Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
京大サマーデザインスクール2014 
  
京大サマーデザイン 
スクール2014 
  
(c)20142014 西尾泰和(サイボウズ・ラボ) 
西尾泰和 
1
グループウェア 
  
グループウェアについて 
   
2
グループウェアとは 
グループで使う 
ソフトウェア 
グループウェア 
  
“Peter and Trudy Johnson-Lenz によって1978年に作られた用語” 
『組織とグループウェア』p.63 
3
グループウェア 
  
メール(サーバ) 
複数人が書き言葉を 
やりとりするための 
ソフトウェア 
   
4
グループウェア 
  
紙の手紙よりも 
圧倒的に速く 
書き言葉が伝えられる 
話し言葉に関しては電話という選択肢があった。非同期というメリットも。 
テレタイプなどもあったので電子メールが初めてというわけではない 
5
1対1を想定していたので 
3人以上になると 
問題が起きる 
グループウェア 
  
   
6
グループウェア 
  
宛先をいくつも 
指定しなきゃ… 
   
指定し忘れたり 
差出人だけに 
返信したり 
7
グループウェア 
  
仲介者を置くことで解決 
プログラマの間ではこれをメディエイター(仲介者)パターンと呼ぶ 
『Java言語で学ぶデザインパターン入門』p.238 
8
メーリングリスト 
チャット 
電子掲示板 
グループウェア 
  
   
9
複数人が 
対話するための 
「場」 
グループウェア 
  
   
10
チームと場が1対1 
場と話題が1対多 
グループウェア 
  
   
11
グループウェア 
  
複数の話題が話された時に 
話の流れを追いにくい 
   
12
グループウェア 
  
2通りの解決アプローチ 
話題ごとに場を作る 
返信によって束ねる 
ここでは前者の話をする 
後者はメーラのスレッド機能、ツリー型掲示板などがある。Twitterなどでも採用されている。 
13
掲示板群 
グループウェア 
  
・事前に話題ごとの場を作る 
・チームと場が1対多、場と話題が1対1 
・話題ごとに話の流れを追うコスト減 
・新しい話題を始めることのコスト増 
サイボウズ製品にもこの種の掲示板群を持っているものがいくつも...
グループウェア 
  
場を作ってから 
発言するのでは 
心理的障壁が高くなる 
   
15
グループウェア 
  
ひとりごと掲示板、Twitter 
・話題ではなく個人に紐付いた 
 「なんでも書いてよい場」 を作る 
・思いつきを共有するコスト減 
・話題ごとに話の流れを追うコスト 
 激増 
西尾が「ひとりごと掲示板」を作ったの...
グループウェア 
  
Togetter・Naverまとめ 
・Twitterにつぶやかれた内容や 
 あちこちに分散して書かれた内容を 
 後から構造化 
・構造化の主体を信用できるか問題 
   
17
グループウェア 
  
問題解決を妨げている 
因子はなにか? 
技術・方法・システムで 
それを取り払えないか? 
『組織とグループウェア』p.136 
  
18
グループウェア 
  
使うつもりだった備品が 
当日他の人に使われていた 
お客様が来ているのに 
空いている応接室がない 
http://kantan.cybozu.co.jp/office7/product/basic/reservati...
会議室や備品の 
空き状態・使う予定を 
可視化し共有する 
グループウェア 
  
  
20
グループウェア 
  
複数人の行動が必要な 
社内のプロセスで 
今の状況がよくわからない 
紙の書類ベースの時には「誰かがなくした」なんてことも… 
もしくは自分で書類を持ってあっちの部屋こっちの部屋とハンコをもらって回るとか… 
21
グループウェア 
  
プロセスを電子化して 
進行状況を可視化する 
  
22
メールでは 
読んだかどうかが 
わからない 
グループウェア 
  
   
23
グループウェア 
  
未読・既読を差出人に 
伝える仕組みにしよう! 
   
24
グループウェア 
  
mixiの時も「足跡を付けないで日記を読みたい」というニーズがあった 
  
25
グループウェア 
  
「読んだ」ということが 
相手に伝わってほしくない 
これはなぜなのか?? 
   
26
そもそも 
グループウェア 
  
「読んだら反応が必須」 
という決め事が問題? 
   
27
グループウェア 
  
Twitterでデマを拡散する 
媒体になってしまう 
Togetterなどの 
編集者は信用できるか? 
   
