Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

GTFSデータ整備から始める公共交通の未来像

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad

Check these out next

1 of 75 Ad
Advertisement

More Related Content

Slideshows for you (20)

Similar to GTFSデータ整備から始める公共交通の未来像 (20)

Advertisement

More from Masaki Ito (20)

Recently uploaded (20)

Advertisement

GTFSデータ整備から始める公共交通の未来像

  1. 1. GTFSデータ整備から始める公共交通の未来像 東京⼤学 ⼤学院情報理⼯学系研究科 附属ソーシャルICT研究センター 伊藤昌毅 新潟の移動をもっと便利に! 公共交通オープンデータ利活⽤セミナー 2021年8⽉30⽇ 新潟市 興和ビル ⼤会議室
  2. 2. 伊藤 昌毅 • 東京⼤学 ⼤学院情報理⼯学系研究科 附属ソーシャルICT研究センター 准教授 • 静岡⼤学 ⼟⽊情報学研究所 客員教授 • 専⾨分野 – ユビキタスコンピューティング – 交通情報学 • 経歴 – 静岡県掛川市出⾝ – 2002 慶應義塾⼤学 環境情報学部卒 – 2009 博⼠(政策・メディア) 指導教員︓ 慶應義塾⼤学 徳⽥英幸教授 – 2008-2010 慶應義塾⼤学⼤学院 政策・メディア研究科 特別研究助教 – 2010-2013 ⿃取⼤学 ⼤学院⼯学研究科 助教 – 2013-2019 東京⼤学 ⽣産技術研究所 助教 – 2019-2021 東京⼤学 ⽣産技術研究所 特任講師 – 2021-現在 現職 • 資格 – 運⾏管理者(旅客) 2
  3. 3. • 標準フォーマット関連 – バス情報の効率的な収集・共有に向けた検討会 座⻑(H28年度) – 標準的なバス情報フォーマット利活⽤検討会 座⻑(H29年度) – バス情報の静的・動的データ利活⽤検討会 座⻑(H30年度) – GTFS-JPに関する検討会 委員(R2年度) • オープンデータ関連 – 公共交通分野におけるオープンデータ推進に関する検討会 委員(H29年度-R3年度) • MaaS関連 – 都市と地⽅における新たなモビリティサービスのあり⽅懇談会 委員(H30年度) – 新モビリティサービス推進事業有識者委員会 委員(R1年度) • 交通政策審議会 – 交通政策基本計画⼩委員会 委員(R1年度-) • シェアサイクル – シェアサイクルの在り⽅検討委員(R1年度-) • 鉄道 – 鉄道の混雑緩和に資する情報提供のあり⽅に関する勉強会 委員(R2年度) • 点呼 – 運⾏管理⾼度化検討会・ワーキンググループ(R2年度-) 伊藤×国⼟交通省
  4. 4. • 経済産業省 オープンデータ関連 – 官⺠データの相互運⽤性実現に向けた検討会 座⻑(H29年度) – 情報共有基盤 利⽤促進ワーキンググループ 委員(H30年度) • 総務省 オープンデータ関連 – 地域情報化アドバイザー(R2年度〜) 伊藤×経済産業省・総務省
  5. 5. • 沖縄観光2次交通の利便性向上に向けた検討委員会 座⻑(H30年度-R2年 度) • 群⾺県バスロケーションシステム実証実験 アドバイザー(R1年度) • さいたま市 スマート駅広研究会 副会⻑(R2年度〜) • 佐賀市 街なか未来技術活⽤モデルプラン策定業務有識者会議 委員(R2年 度〜) • 東京都 東京都における地域公共交通の在り⽅検討会 委員(R2年度〜) • R3年度、更に2⾃治体と調整中 • その他⾃治体主催のイベントでの講演多数 – 静岡県掛川市、⽯川県能美市、群⾺県、島根県安来市、沖縄県、富⼭県、岐⾩県、北海道な ど 伊藤×地⽅⾃治体
