AWS使ってみました。2013年4月27日(土)第4回JAWS-UG沖縄勉強会与儀実彦(株式会社レキサス)
自己紹介 与儀実彦(Yogi Sanehiko) @nijikot  と申します。  
 株式会社レキサス iDC ソリューションチーム所属 レキサス iDC http://idc.lexues.co.jp/ (in 宜野座村)
日常業務として、ホスティング・ハウジング・自社サーバ・各種 NW 機器の構築・運用・保守などを行っています。
今回、とある案件で AWS にて環境構築を行い、サービスリリースまで行う機会がありましたので、その内容を簡単にお話させていただきます。
どういう案件?・ Android アプリを有料配信するキャリア公式サイト・ WEB + DB を使ったシステムで監視 + バックアップも・耐障害性のための冗長構成も組める・運用コストを抑えたスモールスタートで、必要に応じてリソース調整 → AW...
利用したサービスAmazon EC2Route 53Amazon VPCAmazon S3Amazon RDSCloudWatch Amazon SNSElastic LoadBalancingAmazon EBS
ざっくり構成図ELBRDSNAT InstanceUsersInternetキャリアWEB1 WEB2S3AdministratorRoute 53example.comElastic IP
VPC、NATインスタンス利用 → NAT インスタンスへ EIP 割り当てて IP 固定 →外部からの SSH 接続踏み台サーバとしても利用 ELBRDSNAT InstanceWEB1 WEB2 Elastic IPInternetキャリア...
ELB利用 → ELB へ SSL 証明書適用 → Route 53 のエイリアス機能利用してサブドメインなしの URL を A レコード設定→リソース調整、負荷分散、冗長構成のためにも必須ELBRDSNAT InstanceWEB1 WEB2...
WEB サーバを複数台構成で冗長化・負荷分散 → memcached でサーバ間セッション保持 →コンテンツ領域は S3 へマウントして、サーバ間で同期 →ファイルのアップロードも S3 の管理画面より実施可能ELBRDSNAT Instanc...
DB は RDS を利用 →必要に応じて Multi AZ 機能も利用   ボタン一つで AZ を隔てたマスタ・スレーブのレプリケーション構成が   組める Multi AZ 機能について感動しました・・・ELBRDSNAT InstanceW...
バックアップ → EBS スナップショットバックアップを定期実行、世代管理 →障害時の戻しや、検証環境の構築にも利用 →データは S3 へ保管されるので安心ELBRDSNAT InstanceWEB1 WEB2S3Elastic IPSnaps...
監視 →Cloud watch 監視で各インスタンスの状態監視、SNS で通知メール →外部のレキサス宜野座 iDC からも Nagios で 監視ELBRDSNAT InstanceWEB1 WEB2 Elastic IPCloudWatch...
ここがよかった・サーバラッキングなど物理作業がなし →運動不足になるので要注意! ・スナップショットからのインスタンス作成 →検証環境の構築にとても便利でした・ RDS の Multi AZ機能 →ボタン一つでレプリケーション・耐障害性の強い冗...
ここが少しわかりづらかった・インスタンスや VPC などの ID 管理には慣れが必要・Cloud watch 各グラフの時刻表記が UTC 表示なのでわかりずらい
まとめ実際に使ってみて、不慣れな部分もありましたが、それ以上に、 AWS はものすごく便利でした。他にもまだ使用していないサービス・機能があるので、これから使っていくのが楽しみです。
いつやるの?
今後も AWS を利用したサービスを提供していきますので、どうぞ宜しくお願いします。ご清聴ありがとうございました。
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

AWS使ってみました

1,836 views

Published on

2013年4月27日(土)
JAWS-UG 第4回沖縄勉強会
与儀実彦(株式会社レキサス)

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,836
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
809
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