28
グループウェア 
  
何が信用できるか 
どうやって判断するか 
   
29
情報を蓄積する際に 
陳腐化したものは適宜 
消さなければいけないが 
人の書いたものを消すのは 
心理的障壁が高い 
グループウェア 
  
『廃れるリンク』というアプローチも 
  
30
グループウェア 
  
情報共有が進んだ結果 
情報が多すぎて 
個人の処理能力を越える 
   
31
グループウェア 
  
技術の進歩で社長の言葉を 
全社員に伝えることは 
容易になった、しかし 
社長が全社員の言葉を聞くことは 
依然困難なので一方通行になる 
   
32
グループウェア 
  
言語化されていない知識を 
もっと効率よく言語化する 
仕組みを作ることができないか? 
   
33
グループウェア 
  
社内に蓄積された情報の体系を 
新入社員に内面化するプロセスを 
効率化することができないか? 
   
34
グループウェア 
  
そもそも人間が本などを読んで 
それを内面化するプロセスを 
効率化することはできないか? 
   
35
内面化の効率が高い知識媒体は 
必ずしも今の書籍の形とは 
違ったものなのではないか 
電子書籍はもっと紙書籍と 
違った形がよいのでは 
グループウェア 
  
   
36
グループウェア 
  
本を書くのも読むのもコスト高い 
もっとコストを下げられないか? 
   
37
グループウェア 
  
今のPC、スマホの普及を前提に 
KJ法はもっとよいものに 
置き換えられるのではないか? 
   
38
などなど 
グループウェアには 
まだまだ解決すべき 
課題がある 
グループウェア 
  
   
39
グループウェア 
参考文献 
・西垣通(1992)『組織とグループウェア : ポスト・リス 
トラクチャリングの知識創造』NTT出版 
・塚田 浩二, 高林 哲, 増井 俊之(2002)『廃れるリンク』 
情報処理学会論文誌, Vol. 43,...
  
このスライドについて 
このスライドは、サイボウズ・ラボの西尾泰和 
と竹迫良範が、 京都大学サマーデザインスクー 
ル 2014で行った「学び方のデザイン」の講義資 
料の一部です。 
他のスライドは http://nhiro.org/...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

