Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

PDCAサイクルとU曲線の関係

1,921 views

Published on

このスライドは、サイボウズ・ラボの西尾泰和と竹迫良範が、 京都大学サマーデザインスクール 2014で行った「学び方のデザイン」の講義資料の一部です。

他のスライドは http://nhiro.org/kuds2014/ で見つけることができます。

Published in: Education

PDCAサイクルとU曲線の関係

  1. 1. 京大サマーデザインスクール2014   京大サマーデザイン スクール2014   (c)2014 西尾泰和(サイボウズ・ラボ) 西尾泰和 1
  2. 2. PDCAサイクルとU曲線の関係   PDCAサイクルと U曲線の関係    2 2
  3. 3. PDCAサイクルとU曲線の関係 PCDAサイクル 3 AdjustではなくActとすることがメジャーだがAdjustの方がわかりやすい 「デミング・シューハート・サイクル」とも 3
  4. 4. PDCAサイクルとU曲線の関係 PCDAサイクル 計画は「このやり方でうまくいくはず」という仮説でもある   仮説実験 仮説の修正結果の考察 4 4
  5. 5. PDCAサイクルとU曲線の関係 PCDAサイクル 5 「うまくいくと思って行動したけど失敗した」が理解修正のチャンス   理解 理解に基づく 行動 理解の修正結果の考察 5
  6. 6. PDCAサイクルとU曲線の関係 PCDAサイクル 新しいことをやる場合 どこから始まる?    6 6
  7. 7. PDCAサイクルとU曲線の関係 PCDAサイクル PDCAどこから始まる • Adjust: Checkに基づきPlanを修正 • Check: Planで期待した結果と実際のDoの 結果を比較 • Do: Planを実行 • Plan: これが唯一最初に実行できる Planを雑に作って「まずはやってみる(Do)」もOK   7 7
  8. 8. PDCAサイクルとU曲線の関係 PCDAサイクル どうやって始める? • どうやって最初の計画をたてるのか • どうやって最初の仮説をたてるのか • どうやって最初の理解をするのか    PCDAサイクルは この疑問に答えてくれない 8 8
  9. 9. U曲線 PDCAサイクルとU曲線の関係 U曲線 C・オットー・シャーマー「U理論」   状態 行動 9 9
  10. 10. Downloading 物事を「過去のパターンと同じだ」 という先入観を持って見ている状態 ↓ 判断を保留する ↓ Seeing PDCAサイクルとU曲線の関係 U曲線    10 10
  11. 11. Seeing 物事を自分の視点から見ている状態 ↓ 相手や第三者など自分以外の 視点での見え方を意識する ↓ Sensing PDCAサイクルとU曲線の関係 U曲線    11 11
  12. 12. Sensing PDCAサイクルとU曲線の関係 U曲線 システム全体を見ている状態 ↓ 手放す ↓ Presencing Sensingの時点では「過去に起きたこと」しか見ていない   12 12
  13. 13. PDCAサイクルとU曲線の関係 U曲線 Presencing 自分次第で現実になる 未来の可能性を見ている状態 ↓ 迎え入れる ↓ Crystalizing 自分がシステムに影響を与え、変化を起こすことができる、という発想   13 13
  14. 14. PDCAサイクルとU曲線の関係 U曲線 Crystalizing 新たなアイデアが創造された状態 ↓ 具現化 ↓ Prototyping    14 14
  15. 15. PDCAサイクルとU曲線の関係 U曲線 Prototyping 試作品が創造された状態 ↓ 既存のシステムと結合 ↓ Performing 15 試作品:物理的なものに限らず「新しい人事制度を実験的導入」なども含む 既存のシステムの一部として「埋め込む」(embody): 「実体化」とも訳される 15
  16. 16. PDCAサイクルとU曲線の関係 U曲線 Performing 新たな実践が創造された状態    16 16
  17. 17. PDCAサイクルとU曲線の関係 U曲線とPDCAサイクルの関係 PCDAサイクルと U曲線の関係    17 17
  18. 18. PDCAサイクルとU曲線の関係 U曲線とPDCAサイクルの関係 Crystalizing 新たな思考が創造された状態 要するに「思いついた」状態    18 18
  19. 19. PDCAサイクルとU曲線の関係 U曲線とPDCAサイクルの関係    スタート 思いついた 言ってみる 次はこう言おう 19 どこが悪い? 伝わらなかった… 19
  20. 20. PDCAサイクルとU曲線の関係 U曲線とPDCAサイクルの関係 Crystalizing 思いついたあとは PDCAサイクルで アイデアを改善していく    20 20
  21. 21. PDCAサイクルとU曲線の関係 U曲線とPDCAサイクルの関係 アイデアの改善 ↓ 考えているだけではわからない ↓ 試作品を作る計画    21 21
  22. 22. スタート PDCAサイクルとU曲線の関係 U曲線とPDCAサイクルの関係 プロトタイプ 作成計画 作ってみる 次はこうやろう なぜ動かない? 期待通りに動くか?    22 22
  23. 23. PDCAサイクルとU曲線の関係 U曲線とPDCAサイクルの関係 Prototyping Crystalizingによって 最初のPlanが作られ PDCAサイクルで改善していく    23 23
  24. 24. PDCAサイクルとU曲線の関係 U曲線とPDCAサイクルの関係 Performing 試作品が上手く動いたら 既存のシステムと結合(Do)して PDCAサイクルを回す    24 24
  25. 25. PDCAサイクルとU曲線の関係 U曲線とPDCAサイクルの関係    U曲線の後半はPDCA 25 25
  26. 26. PDCAサイクルとU曲線の関係 PDCAサイクルとU曲線の関係    Performingで成果が出ると、 そのやり方が普遍的に正しいと信じがち 既存のPDCAサイクルを疑わない状態→Downloading 26 26
  27. 27. PDCAサイクルとU曲線の関係 PDCAサイクルとU曲線の関係 『ダブルループ学習』   シングルループ ダブルループ Downloadingに陥っていないか見直す必要がある 27 27
  28. 28. PDCAサイクルとU曲線の関係 PDCAサイクルとU曲線の関係 最初の問 新しいことをやる場合 どこから始まる?    28 28
  29. 29. 答え PDCAサイクルとU曲線の関係 PDCAサイクルとU曲線の関係 U曲線の前半4ステップ    29 29
  30. 30. 京大サマーデザインスクール2014 参考文献    30 C・オットー・シャーマー(2010) “U理論――過去や偏 見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技 術” 英知出版 中土井僚(2014) “人と組織の問題を劇的に解決するU理 論入門” 30
  31. 31.   このスライドについて このスライドは、サイボウズ・ラボの西尾泰和 と竹迫良範が、 京都大学サマーデザインスクー ル 2014で行った「学び方のデザイン」の講義資 料の一部です。 他のスライドは http://nhiro.org/kuds2014/ で見つ けることができます。    31

×