Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

車社会群馬からの挑戦 数々の苦難を乗り越え全県のバスデータ公開へ

961 views

Published on

3月2日開催「公共交通オープンデータ最前線 in インターナショナルオープンデータデイ2019」における栗原靖氏(群馬県 県土整備部交通政策課)発表資料です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

車社会群馬からの挑戦 数々の苦難を乗り越え全県のバスデータ公開へ

  1. 1. 群馬県県土整備部交通政策課 数々の苦難を乗り越え 全県のバスデータ公開へ クルマ社会群馬からの挑戦 1 自動車分担率 77.9% ちなみに・・・ 鉄道2.5%、バス0.3% オープンデータでバスをもっと便利に分かりやすく インターナショナル オープンデータデイ2019 2019.3.2(土)
  2. 2. 1. 事業背景 2. 事業の進め方(苦労したこと) 3. データの利活用、今後の展開 4. まとめ 本日の説明内容 2 本日のメイン
  3. 3. 群馬県の紹介 東京から北に約100km、日本列島のほぼ中央に位置します 草津温泉 尾瀬ヶ原 富岡製糸場 温泉 自然 歴史・文化 人口 約197万人(全国19位) 面積 約6,363km2(全国21位) ※平成27年国勢調査 市町村数 35市町村 ※東京都の約3倍 ※面積の約3分の2は山地丘陵地 3 [ 事業背景 ]
  4. 4. 群馬県の公共交通(鉄道) [ 事業背景 ] 県内の鉄道を運行する 5事業者 ・JR東日本 ・東武鉄道 ・上信電鉄 ・上毛電鉄 ・わたらせ渓谷鐵道 東京⇔高崎 新幹線で 最速 約50分 浅草⇔館林 特急りょうもう号で 最速 約1時間 4
  5. 5. 群馬県の公共交通(路線バス) 前橋市内の路線バスを 運行する6事業者 ・上信電鉄 ・関越交通 ・群馬バス ・群馬中央バス ・永井運輸 ・日本中央バス 群馬県内 29事業者でバスを運行 5 [ 事業背景 ]
  6. 6. 群馬県の公共交通(路線バス) ■県庁前時刻表(前橋駅方面) 6 6事業者で1日150便 (ピーク時17便/時間) こんなにバスが走っているに も関わらず、 県民のバス利用の割合は 全トリップのわずか 0.3% そもそも、こんなに多くの バスが走っていること を知らないので、 バスが移動の『選択 肢』になっていない 何故か!? [ 事業背景 ] 県庁前⇔前橋駅(所要時間約7分、料金150円)
  7. 7. [参考]現在の案内方法(各社ホームページ) ■バス事業者毎に異なる案内 7 [ 事業背景 ]
  8. 8. [参考]現在の案内方法(バス停) ■バス停での案内 頑張って調べようとしたが、どれを見たら良いかわからない ① ② ③ ④ ⑤ 標柱以外にも時刻表 県庁前 Cバス停 ④ ① ② ③ ⑤ 標柱の両面に時刻表 県庁前 Bバス停 8 [ 事業背景 ]
  9. 9. 経路検索サービスでの掲載状況 県内バス路線の掲載率:14~64% H28年末時点:県交通政策課調べ 9 [ 事業背景 ]
  10. 10. 情報整備に待ったなし 2020年 春 2020年 夏 ■ 東京オリンピック・パラリンピック ■ 全国高等学校総合体育大会(インターハイ) ■ 群馬デスティネーションキャンペーン 競技開催地ではないが、期間中は観光・宿泊のため、 多くの来県者が見込まれる 10 [ 事業背景 ]
  11. 11. 公共交通情報の整備に着手 公開 対象 県内全てのバス路線 (高速バスを含む) 28事業者276路線 ※今回、利用者限定の路線・事業者、 デマンド運行等で事前予約が必要 な路線・事業者は対象外 11 [ 事業背景 ] ここからが苦難の連続でした・・・ 上毛新聞(平成30年5月10日)
  12. 12. 1. 事業背景 2. 事業の進め方(苦労したこと) 3. データの利活用、今後の展開 4. まとめ 12 本日のメイン
  13. 13. 事業の進め方(H28年度) [ 事業の進め方 ] 5月~ 各CPへ訪問(掲載依頼)、他地域の情報収集 7月末 GTFS形式でのデータ整備方針を打ち出す 10月 予算要求 県内全ての路線バス情報を整備する経費を計上 ⇒予算化には至らなかったが、取組(費用面を除く)は高評価 3月 事業説明会(今後の事業方針を説明) 3月末 国交省「標準的なバス情報フォーマット」の公表 データ整備形式の変更 ⇒「標準的なバス情報フォーマット形式」でデータ整備を進める 13 ■ 勢いで推し進めた1年目(庁内において、本事業に対する理解が深まる) 決め手 路線の見直し・再編も『データ無しには議論出来ない』 方針決定まで は早かった
