Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

アクセス解析による サイト改善の進め方

589 views

Published on

20170321 niftyセミナー
WEB販促の窓口 https://hansoku.nifty.com/
講師:松本 年史(WEb活認定コンサルタント)

Published in: Marketing
  • Be the first to comment

アクセス解析による サイト改善の進め方

  1. 1. © 2017 ITCA. WEBKATU Project 2017年3月21日 2017年 ビジネスWEB活用セミナー 成果を上げる為に必須‼ アクセス解析による サイト改善の進め方
  2. 2. © 2017 ITCA. WEBKATU Project 講師プロフィール紹介 約15年間にわたり、IT業界にて新規開拓営業に従事した後、経営コンサル タントとして独立。現在、認定経営革新等支援機関として活動中。 新規開拓営業に従事した経験を生かし、Webマーケティングを含むマーケ ティング戦略の立案から営業支援まで、顧客企業の売上拡大に向けた取組 みを幅広く支援。 統計分析/データ活用の分野での経験が多く、顧客企業の意思決定システム やマーケティング自動化システムの構築支援を実施。 2016年4月より、東京商工会議所のWEB戦略パートナーとして選抜され、 活動中。 認定コンサルタント 松本 年史(まつもととしふみ) KFSコンサルティング 代表 ※ITコーディネータ、中小企業診断士、上級ウェブ解析士、GAIQ
  3. 3. © 2017 ITCA. WEBKATU Project 無料メルマガ「WEB活用の教科書」 バックナンバーの確認、登録はこちらから ⇒ https://webkatu.jp/seminar-cat/mailmg/
  4. 4. © 2017 ITCA. WEBKATU Project 改善とは ・悪いところを改めてよくすること。 ・物事をよい方に改めること。 問題解決により、 あるべき姿との ギャップを埋める より高いゴール に向けて継続的 に取り組む 最初の話
  5. 5. © 2017 ITCA. WEBKATU Project Season4 シーズン4 Webサイトの目的と目標を設定する 運営しているサイトの目的を確認する サイトの種類 サイトの目的 サイト上での目標例 ECサイト ※サイト上で決済が可能 • 商品・サービスの売上を上げる プロモーションサイト ※サイト上では決済不可 • 商品・サービスの認知度を向上する • 「資料請求」や「お問合せ」により 見込顧客を獲得する ポータルサイトや 情報提供サイト • 広告収入を得る リクルートサイト • 優秀な人材のエントリーを得る 店舗サイト • 実店舗への来店客を増やす サポートサイト • コールセンターへの問い合わせ数を 減らす
  6. 6. © 2017 ITCA. WEBKATU Project Season4 シーズン4 Webサイトの目的と目標を設定する サイトにおける目標を具体的に設定する サイトの種類 サイトの目的 サイト上での目標例 ECサイト ※サイト上で決済が可能 • 商品・サービスの売上を上げる • 売上高 1,200万円/月 プロモーションサイト ※サイト上では決済不可 • 商品・サービスの認知度を向上する • 「資料請求」や「お問合せ」により 見込顧客を獲得する • 訪問数 9,000/月 • お問合せ件数 70件/月 ポータルサイトや 情報提供サイト • 広告収入を得る • ページビュー数 50,000PV/月 (広告収入 800万円/月) リクルートサイト • 優秀な人材のエントリーを得る • 説明会へのエントリー数 700名 店舗サイト • 実店舗への来店客を増やす • クーポンのダウンロード /利用数 150件/月 • 来店予約数 50件/月 サポートサイト • コールセンターへの問い合わせ数を 減らす • 問合受付件数 100件/月 • 問題解決件数 80件/月
  7. 7. © 2017 ITCA. WEBKATU Project EC専業の場合(例) CV率 3% 売上高 1,200万円/月 ECサイト 訪問数 8,000/月 ビジネス上の 目標 = Webサイト上 の目標 サイトの目標を設定する 商品平均単価5万円
  8. 8. © 2017 ITCA. WEBKATU Project EC専業の場合(例) 売上高 1,200万円/月 ECサイト 訪問数 6,000/月 サイトの目標を設定する Webサイト上 の目標 ビジネス上 の目標 サイト上の 売上高 900万円/月 ショッピング モール上の売上高 300万円/月 商品平均単価5万円 CV率 3%
