされた。 ちょっとビルドしてみたかっただけな のに…orz
  5. 5. そこで Gradle Wrapper 次の2点以外に準備は不用: 1. Javaがインストールされている 2. ネットにつながっている もちろんグローバル環境は汚しません プロジェクト直下にスクリプトが、 $HOME/.gradle/wrapper 配下に DLしたバイナリ等が格納される
  6. 6. どうやってビルド を実行すればよい かわからない Ant/Maven/Gradleは用意したけど、 さて、なんてコマンドを実行すればいいの?
  7. 7. そこで デフォルトタスク 適切に設定しておけば Gradleコマンドを無引数で実行するだけでOK // build.gradle defaultTasks 'clean', 'test', 'dist' (例) $ ./gradlew →clean, test, distタスクが実行される
  8. 8. ソースを展開したも のの次に何をすれば よいかわからない おい、ドキュメントはどこだ
  9. 9. README.md ビルドツールに何使っててもいいからとりあえず RequiresとHow To BuildとUsageとか 最小限の説明ぐらい書きましょう そこで Web+DBプレスvol.83で特集されたし、 今ならMarkdownがおすすめ
  10. 10. ※未承諾広告  Gaiden Markdownでまとまったドキュメント書くなら 使ってみるといいんじゃないかな (震え声 近々v1.0がでます、たぶん https://github.com/kobo/gaiden $ gvm install gaiden
  11. 11. v1.0のデフォルトテーマは こんな感じ Gaiden Wrapperもあるよ
  12. 12. 動機 == 私怨 一週間ぐらい前に、あるOSSツールを試そうとして、よせばいいのにバイ ナリzipじゃなくて、ソースコードも読みたいからとGithubからcloneしてビ ルドしようとしたら READMEにはアプリ名の1行だけしかない →どうやってビルドするの? →build.xmlがあるからAntかな? →めんどいのでapt-getでAntをインストールしてみた →ウワアァァァァ →build.xmlを読んで適当にタスクを実行したらzipができた →あれ、またこれ展開するの? →ダウンロードしとけば良かった…orz …ということで、このネタを思いつきました
  13. 13. 告 OSSプロダクトを提供している開発者各位におかれ ましてはひとつご理解ご協力のほどよろしくお願い いたします。 1. Ant/MavenからGradleへ移行する 2. Gradle Wrapperは標準装備で 3. コレやっときゃ間違いない、という一連のタ スク呼び出しをデフォルトタスクとして定義 4. ビルドの仕方だけでもREADME.mdに書く
  14. 14. 受託開発でも、gradlew コマンドを無引数で実行し たら即ビルドできる、とい うのは結構価値が高いはず

×