  14. 14. 1.時間、マンパワーに余裕の無い中、事業を推進する必要 があった 行政的な発想になるが・・・ 【市町村の公共交通担当者】 総務部局、観光部局、企画部局、福祉部局 議会、財政、防災防犯、交通安全、ふるさと納税担当 等々 ⇒ 社会基盤整備の一環として データ整備を外部委託により行うことで予算要求 14 事業の推進にあたり考えたこと(当時) [ 事業の進め方 ] 2.全県で足並みを揃えて行う必要があった 3.そもそも自前で整備・維持が出来るとは思っていなかった 前橋市内の状況を見ても、各社のデータが揃わないと利用者は不便 「その筋屋」や「西沢ツール」等の存在を知らなかった・・・
  15. 15. 5月 事業説明会(事業の必要性、メリット) 6月 アンケート調査(現状の課題、事業に対する意見) 7月 データ入力研修会 8月 事業説明会(事業方針、負担金の検討) 9月 アンケート調査(事業参加意向、データ作成方法等) 10月 予算要求 県内全ての路線バス情報を整備する経費(5年分)を計上 ⇒2年越しのチャレンジで予算成立 3月 公募型企画提案プロポーザル(優先交渉者の選定) 15 事業の進め方(H29年度) [ 事業の進め方 ] ■ 勝負をかけた2年目(市町村・事業者との調整にひたすら汗を流す)
  16. 16. 東京大学 伊藤先生による講演(8月) 16 事業の進め方(H29年度) [ 事業の進め方 ] 外部委託することに ・路線数が少なく、均一運賃を採用し ている市町村担当者からは(時間が 確保出来れば)可能との感想もあっ たが、継続性は担保出来ない ■データ作成方法も検討 データ入力研修会(7月) ・バス事業者は、大半が厳しいとの意見、 経費負担してでも県で進めて欲しい 市町村 バス事業者 現在だったら違う選択になったかもしれない 市町村・バス事業 者も実車走行距離 に応じて経費負担 10~35万円
  17. 17. 市町村、事業者を訪問し、データ整備の重要性や オープンデータ化の必要性を丁寧に説明 オープンデータ化に対して 理解が得られない ホームページで案内している情報で事足りているという認識 多いときは 7日で県内外 21市町村・ 事業者を訪問 17 苦労したこと ① 最終的には、関係者の理解が得られ、 県・市町村・事業者が連携して オープンデータ化を進めることに
  18. 18. 5月 事業説明会(データ収集、データの利用許諾) 6月 バス停の現地調査、データ整備作業(~9月末) 9月 事業説明会(進捗状況の報告) 10月 オープンデータシンポジウム開催 11月 整備データの確認 12月 事業説明会(運用体制の説明) オープンデータとして公開[ 平成30年12月26日~ ] 1月 負担金の納入 3月 情報提供ツール(WEB、アプリ)の公開 大手地図サイトとの情報連携 18 事業の進め方(3年目 H30年度) [ 事業の進め方 ] ■ 想定外(波乱)続きの3年目(それでもオープンデータの運用開始)
  19. 19. 事業説明会の開催 ・説明会に欠席した市町村・事業者への連絡、説明 事業の進捗管理 ・委託先との密な調整(当初は週1で打合せ) データ作成、提供方法の検討 ・路線やバス停の名称の整理、データの提供時期の調整 整備データの確認 ・データ確認に膨大な時間 公開方法の検討 ・有識者やCP等への聞き取り 等々 外部委託しても大変です 19 発注者がやらなけ ればならないこと が盛りだくさん 苦労したこと ②
  20. 20. 20 例1 提供されたデータの名称(社内での通称)とバス停や ホームページの表示名称と異なる ■提供されたデータの名称 ○○線 ■ ホームページでの表示 ○○~□□~▲▲ 第三者が行うと簡単な確認にも時間がかかります このデータは どの路線のデータ? 例2 同一名称のバス停でも乗り場が異なる [参考]路線やバス停の名称確認も・・・ [ 事業の進め方 ] 県庁前 4箇所 前橋駅 6箇所 県庁行きのバスは ①と⑤から出発
  21. 21. オープンデータの公開 ■ 平成30年12月26日に県ホームページでデータ公開 21 [ 事業の進め方 ] ぜひ、ご活用ください データ公開サイトQRコード
  22. 22. ・データの公開方法(19.1.22 変更) ・カレンダーの作成方法(19.2.7 変更) ・運賃データの修正(19.2.26 変更) 等々 公開してからも大変です 公開データの修正 取扱情報の標準化 修正・変更にタイムラグ 担当者によって認識に違い ・運用ガイドラインの作成(作成中) 22 苦労したこと ③
  23. 23. [参考]運用ガイドラインの作成 ■ 本事業で対象とする情報とは? 事例1:イベント開催時における迂回運行 23 [ 事業の進め方 ]
  24. 24. 事例2:入試等に伴う臨時便(増発)運行 [参考]運用ガイドラインの作成 ■ 本事業で対象とする情報とは? 24 [ 事業の進め方 ]
  25. 25. 事例3:道路工事等に伴うバス停の位置変更 [参考]運用ガイドラインの作成 ■ 本事業で対象とする情報とは? 25 [ 事業の進め方 ]
  26. 26. [参考]運用ガイドラインの作成 ■ ちなみに各検索サイトでの検索結果は? 【事例3】のケース 26 [ 事業の進め方 ] 未対応 未対応 未対応 対応 対応 本事業でどこまで対応すべきか!?