  9. 9. © 2017 ITCA. WEBKATU Project BtoBの場合(例) 受注確率 50% 商談化率 4% 商談化率 7.5% CV率 0.5% 商談化率 20% 商談化率 5% 受注件数 25件/月 受注金額 5億円/月 商談数 50件/月 お問合せ数 70件/月 展示会 名刺交換数 150名 セミナー 開催4回/参加者数 200名 企業サイト/ プロモーション サイト 訪問数 14,000/月 既存顧客 300社 Webサイト上 の目標 ビジネス上 の目標 サイトの目標を設定する 受注平均単価2,000万円
  10. 10. © 2017 ITCA. WEBKATU Project 目標と現状とのギャップ を解消する為に、サイト の改善を実施します。
  11. 11. © 2017 ITCA. WEBKATU Project 現状を把握し 課題を 抽出する STEP1 課題毎に 改善策を 具体化する STEP2 効果測定が 可能な指標に 落とし込む STEP3 改善策を 実施する STEP4 サイト改善の進め方とアクセス解析の位置づけ アクセス解析 による取組 改善策の効果 を検証する STEP5
  12. 12. © 2017 ITCA. WEBKATU Project Season4 シーズン4 データ分析の基本:データを見る視点 変化をみる データを時系列などで並べ、 数値の変動に表れる一定の傾向 を把握する。 以下の視点で、データから情報を読み取ります 相関をみる 2つの変数の間に、関係性が あるかどうかを把握する。 分類する データを何らかの基準によって 分類し、各分類の特徴や違いを 把握する。 比較する 前月/前年同期や業界平均など、 何らかの共通軸をもった数値 と比べて、違いを把握する。
  13. 13. © 2017 ITCA. WEBKATU Project データ分析の基本:仮説を立てて分析する 「データを見ていると答えが分かる。」 「仮説を立てて、それが正しいかどうかを データで確認する。」 データ分析に関するよくある誤解 ✖ 〇 標準レポートをただな~ん となく眺めていても時間の 無駄だよ~。
  14. 14. © 2017 ITCA. WEBKATU Project 仮説の例 例:ECサイト専業 目標:サイトからの売上1,200万円/月 現状:サイトからの売上900万円/月 • サイトへの訪問数が減少しており、目標売上を達成する為の訪問数を確 保できていないのではいか? • SEO対策している検索キーワードでちゃんと上位表示されているのか? そもそも対策キーワードの選定が間違っていのではないか? • モバイルからのアクセスは、 PCからのアクセスと比べて直帰率や離脱 率が高いのではないか? • 離脱が多くボトルネックとなっているページがあるのではないか? • 購入ボタンが目立たず見逃されてしまっているのではないか? • 表示速度が遅いページがあり、それが原因で離脱されてしまっているの ではないか? • カート決済のプロセスの中で離脱が多く発生しているページがあるので はないか?
  15. 15. © 2017 ITCA. WEBKATU Project 自然検索 Web広告 SNS メルマガ 流入 閲覧・回遊 コンバージョン 現状を把握し 課題を 抽出する STEP1 仮説をもとにアクセス解析を行い、 サイトの現状把握とともに、課題を 明らかにします。
  16. 16. © 2017 ITCA. WEBKATU Project 表示する期間と“時間/日/週/月”を変更するとともに、前年 等と比較しながら、現在のアクセス状況を把握する。 流入:サイト訪問の主な特徴や傾向を分析 ユーザーサマリー “ユーザー > 概要” ※期間を1年間で設定、 前年と比較して訪問数や セッション数がどのよう な状況にあるかを把握 ※1日の時間別 の訪問数の増減 傾向を把握
  17. 17. © 2017 ITCA. WEBKATU Project 流入:年齢×性別×デバイスの分析 年代や性別によるサイト訪問者の特徴を把握する。また、ア クセスに利用されているデバイスに特徴があるかも把握する。 ユーザー属性:年齢 “ユーザー > ユーザー属性 > 年齢“
  18. 18. © 2017 ITCA. WEBKATU Project 流入:デバイス別の流入状況を分析 PC、モバイル、タブレット毎の訪問状況を把握する。特に、 モバイルからの訪問数の増減と直帰率の増減に注意する。 モバイル サマリー “ユーザー > モバイル > 概要”
  19. 19. © 2017 ITCA. WEBKATU Project 流入:参照元/メディア別の流入状況を分析 サイトへの流入経路を把握する。自然検索の流入状況の変化 に着目するとともに、有効な被リンク先があるかを把握する。 すべてのトラフィック “集客 > すべてのトラフィッ ク > 参照元/メディア”
