サービス開発<br /> 更新:2011/02/25<br /> 作成:山森 拓<br /> 所属:	WEBサービス開発0チーム<br />
自己紹介<br />名前:<br /> 山森 拓<br />仕事:<br /> Webサービス開発<br />家訓:<br /> やられたら、やりかえせ<br />
目次<br />「Session 3」って、なんの紹介?<br />人を感じるサービス (DEMO)<br />場を感じるサービス (DEMO)<br />感想<br />まとめ<br />
目次<br />「Session 3」って、なんの紹介?<br />人を感じるサービス (DEMO)<br />場を感じるサービス (DEMO)<br />感想<br />まとめ<br />
「Session 3」って、なんの紹介?<br />Session 1: HTML5の技術<br />Session 2: 導入事例<br />Session 3: プロトタイプなど?<br />
「Session 3」って、なんの紹介?<br />Session 3:<br />開発者による、<br />「逆提案」の内、<br />「HTML5」に触れているデモを紹介<br />		※紹介するデモは、まだ提案段階のものですので、ハンゲー...
「Session 3」って、なんの紹介?<br />「逆提案」って?<br />
「逆提案」ってなに?<br />登場人物<br />企画<br />デザイン<br />開発<br />テスト<br />
「逆提案」ってなに?<br />○○を作ろう!!<br />企画<br />デザイン<br />開発<br />テスト<br />
「逆提案」ってなに?<br />△△を作ろう!!<br />こんなことも出来るよ!<br />企画<br />デザイン<br />開発<br />テスト<br />
「逆提案」ってなに?<br />当然ですが・・・<br />
「逆提案」ってなに?<br />「技術」の未来は、<br />「技術者」が知っている。<br />
「逆提案」ってなに?<br />でも・・・<br />
「逆提案」ってなに?<br />大事なこと:<br />その「技術」が、<br />「サービス」として使えるか?<br />
「逆提案」ってなに?<br />つまり・・・<br />
「逆提案」ってなに?<br />逆提案とは:<br />開発者が、<br />「サービス」に役立つ技術を選別し、<br />「サービス」を提案すること。<br />
「Session 3」って、なんの紹介?<br />ふりだしに戻る<br />
「Session 3」って、なんの紹介?<br />Session 3:<br />開発者による、<br />「逆提案」の内、<br />「HTML5」に触れているデモを紹介<br />
逆提案<br />Session 3:<br />1. 人を感じるサービス<br />2. 場を感じるサービス<br />		※紹介するデモは、まだ提案段階のものですので、ハンゲーム上には存在いたしません。<br />
目次<br />「Session 3」って、なんの紹介?<br />人を感じるサービス (DEMO)<br />場を感じるサービス (DEMO)<br />感想<br />まとめ<br />
提案 A<br />コンセプト:<br />「既存サービス + α」<br />
提案 A : 既存サービス + α<br />注目サービス:「マイホーム」 <br />
提案 A : 既存サービス + α<br />ココ<br />
提案 A : 既存サービス + α<br />ココ<br />
提案 A : 既存サービス + α<br />訪問者<br />自分<br />
提案 A : 既存サービス + α<br />訪問履歴<br />「訪問履歴」は、<br />昔から存在していた。<br />
提案 A : 既存サービス + α<br />訪問履歴<br />もっと・・・<br />人を感じるサービスを!<br />
提案 A : 既存サービス + α<br />「訪問履歴」<br />「訪問者・表示」<br />訪問者<br />
提案 A : 既存サービス + α<br />+α<br />
提案 A : 既存サービス + α<br />『あっ!? 訪問された!!』<br />そこに、<br />人を感じるサービス<br /><臨場感><br />
提案 A : 既存サービス + α<br />DEMO<br />
提案 A : 既存サービス + α<br />結果:<br />新しいコミュニケーションの形<br />
目次<br />「Session 3」って、なんの紹介?<br />人を感じるサービス (DEMO)<br />場を感じるサービス (DEMO)<br />感想<br />まとめ<br />
提案 B : 場を感じるサービス<br />コンセプト:<br />Webサービスの可能性<br />
提案 B : Webサービスの可能性<br />「人を感じるサービス」の結果<br />新しいコミュニケーションの形<br />
提案 B : Webサービスの可能性<br />会話をイメージすると・・・<br />http://www.flickr.com/photos/dilaudid/4954719152/<br />
提案 B : Webサービスの可能性<br />『みんなで、どこ行く? なにする? 』<br />http://www.flickr.com/photos/photopoweragainstempire/2358100271/<br />
提案 B : Webサービスの可能性<br />『みんなで、どこ行く? なにする? 』<br />そこに、<br />場を感じるサービス<br /><臨場感><br />
提案 B : 場を感じるサービス<br />DEMO<br />
目次<br />「Session 3」って、なんの紹介?<br />人を感じるサービス (DEMO)<br />場を感じるサービス (DEMO)<br />感想<br />まとめ<br />
感想<br />実際に、作ってみて・・・・・・<br />
感想<br />大変でした!!<br />http://www.flickr.com/photos/elblogazo/10900060/<br />
感想<br />でも・・・<br />
感想<br />いろいろ・おもしろい!!<br />http://www.flickr.com/photos/78391121@N00/338096053/<br />
感想:HTML5は?<br />今回は・・・<br /><ul><li>node.js / socket.io-node</li></ul>( WebSocket…etc…)<br /><ul><li>Drag and Drop API</li...