  6. 6. 乗換案内サービスで検索出来ますか︖ NAVITIME 駅すぱあと 駅探 乗換案内 ジョルダン 乗換案内 Yahoo!乗換案内 Google Maps Apple Maps
  7. 7. ⽇本の公共交通データ流通の現状 JR 私鉄 交通新聞社 JTBパブリッシング 乗換案内サービス事業者 私鉄 バス バス バス バスデータに関しては、集約して販売する 事業者がなく、乗換案内事業者それぞれが 独自で一社一社のデータを集めている 私鉄
  8. 8. 路線バス掲載状況(⺠間バス) ジョルダン 駅すぱあと ナビタイム 新潟交通 新潟交通 新潟交通 新潟交通 新潟交通佐渡 新潟交通佐渡 新潟交通佐渡 新潟交通佐渡 新潟交通観光バス 新潟交通観光 新潟交通観光バス 越後交通 越後交通 越後交通 越後交通 南越後観光バス 南越後観光バス 南越後観光バス 頸城⾃動⾞ 頸城⾃動⾞ 頸城⾃動⾞ くびき野バス くびき野バス くびき野バス 東頸バス 東頸バス 東頸バス ⽷⿂川バス ⽷⿂川バス ⽷⿂川バス 頸北観光バス 頸北観光バス 頸北観光バス 頸南バス 頸南バス 頸南バス 佐渡汽船・新潟空港ミニライナー さくら交通[新潟] 佐渡新航空路開設促進協議会 新潟空港・瀬波温泉ミニライナー さくら交通[新潟] 以下全て、8月30日現在・伊藤調べ 表記揺れなどにより不正確である可能性が高い
  9. 9. ジョルダン 駅すぱあと ナビタイム 新潟市北区 区バス 新潟市コミュニティ 新潟市 区バス 北区区バス(新潟市) 新潟市北区 陽光・松浜・濁川地区住⺠バス(おらってのバス) 新潟市 おらってのバス おらってのバス(新潟市) 新潟市東区 区バス 新潟市 区バス 東区区バス(新潟市) 新潟市中央区 新潟島地区住⺠バス(しも町循環バスにこにこ号) 新潟市 にこにこ号 にこにこ号(新潟市) 新潟市江南区 区バス 新潟市 区バス 江南区区バス(新潟市) 新潟市江南区 茅野⼭・早通地区住⺠バス(カナリア号) 新潟市 カナリア号 カナリア号(新潟市) 新潟市江南区 横越地区住⺠バス(横バス) 新潟市 横バス 横バス(新潟市) 新潟市秋葉区 区バス 新潟市 区バス 秋葉区区バス(新潟市) 新潟市秋葉区 ⼭の⼿地区住⺠バス(⼭の⼿ふれあい号)(社会実験) 新潟市 住⺠バス 新潟市南区 区バス(レインボーバス) 新潟市 レインボーバス 南区レインボーバス(新潟市) 新潟市南区 区バスまちなか循環ルート「ぐるりん号」 新潟市 区バス 南区区バス(新潟市) 新潟市南区 ⽉潟地区住⺠バス(⽉潟住⺠バス) 新潟市 住⺠バス 新潟市⻄区 区バス 新潟市 区バス 坂井輪コミュニティバス(新潟 市) 新潟市⻄区 ⾚塚・みずき野・四ツ郷屋地区住⺠バス(コミュニティ佐潟 バス) 新潟市 住⺠バス コミュニティ佐潟バス(新潟市) 新潟市⻄蒲区 区バス 新潟市 区バス ⻄蒲区区バス(新潟市) 路線バス掲載状況(新潟市 区バス・住⺠バス) ※ 区バス・住⺠バス・コミュニティバスという表現では特定できないため、薄い⾊にしている
  10. 10. 路線バス掲載状況(市町村コミュニティバス) ジョルダン 駅すぱあと ナビタイム ⻑岡市 ⻑岡市 中央循環バス・南循環バス クローバーバス、和島地域乗合タクシー(⻑岡市) 三条市 ぐるっとさん(三条市) 柏崎市 柏崎市 かざぐるま にしやま号・市街地循環バス(柏崎市) 新発⽥市 新発⽥市コミュニティバス、あやめバス、川東コミュニティバス ⼩千⾕市 池の平線乗合タクシー、北⼭線乗合タクシー(⼩千⾕市) 加茂市 市⺠バス、美⼈の湯シャトルバス(加茂市) 加茂市 ⼗⽇町市 ⼗⽇町市コミュニティ 市営バス(⼗⽇町市) ⾒附市 ⾒附市コミュニティ ⾒附市 コミュニティバス ⾒附市コミュニティバス(⾒附市) 村上市 せなみ巡回バス、まちなか循環バス あべっ⾞(村上市) 燕市 燕市コミュニティ 燕市循環バス、弥彦・燕広域循環バス ⽷⿂川市 ⽷⿂川市コミュニティバス・乗合タクシー 妙⾼市 妙⾼市コミュニティ 妙⾼めぐりん、妙⾼市乗合タクシー 五泉市 五泉市コミュニティ ふれあいバス[基幹バス](五泉市) 上越市 上越市コミュニティ 上越市 市営バス 市営バス(上越市) 阿賀野市 阿賀野市コミュニティ 阿賀野市営バス 佐渡市 ⿂沼市 ⿂沼市乗合タクシー 南⿂沼市 市⺠バス(南⿂沼市) 胎内市 聖籠町 聖籠エコミニバス 弥彦村 弥彦村コミュニティ ⽥上町 阿賀町 阿賀町バス 出雲崎町 湯沢町 津南町 津南町公共交通スクールバス 刈⽻村 ぴーちゃん(刈⽻村) 関川村 粟島浦村 粟島浦村コミュニティバス
