Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

畑と会話するニュータイプなIo tアプリで加熱中の技術トレンドを鷲掴みにする45分

1,188 views

Published on

畑と会話するニュータイプなIo tアプリで加熱中の技術トレンドを鷲掴みにする45分

Published in: Technology
  • Be the first to comment

畑と会話するニュータイプなIo tアプリで加熱中の技術トレンドを鷲掴みにする45分

  1. 1. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 畑と会話できるニュータイプなIoTアプリで 加熱中の技術トレンドを鷲掴みにする45分 ⽇本オラクル株式会社 エバンジェリスト 中嶋 ⼀樹 [実演&全員参加型]
  2. 2. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。 文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。 また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むこと はできません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミッ トメント(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料になさら ないで下さい。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリースおよ び時期については、弊社の裁量により決定されます。 Safe Harbor 2
  3. 3.
  4. 4. Node.js CPU3G Raspberry Pi Oracle Database Cloud 畑 私オラクル畑 友達 Bot
  5. 5. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 5 Bot ピザを注⽂ 会話 クラウドと連携Smart Home
  6. 6. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 6 Bot ピザを注⽂ クラウドと連携Smart Home 会話 Siri Allo LINE
  7. 7. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 7 ⾃然⾔語処理の例 ①お好み焼きを注⽂したいのですが? ②豚モダン焼きを⼀枚。 タイプ 枚数 必要なパラメーター 届け先③港区北⻘⼭1-1-1です。 学習済みのIntent お好み焼き 注⽂ タイプ 枚数 届け先
  8. 8. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 8 IoT、⾃然⾔語処理を擁するBotのアーキテクチャー例 ユーザー Bot ③質問⽂からIntentを特定 (⾃然⾔語解析エンジン)Translate API ②質問を英訳 ①質問 ④必要なデータを取得 ⑤回答 センサーデバイス リアルタイムデータを保存 Oracle Database Cloud API node.jsのPaaSで稼働
  9. 9. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 9 IoT、⾃然⾔語処理を擁するBotのアーキテクチャー例 ユーザー Bot ③質問⽂からIntentを特定 (⾃然⾔語解析エンジン)Translate API ②質問を英訳 ①質問 ④必要なデータを取得 Oracle Database Cloud ⑤回答 センサーデバイス リアルタイムデータを保存 各サービスのハブとなり、Intentごとの アクションを実装する。
  10. 10. switch (response.result.action) { case "get-latest-moisture": // ⼟壌湿度情報をクラウドデータベースに問い合わせ、その値に応じてレスポンスを設定します。 HatakeDb.getLatestMoisture(function(moisture){ responseText = LineBot.getResponseByMoisture(moisture); that.postLineMessage(chatId, responseText); }); break; case "get-latest-light": // 仮の実装で固定の値を常に返しています。本来は照度センサーの値を取得してレスポンスを設定するイメージです。 responseText = "ちょっと薄暗いですね。"; that.postLineMessage(chatId, responseText); break; case "get-latest-nutrition": // 仮の実装で固定の値を常に返しています。本来は⼟壌養分の値を取得してレスポンスを設定するイメージです。 responseText = "もうちょっと肥えを⾜してもらえますか?"; that.postLineMessage(chatId, responseText); break;
  11. 11. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 11 参考情報 https://github.com/nkjm/hatake-bot nkjm https://www.facebook.com/groups/oracle.cloud.developers 今⽇のデモアプリのソースコー ド。node.jsで動作し、api.ai およびLINEと連携します。 今⽇の話を記事 にまとめました。 Meetup やってます。 http://qiita.com/nkjm/items/540ce04a2c7550d882e4
  12. 12. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 12 これまでのアプリとBotの違い これまでのアプリ Bot • ⼈間が操作⽅法を覚える。 • マニュアルがある。 • 仕様がある。 • ⼈間は何も覚える必要がない。 • マニュアルはない。 • スキルがある。
  13. 13. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 13 BotのUIを開発できるプラットフォーム SlackFacebook Messenger iOS Skype LINE
  14. 14. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 14 Botの⾃然⾔語処理をサポートするサービス Google Cloud Natural Language API ストーリー仕⽴てで会話 をおこない、⽂脈を保存 しつつ必要なパラメータ を拾っていく。 あらかじめIntentを登録 し、与えられた⽂からそ れを特定する。 ⽂から感情分析、パラメー タ抽出、⽂法解析をおこ なう。
  15. 15. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 15 まとめ • IoTとAIとBot。このテクノロジーの撚り合せに可能性を感じる。 • 鍵となる⾃然⾔語処理はAPIで利⽤できるようになってきてる。 • あとはアイデア次第。 nkjm
  16. 16. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 16

×