補足: 「node.js / socket.io-node」って?<br />お手軽<br />「リアルタイム通信」用<br />サーバとライブラリ<br />
補足: 「node.js」って?<br />特徴:<br /><ul><li>サーバサイドJavascriptの1つ(奥はC++)
V8エンジンを利用
イベント駆動型 (single thread multi-connection)</li></li></ul><li>補足: 「socket.io-node」って?<br />特徴:<br /><ul><li>リアルタイム通信用 JSライブラリ
サーバ / クライアント用 JSのペアで利用</li></ul> (socket.IO-node / socket.IO)<br /><ul><li>IE7/IE8 にも対応</li></li></ul><li>疑問: 「node.js / s...
苦労: 「node.js / socket.io-node」<br />特定Session群への<br />データPush機能がない<br />自分へ返す○<br />みんなへ返す○<br />グループへ返すorz<br />
自分へ返す<br />client.send()<br />
みんなへ返す<br />client.broadcast()<br />
グループへ返す<br />orz<br />
苦労: node.js / socket.io-node<br />どうしよう・・・<br />http://www.flickr.com/photos/trojanguy/5428689747/<br />
苦労: node.js / socket.io-node<br />ごまかそう!<br />http://www.flickr.com/photos/alicepopkorn/4011970135/<br />
苦労: node.js / socket.io-node<br />不要なPushデータは無視!<br />http://www.flickr.com/photos/barkbud/4280166825/<br />
苦労: node.js / socket.io-node<br />client.broadcast()<br />「来店データ」<br />「来店処理」の実施<br />○<br />無視<br />「来店処理」の実施<br />無視<br ...
苦労: node.js / socket.io-node<br />でも本当は・・・<br />不要な通信はしたくない<br />
苦労: node.js / socket.io-node<br />「sessionId」と「場所」をマッピング<br />コネクション確立<br />「sessionId」 + 「場所Id」<br />場所:A<br />sessionId:...
苦労: node.js / socket.io-node<br />後は、「socket.io-node」に、<br />特定のsession群にだけ、<br />データPushできる機能を付与<br />※ここら辺かな?<br />/sock...
グループへ返す<br />subscribe()<br />
感想<br /><ul><li>node.js / socket.io-node</li></ul>( WebSocket…etc…)<br /><ul><li>Drag and Drop API</li></li></ul><li>ドラッグさ...
ドラッグされるモノの準備<br />こうする!<br /><span id="contents" draggable="true"><br />
ドロップされる場所の準備<br />これを・・・用意<br /><div id="dropzone"><br />ここにドロップしてね!<br /></div><br />
ドロップされる場所の準備<br />こうする!<br /><div id="dropzone" class="drop"><br />ここにドロップしてね!<br /></div><br />
ドラッグ時の処理<br />後はJavaScriptで<br />elmContents.addEventListener('dragstart',<br />	function(e){<br />// ~ドラッグ時の処理~<br />	}<b...
ドロップ時の処理<br />ドロップ側にも・・・<br />elmDropzone.addEventListener('drop', <br />	function (e) {<br />// ~ドロップ時の処理~<br />	}<br />,...
