一人でやるかみんなでやるか

1,559 views

Published on

0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,559
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
26
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

一人でやるかみんなでやるか

  1. 1. 京大サマーデザイン スクール2013 京大サマーデザインスクール2013     (c)2013 西尾泰和(サイボウズ・ラボ) 西尾泰和
  2. 2. ひとりでやるか みんなでやるか ひとりでやるかみんなでやるか      
  3. 3. ひとりでやるメリット ひとりでやるかみんなでやるか      
  4. 4. 創造的に最上の状態になるには 「自分がやらなきゃ」という 義務感が必要 ひとりでやるかみんなでやるか   『創造力を生かす : アイディアを得る38の方法』p267 A.オスボーン(2008)『創造力を生かす : アイディアを得る38の方法』豊田晃 訳, 創元社
  5. 5. ひとりでやるかみんなでやるか   『チームワークの心理学』p.116   社会的手抜き 人数が多いほど 「誰かがやる」 と思ってしまう
  6. 6. 他人のコントロールは困難 まずは自分が動くことから ひとりでやるかみんなでやるか      
  7. 7. うまくいかない時の 責任の所在が明確 「悪いのは自分だ」 自分以外のせいにすると 成長の機会を失う ひとりでやるかみんなでやるか      
  8. 8. みんなでやるメリット ひとりでやるかみんなでやるか      
  9. 9. チームで知識を共有できる ひとりでやるかみんなでやるか      
  10. 10. 特に問題意識の共有 ひとりでやるかみんなでやるか   「KJ法の背景」で解説  
  11. 11. 他人の存在が刺激になる ひとりでやるかみんなでやるか      
  12. 12. 見解の違いが 思い込みからの 脱却を助ける ひとりでやるかみんなでやるか      
  13. 13. 他人に説明しようとして 暗黙知が言語化される ひとりでやるかみんなでやるか      
  14. 14. 他人の存在が 競争心を刺激する ひとりでやるかみんなでやるか      
  15. 15. 他人の発言が刺激になる ひとりでやるかみんなでやるか      
  16. 16. 自分と異なる知識や視点が 供給され新結合の材料になる ひとりでやるかみんなでやるか      
  17. 17. 他人にアイデアの欠点を見て 改善する方法を思いつく ひとりでやるかみんなでやるか      
  18. 18. 他人のアイデアと 自分のアイデアの いいとこどりをする ひとりでやるかみんなでやるか      
  19. 19. どちらがよいのか? ひとりでやるかみんなでやるか      
  20. 20. 西尾の個人的意見 共創は独創から生まれる まずは自分を鍛えるべき ひとりでやるかみんなでやるか   まずは自分が独創的な人材にならねば「チームで発想」なんて覚束ない  
  21. 21. このプロジェクトの設計 ・最終的に各個人が発表 (自分がやらなきゃ感) ・途中経過をしばしば共有 (他人による刺激) ひとりでやるかみんなでやるか   いいとこどり!  
  22. 22. 佐々木正(1995)『はじめに仮説ありき : 明日を拓く"技術屋魂"の世 界』クレスト社 滝久雄(2010)『やらなければならないことは、やりたいことにしよ う!』PHP研究所 西垣通 他(1992)『組織とグループウェア : ポスト・リストラクチャ リングの知識創造』NTT出版 山口裕幸 (2008)『チームワークの心理学 : よりよい集団づくりをめ ざして』サイエンス社. A.オスボーン(2008)『創造力を生かす : アイディアを得る38の方 法』豊田晃 訳, 創元社 ひとりでやるかみんなでやるか 参考文献    
  23. 23. 付録 ひとりでやるかみんなでやるか      
  24. 24. 自分の技量の範囲内で仕事をしてはいけない by 滝久雄(ぐるなび創業者) ひとりでやるかみんなでやるか 付録 『やらなければならないことは、やりたいことにしよう!』p.118  
  25. 25. 「創造の種は個人の中でできる。それがアイ デアとして世界に広がるには、周りの人たち とのインタラクションがいる。この二つを ごっちゃにしてはいけない」 ひとりでやるかみんなでやるか 付録 『組織とグループウェア』から要約 p.48  
  26. 26. 「アイデアを胸の中にしまいこんではいけな い、理解ある人々の批判を仰ぐこと、そうす れば良いアイデアは自分で成長する。良いア イデアは見る人を刺激するので、その人々が 手を貸してくれるからだ。」 ひとりでやるかみんなでやるか 付録 『創造力を生かす』p.53-54 から要約  
  27. 27. このスライドは、サイボウズ・ラボの西尾泰和 と竹迫良範が、 京都大学サマーデザインスクー ル 2013で行った「チームワークのデザイン」の 講義資料の一部です。 他のスライドは http://nhiro.org/kuds2013/ で見つ けることができます。   このスライドについて    

×