Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

システムテスト自動化標準ガイド第6章

1,872 views

Published on

  • Be the first to comment

システムテスト自動化標準ガイド第6章

  1. 1. システムテスト自動化 標準ガイド 第6章 前処理と後処理の自動化 @nihonbuson
  2. 2. Agenda • 自動テストと自動テスティングの違い • 前処理及び後処理の特徴 • 前処理の内容 • 後処理の内容 • 前処理と後処理を行うタイミング • アプローチ方法 ※書籍とは記載順が異なります
  3. 3. 自動テストと自動テスティングの違い • 自動テスト
 実行と比較のみ自動
 テストケース毎に分析 • 自動テスティング
 分析以外の全てを自動で行う
 分析は最後 6.1.4(p223)
  4. 4. 自動テストと自動テスティングの違い • 自動テスト
 実行と比較のみ自動
 テストケース毎に分析 • 自動テスティング
 分析以外の全てを自動で行う
 分析は最後 6.1.4(p223) 朝に確認
  5. 5. 前処理及び後処理の特徴 • やることが多い • まとまって現れる • 共通部分が多い • 簡単に自動化できる • 行うタイミングは2種類(後ほど紹介) • 各テストケースの前後 • テスト開始前後 6.1.3(p222)
  6. 6. 前処理の内容 1. 生成 2. チェック 3. 再配置 4. 変換 特徴:テスト実行前にデータを準備 6.1.1(p221) 6.2.1(p225)
  7. 7. 前処理の内容 1. 生成 2. チェック 3. 再配置 4. 変換 特徴:テスト実行前にデータを準備 6.1.1(p221) 6.2.1(p225) テストデータ作成 不要データ削除
  8. 8. 前処理の内容 1. 生成 2. チェック 3. 再配置 4. 変換 特徴:テスト実行前にデータを準備 6.1.1(p221) 6.2.1(p225) ディスク容量 ネットワーク疎通
  9. 9. 前処理の内容 1. 生成 2. チェック 3. 再配置 4. 変換 特徴:テスト実行前にデータを準備 6.1.1(p221) 6.2.1(p225) ファイルコピー ファイル移動
  10. 10. 前処理の内容 1. 生成 2. チェック 3. 再配置 4. 変換 特徴:テスト実行前にデータを準備 6.1.1(p221) 6.2.1(p225) ファイル圧縮 ファイル形式変更
  11. 11. 前処理の内容 テストデータの用意方法(ギア本より) • 手作業 • DBのデータ保存 6.1.5(p224)
  12. 12. 前処理の内容 テストデータの用意方法(追加) • 手作業 • 画面操作の自動化 • DBのデータ保存 • APIによる用意 6.1.5(p224)
  13. 13. APIによる用意とは? 画面操作 API プログラム DB 生年月日 メール ID パスワード 生年月日 登録
  14. 14. APIによる用意とは? 画面操作 API プログラム DB 年 月 日 メール ID パスワード 生年月日 登録
  15. 15. 前処理の内容 テストデータの用意方法の利点・欠点 6.1.5(p224) 手作業 画面操作の 自動化 DB API セットアップ の頻度 ✕ 毎回操作する ◎ 初回のみ操作 ◎ 初回のみ操作 ◎ 初回のみ操作 画面の 仕様変更 ◎ 強い ✕ 弱い ◎ 強い ◎ 強い DBの 仕様変更 ◎ 強い ◎ 強い ✕ 弱い ◎ 強い 開発の手間 ◎ 変わらない ◎ 変わらない ◎ 変わらない ✕ 要API作成
  16. 16. 前処理の内容 アンケート • 手作業 • 画面操作の自動化 • DBのデータ保存 • APIによる用意 • その他 6.1.5(p224)
  17. 17. 後処理の内容 1. 削除 2. チェック 3. 再配置 4. 変換 特徴:テストの成果物を削除or保管 6.1.2(p221) 6.2.2(p226)
  18. 18. 後処理の内容 1. 削除 2. チェック 3. 再配置 4. 変換 特徴:テストの成果物を削除or保管 レコード削除 画像キャプチャの削除 6.1.2(p221) 6.2.2(p226)
  19. 19. 後処理の内容 1. 削除 2. チェック 3. 再配置 4. 変換 特徴:テストの成果物を削除or保管 ファイルの存在確認 6.1.2(p221) 6.2.2(p226)
  20. 20. 後処理の内容 1. 削除 2. チェック 3. 再配置 4. 変換 特徴:テストの成果物を削除or保管 ファイル移動 6.1.2(p221) 6.2.2(p226)
  21. 21. 後処理の内容 1. 削除 2. チェック 3. 再配置 4. 変換 特徴:テストの成果物を削除or保管 DB値をレポートへ 6.1.2(p221) 6.2.2(p226)
  22. 22. 後処理の内容 後処理のポイント • フェールセーフ • 失敗原因を記録 6.3.1(p230)
  23. 23. 後処理の内容 後処理のポイント • フェールセーフ • 失敗原因を記録 6.3.1(p230) 後処理失敗なら テストは失敗扱いに(?)
  24. 24. 後処理の内容 後処理のポイント • フェールセーフ • 失敗原因を記録 6.3.1(p230) DB状態(どこ?) スクリーンショット
  25. 25. 前処理と後処理を行うタイミング • テスト開始前と終了後 • データの生成 • データの削除 • テストケース開始前と終了後 • データ保存 • データの復元 6.1.5(p224) 6.2.3(p228)
  26. 26. アプローチ方法 • スクリプトを用意 • コマンドファイルの使用 • データ駆動アプローチ • キーワード駆動アプローチ • テストケース定義ファイルの使用 6.4.2∼6.4.6(p235∼p238)
  27. 27. アプローチ方法 • スクリプトを用意 • コマンドファイルの使用 • データ駆動アプローチ • キーワード駆動アプローチ • テストケース定義ファイルの使用 6.4.2∼6.4.6(p235∼p238) 処理に適している
 使える人が多い
 いつでも誰でも実行
 自動化しやすい
  28. 28. アプローチ方法 • スクリプトを用意 • コマンドファイルの使用 • データ駆動アプローチ • キーワード駆動アプローチ • テストケース定義ファイルの使用 命令をDBに読み込む 6.4.2∼6.4.6(p235∼p238)
  29. 29. アプローチ方法 • スクリプトを用意 • コマンドファイルの使用 • データ駆動アプローチ • キーワード駆動アプローチ • テストケース定義ファイルの使用 6.4.2∼6.4.6(p235∼p238) 単純なキーワードで 作成できる 例)ファイル移動
  30. 30. アプローチ方法 • スクリプトを用意 • コマンドファイルの使用 • データ駆動アプローチ • キーワード駆動アプローチ • テストケース定義ファイルの使用 テスト内容だけでなく テスト前後の処理も記載 6.4.2∼6.4.6(p235∼p238)
  31. 31. まとめ • 前処理や後処理を自動化することは比較的容易 • 生成(削除)・チェック・再配置・変換
 の4つで構成されている • 正常終了したら成果物を削除
 異常終了したらファイルやデータを残す • 前処理・後処理は様々なアプローチ方法がある

×