  27. 27. 1. 事業背景 2. 事業の進め方(苦労したこと) 3. データの利活用、今後の展開 4. まとめ 27 本日のメイン
  28. 28. データの利活用 [ データの利活用 ] 1.CP、地図サイトでの案内 今年度末には、県内全路線バスの経路検索が可能になる見込み 28 現在、Google Maps、Apple Maps、ゼンリン地図に情報提供中
  29. 29. データの利活用 2.地域情報と連携したアプリでの案内 29 [ データの利活用 ] 地域情報(目的地) とセットで公共交通 を案内したい
  30. 30. データの利活用 その他、地元高校からオープンデータ を活用したいという声も出てきました 3.高校・大学、システムエンジニアとの連携 ■ 地元大学との連携 バスのアクセシビリティ マップの作成 学生がアパートを決め る際に参考にしてもら う(クルマが無くても生 活出来る地域はどこ?) 今後の展開 データを活用した学生マップの作成 ■ Code for Gunmaとの連携 今夏、オープンデータを活用した アイディアソン・ハッカソンを開催予定 × 群馬県 今春 完成 入学時説明会で配布予定 ウィキペディアタウンの取組に協力 イメージ 30 [ データの利活用 ]
  31. 31. 業務への活用 [ 今後の展開 ] 行政PCでは、出来ることが限定的 ■ 統一時刻表の作成 ■ 路線の見直し等への活用 (前橋市地域公共交通網形成計画を抜粋) 手作業で苦労して集計現状 オープンデータを活用して集計今後 曜日・時間帯別で運行 本数等の『見える化』 を図りたい 複数事業者の時刻表を 統一表示したい(出来 れば半自動で) (県庁前バス時刻表) 課題 ネットワークの強靱化 ※データ整備と併せてPC環境の 整備も進めましょう 31
  32. 32. さらなるサービス向上に向けて [ 今後の展開 ] ■ バスロケの導入検討 来年度、前橋赤十字病院にアクセスする4事業者の路線で バスロケの(GTFS-RTの実現に向けた)実証実験を予定 来年度から事業者自らがデータ作成・管理して GTFS-RTの実現にチャレンジする取組を始めます (前橋赤十字病院ホームページから転用) 32県として、ハード機器の整備、データの作成支援を行う
  33. 33. 1. 事業背景 2. 事業の進め方(苦労したこと) 3. データの利活用、今後の展開 4. まとめ 33 本日のメイン
  34. 34. 上手くいった点、事業効果 [ まとめ ] 早くも学生からバスが便利になったとの嬉しい声!! 1.分かりやすい案内の実現 県内の複雑な公共交通網を多様なツールで、しかも全路線を案 内することが出来るようになった 2.新たなつながりが生まれた 大学や高校、システムエンジニア等との新たな連携が出てきた 今まで仕方がなくタクシー (片道1,000円以上)で移動 していたのに、バス(片道 200円)で行けたなんて… バスが調べられるようにな り、バスでの移動が増え ました♪ 学生は鉄道やバスが嫌いな 訳ではない。単にそこにバ スが走っていることを知ら ないだけ! 34 バスが便利になった!
  35. 35. 上手くいった点、事業効果 [ まとめ ] 3.担当者のデータに対する意識改善 自らデータを整備しよう(新たなことにチャレンジしよう)と いう動きや業務改善の取り組みが始まった 他市町村・事業者も 5年以内にデータ整備への対応を検討する必要あり (本事業の期間は5年間) 自らデータ を整備する 動きが広がる 可能性大 35 <永井運輸> <日本中央バス> 2社の取組の影響は大きい 群馬でも出来るぞ!!
  36. 36. これからデータ作成する方に(反省点含む) [ まとめ ] 1.情報収集は欠かせない ・公共交通情報のオープンデータ分野はまだまだ過渡期 ・新たな情報、取組が次々と出ている 2.情報の活用方法の検討 ・データの活用方法は多様(ワンソース・マルチユース) ・事業開始時点から、内部はもちろん、地元の大学やIT企業 等も巻き込んで議論していくべき (補足)新たに変換ツール等を作成する場合、有識者等と作成方法をよく 議論した方がよい(CP等で扱ってもらえない可能性あり) 本県の反省点:「標準的なバス情報フォーマット」の仕様は満たしていても、 利用者にとって取扱いにくいデータ形式になっていた 本県の反省点:データの活用方法の検討が後手にまわった。庁内連携にも苦労 した(データに対する認識に大きな差) 公共交通以外のデータ(観光施設 等)も欲しいという要望が多い 36
  37. 37. 2019年4月1日~6月30日まで プレデスティネーションキャンペーン開催 群馬県でお待ちしております ぜひ、お越しください!! 37 ▼本日の説明に対する質問、不明点はコチラまで koutsuuka@pref.gunma.lg.jp (群馬県交通政策課) お問い合わせください

×