音声インタフェースと Web アクセシビリティ 西本卓也(東京大学) 2008 年 11 月 15 日
インタフェースの原則 <ul><li>目標:音声インタフェース設計の体系化 </li></ul><ul><ul><li>既存の HMI に関する提案の再構成 </li></ul></ul><ul><li>基本原則 (1996) </li></u...
ワープロによる文書作成 <ul><li>目標 </li></ul><ul><ul><li>あるパラグラフをもう少し短くしたい(曖昧) </li></ul></ul><ul><li>意図形成 </li></ul><ul><ul><li>ある文末で...
実行の淵と評価の淵 Norman, Draper (ed.) : User Centered System Design,1986.
電話音声応答システム <ul><li>プロンプトの例: </li></ul><ul><ul><li>1:各イベントの時間・内容についてお知らせします。***から音声でお答えください。 </li></ul></ul><ul><ul><li>2:*...
ミクロな実行・評価モデル <ul><li>「一次元の揮発性メディア」としての音声 </li></ul><ul><li>AJAX も同型の問題? </li></ul>
実行と評価の不自然な対応 <ul><li>問題発見の切り口として </li></ul><ul><ul><li>キー操作に対するフィードバックの遅れ </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>「音切れ」の重要性 </li></...
対策の例 <ul><li>音声インタフェース固有の快適性の追求 </li></ul><ul><ul><li>専用 TTS が必要:応答速度、情報伝達速度 </li></ul></ul><ul><ul><li>妥当な評価尺度、評価手法の確立 </...
対面朗読者と視覚障害者の対話の分析とその応用 ,  情処研報 , 2007-SLP-11, pp.55-60, Feb 2007. カツカレー ステーキカレー 天むす 松花堂 特選御膳    ・・・ 松花堂弁当 スタンダード 1    ・・・・...
MVC モデルとマルチモーダル <ul><li>MVC = Model / View / Controller  </li></ul><ul><li>View => Modality Component </li></ul>
マルチモーダル IF の 6 階層モデル
まとめ <ul><li>音声 IF としての Web アクセシビリティ </li></ul><ul><li>マルチモーダル IF の原則 </li></ul><ul><ul><li>問題点の抽出 </li></ul></ul><ul><ul><...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

音声インタフェースとWebアクセシビリティ

921 views

Published on

西本卓也(東京大学)
2008年11月15日
HI学会SIG-ACI研究会

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
921
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
5
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • しかし、私たちはマニュアルに基づいて判断の最小単位ごとにフォームで送信してもらい、ページを遷移させました。 それが、まずこの図です。左上から右下にページを遷移します。 まず、お弁当の種類を選ぶページがあり、次にさらに条件を絞り込むか聞くページを出します。 ユーザの選択が「はい」であれば、
  • 音声インタフェースとWebアクセシビリティ

