Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

とあるギークのキーボード遍歴

7,218 views

Published on

LLoTで発表した資料です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

とあるギークのキーボード遍歴

  1. 1. とあるギークのとあるギークの キーボード遍歴キーボード遍歴 奥野 幹也 Twitter: @nippondanji mikiya (dot) okuno (at) gmail (dot) com @Lightweight Language of Things 2016
  2. 2. 免責事項 本プレゼンテーションにおいて示されている見解は、私 自身の見解であって、オラクル・コーポレーションの見 解を必ずしも反映したものではありません。ご了承くだ さい。
  3. 3. 自己紹介 ● MySQL サポートエンジニア – 日々のしごと ● トラブルシューティング全般 ● Q&A 回答 ● パフォーマンスチューニング など ● ライフワーク – 自由なソフトウェアの普及 ● オープンソースではない ● GPL 万歳!! – 最近はまってる趣味はリカンベント(自転車) ● ブログ – 漢のコンピュータ道 – http://nippondanji.blogspot.com/
  4. 4. 作業環境 項目 使用機材等 キーボード ErgoDox, ErgoDox EZ, ノート PC 付属 ( US 配列) マウス Logicool M950t OS Gentoo Linux, ArchLinux, Windows 10 エディタ Emacs, Kate ブラウザ Firefox, Qupzilla, Chromium チェア Wiklhahn ON
  5. 5. キーボードに 無頓着だった時代
  6. 6. あまり高価でない フルサイズキーボード ● FM8 、 PC9821 – こういうものだと思って使っていた ● 自作 PC – 最も重視していたのは PC ゲームが快適にできること – クリック音が欲しくてメカニカル ● メーカー名などは意識していなかった ● 手頃な価格でタイプした感触が良ければ買った – JIS 配列 〜 2000 年
  7. 7. 会社のマシンのキーボード ● Sun Microsystems 社製のワークステーション – US 配列 ● 型番は失念 ● US 配列が使いやすいことを知る ● 支給のノート PC – JIS 配列 ● BYOD – Sony VAIO Z1RP US 配列 2000 年〜 2004 年頃
  8. 8. Happy Hacking Keyboard Professional 2004 年頃
  9. 9. 静電容量無接点方式 ● 広告を見て興味を持つ – 店頭で実際にタイプしてみる – 即買!! ● タイピングが軽いということは正義!! ● コンパクトだがキーが少ないことに興味はなかった – テンキーが無いのは机の上を省スペース化できて嬉しい – 持ち運びに便利
  10. 10. 身体に問題の火種が・・・ ● ストレージ設置に伴う設定作業中に首の激痛に見舞われる – 設定作業を中断して病院へ ● ストレートネックとの診断結果 2006 年頃
  11. 11. Realforce 87UB 2011 年頃
  12. 12. ファンクションキーが欲しい!! ● KDE ではグローバルショートカットを多用 – エディタに閉じた話ではなく、デスクトップ環境を効率よく 使うために必要 – Fn キーを押さずにファンクションキーを押したい ● 配置的に押しづらい ● カーソルキーも欲しいな・・・ ● 静電容量無接点方式でファンクションキーのついている、テ ンキーの無いキーボードは無いものか・・・ – あった!! – Realforce 87UB !!
  13. 13. ErgoDox + ErgoDox EZ 2015 年〜
  14. 14. セパレートによる リラックスした姿勢 ● HHK Pro や Realforce は良いキーボードだが、長時間タイプす ると肩や腕が疲れる – 前肩 – IT 猫背 – ストレートネック ● 手首の角度 – リラックスした状態では手のひらは水平ではない – ろくろを回す格好が自然な状態 30° の 角度付き
  15. 15. ろくろ !!
  16. 16. ろくろは疲れない!! ● インタビュー記事でよく見るアレ ● 人間がリラックスした状態で自然に取るポーズ – 単に脱力しているという意味ではなく、活発に脳が動いて いる状態 – クリエイティブな活動に最適 ● 手の角度が理想的 – 腕の筋肉に無理な負担がかからない – 指先の動きを妨げないスムーズな打鍵が可能 – 長時間維持が可能
  17. 17. 親指の活用 ● 親指はいいぞ!! – 最もパワフルな指 – 疲れにくい ● しかし、通常のキーボードでは殆ど出番なし – SPACE 、 ALT – 変換、無変換、カナ ● ErgoDox では親指の場所にキーが集中 – 左右 6 つずつ – 自分のアサイン ● SPACE 、 ENTER 、 CTRL 、 ALT 、 SHIFT 、 WIN ● レイヤーキー
  18. 18. 究極のカスタマイズ性 ● すべてのキーをカスタマイズ可能 – ErgoDox Configurator – 自分だけのこだわりレイアウト – 日々レイアウトを調整して最適化 – 全ての指に負担を分散 ● レイヤー機能 – キー数が足りない分はレイヤーで補う – レイヤーを活用すれば通常のキーボードよりキーが多い – どのレイヤーにどのキーを配置するかは自由自在 – 用途に応じて使い分けも可 オープンソースなので形状なども やる気になれば変更可能 DVORAK 化も 可能!!
  19. 19. 使い始めた頃のレイアウト
  20. 20. 最新のレイアウト
  21. 21. カスタマイズは永遠に続く ● 少しずつキーが最適化 – 徐々に速く – 徐々に疲れないように – もう後戻りはできない・・・ ● それもまたひとつの楽しみ ご静聴ありがとうございました。

×