Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Storage Gateway で大容量ストレージ構築_JAWS-UG沖縄勉強会_Cloud on the beach 2015_2015/04/25

7,122 views

Published on

JAWS-UG沖縄勉強会 Cloud on the beach 2015 経験者向けトラックで発表したスライドです。

Published in: Technology

Storage Gateway で大容量ストレージ構築_JAWS-UG沖縄勉強会_Cloud on the beach 2015_2015/04/25

  1. 1. Storage Gateway で 大容量ストレージ構築 2015/04/25(土) JAWS-UG 沖縄勉強会 Cloud on the beach 2015 株式会社レキサス 与儀実彦
  2. 2. 自己紹介 与儀実彦 (よぎさねひこ) 所属: 株式会社レキサス インフライノベーション部 インフラデザインチーム ロール: インフラエンジニア・AWSソリューションアーキテクト AWSシステム設計・提案・構築・運用 オンプレも時々 好きなAWSサービス:Amazon S3 好きな物理学者:リチャード・ファインマン JAWS-UG沖縄コアメンバーとして活動中
  3. 3. JAWS DAYS 2015 登壇してきました。(2015/03/22)
  4. 4. 好きな物理学者:リチャード・ファインマン (1918-1988) 最もポピュラーな(素粒子)理論物理学者の1人 ファインマンダイアグラム、経路積分法、 くりこみ理論 →ノーベル物理学賞受賞(1968年) 未来技術の可能性を提唱したことでも知られる ・ナノテクノロジーの可能性を提唱(1959年) ・量子コンピュータの可能性を提唱(1985年) →いままさに実現されつつある技術
  5. 5. おススメ NHKスペシャル NEXT WORLD –私たちの未来- http://www.nhk.or.jp/nextworld/
  6. 6. 5つのテーマで、30年後2045年の未来予想を描いた 1.ビッグデータ・未来予測 2.寿命・医療 3.ロボティクス 4.VR 5.宇宙開発・建築技術 NHKの回し者ではないですが、これは必見!! おススメ NHKスペシャル NEXT WORLD –私たちの未来-
  7. 7. 5つのテーマで、30年後2045年の未来予想を描いた 1.ビッグデータ・未来予測 2.寿命・医療 3.ロボティクス 4.VR 5.宇宙開発・建築技術 おススメ NHKスペシャル NEXT WORLD –私たちの未来- ビッグデータ(データ分析)・ 未来予測は その他未来技術の基礎となるため とても重要
  8. 8. 本日の資料 多数引用させてもらってます。 http://aws.amazon.com/jp/aws-jp-introduction/
  9. 9. 好きなAWSサービス :Amazon S3 AWS の誇るオンラインストレージサービス →運用者手間いらず
  10. 10. 好きなAWSサービス :Amazon S3 AWSを裏で支えている
  11. 11. Amazon RDS for Aurora → RDS の S3 版? →運用者手間いらず 運用者手間いらず
  12. 12. (個人的妄想) S3、Aurora、ときたら、 EC2 のS3 版サービスの登場もそう遠くないはず? →運用者手間いらず →運用者いらず??? ? 運用者手間いらず
  13. 13. サーバレスの時代 参照元URL http://www.slideshare.net/keisuke69/how-to-usecloudforprogrammer
  14. 14. 本日のテーマ Storage Gateway で 大容量ストレージ構築
  15. 15. Storage Gateway 実際に使ったことのある方?
  16. 16. ざっくり言うと、 オンプレサーバからも、EC2サーバからも S3領域をマウントしたシステム領域と して利用できるサービス Storage Gateway とは?
  17. 17. オンプレからも
  18. 18. AWS上でも
  19. 19. S3へデータ保管
  20. 20. 3種類の Gateway Type
  21. 21. 3種類の Gateway Type
  22. 22. Gateay-Cached Volumes を利用
  23. 23. 私の勘違い Storage Gateway は S3 に ファイルが保存されるので、 Storage Gateway 経由じゃなくても、 直接ファイルへアクセス可能 と思っていた。
  24. 24. 私の勘違い → 実際はアクセスできない Storage Gateway は S3 基盤を使っている が、通常のS3とは別の領域 Storage Gateway は S3 に ファイルが保存されるので、 Storage Gateway 経由じゃなくても、 直接ファイルへアクセス可能 と思っていた。
  25. 25. 私の勘違い
  26. 26. 私の勘違い
  27. 27. ●大容量ストレージ領域が必要なサービス Storage Gateway 利用用途
