勉強会force#1 Winter'12新機能解説

708 views

Published on

Published in: Technology, Business
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
708
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
11
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

勉強会force#1 Winter'12新機能解説

  1. 1. 勉強会force #1Winter’12 新機能解説 ISV Architect 中嶋 一樹
  2. 2. Safe HarborSafe harbor statement under the Private Securities Litigation Reform Act of 1995:This presentation may contain forward-looking statements that involve risks, uncertainties, and assumptions. If any suchuncertainties materialize or if any of the assumptions proves incorrect, the results of salesforce.com, inc. could differmaterially from the results expressed or implied by the forward-looking statements we make. All statements other thanstatements of historical fact could be deemed forward-looking, including any projections of product or service availability,subscriber growth, earnings, revenues, or other financial items and any statements regarding strategies or plans ofmanagement for future operations, statements of belief, any statements concerning new, planned, or upgraded services ortechnology developments and customer contracts or use of our services.The risks and uncertainties referred to above include – but are not limited to – risks associated with developing anddelivering new functionality for our service, new products and services, our new business model, our past operating losses,possible fluctuations in our operating results and rate of growth, interruptions or delays in our Web hosting, breach of oursecurity measures, the outcome of intellectual property and other litigation, risks associated with possible mergers andacquisitions, the immature market in which we operate, our relatively limited operating history, our ability to expand, retain,and motivate our employees and manage our growth, new releases of our service and successful customer deployment, ourlimited history reselling non-salesforce.com products, and utilization and selling to larger enterprise customers. Furtherinformation on potential factors that could affect the financial results of salesforce.com, inc. is included in our annual reporton Form 10-Q for the most recent fiscal quarter ended April 30, 2011. This documents and others containing importantdisclosures are available on the SEC Filings section of the Investor Information section of our Web site.Any unreleased services or features referenced in this or other presentations, press releases or public statements are notcurrently available and may not be delivered on time or at all. Customers who purchase our services should make thepurchase decisions based upon features that are currently available. Salesforce.com, inc. assumes no obligation and doesnot intend to update these forward-looking statements.
  3. 3. Trialforce管理組織
  4. 4. パッケージ開発組織
  5. 5. パッケージ トライアルマスター開発組織
  6. 6. 個別トライアル トライアルマスター パッケージ パッケージ開発組織 ユーザー
  7. 7. トライアルマスター 個別トライアル パッケージ パッケージ開発組織 個別トライアル パッケージ ユーザー ユーザー
  8. 8. トライアルマスター パッケージ開発組織 個別トライアル 本番環境 個別トライアル パッケージ パッケージ ユーザー ユーザー
  9. 9. アプリケーションを開発アップロードセキュリティレビュー申請セキュリティレビューPASS Trialforce管理組織申請(DEへの有効化)Trialforceマスター組織申請 Trialforceマスター組織作成(セルフ)Trialforceマスター組織にアプリケーションをインストール&セットアップ組織テンプレート作成(スナップショット)、更新申請FormNameを入手しサインアップフォーム設置、サインアップテスト実施
  10. 10. アプリケーションの開発組織をそのままTrialforce管理組織とすることもできま すし、独立したDEをTrialforce管理組織にすることもできます。 ただし一つのTrialforce管理組織からは一つのログインサイトしか作成すること はできません。 Trialforce Trialforceマスター組織(EE) rialforce T マスター組織(EE) rialforce T Trialforce マスター組織(EE) Trialforce マスター組織(EE) マスター組織(EE) マスター組織(EE) Trialforce 管理組織(DE) 開発兼Trialforce 開発組織 開発兼Trialforce 開発組織 管理組織(DE) 開発兼Trialforce (DE) 開発組織 管理組織(DE) (DE) 管理組織(DE) (DE)
  11. 11. OEMをよりOEMに。ブランディング
  12. 12. エンドユーザ様 ? トライアル申し込み ログイン ID: パスワード:www.sugoi.com すごい人事管理システム トライアル サインアップ 有難うございます。 ISV すごい開発(株)様 id: xxx@sugoi.demo passed: xyz セールスフォースより
  13. 13. エンドユーザ様 ? トライアル申し込み ログイン ID: パスワード:www.sugoi.com すごい人事管理システム トライアル サインアップ 有難うございます。 ISV すごい開発(株)様 id: xxx@sugoi.demo passed: xyz すごい開発(株)より
  14. 14. Subscriber Support (代理ログイン)
  15. 15. エンドユーザ様 アプリを利用 不具合アプリを提供 Subscriber Support ISV様
  16. 16. Trialforceマスターを作成するためには、Trialforce管理組織が必要です。Trialforce管理組織を利用するためには、DEの組織IDを添えてパートナーポータル(PP)から申請ください。ブランディングを利用するためには、Trialforce管理組織があればOKです。Subscriber Supportを利用するためには、Aloha Appの認定が必要です。PPから申請してください。Aloha Appの認定には、 •セキュリティレビューを通過することが必要です。 •原則、AppExchageマーケットプレイスにもご登録ください。
  17. 17. JP US Listing Listing Publisher Publisher Listing Listing Profile Profile Listing Listing US JP LMA APO/LMOTrialforce管理組織 開発組織 開発組織 開発組織 Trialforce Trialforce Trialforce マスター マスター マスター

×