グループウェア

1,000 views

Published on

このスライドは、サイボウズ・ラボの西尾泰和と竹迫良範が、 京都大学サマーデザインスクール 2014で行った「学び方のデザイン」の講義資料の一部です。

他のスライドは http://nhiro.org/kuds2014/ で見つけることができます。

Published in: Education
  • Be the first to comment

グループウェア

  1. 1. 京大サマーデザインスクール2014   京大サマーデザイン スクール2014   (c)20142014 西尾泰和(サイボウズ・ラボ) 西尾泰和 1
  2. 2. グループウェア   グループウェアについて    2
  3. 3. グループウェアとは グループで使う ソフトウェア グループウェア   “Peter and Trudy Johnson-Lenz によって1978年に作られた用語” 『組織とグループウェア』p.63 3
  4. 4. グループウェア   メール(サーバ) 複数人が書き言葉を やりとりするための ソフトウェア    4
  5. 5. グループウェア   紙の手紙よりも 圧倒的に速く 書き言葉が伝えられる 話し言葉に関しては電話という選択肢があった。非同期というメリットも。 テレタイプなどもあったので電子メールが初めてというわけではない 5
  6. 6. 1対1を想定していたので 3人以上になると 問題が起きる グループウェア      6
  7. 7. グループウェア   宛先をいくつも 指定しなきゃ…    指定し忘れたり 差出人だけに 返信したり 7
  8. 8. グループウェア   仲介者を置くことで解決 プログラマの間ではこれをメディエイター(仲介者)パターンと呼ぶ 『Java言語で学ぶデザインパターン入門』p.238 8
  9. 9. メーリングリスト チャット 電子掲示板 グループウェア      9
  10. 10. 複数人が 対話するための 「場」 グループウェア      10
  11. 11. チームと場が1対1 場と話題が1対多 グループウェア      11
  12. 12. グループウェア   複数の話題が話された時に 話の流れを追いにくい    12
  13. 13. グループウェア   2通りの解決アプローチ 話題ごとに場を作る 返信によって束ねる ここでは前者の話をする 後者はメーラのスレッド機能、ツリー型掲示板などがある。Twitterなどでも採用されている。 13
  14. 14. 掲示板群 グループウェア   ・事前に話題ごとの場を作る ・チームと場が1対多、場と話題が1対1 ・話題ごとに話の流れを追うコスト減 ・新しい話題を始めることのコスト増 サイボウズ製品にもこの種の掲示板群を持っているものがいくつもある   14
  15. 15. グループウェア   場を作ってから 発言するのでは 心理的障壁が高くなる    15
  16. 16. グループウェア   ひとりごと掲示板、Twitter ・話題ではなく個人に紐付いた  「なんでも書いてよい場」 を作る ・思いつきを共有するコスト減 ・話題ごとに話の流れを追うコスト  激増 西尾が「ひとりごと掲示板」を作ったのが2007年 ちなみにTwitterの日本語化が2009年 16
  17. 17. グループウェア   Togetter・Naverまとめ ・Twitterにつぶやかれた内容や  あちこちに分散して書かれた内容を  後から構造化 ・構造化の主体を信用できるか問題    17
  18. 18. グループウェア   問題解決を妨げている 因子はなにか? 技術・方法・システムで それを取り払えないか? 『組織とグループウェア』p.136   18
  19. 19. グループウェア   使うつもりだった備品が 当日他の人に使われていた お客様が来ているのに 空いている応接室がない http://kantan.cybozu.co.jp/office7/product/basic/reservation/ 19
  20. 20. 会議室や備品の 空き状態・使う予定を 可視化し共有する グループウェア     20
  21. 21. グループウェア   複数人の行動が必要な 社内のプロセスで 今の状況がよくわからない 紙の書類ベースの時には「誰かがなくした」なんてことも… もしくは自分で書類を持ってあっちの部屋こっちの部屋とハンコをもらって回るとか… 21
  22. 22. グループウェア   プロセスを電子化して 進行状況を可視化する   22
  23. 23. メールでは 読んだかどうかが わからない グループウェア      23
  24. 24. グループウェア   未読・既読を差出人に 伝える仕組みにしよう!    24
  25. 25. グループウェア   mixiの時も「足跡を付けないで日記を読みたい」というニーズがあった   25
  26. 26. グループウェア   「読んだ」ということが 相手に伝わってほしくない これはなぜなのか??    26
  27. 27. そもそも グループウェア   「読んだら反応が必須」 という決め事が問題?    27
  28. 28. グループウェア   Twitterでデマを拡散する 媒体になってしまう Togetterなどの 編集者は信用できるか?    28
  29. 29. グループウェア   何が信用できるか どうやって判断するか    29
  30. 30. 情報を蓄積する際に 陳腐化したものは適宜 消さなければいけないが 人の書いたものを消すのは 心理的障壁が高い グループウェア   『廃れるリンク』というアプローチも   30
  31. 31. グループウェア   情報共有が進んだ結果 情報が多すぎて 個人の処理能力を越える    31
  32. 32. グループウェア   技術の進歩で社長の言葉を 全社員に伝えることは 容易になった、しかし 社長が全社員の言葉を聞くことは 依然困難なので一方通行になる    32
  33. 33. グループウェア   言語化されていない知識を もっと効率よく言語化する 仕組みを作ることができないか?    33
  34. 34. グループウェア   社内に蓄積された情報の体系を 新入社員に内面化するプロセスを 効率化することができないか?    34
  35. 35. グループウェア   そもそも人間が本などを読んで それを内面化するプロセスを 効率化することはできないか?    35
  36. 36. 内面化の効率が高い知識媒体は 必ずしも今の書籍の形とは 違ったものなのではないか 電子書籍はもっと紙書籍と 違った形がよいのでは グループウェア      36
  37. 37. グループウェア   本を書くのも読むのもコスト高い もっとコストを下げられないか?    37
  38. 38. グループウェア   今のPC、スマホの普及を前提に KJ法はもっとよいものに 置き換えられるのではないか?    38
  39. 39. などなど グループウェアには まだまだ解決すべき 課題がある グループウェア      39
  40. 40. グループウェア 参考文献 ・西垣通(1992)『組織とグループウェア : ポスト・リス トラクチャリングの知識創造』NTT出版 ・塚田 浩二, 高林 哲, 増井 俊之(2002)『廃れるリンク』 情報処理学会論文誌, Vol. 43, No. 12, pp. 3718-3721, December, 2002. PDF ・結城浩(2004)『Java言語で学ぶデザインパターン入 門』ソフトバンクパブリッシング    40
  41. 41.   このスライドについて このスライドは、サイボウズ・ラボの西尾泰和 と竹迫良範が、 京都大学サマーデザインスクー ル 2014で行った「学び方のデザイン」の講義資 料の一部です。 他のスライドは http://nhiro.org/kuds2014/ で見つ けることができます。    41

×