「Drag & Drop」<br />どんなタグでも簡単に <br />Drag & Drop!<br />
疑問: 「Drag & Drop」<br />ココで困った!<br />http://www.flickr.com/photos/devos/115905057/<br />
苦労: 「Drag & Drop」<br />ドラッグ中は、<br />他のイベントが取得できない!?<br />
苦労: 「Drag & Drop」<br />mouse関連の<br />イベントが取得できないと・・・<br />他人のカーソルが見れない<br />
苦労: 「Drag & Drop」<br />dragoverイベントで解決<br />「飛び続けて邪魔」<br />「無駄に2種類存在」<br />などなど・・・<br />いろいろと、文句言って、<br />ごめんなさい。<br />
苦労: 「Drag & Drop」<br />「dragover」<br />
目次<br />「Session 3」って、なんの紹介?<br />人を感じるサービス (DEMO)<br />場を感じるサービス (DEMO)<br />感想<br />まとめ<br />
まとめ:node.js / socket.io-node<br /><ul><li>利用だけなら簡単
開発には、慣れが必要(サーバ側JSなど)
基幹部分の改修は面倒(奥の方はC++ )</li></li></ul><li>まとめ:node.js / socket.io-node<br /><ul><li>利用だけなら簡単
開発には、慣れが必要(サーバ側JSなど)
基幹部分の改修は面倒(奥の方はC++ )</li></ul>※ハンゲーム用の<br />   プラットフォームを作ってしまえばいい<br />
まとめ:draganddrop<br /><ul><li>利用は簡単・・・かな?(今までと・・・)
イベントの挙動に気を使う(ブラウザ単位)</li></li></ul><li>まとめ:draganddrop<br /><ul><li>利用は簡単・・・かな?(今までと・・・)
イベントの挙動に気を使う(ブラウザ単位)</li></ul>※まだ、無理に使う必要はない<br />
最後に・・・<br />最後に・・・<br />
最後に・・・<br />今回のデモ<br />
最後に・・・<br />今回のデモ<br />人を感じるサービス<br />場を感じるサービス<br />
最後に・・・<br />新技術?<br />
最後に・・・<br />新技術?<br />
最後に・・・<br />未来のお話し?<br />
最後に・・・<br />未来のお話し?<br />
最後に・・・<br />「今」<br />実現できます<br />
最後に・・・<br />「HTML5」も同じ<br />
最後に・・・<br />いろいろ試したり・・・<br /><ul><li>Cross Document Messaging
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

NHN HTML5勉強会 サービス開発

2,120 views

Published on

2011 2/25開催のNHN HTML5勉強会で使用したスライドです。

内容は、HTML5のWebSocketを使用した、アバターの着替えとリアルタイムコミュニケーションのデモなどです。

http://atnd.org/events/13029

Published in: Technology, Sports
0 Comments
4 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,120
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
233
Actions
Shares
0
Downloads
15
Comments
0
Likes
4
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • この機能は、なぜ、作られたのか?ですが、、、
  • みんなで、どこ行く? なにする?つまり、みんなで行ける場所、みんなで出来る何かが出来る「場」が必要ですね。
  • そんな、場を感じられるサービスのデモを作ってみました。
  • いろいろと、おもしろかったですね。
  • さて、今回は・・・
  • まさに、今、ここに、人を感じるという、「リアル」さを、とっても簡単に実現できました。
  • 補足です。
  • 方法は、至って、シンプルです。
  • そうすると
  • 特定グループのみと通信ができて、ハッピーになれますね
  • NHN HTML5勉強会 サービス開発

    1. 1. サービス開発<br /> 更新:2011/02/25<br /> 作成:山森 拓<br /> 所属: WEBサービス開発0チーム<br />
    2. 2. 自己紹介<br />名前:<br /> 山森 拓<br />仕事:<br /> Webサービス開発<br />家訓:<br /> やられたら、やりかえせ<br />
    3. 3. 目次<br />「Session 3」って、なんの紹介?<br />人を感じるサービス (DEMO)<br />場を感じるサービス (DEMO)<br />感想<br />まとめ<br />
    4. 4. 目次<br />「Session 3」って、なんの紹介?<br />人を感じるサービス (DEMO)<br />場を感じるサービス (DEMO)<br />感想<br />まとめ<br />
    5. 5. 「Session 3」って、なんの紹介?<br />Session 1: HTML5の技術<br />Session 2: 導入事例<br />Session 3: プロトタイプなど?<br />