  20. 20. © 2017 ITCA. WEBKATU Project 流入:検索キーワードの分析 ① サイトへの訪問の際に使用されている検索キーワードと検索 エンジンを把握する。サイト訪問者のニーズを分析する。 オーガニック検索 トラフィック “集客 > オーガニック検索 キーワード” セカンダリディメンション で“参照元/メディアを選択
  21. 21. © 2017 ITCA. WEBKATU Project Google検索上で自社サイトが何位で表示され、クリックされ たのかを把握する。SEO対策の効果があったのかを確認する。 検索クエリ “集客 > Search Console > 検索クエリ” 流入:検索キーワードの分析 ②
  22. 22. © 2017 ITCA. WEBKATU Project 閲覧・回遊:直帰率×入口ページの分析 ランディングページ “行動 > サイトコンテンツ > ランディングページ” サイト全体よりも直帰率が高い入口ページを特定し、その理 由を検討するとともに、改善出来ないかを考える。 並べ替えの種類で “加重”を選択
  23. 23. © 2017 ITCA. WEBKATU Project 閲覧・回遊:各ページの離脱率を分析 サイト全体よりも離脱率が高いページを特定し、その理由を 検討するとともに、改善出来ないかを考える。 離脱ページ “行動 > サイトコンテンツ > 離脱ページ” “ページビュー数”、 “離脱率を選択し「サイト 平均との比較」を」表示
  24. 24. © 2017 ITCA. WEBKATU Project 閲覧・回遊:主要なページの導線を分析 主要ページの前後の遷移を把握し、想定しているサイト内の 導線と一致しているかどうかを確認する。 ページ “行動 > サイトコンテンツ > すべてのページ”
  25. 25. © 2017 ITCA. WEBKATU Project コンバージョン:目標到達のプロセスを分析 目標到達プロセスの中で、離脱率の高いページを特定する。 特に、入力フォームページで離脱率が高くないかを確認する。 目標到達プロセス “コンバージョン > 目標 > 目標到達プロセス” 1,870の内、 64%が離脱 687の内、 19%が離脱 560の内、 17%が離脱 470の内、 7%が離脱
  26. 26. © 2017 ITCA. WEBKATU Project コンバージョン:検索キーワードの分析 ③ コンバージョンが達成されたセッションで使用された検索 キーワードを把握する。SEO対策への反映が必要か検討する。 検索クエリ “集客 > Search Console > 検索クエリ” カスタムセグメントで “コンバージョンが達成さ れたセッション”を選択
  27. 27. © 2017 ITCA. WEBKATU Project コンバージョン:目標到達までの経路を分析 コンバージョンに至るまでに、訪問者がどのような経路で訪 問していたかを確認する。チャネルの有効性を把握する。 コンバージョン経路 “コンバージョン > マルチチャ ネル > コンバージョン経路”
  28. 28. © 2017 ITCA. WEBKATU Project 得られた情報から課題を抽出する 例: アクセス解析から得られた情報 • 訪問数、訪問者数ともに昨年より20~25%減少している。 • 訪問数が多い時間帯は10時、14時、20時で、平日・休日ともにほぼ変わらない。 • 訪問者の年代は“18~34才”で約60%であり、顧客ターゲットと一致している。 • モバイルからのアクセスが2年前より15%以上増加し、直帰率も高くなっている。 • 主要ページ「△△△」での離脱率が約80%と非常に高い。 • 訪問者の主要導線は、想定していたものとほぼ一致している。 • 想定外の「○○○」というワードでの検索による訪問からの購入が多い。 • 購入申込入力フォームでの離脱が64%を超えている。 アクセス解析以外から得られた情報 • 既存顧客のリピート購入が昨年より約60%低下している。 課題:・アクセス数を増やす。 ・途中離脱を低下させる。 ・既存顧客のリピート購入を増やす。
  29. 29. © 2017 ITCA. WEBKATU Project 課題が明確になったら、 それぞれに対して改善策 を具体化します。