    1. 1. 音声インタフェースと Web アクセシビリティ 西本卓也(東京大学) 2008 年 11 月 15 日
    2. 2. インタフェースの原則 <ul><li>目標:音声インタフェース設計の体系化 </li></ul><ul><ul><li>既存の HMI に関する提案の再構成 </li></ul></ul><ul><li>基本原則 (1996) </li></ul><ul><ul><li>労力最少:移動量、回数、操作容易性 </li></ul></ul><ul><ul><li>透過性:状態理解、手順連想、フィードバック </li></ul></ul><ul><ul><li>頑健性:誤入力防止、修復容易性 </li></ul></ul><ul><li>構成原則 (1996) </li></ul><ul><ul><li>初心者、熟練者、上級利用移行 </li></ul></ul><ul><li>導入原則 (2008) </li></ul><ul><ul><li>有用性、適合性、妥当性 </li></ul></ul>
    3. 3. ワープロによる文書作成 <ul><li>目標 </li></ul><ul><ul><li>あるパラグラフをもう少し短くしたい(曖昧) </li></ul></ul><ul><li>意図形成 </li></ul><ul><ul><li>ある文末で段落を変える(具体的決定) </li></ul></ul><ul><li>行為系列の特定 </li></ul><ul><ul><li>カーソル移動、改行コード挿入、空白挿入、、 </li></ul></ul><ul><li>行為実行、状態知覚、状態解釈、評価 </li></ul><ul><li>海保 他:認知的インタフェース , 新曜社 ,1991 </li></ul>
    4. 4. 実行の淵と評価の淵 Norman, Draper (ed.) : User Centered System Design,1986.
    5. 5. 電話音声応答システム <ul><li>プロンプトの例: </li></ul><ul><ul><li>1:各イベントの時間・内容についてお知らせします。***から音声でお答えください。 </li></ul></ul><ul><ul><li>2:***から音声でお答えください。各イベントの時間・内容についてお知らせします。 </li></ul></ul><ul><li>ユーザは少しずつプロンプトを聞く </li></ul><ul><ul><li>任意のタイミングでバージインできる </li></ul></ul><ul><ul><li>プロンプトを聞きながら何度も評価と実行を行う </li></ul></ul><ul><li>言語情報の効果:命令表現、文末表現 </li></ul><ul><li>非言語/パラ言語情報( Raman: Auditory UI ) </li></ul><ul><ul><li>効果音が鳴ったらプロンプトの最後 </li></ul></ul><ul><ul><li>声の種類に意味を持たせる </li></ul></ul>高山 他 : SP2001-132, 2002.
    6. 6. ミクロな実行・評価モデル <ul><li>「一次元の揮発性メディア」としての音声 </li></ul><ul><li>AJAX も同型の問題? </li></ul>
    7. 7. 実行と評価の不自然な対応 <ul><li>問題発見の切り口として </li></ul><ul><ul><li>キー操作に対するフィードバックの遅れ </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>「音切れ」の重要性 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>音声対話システムにも同様の課題 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>システム状況の知覚 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>不自然な因果関係から </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>超早口化されて聞き取り困難な合成音声 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>聞こえているのが「奇跡」 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>心的辞書が活用できないと聞こえないはず </li></ul></ul></ul><ul><li>「バッドノウハウ」の温床 </li></ul><ul><ul><li>「次のリンク」を使って「斜め読みする」 </li></ul></ul><ul><ul><li>コンテンツを後ろからさかのぼって読む </li></ul></ul>
    8. 8. 対策の例 <ul><li>音声インタフェース固有の快適性の追求 </li></ul><ul><ul><li>専用 TTS が必要:応答速度、情報伝達速度 </li></ul></ul><ul><ul><li>妥当な評価尺度、評価手法の確立 </li></ul></ul><ul><li>タスクの本質的な構造に基づく設計 </li></ul><ul><ul><li>画面ではなくアプリの情報を音声化 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>対面朗読->模擬対話->読み上げ用 HTML アプリ </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>「ショッピングカート」/アンドゥの重要性 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>開発が大変、効率化したい </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>Ruby on Rails + {VoiceXML or HTML} </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>モダリティ階層モデル </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>REST : Representational State Transfer </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>Galatea Dialog Studio としての実装 </li></ul></ul></ul></ul>
    9. 9. 対面朗読者と視覚障害者の対話の分析とその応用 , 情処研報 , 2007-SLP-11, pp.55-60, Feb 2007. カツカレー ステーキカレー 天むす 松花堂 特選御膳    ・・・ 松花堂弁当 スタンダード 1    ・・・・ 階層化メニュー 「お気に入り」リスト
    10. 10. MVC モデルとマルチモーダル <ul><li>MVC = Model / View / Controller </li></ul><ul><li>View => Modality Component </li></ul>
    11. 11. マルチモーダル IF の 6 階層モデル
    12. 12. まとめ <ul><li>音声 IF としての Web アクセシビリティ </li></ul><ul><li>マルチモーダル IF の原則 </li></ul><ul><ul><li>問題点の抽出 </li></ul></ul><ul><ul><li>「実行」と「評価」の対応という観点から </li></ul></ul><ul><ul><li>個別の問題に関する評価と改良 </li></ul></ul><ul><li>課題 </li></ul><ul><ul><li>もっと体系的な方法論 </li></ul></ul><ul><ul><li>HTML の現実に即した問題解決 </li></ul></ul><ul><ul><li>Voice Web の可能性 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>音声認識の有用性と適合性?? </li></ul></ul></ul>

    ×