  11. 11. アプリに出てくるデータは 最新のものですか︖
  12. 12. • 減便になった8-33 遠鉄バス伊佐美線 17:45発で確認(10⽉26⽇ 伊藤調べ) 10⽉1⽇のダイヤ改正は反映されていたか︖ Navitime 駅探 Yahoo! 駅すぱあと Google Apple ジョルダン 対応済み 未対応 2018年
  13. 13. 誰かがデータを作るのを待つのではなく、 ⾃らデータを整備しオープン化しよう
  14. 14. 15 標準データなら⾊々な形で利⽤者に届けられる 路 路線 線 時 時刻 刻 運 運賃 賃 「標準的なバス情報フォーマット」(世界標準のGTFS互換)でデータ整備 リ リア アル ルタ タイ イム ム 乗換案内・MaaS サイネージ・印刷物等 交通分析・計画
  15. 15. フォーマットの標準化 標準的なバス情報フォーマット(GTFS-JP)
  16. 16. バス情報の効率的な収集・共有に向けた 検討会(2016年12⽉〜2017年3⽉) • 事務局︓ 総合政策局公共交通政策部交通計画課 • 外部委員 – 伊藤昌毅 東京⼤学⽣産技術研究所(座⻑) – ー川雄⼀ 株式会社構造計画研究所 – 伊藤浩之 公共交通利⽤促進ネットワーク – 井上佳国 ジョルダン株式会社 – 遠藤治男 ⽇本バス協会 – 櫻井浩司 株式会社駅探 – 篠原雄⼤ 株式会社ナビタイムジャパン – 丹賀浩太郎 株式会社⼯房 – 別所正博 公共交通オープンデータ協議会 – ⼭本直樹 株式会社ヴァル研究所
  17. 17. 2017年3⽉31⽇ 「標準的なバス情報フォーマット(GTFS-JP)」公開
  18. 18. • GTFS-Realtimeをベースにした動的 データフォーマットも含むように • GTFS-JPの改定作業 – 2年経って40項⽬以上の検討、⾒直し事項が蓄 積 • 国交省バス情報の静的・動的データ利 活⽤検討会 – バスロケ事業者も委員に 2019年3⽉ 標準的なバス情報フォーマット 第2版
  19. 19. • より精度が⾼いデータを作成するため – Google Maps は⼀定以上の精度が確保されたデータでないと受理しないよう に 2021年7⽉ 標準的なバス情報フォーマット 第3版
  20. 20. • 国⼟交通省海事局内航課に より船舶向けデータフォー マット(GTFS互換)が策定 – 受託 ジョルダン株式会社 • 本来はバスに限らない フォーマット – 鉄道・空路などにも対応可能 標準的なフェリー・旅客船航路情報フォーマット
  21. 21. 世界で使われるGTFS形式をベースに制定 • 世界で広く使われる形式 • 乗換案内に必要な情報(バス停・駅+路線+時刻表+運賃)をまとめて格納 したファイル形式 バス停/駅+路線 時刻 運賃
  22. 22. • 事業者データ • バス停データ • 路線データ • 停⾞時刻データ • 路線図データ など GTFS-JPにはCSVファイル形式で以下の情報が格納
  23. 23. • Webページからデータを誰でもダウンロード出来るように – ライセンス︓ CC BY 4.0 か CC 0 完成したらオープンデータとして公開
  24. 24. • x
  25. 25. 28 2018年11⽉︓30 2019年2⽉︓90 2019年7⽉︓126 2018年7⽉︓23 0 50 100 150 200 250 300 350 2017年7⽉ 2017年10⽉ 2018年1⽉ 2018年4⽉ 2018年7⽉ 2018年10⽉ 2019年1⽉ 2019年4⽉ 2019年7⽉ 2019年10⽉ 2020年1⽉ 2020年4⽉ 2020年7⽉ 2020年10⽉ 2021年1⽉ 事業者数