  28. 28. ●大容量ファイルを扱うサービスをオンプレミスで運用 →サービスの拡大とともに、利用ストレージ容量も増加 →拡大スピードにストレージ拡張が追い付かない →拡大に合わせて柔軟にストレージを拡張させたい ●NFSによる大容量ストレージサーバを利用 ●諸事情によりアプリ改修ができない →今後を見据えて、AWSへの移行実施 弊社事例ケース
  29. 29. Storage Gateway を選んだ理由 ●NFSによる大容量ストレージサーバを利用 ●諸事情によりアプリ改修ができない →あまりよろしくないが、ほぼそのまんま移行きるので。。。
  30. 30. オンプレ(簡略図) web01 DC mail NASヘッドサーバweb02 Worker db01 Storage iscsi NFS Client servers NFS
  31. 31. ELB AWS移行後(簡略図) iscsi NFS Client servers web01 web02 Woker NFS RDS mail NASヘッドサーバ Storage Gateway StorageGateway インスタンス S3
  32. 32. その他、Storage Gateway の利点 ●独自のプロトコルでS3へのファイル転送時にファイル圧縮さ れるため、容量が多少は少なくなる ●諸事情によりアプリ改修ができない →あまりよろしくないが、ほぼそのまんま移行きるので。。。
  33. 33. 現状構成の改善点・課題点1 ●NFSポイント、つまりNASヘッドおよび Storage Gatewayインスタンスが単一障害点 →Storage Gateway を複数利用またはクラスター化 には費用がかかる →アプリ改修により、NFS構造から直接S3を参照する 構成への変更が理想 →Storage Gateway からの脱却が望ましい
  34. 34. 現状構成の改善点・課題点2 ●キャッシュストレージ容量の最適化 →CloudWatchグラフで取得されるキャッシュヒット率や運用 していく中で最適値を探るしかない
  35. 35. EBS が1ボリューム最大1TB から 最大16TBまで利用可能に。。。
  36. 36. Amazon Elastic File System (EFS) 登場。。。 (まだLimited Preview版)
  37. 37. Amazon Elastic File System (EFS) 登場 参照元URL http://www.slideshare.net/tsuzy/20150422-new-services-meetup-elastic-file-system-efs
  38. 38. Amazon Elastic File System (EFS) 登場 参照元URL http://www.slideshare.net/tsuzy/20150422-new-services-meetup-elastic-file-system-efs
  39. 39. Amazon Elastic File System (EFS) 登場 参照元URL http://www.slideshare.net/tsuzy/20150422-new-services-meetup-elastic-file-system-efs
  40. 40. Amazon Elastic File System (EFS) 登場 参照元URL http://www.slideshare.net/tsuzy/20150422-new-services-meetup-elastic-file-system-efs
  41. 41. Amazon Elastic File System (EFS) 登場 参照元URL http://www.slideshare.net/tsuzy/20150422-new-services-meetup-elastic-file-system-efs
  42. 42. Amazon Elastic File System (EFS) 登場 参照元URL http://www.slideshare.net/tsuzy/20150422-new-services-meetup-elastic-file-system-efs
  43. 43. Amazon Elastic File System (EFS) 登場 参照元URL http://www.slideshare.net/tsuzy/20150422-new-services-meetup-elastic-file-system-efs
  44. 44. Amazon Elastic File System (EFS) 登場 参照元URL http://www.slideshare.net/tsuzy/20150422-new-services-meetup-elastic-file-system-efs
  45. 45. Amazon Elastic File System (EFS) 登場 参照元URL http://www.slideshare.net/tsuzy/20150422-new-services-meetup-elastic-file-system-efs
  46. 46. ●Storage Gateway は単一障害点をどう回避するか課題 ●キャッシュストレージの最適化が肝要 ●Storage Gateway 、S3 、EBS、EFSとの使い分けは要検討 ●アプリ・インフラ全体のシステム設計がやっぱり一番大事 まとめ

×