活躍中のアプリケーションから紐解くForce.com
テクニカルエバンジェリスト 中嶋 一樹
  @nkjm
Safe Harbor
Safe harbor statement under the Private Securities Litigation Reform Act of 1995:
This presentation may contai...
Force.comを利用している現役アプリケーション
ISVforce OEM
オンラインアンケート商談ダッシュボード 勤怠・経費・工数管理
Force.comの3つのアドバンテージ
Force.comの位置づけ
ハードウェア
OS
IaaSのカバレージ
データベース
Web実行環境
PaaSのカバレージ
アプリケーション
標準画面
カスタム画面
カスタムコード
ツール
設定
Force.comのカバレージ
開発者が作成
ク...
Force.comのアドバンテージ
開発生産性
セキュリティ
• Non-Programming 開発
• モバイルUI 自動生成
• コンポーネントを活用
ビジネス
一般的な開発パターン
$ create table t1 (
t_id INT,
t_name VARCHAR(32),
t_email VARCHAR(64),
t_phone VARCHAR(15),
}
function create()...
名前
Email
日付
登録
通常のフォーム開発
名前
Email
日付
登録
Emailの形式が正しいか
チェックするバリデーション
コードを追加
日付入力時にポップアップカ
レンダーを表示するコードを
埋め込み
Force.comでのフォー...
Salesforce1 Mobile App
Non-Programmingで開発できるモバイルアプリ
Force.comのアドバンテージ
• 毎年数十億円規模の設備投資
• 過去15年の運用で事故0件
開発生産性
セキュリティ
ビジネス
Force.comのアドバンテージ
• 開発環境が完全無償
• 0ユーザーでも、100万ユーザーでも、
プラットフォームへの先行投資が不要
開発生産性
セキュリティ
ビジネス
アプリケーションのデリバリー
appexchangeからインストール
App
開発者
App
世界中のSalesforceユーザー
appexchangeマーケットプレイス
App
トライアルサインアップ
1. サインアップ申込み。
2. トライアル環境自動生成。
3. ログイン情報をメール通知。
4. 試用開始。
ワクワクするようなアプリケーションビジネス。
•圧倒的な開発生産性 - ビジネスアプリ、HTML5、そしてモバイル。
•実績が証明するNo.1 Secure Cloud。
•0ユーザーでも、100万ユーザーでも、プラットフォーム投資は不要。
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

活躍中のアプリケーションから紐解くForcecom

1,151 views

Published on

活躍中のアプリケーションから紐解くForcecom

  1. 1. 活躍中のアプリケーションから紐解くForce.com テクニカルエバンジェリスト 中嶋 一樹   @nkjm
  2. 2. Safe Harbor Safe harbor statement under the Private Securities Litigation Reform Act of 1995: This presentation may contain forward-looking statements that involve risks, uncertainties, and assumptions. If any such uncertainties materialize or if any of the assumptions proves incorrect, the results of salesforce.com, inc. could differ materially from the results expressed or implied by the forward-looking statements we make. All statements other than statements of historical fact could be deemed forward-looking, including any projections of product or service availability, subscriber growth, earnings, revenues, or other financial items and any statements regarding strategies or plans of management for future operations, statements of belief, any statements concerning new, planned, or upgraded services or technology developments and customer contracts or use of our services. The risks and uncertainties referred to above include – but are not limited to – risks associated with developing and delivering new functionality for our service, new products and services, our new business model, our past operating losses, possible fluctuations in our operating results and rate of growth, interruptions or delays in our Web hosting, breach of our security measures, the outcome of intellectual property and other litigation, risks associated with possible mergers and acquisitions, the immature market in which we operate, our relatively limited operating history, our ability to expand, retain, and motivate our employees and manage our growth, new releases of our service and successful customer deployment, our limited history reselling non-salesforce.com products, and utilization and selling to larger enterprise customers. Further information on potential factors that could affect the financial results of salesforce.com, inc. is included in our annual report on Form 10-Q for the most recent fiscal quarter ended April 30, 2011. This documents and others containing important disclosures are available on the SEC Filings section of the Investor Information section of our Web site. Any unreleased services or features referenced in this or other presentations, press releases or public statements are not currently available and may not be delivered on time or at all. Customers who purchase our services should make the purchase decisions based upon features that are currently available. Salesforce.com, inc. assumes no obligation and does not intend to update these forward-looking statements.
  3. 3. Force.comを利用している現役アプリケーション
  4. 4. ISVforce OEM オンラインアンケート商談ダッシュボード 勤怠・経費・工数管理
  5. 5. Force.comの3つのアドバンテージ
  6. 6. Force.comの位置づけ ハードウェア OS IaaSのカバレージ データベース Web実行環境 PaaSのカバレージ アプリケーション 標準画面 カスタム画面 カスタムコード ツール 設定 Force.comのカバレージ 開発者が作成 クラウドが提供
  7. 7. Force.comのアドバンテージ 開発生産性 セキュリティ • Non-Programming 開発 • モバイルUI 自動生成 • コンポーネントを活用 ビジネス
  8. 8. 一般的な開発パターン $ create table t1 ( t_id INT, t_name VARCHAR(32), t_email VARCHAR(64), t_phone VARCHAR(15), } function create(){ } function read(){ } function update(){ } <html> <head> </head> <body> </body> </html> $ create table t1 ( t_id INT, t_name VARCHAR(32), t_email VARCHAR(64), t_phone VARCHAR(15), } function create(){ } function read(){ } function update(){ } <html> <head> </head> <body> </body> </html> 自動生成 自動生成 Force.comのNon-Programming開発 コントローラ作成 画面作成 テーブル作成 スキーマビルダー
  9. 9. 名前 Email 日付 登録 通常のフォーム開発 名前 Email 日付 登録 Emailの形式が正しいか チェックするバリデーション コードを追加 日付入力時にポップアップカ レンダーを表示するコードを 埋め込み Force.comでのフォーム開発 Emailの形式が正しいか チェックするバリデーション コードを追加 日付入力時にポップアップカ レンダーを表示するコードを 埋め込み 自動生成 自動生成
  10. 10. Salesforce1 Mobile App Non-Programmingで開発できるモバイルアプリ
  11. 11. Force.comのアドバンテージ • 毎年数十億円規模の設備投資 • 過去15年の運用で事故0件 開発生産性 セキュリティ ビジネス
  12. 12. Force.comのアドバンテージ • 開発環境が完全無償 • 0ユーザーでも、100万ユーザーでも、 プラットフォームへの先行投資が不要 開発生産性 セキュリティ ビジネス
  13. 13. アプリケーションのデリバリー
  14. 14. appexchangeからインストール App 開発者 App 世界中のSalesforceユーザー appexchangeマーケットプレイス
  15. 15. App トライアルサインアップ 1. サインアップ申込み。 2. トライアル環境自動生成。 3. ログイン情報をメール通知。 4. 試用開始。
  16. 16. ワクワクするようなアプリケーションビジネス。 •圧倒的な開発生産性 - ビジネスアプリ、HTML5、そしてモバイル。 •実績が証明するNo.1 Secure Cloud。 •0ユーザーでも、100万ユーザーでも、プラットフォーム投資は不要。

×