  26. 26. • オープンデータ – ⻑岡市、上越市、燕市 • その他公開データ – 新潟市南区 まちなか循環ぐるりん号 – 新潟市秋葉区 ⼭の⼿地区住⺠バス(⼭の⼿ふ れあい号) – 阿賀野市コミュニティ – 五泉市コミュニティ – ⾒附市コミュニティ – ⼗⽇町市コミュニティ – 弥彦村コミュニティ 新潟県内の整備状況
  27. 27. • 便ごとのバス停通過時刻、緯度経 度情報などをリアルタイム公開 • 混雑情報も追記可能 – 2020年7⽉より宇野バスが対応 • Protocol Buffer形式 GTFSリアルタイム(バスロケ)提供も増加中(44事業者)
  28. 28. • 公共交通オープンデータ協議会(坂村健会⻑) による取り組み – 公共交通オープンデータセンター • 都バスは、Google Mapsでバスロケを考慮し た検索が可能に 2020年︓ 都バス・横浜市営バスの GTFS-JP・GTFSリアルタイムデータ公開 2019年3⽉
  29. 29. • 佐賀、富⼭、群⾺、沖縄 • その他にも続々と・・・ 国交省・運輸局・⾃治体が推進
  30. 30. • ツールの開発が進む • 各地で勉強会を実施 • 運輸局が独⾃にマニュアル作成 全国各地で講習会を実施
  31. 31. 利⽤者にとって︓ より便利に・⾼度にバスが利⽤出来る
  32. 32. Google Mapsで検索可能に • いつも使ってるスマホアプリから⾃然にバス 情報にアクセス可能 • 外国⼈も使っているアプリ
  33. 33. 「駅すぱあと/Yahoo!乗換案内」がオープン データを採⽤ • オープンデータ化されたバスデータを経路探索に採⽤ https://ekiworld.net/personal/app/spec/info.html?style=pc
  34. 34. デジタルサイネージでの活⽤
  35. 35. 能美市の公共交通オープンデータ体験 • 起点は宿泊した市の施設「さらい」 • パンフレットでは九⾕焼全⾯押しな ので、九⾕焼資料館に⾏きたい • その他の観光地は松井秀喜ミュージ アム︖
  36. 36. のみバスの概要 • 路線図や時刻表はあるものの、複雑すぎて訪問者には解読不可能 1時間かけて地図を自分で描いたらすこし分かってきた・・・
  37. 37. 九⾕焼資料館への⾏き⽅ • Google Mapsをクリックすればバスの経路がす ぐに分かる • 最寄りの「九⾕陶芸村」バス停に⾏くバスでは なく、すこし離れたバス停から歩いて⾏く経路 が案内される – すこし歩くとしても、その⽅が早いから • 徒歩とバスとを混ぜた検索が、地図上で簡単に 実現
  38. 38. 九⾕焼資料館 • ⾒学と買い物 と・・・
  39. 39. 九⾕焼資料館から松井秀喜 ミュージアムへの⾏き⽅ • 2回乗り継ぐ複雑な経路を瞬時に検索 – 紙の時刻表から乗り継ぎを⾒つけ出すのはとても⼤変 • 地図があるので、待っている間に寄れる場 所があるか簡単に確認できる • 全く知らない⼟地で全く不⾃由なくバスに 乗れるという体験︕ – 地名も路線名もピンとこないけど分かる – ほとんどの乗客が地元の⽅なのに、⾃信を持って乗れ る
  40. 40. ITで⽣活路線が観光路線に︕
  41. 41. 利⽤者にとって︓ GTFSリアルタイム(バスロケ)データ があれば更に⾼度な利⽤が実現
  42. 42. • 遅れを加味した検索 • 運⾏情報の表⽰ リアルタイム情報提供
  43. 43. • アプリの対応が進む – Google Maps︓ 対応 • 情報発信すれば即座に反映 – 「標準的なバス情報フォーマット」に組 み込まれたことで⽇本企業の対応も進⾏ 中 災害時・緊急時の情報発信もオープンデータで