    6. 6. 「Session 3」って、なんの紹介?<br />Session 3:<br />開発者による、<br />「逆提案」の内、<br />「HTML5」に触れているデモを紹介<br /> ※紹介するデモは、まだ提案段階のものですので、ハンゲーム上には存在いたしません<br /> ※紹介するデモは、PC上で試されたものになります。<br />
    7. 7. 「Session 3」って、なんの紹介?<br />「逆提案」って?<br />
    8. 8. 「逆提案」ってなに?<br />登場人物<br />企画<br />デザイン<br />開発<br />テスト<br />
    9. 9. 「逆提案」ってなに?<br />○○を作ろう!!<br />企画<br />デザイン<br />開発<br />テスト<br />
    10. 10. 「逆提案」ってなに?<br />△△を作ろう!!<br />こんなことも出来るよ!<br />企画<br />デザイン<br />開発<br />テスト<br />
    11. 11. 「逆提案」ってなに?<br />当然ですが・・・<br />
    12. 12. 「逆提案」ってなに?<br />「技術」の未来は、<br />「技術者」が知っている。<br />
    13. 13. 「逆提案」ってなに?<br />でも・・・<br />
    14. 14. 「逆提案」ってなに?<br />大事なこと:<br />その「技術」が、<br />「サービス」として使えるか?<br />
    15. 15. 「逆提案」ってなに?<br />つまり・・・<br />
    16. 16. 「逆提案」ってなに?<br />逆提案とは:<br />開発者が、<br />「サービス」に役立つ技術を選別し、<br />「サービス」を提案すること。<br />
    17. 17. 「Session 3」って、なんの紹介?<br />ふりだしに戻る<br />
    18. 18. 「Session 3」って、なんの紹介?<br />Session 3:<br />開発者による、<br />「逆提案」の内、<br />「HTML5」に触れているデモを紹介<br />
    19. 19. 逆提案<br />Session 3:<br />1. 人を感じるサービス<br />2. 場を感じるサービス<br /> ※紹介するデモは、まだ提案段階のものですので、ハンゲーム上には存在いたしません。<br />
    20. 20. 目次<br />「Session 3」って、なんの紹介?<br />人を感じるサービス (DEMO)<br />場を感じるサービス (DEMO)<br />感想<br />まとめ<br />
    21. 21. 提案 A<br />コンセプト:<br />「既存サービス + α」<br />
    22. 22. 提案 A : 既存サービス + α<br />注目サービス:「マイホーム」 <br />
    23. 23. 提案 A : 既存サービス + α<br />ココ<br />
    24. 24. 提案 A : 既存サービス + α<br />ココ<br />
    25. 25. 提案 A : 既存サービス + α<br />訪問者<br />自分<br />
    26. 26. 提案 A : 既存サービス + α<br />訪問履歴<br />「訪問履歴」は、<br />昔から存在していた。<br />
    27. 27. 提案 A : 既存サービス + α<br />訪問履歴<br />もっと・・・<br />人を感じるサービスを!<br />
    28. 28. 提案 A : 既存サービス + α<br />「訪問履歴」<br />「訪問者・表示」<br />訪問者<br />
    29. 29. 提案 A : 既存サービス + α<br />+α<br />
    30. 30. 提案 A : 既存サービス + α<br />『あっ!? 訪問された!!』<br />そこに、<br />人を感じるサービス<br /><臨場感><br />
    31. 31. 提案 A : 既存サービス + α<br />DEMO<br />
    32. 32. 提案 A : 既存サービス + α<br />結果:<br />新しいコミュニケーションの形<br />
    33. 33. 目次<br />「Session 3」って、なんの紹介?<br />人を感じるサービス (DEMO)<br />場を感じるサービス (DEMO)<br />感想<br />まとめ<br />
    34. 34. 提案 B : 場を感じるサービス<br />コンセプト:<br />Webサービスの可能性<br />
    35. 35. 提案 B : Webサービスの可能性<br />「人を感じるサービス」の結果<br />新しいコミュニケーションの形<br />
    36. 36. 提案 B : Webサービスの可能性<br />会話をイメージすると・・・<br />http://www.flickr.com/photos/dilaudid/4954719152/<br />
    37. 37. 提案 B : Webサービスの可能性<br />『みんなで、どこ行く? なにする? 』<br />http://www.flickr.com/photos/photopoweragainstempire/2358100271/<br />
    38. 38. 提案 B : Webサービスの可能性<br />『みんなで、どこ行く? なにする? 』<br />そこに、<br />場を感じるサービス<br /><臨場感><br />
    39. 39. 提案 B : 場を感じるサービス<br />DEMO<br />
    40. 40. 目次<br />「Session 3」って、なんの紹介?<br />人を感じるサービス (DEMO)<br />場を感じるサービス (DEMO)<br />感想<br />まとめ<br />
