学会・研究会の情報保障における ソーシャルネットワークの役割          西本 卓也     nishi@hil.t.u-tokyo.ac.jp        Twitter @nishimotz  東京大学 大学院情報理工学系研究科  ...
情報保障の実践   視覚・聴覚に障害を持つ学会参加者への配慮       信学会 福祉情報工学研究会/情報保障WG   視覚障害への対応       資料の点訳(人名の読み仮名)、テキストデータ提供       WebやPDFの適切な...
「手頃な情報保障」   坂根他 信学論 2007       「情報保障の受け手から,必ずしも高品質でなくてよいという        歩み寄りが得られるなら,素人なりの品質ではあるが,代わり        に広く実施するという歩み寄りができ...
要約筆記の現状   筆談(ノートテーク)       利用者が少数の場合   OHP要約筆記       ロール式のOHPシートにマーカーペンで手書き       略語や記号、矢印などの工夫   パソコン要約筆記       複数...
新しい技術による字幕   遠隔PC要約筆記       インターネット、テレビ会議システムの利用       iPhoneによる実験(筑波技術大学とSBモバイルなど)           BTマイク+音声通信+パケット通信+Safari...
音声認識字幕の読みにくさ   中野聡子他       ヒューマンインタフェース学会論文誌2008 / 信学論2007       聴覚障害者が感じる音声認識字幕の読みにくさの原因           漢字等の誤認識だけではない     ...
問題意識   WIT配信WGの活動       聴講者を増やす努力:会場に来られない方への配慮       W3C/JISのWebコンテンツガイドライン改定       2010年5月:字幕つきUstream配信(登録約60人)    ...
設計と当初構想   音声認識技術+ソーシャルメディア       現在使える技術を生かしたコミュニケーション支援ツール       大掛かりな機材や専門技能保持者に頼らない       モバイル機器とブロードバンドは前提となりつつある...
Google Waveによる実験   今すぐできる実験をTwitterで議論中       IPTalkなどの専用アプリ不要       iPhone, iPad, iPod touch, Android 対応(おそらく)       ...
参加の保障とは   参加者が質問・発言できなくては意味がない       かつて情報保障のある場でトークをお願いしたら        「完全な読み上げ原稿」の通りに喋ってもらえたことがある       手話通訳と要約筆記にとっては完璧だっ...
ソーシャルネットワークの役割   当日の支援「ソーシャルストリームが字幕になる」       川井拓也「USTREAM 世界を変えるネット生中継」2010   学会前の準備       音声認識とIMEのチューニング、聴講者の事前予習 ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

学会・研究会の情報保障におけるソーシャルネットワークの役割

1,961 views

Published on

Utilization of social networking services toward accessible academic meetings

From the viewpoint of ``reasonable information accessibility,''
the popularization of real-time social networking services,
such as Twitter and Ustream,
can be regarded as the oppotunity to change academic meetings
into the ``universally designed'' events.
Accessibility should always be considered to some extent
without excessive cost.
Captioning service using automatic speech recognition is also investigated
as a part of the universally designed events using social media.

Published in: Technology, News & Politics
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,961
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
183
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

