Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

第53回WIT研究会におけるリアルタイム映像配信の報告

1,940 views

Published on

福祉情報工学研究会では2010年5月に実施した第53回研究会において,
PC要約筆記の字幕を映像に付与して,講演およびシンポジウムの映像と音声をUstreamサービスでリアルタイム配信した.
さらにTwitterサービスを用いて遠隔からの参加を支援した.
2日間を通じて60人近い登録ユーザに利用された.

なお技術的な説明は
http://www.slideshare.net/escawk/53wit
を参照されたい。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

第53回WIT研究会におけるリアルタイム映像配信の報告

  1. 1. 第53回WIT研究会における リアルタイム映像配信の報告 山口 俊光 西本 卓也 四方田 正夫 渡辺 哲也 2010年8月 WIT54 研究会 1
  2. 2. はじめに=配信は楽しい • WIT配信WGメンバー募集(笑) – NHKの研究所で「放送ごっこ」ができる – Twitterのフォロワーが増える – たくさんの人に感謝してもらえる – Ustreamのスキルが身につく • 趣味に仕事にきっと役立ちます。。 2
  3. 3. 背景 • WIT研究会における情報保障の取り組み • HCG所属4研究会によるAMAI-WG(2004年) – 論文作成・発表アクセシビリティガイドライン – 「会議・プレゼンテーションのバリアフリー」出版 • 第53回WIT研究会の企画 – 「地域におけるITサポート」シンポジウム • 地域の人に参加してもらいにくいのでは? • 研究会会場に足を運びにくい人への配慮 – 会場のアクセシビリティ、遠隔参加技術への期待 3
  4. 4. リアルタイムメディアの動向 • Ustream – 受信も配信もブラウザで手軽にできる技術 • Twitter – WITでは2009年3月から非公式な利用 – 最初@nishimotzはハッシュタグも知らない素人 – 多くの外部サービスと連携 • UstreamとTwitterの連携 – 配信を見ながらツイートすると。。。 4
  5. 5. 字幕付き動画の配信 • 要約筆記の字幕を配信映像に合成 – IPtalk の情報をUstream配信に合成 5
  6. 6. ユーザ登録/パスワード配信 • PC要約筆記の配信対象者を確認・限定 • WIT53では約60人が登録 – 登録されたメールアドレスにパスワードを送信 – Ustreamで配信を受けるためにパスワード使用 • 登録者の属性 – 地域のITサポートという企画に関心 – 一般講演も含めて興味 – 配信の取り組みに関心 • 研究会の常連・運営委員の方々も 6
  7. 7. 意外に多い全盲の利用者 • スクリーンリーダでFlash画面にパスワードを – 配信を受けられなかったという苦情あり – NVDAやJAWSならできるという話 • WIT54では「できた」「できない」両方の報告 – 「映像つき」「映像なし」2種類の配信をすれば? 7
  8. 8. 遠隔地からの議論への参加 • Ustreamで「ソーシャルストリーム」設定 – Twitterのハッシュタグを指定 – 参加者は映像を見ながら発言を共有できる – だが「よくわからなかった」人が多数と思われ。。 • WIT53ではYが配信担当、NがTwitter担当 – Twitterに「議論への意見」「配信への要望」が – Usteramによる受信は数秒から数十秒の遅延 • 考察 – 現場の人間だけで完璧にできると考えない – 参加者に助けてもらう姿勢も大事では。。 8
  9. 9. 実績(WIT53) 9
  10. 10. 実績(WIT54の1日目) • 開始時間 2010/08/05 11:45 • 終了時間 2010/08/05 17:40 • 配信した時間 5 時,54 分,45 秒 • 視聴時間 4 日,3 時,25 分 • ユニーク視聴者数 48 • 合計視聴者数 106 • 平均視聴者数 17 10
  11. 11. 評価(WIT53) • 字幕配信:複数モダリティの有効性 – スクロール速すぎ?改行しすぎ? • スライド:文字の可読性の課題 • 話者:表情は読み取りにくい?プライバシー? • 会場風景:不要?状況の説明? – 「画面に映っている人数が情報」という話 • 音声:音量、ピンマイクの音質。。 – WIT54ではUSBオーディオで適宜調節中 • Twitter:書き起こす(@tsudaる)ことの効果? – UstreamでTwitterパスワード入力することへの抵抗 11
  12. 12. 考察 • 情報保障に配慮した配信の可能性 – 要約筆記への配慮 vs パスワード入力のバリア • ニーズはある – 会場に足を運べないが参加したい人がいる – 今回も「どうする?」と言われつつ登録者40人 • 参加者に慣れてもらう必要 – Ustream+Twitterによる双方向議論のスタイル • 配信担当者の腕 – 遠隔からのツイートを会場にフィードバック 12
  13. 13. WIT配信WGの可能性 • 新しい学会・研究会の可能性 – 当事者・現場に開かれたコミュニティの再生 • 新しい情報保障の可能性 – 「アクセシブルな学会活動」に向かっている – 情報保障と配信:重複する作業が多い • 新しいメディアの可能性 – 双方向+リアルタイム+ユニバーサル – 次のチャレンジは音声認識。。。 13

×