  44. 44. • 沖縄・⽯垣島での調査 – データ整備前(2018年2⽉)と整備後(2019 年8⽉)との⽐較 – 「バス・船の検索に不便があった」が約5割か ら約3割に改善 • 国内: 約5割(n=88)から約3割(n=101) • 海外: 約6割(n=9)から約4割(n=34) – 検索する際の不便や困難が⼤きく改善 • 検索できなかったとの回答が約7割から約3割に GTFS-JPオープンデータ整備の効果 • 北恵那バス⾺籠線での調査 – 利⽤者の多く(76%)は外国⼈。⾺籠宿 から妻籠宿へ向かうルートが⼤半 – 外国⼈のうち欧⽶の旅⾏者が85% • 外国⼈の15%がGoogle Maps検索で バスを知る。20代は4割以上 2018年10月調査(中津川市が実施) http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/page/081195.html 2019年9月報告(沖縄県 観光2次交通検討委員会資料) https://oki2k.jp/files/ic_20190913_no4.pdf
  45. 45. 事業者にとって︓ また仕事が増える……
  46. 46. 事業者にとって︓ より楽に、より安く、より良い サービスが可能に
  47. 47. データ作成︓ 無料ツールが普及 既存のシステムも対応が進む
  48. 48. • ⻄沢ツール – ⻄沢明⽒開発 – 約40+⾃治体・事業者が利⽤ フリーのデータ作成ツールが提供される • ⾒える化共通⼊⼒フォーマット – 伊藤浩之⽒開発 • 当初は三重県のプロジェクトで利⽤ – 約33⾃治体・事業者が利⽤
  49. 49. • 無償配布されているダイ ヤ編集システム • プロ向けシステムと同等 の機能を備え、バス事業 の運営に利⽤出来る • GTFS/標準的なバス情報 フォーマット出⼒機能を 備える – 42事業者がオープンデータ公 開 その筋屋 http://www.sinjidai.com/sujiya/
  50. 50. 「その筋屋」からバス停時刻表・Web時刻表
  51. 51. • 複数のバスロケ事業者が、GTFS/GTFSリアルタイムデータの 提供機能を備えるように – 伊藤︓ 2018年にバスビジョン(両備システムズ)のGTFSリアルタイム対応を サポート • 既にデータは揃っているので、⽐較的安価に改修が可能 – 但し運賃データは難しい バスロケを導⼊済みの事業者
  52. 52. N=309(⼀部期限切れデータを含む) l その筋屋・・・・・・・・45(15%) l ⾒える化共通⼊⼒フォーマット ・・・・・・・・38(12%) l ⻄沢ツール・・・・・・・41(13%) l HODaP (北海道オープンデータプラットフォーム) ・・・47(15%) l OTTOP (OKINAWA Transit & Tourism OpenData) ・・・45(15%) l その他・・・・・・・・・93(30%) 資料 l GTFS公共交通オープンデータのリストは、「GTFS・「標準的なバス情報フォーマット」オープンデータ⼀覧(旭川⼯ 業⾼専島⽥鉄兵先⽣)による。事業者・市町村単位で集計した。鉄道、航路等を含む。 l HODaP、OTTOPはこれらのプロジェクトで整備されたGTFSである。 HODaP、OTTOPの区分は上記⼀覧記載による。 l その筋屋、⾒える化共通⼊⼒フォーマット、⻄沢ツール、その他の区分は、各GTFSデータのtrips.txtを⾒て判断した。 オープンデータ公開されているGTFS公共交 通データの作成⽅法・ツール別内訳
  53. 53. • ⼀度データを揃えれば、他の取り組みに利⽤出来る データは全ての取り組みの⼟台 GTFSデータ バスロケ ICカード 地域公共 交通計画 路線 ダイヤ 運賃 路線 ダイヤ 仕業 車両 路線 仕業 運賃 路線 ダイヤ 運賃 路線 ダイヤ 運賃 仕業 車両 運転手 点呼 バス事業のために必要なデータ
  54. 54. 事業者からの情報発信をより効果的に
  55. 55. • データ整備は問い合わせを減らす効果がある WebやSNSなどの情報発信にプラスして
  56. 56. • バス乗り場の位置や名称 まで含んだ案内を実現 • 事業者が必要と思うレベ ルの情報提供が可能 正確な乗り場による バス案内