学会・研究会の情報保障におけるソーシャルネットワークの役割

  1. 1. 学会・研究会の情報保障における ソーシャルネットワークの役割 西本 卓也 nishi@hil.t.u-tokyo.ac.jp Twitter @nishimotz 東京大学 大学院情報理工学系研究科 1
  2. 2. 情報保障の実践 視覚・聴覚に障害を持つ学会参加者への配慮  信学会 福祉情報工学研究会/情報保障WG 視覚障害への対応  資料の点訳(人名の読み仮名)、テキストデータ提供  WebやPDFの適切なマークアップ  発表時の配慮(図や指示語の使用など)  学会の場そのものよりも資料に関する作業 聴覚障害への対応(本報告で主に議論)  手話通訳/PC要約筆記=モダリティ変換=一種の通訳  「情報を保障するのではなく参加を保障する」(三宅初穂さん)  専門家が必要、コストがかかる、地方で手配にしにくい  通訳者・筆記者は「分野の専門知識」の予習が必要 2
  3. 3. 「手頃な情報保障」 坂根他 信学論 2007  「情報保障の受け手から,必ずしも高品質でなくてよいという 歩み寄りが得られるなら,素人なりの品質ではあるが,代わり に広く実施するという歩み寄りができる」  PowerPointの「ノート」を「簡易字幕」として別画面に表示 本発表の趣旨  リアルタイム・ソーシャルメディアを,学会・研究会の ユニバーサルデザイン化の機会と捉えたい  Twitter, Ustream, etc.  常にある程度のアクセシビリティが考慮された状態を 低コストで作り出すことを目指したい  音声認識、参加者の書き込みやチャットの利用 3
  4. 4. 要約筆記の現状 筆談(ノートテーク)  利用者が少数の場合 OHP要約筆記  ロール式のOHPシートにマーカーペンで手書き  略語や記号、矢印などの工夫 パソコン要約筆記  複数のオペレータが分担・協調して文字入力と修正作業  日本ではIPTalkというソフトウェアが事実上の標準  入力者4人とプロジェクタ接続用のPCをLAN接続  2人1組で交代しながら筆記  担当者の予習、仮名漢字変換の事前チューニングが有効 予稿やスライドを1週間前に(運営者・講演者の負担) 4
  5. 5. 新しい技術による字幕 遠隔PC要約筆記  インターネット、テレビ会議システムの利用  iPhoneによる実験(筑波技術大学とSBモバイルなど)  BTマイク+音声通信+パケット通信+Safari スピードワープロ(速記タイプライタ)  放送局の生番組の字幕などでも  米国などでは「要約」筆記は特別扱いされていない (遠隔)音声認識字幕  「要約」ではなく「話された内容そのもの」  音声認識研究(精度向上が課題):京都大学 河原研究室など  商用サービス:(株)ビー・ユー・ジー(現在は終了)  リスピーク方式:必ずしも低コストとはいえない 5
  6. 6. 音声認識字幕の読みにくさ 中野聡子他  ヒューマンインタフェース学会論文誌2008 / 信学論2007  聴覚障害者が感じる音声認識字幕の読みにくさの原因  漢字等の誤認識だけではない  言い誤りや会話的な表現など、話し言葉固有の性質にも  若者言葉、話し言葉の文構造、文の切れ目が不明 音韻的ワーキングメモリの知見  視覚提示の黙読でも脳は音韻符号化  2つのルートの仮説  視覚をいったん音韻にするか、視覚をすぐに意味表象にするか  ろう者は字幕を見て内的な音声化をしない  ろう者は文字情報から想起される韻律的特徴を利用できない 文章を短く切って改行することで問題の緩和を 6
  7. 7. 問題意識 WIT配信WGの活動  聴講者を増やす努力:会場に来られない方への配慮  W3C/JISのWebコンテンツガイドライン改定  2010年5月:字幕つきUstream配信(登録約60人)  8月WIT研究会で報告予定  10月WIT/SP/PRMU@幕張CEATECで音声認識実験 Ustream時代の研究会のあり方  会場でTwitterを眺め,オンラインとオフラインで同時参加  遠隔からUstreamとTwitterを介して研究会に参加 どうせ音声を配信するなら音声認識もついでに  Ustream準備と一緒にやれば負荷は減るはず 「契約から実験へ」「契約から善意へ」 7
  8. 8. 設計と当初構想 音声認識技術+ソーシャルメディア  現在使える技術を生かしたコミュニケーション支援ツール  大掛かりな機材や専門技能保持者に頼らない  モバイル機器とブロードバンドは前提となりつつある 音声認識字幕の読みにくさ、不完全さをTLで補完?  単語信頼度の視覚化 HTML5時代の設計  専用アプリは不要  どこからでもサーバに接続  モバイル機器対応 8
  9. 9. Google Waveによる実験 今すぐできる実験をTwitterで議論中  IPTalkなどの専用アプリ不要  iPhone, iPad, iPod touch, Android 対応(おそらく)  招待された人が閲覧、共同編集できる ビデオの構成  PC1: Windows XP + Chrome + ドラゴンスピーチ7  Vista以降ならWindowsに音声認識エンジンが入っているはず  PC2: Windows XP + Chromeで閲覧・編集  iPod touch (2009) : Safari で閲覧 展望: Wave APIの利用  音声認識エンジン連携bot  認識結果を読みやすく整形・加工するbot 9
  10. 10. 参加の保障とは 参加者が質問・発言できなくては意味がない  かつて情報保障のある場でトークをお願いしたら 「完全な読み上げ原稿」の通りに喋ってもらえたことがある  手話通訳と要約筆記にとっては完璧だったが企画としては?  三宅初穂さん「情報ではなく参加を保障せよ」で腑に落ちた 情報の完全性とリアルタイム性のバランス  情報が不完全でも議論がかみ合うことはある  Twitterの中継を読んだだけの人から質問してもらえたことも  Twitter発言を司会者がうまく拾えないと生かせない  その場で講演者で伝えられることの価値  やりとりを全員で共有できることの価値 10
  11. 11. ソーシャルネットワークの役割 当日の支援「ソーシャルストリームが字幕になる」  川井拓也「USTREAM 世界を変えるネット生中継」2010 学会前の準備  音声認識とIMEのチューニング、聴講者の事前予習  発表者、聴講者、運営者が効率的にファイル共有 日頃の議論とニーズ調査、技術実験  ろう、難聴の人たち(障害の状態や要求の多様性)  PC要約筆記ボランティア(食べていけない)  集会の運営者、主催者(理想は低コスト、低負担、高品質)  PC要約筆記のソフトウェア開発者(お金にならない) Follow @nishimotz or #YoyakuHikki 11

×