  30. 30. © 2017 ITCA. WEBKATU Project 課題毎に 改善策を 具体化する STEP2 例: 目標:サイトからの売上1,200万円/月 現状:サイトからの売上700万円/月 課題:・アクセス数を増やす。 ・途中離脱を低下させる。 ・既存顧客のリピート購入を増やす。 アクセス数を増やす 途中離脱を低下させ る 既存顧客のリピート 購入を増やす • 検索ワード「〇〇〇」の SEO対策を強化する。 • リスティング広告の出稿 費用を×××円増やす。 • 取引先のサイトからリン クを貼ってもらう。 • Facebook広告を出稿し サイトへ誘導する。 • 離脱率の高いページの内、 “△△△”の改修を行う。 • スマホ向けサイトのリ ニューアルを行う。 • 購入申込フォームの入力 項目を減らす。 • CTAボタンを分かりやす い配色に変更する。 • メルマガにSale情報を記 載し配信する。 • 特別優待の案内ページを 作成しリンクを知らせる。 • 顧客毎にリコメンドを記 載したメールを送付する。 • 優良客だけのオンライン コミュニティを用意する。 ・・・ ・・・ ・・・
  31. 31. © 2017 ITCA. WEBKATU Project 自然検索 Web広告 SNS メルマガ 流入 閲覧・回遊 コンバージョン 操作性・閲覧性 の向上 CTAの最適化 入力フォームの 最適化 段階的 アプローチ SEO対策 Web広告 SNS活用 ブログ活用 コンテンツの改善・更新 改善策を具体化する
  32. 32. © 2017 ITCA. WEBKATU Project コンテンツの 改善・更新 SEO対策 操作性・閲覧性 の向上 CTAの最適化 入力フォームの 最適化 段階的 アプローチ これまでに開催したビジネスWEB活用セミナー の資料を、是非ご参考にして下さい。
  33. 33. © 2017 ITCA. WEBKATU Project 具体的な解決策が決まった ら、次にその効果を測定す る為の指標に落とし込みを 行います。
  34. 34. © 2017 ITCA. WEBKATU Project 効果測定が 可能な指標に 落とし込む STEP3 例: 目標:サイトからの売上1,200万円/月 現状:サイトからの売上700万円/月 課題:・アクセス数を増やす。 ・途中離脱を低下させる。 ・既存顧客のリピート購入を増やす。 検索ワード「〇〇〇」 のSEO対策を強化する。 購入申込フォームの入力 項目を減らす。 特別優待の案内ページを 作成しリンクを知らせる。 • 特別優待メールからの 案内ページへのセッ ション数 • 特別優待メールからの コンバージョン数 • オーガニック検索から のセッション数 • (「〇〇〇」による検索 からのセッション数) • 購入申込ページの離脱 率 • “目標到達プロセス”に おける確認ページへの 遷移数
  35. 35. © 2017 ITCA. WEBKATU Project 改善策を実施するとともに、 効果が上がったかどうかを 各指標の値で検証します。
  36. 36. © 2017 ITCA. WEBKATU Project 改善策を 実施する STEP4 改善策の効果 を検証する STEP5 マイレポートで各指標の推移を計測 http://www.saple.co m こんにちは、○○様。 今回は○○様への特別な・・ 成約 改善策を実施 購入申込み 購入申込み
  37. 37. © 2017 ITCA. WEBKATU Project 改善策のテスト方法 Webページの一部分、またはページそのものをAとBの2パ ターン用意し、どちらの方がより効果の高い結果が得られる かを実験する方法 A/Bテスト A B GoogleアナリティクスにはA/Bテストを行う機能が備わって おり、無料で使用することが可能です。(Googleアナリ ティクスでは、“ウェブテスト”と呼びます。)
  38. 38. © 2017 ITCA. WEBKATU Project 1.課題抽出、改善策の実施 どうやってテストするのか?サイト改善を継続的に実施 より高い成果を 上げるために、 更にできること は? 3.疑問 次に目指すべき 目標は何か? 4.目標設定 改善はうまく いったか?目標 は達成された か? 2.結果
  39. 39. © 2017 ITCA. WEBKATU Project Webサイトを継続的に改善・成長さ せることで、より高い成果獲得につ なげましょう!! この取り組みを行っているのと行っ ていないのとでは、大きな差が生ま れることは想像できますよね。 いかがでしたか? アクセス解析による サイト改善の進め方
  40. 40. © 2017 ITCA. WEBKATU Project ありがとうございました 〒113-0021東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス9F https://webkatu.jp/contact/ TEL:03-6912-1081 FAX:03-5981-7371 【お電話・FAXからのお問合せ】 【メールフォームからのお問合せ】 https://webkatu.jp/

×