Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

人間性尊重経済人連盟交流会|基調講演(連盟会長・藤原直哉)20190420

3,291 views

Published on

2019年4月20日(土)開催|人間性尊重経済人連盟交流会|基調講演(藤原直哉・連盟会長)
音声(02:27:41)・レジュメ・写真をNSPサイト内アーカイブにて公開中です。https://nipponsaisei.jp/archives/227

ご参加くださった皆さま、ありがとうございました!

#新しい生命は人間性とともに #中庸 #農民農村の豊かさ #政府主導の投資 #金融 #時代ごとの国と民間の関係性と設備投資 #文化的な生活 #健康的な生活 #何のために生きるのか #精神が宿るかどうか #協力は結果 #農神

◎人間性尊重経済人連盟とは
NSP健康立国推進活動の一環として設立されました。(2017年12月18日付)http://blog.nipponsaisei.jp/

これまでの連盟交流会アーカイブス:
https://nipponsaisei.jp/archives/tags/%E4%BA%BA%E9%96%93%E6%80%A7%E5%B0%8A%E9%87%8D%E7%B5%8C%E6%B8%88%E4%BA%BA%E9%80%A3%E7%9B%9F

連盟では、「私は人間性を尊重して経済活動を行うことを誓います」という宣言に賛同署名してくださる方、 一緒に声をあげ、メッセージを広めてくださる方を引き続き集めてまいります。

Published in: Lifestyle
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

人間性尊重経済人連盟交流会|基調講演(連盟会長・藤原直哉)20190420

  1. 1. 人間性尊重による 偉大なる共生社会の実現 -原点回帰の日本再生- 平成31年4月20日 人間性尊重経済人連盟 会長 藤原直哉
  2. 2. 偉大なる共生社会の実現
  3. 3. 日本の村々に 人たちが 小さい小さい よろこびを 追っかけて 生きている ああ 美しい 夕方の 家々の 窓の あかりのようだ 昭和62年12月26日 椋鳩十
  4. 4. 健康立国宣言 1. ストレスのない職場 多くの疾病や不調は職場のストレスが生んでいる。 新時代にふさわしい経営革命と働き方革命を通じて、 職場のストレスを抜本的に減らす。 2. 病気にならない生活 いかに健康を増進し、病気にならないかの実践的方法を、 あらゆる分野の知恵やイノベーションを駆使して確立し、 国民全体でそれをシェア(共有)し、実践していく。 3.安心できる社会インフラ 本格的な健康の増進には安心・安全の衣食住空間が必要であり、 それをサポートする新しい社会インフラが必要である。 資源、エネルギー、交通、通信、土地利用、都市計画、産業、教育研究、 職場、住宅、生活など、あらゆる社会インフラを健康増進の目的に向けて、 斬新なイノベーションを駆使して再構築していく。
  5. 5. 競争 ―> 住み分け 利益 ―> 継続 人工知能 -> 人間の知能 ビジネスモデル -> 熟練 経済優先 ―> 命>生活>経済の順に優先順位を確立 統制 ―> 民主主義 収奪 -> 育成 依存 ―> 自立と連携 情報技術 ―> 人のコミュニケーション能力 投資家 ―> 民衆 極大化 ―> 平準化 効率性 ―> 持続可能性 移民 ―> 故郷に定住 購買力 ―> 自給力 短期的利益 -> 長期的発展 一極集中 -> 分散 均一 -> 多様性 外形的幸せ -> 内面の幸せ 教条主義・原理主義 -> 現実重視 売買ゲーム -> 御用達とお役立ち グローバル -> 個性を力に 戦争 -> 対話と共生 労働力 -> 全員参加型社会 収奪型農林水産業 -> 育てる農林水産業 知能の発達 -> 頭と体のバランスが取れた発達 富の源泉は資本 -> 富の源泉は大自然 労働が付加価値 ―> 付加価値は人と大自然が協力して産むもの 等価交換の追及 -> 等価交換と贈与 敵と味方 ―> 進化と統合 中央集権 ―> 地方分権 生産者主権 ―> 消費者主権 構造改革 ―> ボトムアップによる活性化
  6. 6. 日本はグローバル競争に打ち勝つために経済優先、利益拡大の大方針のもと、情報 技術による進歩と人工知能による知能の発達を促進し、富の源泉は資本にあること をよく自覚して、短期的利益を求める投資家の声を重視して世界的な売買ゲームに 打ち勝ち、属人的な能力ではなくビジネスモデルに依拠した強さを伸ばし、思考や 生活をシステムにより強く依存させて購買力の集中を図り、日本の国際競争力向上 のために生産者主権の立場から日本社会の構造改革に務め、政府においても中央集 権による一極集中と統制を強化し、等価交換の追及と志向の均一化による社会の効 率化と市場の極大化を図り、そういう体制に従わない世界の国々は原理主義、教条 主義の国であると非難して敵と味方を峻別し、戦争も辞さず、労働力も農林水産業 も極限まで収益率を上げ、労働が付加価値の源泉であるから移民を導入して労働生 産性を極限まで高め、そのために収奪と言われることも恐れず、計測可能な外形的 幸せの増進競争にどこまでも邁進してまいります。
  7. 7. 世界各国地域民族がそれぞれ個性的な強みを生かしながら住み分け、故郷に定住し、 自立し、互いに連携していく世界のなかで、日本は命>生活>経済の優先順位を確 立し、持続可能性の高い世の中をますます発展させるべく人間の頭と体のバランス の取れた発達を促進し、特に技術の進歩で衰退が懸念される人間の知能や人間のコ ミュニケーション能力の欠落を防止し、富の源泉は大自然にあることをよく自覚し て、長期的発展を求める民衆の声を重視して個性を力に熟練の強化による世界的な 御用達とお役立ちにまい進し、消費者主権の立場から日本社会のボトムアップによ る活性化と全員参加型社会の実現に務め、政治においても経営においても民主主義、 地方分権そして個性の尊重による多様性の拡大を強調して分散を強化し、等価交換 を超える贈与をよく活用して富の平準化を図り、継続的な社会の進化と統合を大事 にして現実重視の対話と共生によって世界の平和を守り、付加価値は人と大自然が 協力して生むものであるという原則を忘れずに、より活力の高い労働力の育成、自 給力の高い育てる農林水産業の発展を図り、人間の内面の幸せを追求してまいりま す。
  8. 8.  ボランティア精神にあふれたリーダーたち  経済と社会に対する深い洞察  地域の継続と発展に向けた強い意志  人々が集える共同体  チームワークを生かした実践活動  外部との広範な交流とコミュニケーション  イノベーションを起こしていく勇気と行動力 偉大なる共生社会実現に必要なこと

×