Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

自動運転時代の乗客サービス

2,864 views

Published on

第2回交通ジオメディアサミット( http://peatix.com/event/267132/ )における、SBドライブ株式会社 松原大典氏の発表資料です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

自動運転時代の乗客サービス

  1. 1. 自動運転時代の 乗客サービス SBドライブ株式会社 松原 大典
  2. 2. 紹介 SBドライブ株式会社  2016年4月設立   - Softbank、Yahoo!、先進モビリティより出資   - 100%本務は10数人(SB、Yahoo!から出向)   - 様々なバックボーンを持った混合集団 2017年4月よりJoin 開発部所属   - 自動運転バス運行管理のプラットフォーム開発   - 自動運転バスサービスのインタフェース開発 SBドライブのビジネス:  - 自動運転モビリティを実現するためのプラットフォームを提供 スローガン「移動にまつわるあらゆる課題の解決に貢献」
  3. 3. 自動運転バス • ハンドルなし • アクセル・ブレーキペダルなし • 運転手なし
  4. 4. 運行管理 • ルートの策定 • 運行時間の管理 • 監視 • ダイレクトコミュニケー ション
  5. 5. サービス・インタフェース
  6. 6. 未来予想 •都市部のバスのモビリティサービスは、大きく変化  - 粒度が細粒化   小型バス(10数人乗り)を数多く。    バス停を数10mおきに。バス停からバス停をダイレクトトランスポート。  - 携帯電話の基地局設計の変化と同じ 大きな鉄塔を建ててワイドなエリアを構築   小さいエリアをたくさん構築 需要増加
  7. 7. 未来予想 • 最終型=オンデマンド化   →電車やタクシーより便利で安価な乗りやすい乗り物へ 既存サービスの補完だけでなく、進化した形を目指して、 サービスを作っていきたい。
  8. 8. UPDATE MOBILITY daisuke.matsubara@g.softbank.co.jp

×