Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

学び方とU曲線の関係

1,914 views

Published on

このスライドは、サイボウズ・ラボの西尾泰和と竹迫良範が、 京都大学サマーデザインスクール 2014で行った「学び方のデザイン」の講義資料の一部です。

他のスライドは http://nhiro.org/kuds2014/ で見つけることができます。

Published in: Education
  • Be the first to comment

学び方とU曲線の関係

  1. 1. 京大サマーデザインスクール2014   京大サマーデザイン スクール2014   (c)2014 西尾泰和(サイボウズ・ラボ) 西尾泰和 1
  2. 2. 学び方とU曲線の関係   学び方とU曲線の関係    2 2
  3. 3. わかるためには 「わからないこと」 が必要 学び方とU曲線の関係 わからないこと    3 3
  4. 4. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→与えられる 「わからないこと」は 学校では教科書や試験問題 として外から与えられた    4 4
  5. 5. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→与えられる 教科書自分 答え答え 教科書の答えを写し取るのが勉強 …という考え方   5 教科書 答え 自分 写し取る 5
  6. 6. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→与えられる 正解を正しく 写し取ること を目指す学び方    6 6
  7. 7. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→与えられる 写そうとしている 教科書は正しいのか?    7 7
  8. 8. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→与えられる 長い時間をかけてチェッ クされた「枯れた分野」    8 8
  9. 9. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→与えられる 教科書に書かれた知識を 獲得することが目的の 資格試験    9 9
  10. 10. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→与えられる こういう分野では 教科書が有用 PDCAサイクルを 小さく速く回す    10 10
  11. 11. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→与えられる 変化の激しい学習対象 新しく生まれた学習対象    11 11
  12. 12. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→与えられる 自社にとってよい戦略 自分にとって有益な方法    12 12
  13. 13. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→与えられる 教科書が頼りづらい ・変化が激しい分野 ・具体的な応用      13 13
  14. 14. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→見つける 自分で自発的に 「わからないこと」 「学ぶべきこと」を 見つける必要がある    14 14
  15. 15. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→見つける 盲点に気づく    15 15
  16. 16. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→見つける 盲点に光を当てる プロセス:U曲線    16 16
  17. 17. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→見つける Downloading ↓ Seeing ↓ Sensing ↓ Presensing U曲線の最初の4つ   17 17
  18. 18. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→見つける Downloading 物事を「過去のパターンと同じだ」 という先入観を持って見ている状態 「知ってる知ってる」「よくあるアレでしょ」 「そんなことはわかってる」「退屈…」 VOJ: Voice of Judgement: 評価・判断の声 が邪魔をする   18 18
  19. 19. Downloading ↓ 判断を保留する 「何それ知らない」 ↓ Seeing 学び方とU曲線の関係 わからないこと→見つける    19 19
  20. 20. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→見つける    Seeing 物事を自分の視点から見ている状態 自分と世界の間には 壁があり、 自分は一方的に 世界から学ぶだけ …という考え方 世界 自分 20 20
  21. 21. Seeing 学び方とU曲線の関係 わからないこと→見つける 「自分より偉い人がいっぱいいる」 「自分が発信することは何もない」 「自分は誰の役にも立たない」 「自分は傍観者にすぎない」 VOC: Voice of Cynicism: 皮肉・諦めの声   21 21
  22. 22. Seeing ↓ 学び方とU曲線の関係 わからないこと→見つける 自分自身もシステムの一部と気づく ↓ Sensing    22 22
  23. 23. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→見つける Sensing 相互作用するシステムの一部として自分を認識する   世界 自分 23 23
  24. 24. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→見つける Sensing 学んだことを発表し フィードバックを得る    24 24
  25. 25. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→見つける Sensing プログラマは気づきやすい 「コンピュータ」という他者と 対話することで学ぶ慣習があるから    25 25
  26. 26. Sensing 学び方とU曲線の関係 わからないこと→見つける プログラミング言語も 自分と同じ人間が作ったもの 作った意図や目的があるはずだ かつて西尾が気づいたこと→「コーディングを支える技術」執筆につながる   26 26
  27. 27. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→見つける Sensing この時点ではまだ 自分の外にある知識を 写し取っている    27 27
  28. 28. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→見つける 教科書が頼りづらい学び ・変化が激しい分野 ・具体的な応用   マニュアル、教科書、先行事例がない状況ではどうすればよいのか?   28 28
  29. 29. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→見つける 0から何か 新しいものを 作り出す    0 29 29
  30. 30. Sensing 新しいものを作らねば →誰も正解だと保証してくれない →怖い! 学び方とU曲線の関係 わからないこと→見つける VOF: Voice of Fear: 恐怖の声   30 30
  31. 31. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→見つける Sensing 保証を求めて過去にとらわれた状態 ↓ 保証への執着を手放す ↓ Presencing    31 31
  32. 32. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→見つける Presencing 自分次第で現実になる 未来の可能性を見ている状態    32 32
  33. 33. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→見つける Presencing 自分が変化の原因になりうる →モチベーションの源泉    33 33
  34. 34. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→見つける Presencing 過去事例から保証を得ようとせず 行動した後にその結果から学ぶ 過去からの学び→未来からの学び   34 34
  35. 35. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→見つける 「U理論」はこう主張しているが   わかった! 35 35
  36. 36. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→見つける 西尾はSeeing以降のどの段階からも「わかった」は起こると考える   わかった! 36 36
  37. 37. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→見つける 理解の大きさ・小ささ 前頭前野損傷患者の事例 山鳥重 “「わかる」とはどういうことか-認識の脳科学”   37 37
  38. 38. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→見つける “花に水をやらなきゃ” “じょうろの使い方” “雨なら傘をささなきゃ” “傘の使い方” ぜんぶわかる    38 38
  39. 39. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→見つける “雨が降っているから 水をやらなくていい” がわからないので 傘をさして水やりをする    39 39
  40. 40. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→見つける Seeingからの「わかった」も 有用な学びの一歩だが 小さい「わかった」だと思う    40 40
  41. 41. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→見つける Presencing ↓ わかった! ↓ Crystalizing    41 41
  42. 42. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→見つける Crystalizing 以降はやってみて結果から学ぶ PDCAサイクルでの学びになる    42 42
  43. 43. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→見つける 問:あなたが学ぼうと している対象には 信頼できる 教科書があるか? NO→次へ   43 43
  44. 44. 学び方とU曲線の関係 わからないこと→見つける 問:あなたが学ぼうと している対象は PDCAサイクルを 回すことができるか? NO→まずUの谷をくぐってPを作り出す必要がある   44 44
  45. 45. 京大サマーデザインスクール2014 参考文献    45 C・オットー・シャーマー(2010) “U理論――過去や偏 見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技 術” 英知出版 中土井僚(2014) “人と組織の問題を劇的に解決するU理 論入門” 山鳥重(2002) “「わかる」とはどういうことか-認識の 脳科学” 45
  46. 46.   このスライドについて このスライドは、サイボウズ・ラボの西尾泰和 と竹迫良範が、 京都大学サマーデザインスクー ル 2014で行った「学び方のデザイン」の講義資 料の一部です。 他のスライドは http://nhiro.org/kuds2014/ で見つ けることができます。    46

×