    41. 41. 感想<br />実際に、作ってみて・・・・・・<br />
    42. 42. 感想<br />大変でした!!<br />http://www.flickr.com/photos/elblogazo/10900060/<br />
    43. 43. 感想<br />でも・・・<br />
    44. 44. 感想<br />いろいろ・おもしろい!!<br />http://www.flickr.com/photos/78391121@N00/338096053/<br />
    45. 45. 感想:HTML5は?<br />今回は・・・<br /><ul><li>node.js / socket.io-node</li></ul>( WebSocket…etc…)<br /><ul><li>Drag and Drop API</li></li></ul><li>感想<br /><ul><li>node.js / socket.io-node</li></ul>( WebSocket…etc…)<br /><ul><li>Drag and Drop API</li></li></ul><li>感想: node.js / socket.io-node<br />簡単に、「リアル」を実現!!<br />http://www.flickr.com/photos/52799096@N00/3474866062/<br />
    46. 46. 補足: 「node.js / socket.io-node」って?<br />お手軽<br />「リアルタイム通信」用<br />サーバとライブラリ<br />
    47. 47. 補足: 「node.js」って?<br />特徴:<br /><ul><li>サーバサイドJavascriptの1つ(奥はC++)
    48. 48. V8エンジンを利用
    49. 49. イベント駆動型 (single thread multi-connection)</li></li></ul><li>補足: 「socket.io-node」って?<br />特徴:<br /><ul><li>リアルタイム通信用 JSライブラリ
    50. 50. サーバ / クライアント用 JSのペアで利用</li></ul> (socket.IO-node / socket.IO)<br /><ul><li>IE7/IE8 にも対応</li></li></ul><li>疑問: 「node.js / socket.io-node」<br />ココで困った!<br />http://www.flickr.com/photos/icools/196158649/<br />http://www.flickr.com/photos/devos/115905057/<br />
    51. 51. 苦労: 「node.js / socket.io-node」<br />特定Session群への<br />データPush機能がない<br />自分へ返す○<br />みんなへ返す○<br />グループへ返すorz<br />
    52. 52. 自分へ返す<br />client.send()<br />
    53. 53. みんなへ返す<br />client.broadcast()<br />
    54. 54. グループへ返す<br />orz<br />
    55. 55. 苦労: node.js / socket.io-node<br />どうしよう・・・<br />http://www.flickr.com/photos/trojanguy/5428689747/<br />
    56. 56. 苦労: node.js / socket.io-node<br />ごまかそう!<br />http://www.flickr.com/photos/alicepopkorn/4011970135/<br />
    57. 57. 苦労: node.js / socket.io-node<br />不要なPushデータは無視!<br />http://www.flickr.com/photos/barkbud/4280166825/<br />
    58. 58. 苦労: node.js / socket.io-node<br />client.broadcast()<br />「来店データ」<br />「来店処理」の実施<br />○<br />無視<br />「来店処理」の実施<br />無視<br />×<br />○<br />×<br />
    59. 59. 苦労: node.js / socket.io-node<br />でも本当は・・・<br />不要な通信はしたくない<br />
    60. 60. 苦労: node.js / socket.io-node<br />「sessionId」と「場所」をマッピング<br />コネクション確立<br />「sessionId」 + 「場所Id」<br />場所:A<br />sessionId:1000<br />sessionId:1003<br />sessionId:1008<br />
    61. 61. 苦労: node.js / socket.io-node<br />後は、「socket.io-node」に、<br />特定のsession群にだけ、<br />データPushできる機能を付与<br />※ここら辺かな?<br />/socket.io-node/lib/socket.io/listener.js(Listener)<br />/socket.io-node/lib/socket.io/client.js (method)<br />
    62. 62. グループへ返す<br />subscribe()<br />