  57. 57. • お盆の⽇のみ⾛る臨時便を事 前に情報提供 • その⽇を設定した検索にだけ 案内される • Google Mapsはデータを送信 してからほぼ48時間以内で更 新されるらしい 臨時便への対応
  58. 58. 先進事例(佐賀市営バス・祐徳バス)︓ 正確な情報でバス→バスの乗換も安⼼ • 佐賀空港から「枝梅酒造」を検索 • バス停位置が正確だから「県庁前」での乗換も 不安なし︕ • リアルタイムデータも掲載準備中
  59. 59. ⾏政にとって︓ 地域公共交通の把握と交通計画の⽴案
  60. 60. • 地域公共交通活性化再⽣法(2007年 制定)により、⾏政が主導して地域 公共交通を計画、実現する枠組みが 明確化。 • 特徴(伊藤の理解) – 地域のことは地域(事業者、住⺠、⾏政な ど)で – 全体をネットワークで考える – やる気のある地域を⾦や制度でサポート – まちづくりとの連携 ⾏政の役割の⾼まり
  61. 61. • 2020年法改正 で⽰された⽅針 • 地域に「デー タ」という武器 を https://www.mlit.go.jp/common/001352013.pdf
  62. 62. 公共交通の運⾏本数の直感的把握
  63. 63. ⼈⼝と運⾏本数⽐較
  64. 64. 中⼼地からの到達時間
  65. 65. データ活⽤の拡がり
  66. 66. ワンソース・マルチユース • データを使った様々なアプリ開発や 交通分析が実現 • データ分析やアプリ開発によって公 共交通の利便性が向上 公共交通 オープンデータ 乗り換え案内 マイ路線図・マイ時刻表 交通分析 6 山駅D 0 20 40 60 80 100 120 06:52 08:40 10:35 15:11 17:05 計画 最小 中央値 最大
  67. 67. • 北海道⼗勝MaaS実証実験の 基盤データの⼀部はGTFS-JP オープンデータ • ⼩⽥急+VAL研究所のMaaS プラットフォームに採⽤ MaaSの基盤データとして http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/stk/hokkaido-tokachi-maas.htm https://www.slideshare.net/KenjiMorohoshi/20200128shikoku-gtfsjp
  68. 68. • Aa 市⺠発のアプリも登場 https://play.google.com/store/apps/details?id=work.momizi.unomap&hl=ja https://sonohino-kibunshidai.org/aobus_now/ ⻘バスなう︕ UnoMap
  69. 69. • バスの利⽤を促進する援軍︕ ゆる〜と 全国⽇帰り温泉・銭湯マップ https://yuru-to.net
  70. 70. データでさらにバス事業者の 業務が楽になるために
  71. 71. 利⽤者向けのデジタル化を進めたところで…
  72. 72. 運輸局への紙による膨⼤な申請・届出業務 バス会社(永井運輸@前橋) 関東運輸局 太⽥恒平, ⽔野⽺平, 三浦公貴, 伊藤昌毅, "GTFS-JPデータを⽤いた乗合 バス事業の電⼦申請に向けた基礎検討 〜帳票地獄からの脱却による働き ⽅改⾰を⽬指して〜", 第59回⼟⽊計画学研究発表会, 2019年6⽉9⽇.
  73. 73. 書式の例 • x https://wwwtb.mlit.go.jp/chubu/bus/procedure/noriai/style.html
  74. 74. 規制改⾰推進に関する 答申(2020年7⽉) • 内閣府 規制改⾰推進会議 • 交通事業者のデータ整備・連携 の推進 • 交通事業者から国への申請のオ ンライン化 – 交通業界におけるDX(デジタルトランス フォーメーション)推進
  75. 75. より良い移動を、より良い地域を ⼒を合わせて作りましょう︕ GTFSによる公共交通オープンデータは、 いろいろな⼈の 知恵や⼒を結び付けるきっかけ

×