AWS使ってみました

  1. 1. AWS使ってみました。2013年4月27日(土)第4回JAWS-UG沖縄勉強会与儀実彦(株式会社レキサス)
  2. 2. 自己紹介 与儀実彦(Yogi Sanehiko) @nijikot  と申します。  
  3. 3.  株式会社レキサス iDC ソリューションチーム所属 レキサス iDC http://idc.lexues.co.jp/ (in 宜野座村)
  4. 4. 日常業務として、ホスティング・ハウジング・自社サーバ・各種 NW 機器の構築・運用・保守などを行っています。
  5. 5. 今回、とある案件で AWS にて環境構築を行い、サービスリリースまで行う機会がありましたので、その内容を簡単にお話させていただきます。
  6. 6. どういう案件?・ Android アプリを有料配信するキャリア公式サイト・ WEB + DB を使ったシステムで監視 + バックアップも・耐障害性のための冗長構成も組める・運用コストを抑えたスモールスタートで、必要に応じてリソース調整 → AWSを利用
  7. 7. 利用したサービスAmazon EC2Route 53Amazon VPCAmazon S3Amazon RDSCloudWatch Amazon SNSElastic LoadBalancingAmazon EBS
  8. 8. ざっくり構成図ELBRDSNAT InstanceUsersInternetキャリアWEB1 WEB2S3AdministratorRoute 53example.comElastic IP
  9. 9. VPC、NATインスタンス利用 → NAT インスタンスへ EIP 割り当てて IP 固定 →外部からの SSH 接続踏み台サーバとしても利用 ELBRDSNAT InstanceWEB1 WEB2 Elastic IPInternetキャリアAdministrator
  10. 10. ELB利用 → ELB へ SSL 証明書適用 → Route 53 のエイリアス機能利用してサブドメインなしの URL を A レコード設定→リソース調整、負荷分散、冗長構成のためにも必須ELBRDSNAT InstanceWEB1 WEB2 Elastic IP
  11. 11. WEB サーバを複数台構成で冗長化・負荷分散 → memcached でサーバ間セッション保持 →コンテンツ領域は S3 へマウントして、サーバ間で同期 →ファイルのアップロードも S3 の管理画面より実施可能ELBRDSNAT InstanceWEB1 WEB2S3Elastic IP
  12. 12. DB は RDS を利用 →必要に応じて Multi AZ 機能も利用   ボタン一つで AZ を隔てたマスタ・スレーブのレプリケーション構成が   組める Multi AZ 機能について感動しました・・・ELBRDSNAT InstanceWEB1 WEB2S3Elastic IP
  13. 13. バックアップ → EBS スナップショットバックアップを定期実行、世代管理 →障害時の戻しや、検証環境の構築にも利用 →データは S3 へ保管されるので安心ELBRDSNAT InstanceWEB1 WEB2S3Elastic IPSnapshot
  14. 14. 監視 →Cloud watch 監視で各インスタンスの状態監視、SNS で通知メール →外部のレキサス宜野座 iDC からも Nagios で 監視ELBRDSNAT InstanceWEB1 WEB2 Elastic IPCloudWatch外部 レキサス iDCNagios
  15. 15. ここがよかった・サーバラッキングなど物理作業がなし →運動不足になるので要注意! ・スナップショットからのインスタンス作成 →検証環境の構築にとても便利でした・ RDS の Multi AZ機能 →ボタン一つでレプリケーション・耐障害性の強い冗長構成に感動・ S3 へコンテンツ領域マウント → df コマンドの結果、対象領域の空き容量が 256 TB であることを確認 → AWS のすごさを改めて実感
  16. 16. ここが少しわかりづらかった・インスタンスや VPC などの ID 管理には慣れが必要・Cloud watch 各グラフの時刻表記が UTC 表示なのでわかりずらい
  17. 17. まとめ実際に使ってみて、不慣れな部分もありましたが、それ以上に、 AWS はものすごく便利でした。他にもまだ使用していないサービス・機能があるので、これから使っていくのが楽しみです。
  18. 18. いつやるの?
  19. 19. 今後も AWS を利用したサービスを提供していきますので、どうぞ宜しくお願いします。ご清聴ありがとうございました。

×