    63. 63. 感想<br /><ul><li>node.js / socket.io-node</li></ul>( WebSocket…etc…)<br /><ul><li>Drag and Drop API</li></li></ul><li>ドラッグされるモノの準備<br />これを・・・<br /><span id="contents"><br />
    64. 64. ドラッグされるモノの準備<br />こうする!<br /><span id="contents" draggable="true"><br />
    65. 65. ドロップされる場所の準備<br />これを・・・用意<br /><div id="dropzone"><br />ここにドロップしてね!<br /></div><br />
    66. 66. ドロップされる場所の準備<br />こうする!<br /><div id="dropzone" class="drop"><br />ここにドロップしてね!<br /></div><br />
    67. 67. ドラッグ時の処理<br />後はJavaScriptで<br />elmContents.addEventListener('dragstart',<br /> function(e){<br />// ~ドラッグ時の処理~<br /> }<br />, false);<br />
    68. 68. ドロップ時の処理<br />ドロップ側にも・・・<br />elmDropzone.addEventListener('drop', <br /> function (e) {<br />// ~ドロップ時の処理~<br /> }<br />, false);<br />
    69. 69. 「Drag & Drop」<br />どんなタグでも簡単に <br />Drag & Drop!<br />
    70. 70. 疑問: 「Drag & Drop」<br />ココで困った!<br />http://www.flickr.com/photos/devos/115905057/<br />
    71. 71. 苦労: 「Drag & Drop」<br />ドラッグ中は、<br />他のイベントが取得できない!?<br />
    72. 72. 苦労: 「Drag & Drop」<br />mouse関連の<br />イベントが取得できないと・・・<br />他人のカーソルが見れない<br />
    73. 73. 苦労: 「Drag & Drop」<br />dragoverイベントで解決<br />「飛び続けて邪魔」<br />「無駄に2種類存在」<br />などなど・・・<br />いろいろと、文句言って、<br />ごめんなさい。<br />
    74. 74. 苦労: 「Drag & Drop」<br />「dragover」<br />
    75. 75. 目次<br />「Session 3」って、なんの紹介?<br />人を感じるサービス (DEMO)<br />場を感じるサービス (DEMO)<br />感想<br />まとめ<br />
    76. 76. まとめ:node.js / socket.io-node<br /><ul><li>利用だけなら簡単
    77. 77. 開発には、慣れが必要(サーバ側JSなど)
    78. 78. 基幹部分の改修は面倒(奥の方はC++ )</li></li></ul><li>まとめ:node.js / socket.io-node<br /><ul><li>利用だけなら簡単
    79. 79. 開発には、慣れが必要(サーバ側JSなど)
    80. 80. 基幹部分の改修は面倒(奥の方はC++ )</li></ul>※ハンゲーム用の<br />  プラットフォームを作ってしまえばいい<br />
    81. 81. まとめ:draganddrop<br /><ul><li>利用は簡単・・・かな?(今までと・・・)
    82. 82. イベントの挙動に気を使う(ブラウザ単位)</li></li></ul><li>まとめ:draganddrop<br /><ul><li>利用は簡単・・・かな?(今までと・・・)
    83. 83. イベントの挙動に気を使う(ブラウザ単位)</li></ul>※まだ、無理に使う必要はない<br />
    84. 84. 最後に・・・<br />最後に・・・<br />
    85. 85. 最後に・・・<br />今回のデモ<br />
    86. 86. 最後に・・・<br />今回のデモ<br />人を感じるサービス<br />場を感じるサービス<br />
    87. 87. 最後に・・・<br />新技術?<br />
    88. 88. 最後に・・・<br />新技術?<br />
    89. 89. 最後に・・・<br />未来のお話し?<br />
    90. 90. 最後に・・・<br />未来のお話し?<br />
    91. 91. 最後に・・・<br />「今」<br />実現できます<br />
    92. 92. 最後に・・・<br />「HTML5」も同じ<br />
    93. 93. 最後に・・・<br />いろいろ試したり・・・<br /><ul><li>Cross Document Messaging
    94. 94. Drag & Drop
    95. 95. Web Storage
    96. 96. Web Database
    97. 97. Web Workers
    98. 98. Web Socket
    99. 99. Offline Web Application</li></li></ul><li>最後に・・・<br />これからも、<br />注目してます!<br />
    100. 100. ご静聴、<br />ありがとうございました。<br />

    ×