Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

第2回交通ジオメディアサミット 開催にあたって

2,857 views

Published on

第2回交通ジオメディアサミット( http://peatix.com/event/267132/ )オープニングのスライドです。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

第2回交通ジオメディアサミット 開催にあたって

  1. 1. 第2回 交通ジオメディアサミット ~スマートフォンが作り出すモビリティを考える~ The 2nd Transportation-Geomedia Summit -- How smartphones change mobility -- 伊藤昌毅(東京大学 生産技術研究所) MASAKI ITO (THE UNIV. OF TOKYO) #gms_2017
  2. 2. Blog、SNS大歓迎 ハッシュタグ #gms_2017
  3. 3. ジオメディアサミット ジオメディアって? ◦ 位置情報や地図を使ったサービスやアプリ 2008年より年2回開催→ これまで19回開催 「オープン」「中立」「交流重視」でジオメディア業界を盛り上げる会 ◦ Motto: “Open”, ”Fair”, ”Interactive” ◦ 代表:瀬瀬考平さん(株式会社ゼンリン) スピンオフイベントも活発 ◦ 名古屋、関西、九州、北海道…
  4. 4. 交通ジオメディアサミット IT (地図や位置情報) 交通 「オープン」「中立」「交流重視」
  5. 5. ある日ふと思い付く 11月30日 ふと思いつく。思いつくままTwitterに垂れ流す。 12月2日 瀬戸さんなどに相談 12月7日 数名に講演打診。日程調整。 12月10日 日程決定。会場となるコンベンションホールを予約。 12月17日 関さん、西沢先生、瀬戸さんなどとオンラインミーティング。 同: 会の方向性が見えてきたため追加の講演打診。 12月21日 国交省吉木さんと初の会合。講演と後援を依頼。 1月13日 Doorkeeperで登録開始。この時点では登壇者名のみ。 この間、徐々に登壇者、プログラムを充実。 2月12日 開催(参加無料、懇親会は2,000円) ◦ 参加195名
  6. 6. 2016年2月「交通ジオメディアサミット 〜 IT×公共交 通 2020年とその先の未来を考える〜」 開催 産(現場寄り): JR東日本、バイタルリード(出雲市の交通コンサルタント) 産(IT寄り): ジョルダン、ナビタイム、ヴァル研究所(駅すぱあと) 官: 国土交通省、学: 東京大学(私) コミュニティ: Code for Japan、 路線図ドットコムなど
  7. 7. Internet Watch にも!
  8. 8. IT×公共交通 IT + Public Transportation
  9. 9. IT×交通 Localからのプレッシャー Globalからのプレッシャー
  10. 10. Globalからのプレッシャー IT化が進むことで、世界中で同一の製品やサービスを使えることが当たり前に ◦ Google、Apple、Amazon、Facebook…. 交通もグローバルIT企業から強いプレッシャーを受ける分野に ◦ Uberなど ◦ ITを武器に世界の交通を革新する勢い 必ずしもグローバルなプレイヤーが強いわけではない ◦ 中国:滴滴出行( Didi Chuxing) ◦ 東南アジア: Grab
  11. 11. Localからのプレッシャー 交通が日常に密接に関わるために、手に届く小さい範囲で「何とか」してしまおうとする 要求するサービス水準や採算性などが大きなエリアでは共有出来ないため、小さい事業者が 地域密着でサービスを設計、提供するように 日本の政策でも、地域交通は自治体が主導する方向性 その結果 ◦ バス、鉄道の交通事業者の細分化 ◦ 独自のIT実装が乱立し連携せず ◦ ITのスケールメリットが全く活かせない状況
  12. 12. モバイルSuica 2006年開始(主要3キャリアが対応) ◦ NTT Docomo 902i シリーズなどが対応 2011年 Android携帯に対応 2016年 iPhone 7が Suica に対応
  13. 13. 現実は? 分断 https://matome.naver.jp/odai/2142309969294499201/2142310162397654503
  14. 14. 検索して、また検索して予約
  15. 15. 遠い Mobility as a Service あああ シュトゥットガルト以外に拡がらずまだヘルシンキだけ
  16. 16. IT×公共交通はどの規模を基準として 考えるべきか? グローバル? ◦ 純粋なITサービスほど、簡単に仕組みは変わらず、単一の仕組みが世界中で受け入れられるにはま だ時間がかかる ローカル? ◦ ITの発展に取り残される問題が大きくなっている (日本において)恐らく、最適なサイズであるはずの国〜都市圏を代弁出来るプレイヤーがいな い
  17. 17. スマートフォンが作り出すモビリ ティを考えてみると・・・ スマートフォンユーザの「当たり前」「便利」に、まだ実際のサービス は追いつけていない ◦ たくさんの技術的、社会的、制度的な問題はあるけれど・・・ 交通で考えるべき、都市・社会の視点が出てこない ◦ 一人のスマホユーザにとって最適でも、社会全体としてはうまく機能し ないことが起こる
  18. 18. 英語?コミュニティがきっと助けてくれる! Twitterハッシュタグ #gms_2017 にて「お互いに」 WWDCの基調講演の中継を、夜中にTwitterで盛り上がりながら見るみたいに!
  19. 19. 日本語?壁を越えていこう! プロの同時通訳を頼んでいます でも、伝えたい気持ちこそが大事(だよね?)

×