Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Dockerのキホンその2 Docker Compose Swarm Machine 利用編

4,506 views

Published on

Docker Compose、 Docker Swarm、Docker Machine の基本的な利用について説明したものです。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Dockerのキホンその2 Docker Compose Swarm Machine 利用編

  1. 1. Docker Compose Docker Swarm Docker Machine 利用編 そろそろ知っておきたい Docker のキホン その2 2015年7月21日版
  2. 2. 自己紹介 • 長住 直樹(ながずみ なおき) @nk_ngzm • 社内で技術獲得 & 技術者育成活動 (通称:CORETECH) を推進しています
  3. 3. 留意事項 本スライドは 2015年7月の情報を元に作成しました Docker の開発速度は非常に早く、その情報は生モノの ようにすぐに古くなってしまうことにご注意ください 最新情報は Docker 公式ドキュメントでご確認ください http://docs.docker.com/userguide/
  4. 4. 例えば WordPress システム構築 ホストサーバ (storage) Data Volume コンテナ (web) WordPress コンテナ (db) MySQL コンテナ データベース ファイル /var/lib/mysql ポート フォワード 8080:80 コンテナ リンク DB接続 利用者 Data Volume
  5. 5. docker コマンドで構築すると・・・ ① Data Volume コンテナ (storage) $ cd [Dockerfileのディレクトリ] $ vi Dockerfile # Dockerfile作成 $ docker build -t storage . $ docker run -it --name storage storage ROM ubuntu:latest MAINTAINER ngzm <nk.ngzm@gmail.com> VOLUME /var/lib/mysql CMD /bin/bash
  6. 6. docker コマンドで構築すると・・・ ② MySQLコンテナ (db) ③ WordPressコンテナ (web) $ docker run --name db --volumes-from storage -e MYSQL_ROOT_PASSWORD=password -d mysql:5.7 $ docker run --name web --link db:mysql -p 8080:80 -d wordpress:latest
  7. 7. コンテナ間のシステム構成を docker コマンド のオプションで指定するのが微妙だ! Docker Compose を使おう
  8. 8. Docker Compose Docker Compse は、複数のコンテナから成るシステム構 成を設定ファイル(YAML)で定義でき、まとめて構築した り管理したりできるツール
  9. 9. Docker Compose インストール $ curl -L https://github.com/docker/compose/releases/download/1.3.2/docker- compose-`uname -s`-`uname -m` > /usr/local/bin/docker-compose $ chmod +x /usr/local/bin/docker- compose $ docker-compose -v compose version 1.3.2 インストール例 ・・・ バイナリをころがすだけ!! Linux 版 と MAC OS 版があるよ
  10. 10. Docker Compose を使う docker-compose.yml でシステム構成を定義 storage: build: ./storage db: image: mysql:5.7 volumes_from: - storage ports: - "3306:3306" environment: MYSQL_ROOT_PASSWORD: password web: image: wordpress:latest links: - db:mysql ports: - "8080:80" コンテナ間のシステム構成 を YAMLで定義できる!! 定義内容は、docker runの オプションとほぼ対応して おりうれしい!! ① Data Volume コンテナ ② MySQL コンテナ ③ WordPress コンテナ
  11. 11. Docker Compose を使う $ docker-compose build storage $ docker-compose up -d Data Volume コンテナイメージ(storage)をビルド WordPressシステムを構成するコンテナを一気に作成して起動
  12. 12. その他 基本的な利用方法 $ docker-compose stop システムを構成するコンテナを一気に停止 $ docker-compose start (restart) システムを構成するコンテナを一気に起動 (再起動) $ docker-compose logs システムを構成するコンテナのログを見る $ docker-compose rm システムを構成するコンテナを一気に削除
  13. 13. 簡単にスケールさせたい!! システムの可用性を高めたい!! Docker を複数ホストに分散するよー 複数ホストの Docker を連携させないと ... (・o・) Docker Swarm を使おう
  14. 14. Docker Swarm Docker Swarm は、複数ホストの Docker をまとめてクラス タリングして、あたかもひとつの Docker エンジンのように 扱えるツール!!
  15. 15. Swarm クラスタリングを作ってみる ホスト1 192.168.1.11 ホスト2 192.168.1.12 ホスト3 192.168.1.13 とりあえず Docker Swarm が動作するホストサーバをたてよう!
  16. 16. Swarm クラスタリングを作ってみる ホスト1 192.168.1.11 ホスト2 192.168.1.12 ホスト3 192.168.1.13 次は それぞれに Docker エンジンをインストールしませう ※ 各Docker サーバはUNIXドメインソケットだけでなく、INETドメインソケットもリスンするように設定を変更しておくこと
  17. 17. Swarm クラスタリングを作ってみる ホスト1 192.168.1.11 ホスト2 192.168.1.12 ホスト3 192.168.1.13 役割 • manager • node 役割 • node 役割 • node node1 node2 node3 続いて Docker Swarm ノードを構築 そのうちひとつのノードは manager にするよ!
  18. 18. Docker Swarm ノードの作り方 $ docker run --rm swarm create ..... e1fc62b24f818a2af00fb4ddb8899965 まずは、任意のホストで create おまじない $ docker run -p 2377:2375 -d swarm manage token://e1fc62b24f818a2af00fb4ddb8899965 ホスト1で Swarm manager コンテナを構築 $ docker run -d swarm join --addr=[ノードIPアドレス]:2375 token://e1fc62b24f818a2af00fb4ddb8899965 各ホストそれぞれで Swarm node コンテナを構築 swarm create すると token と 呼ばれる 文字列が表示され るので、これを使って 各node を構成します
  19. 19. Docker Swarm を使ってみる ホスト1 192.168.1.11 ホスト2 192.168.1.12 ホスト3 192.168.1.13 役割 • manager • node 役割 • node 役割 • node node1 node2 node3 manager にアクセスすると、あたかもひとつのDockerエンジン のように扱うことができるさー
  20. 20. Docker Swarm を使ってみる $ docker -H tcp://192.168.1.11:2377 info Containers: 0 Nodes: 3 agent-2: 192.168.1.13:2375 └ Containers: 0 └ Reserved CPUs: 0 / 1 └ Reserved Memory: 0 B / 514.5 MiB agent-1: 192.168.1.12:2375 └ Containers: 0 └ Reserved CPUs: 0 / 1 └ Reserved Memory: 0 B / 514.5 MiB agent-0: 192.168.1.11:2375 └ Containers: 0 └ Reserved CPUs: 0 / 1 └ Reserved Memory: 0 B / 514.5 MiB Dockerコマンドの接続先に manager の IPアドレスとポートを 指定すると、Docker Swarm クラス タにアクセスできる!!
  21. 21. Docker Swarm を使ってみる $ docker -H tcp://192.168.1.11:2377 ps $ docker -H tcp://192.168.1.11:2377 images $ docker -H tcp://192.168.1.11:2377 run いろんな Docker コマンドも普通に使える 環境変数を設定すると、"-H tcp://[IPアドレス]:[ポート]" が不要になる $ export DOCKER_HOST=tcp://192.168.1.11:2377 $ docker ps -a $ docker run ...
  22. 22. Docker Swarm 内にコンテナ生成 $ docker run -d -p 80:80 --name front1 nginx $ docker ps CONTAINER ID IMAGE COMMAND CREATED STATUS PORTS NAMES a4b0755a685 nginx:latest "nginx -g 'daemon of 32 seconds ago Up 27 seconds 192.168.1.12:80->80/tcp front1 Docker Swarm クラスタに nginx コンテナをたててみる $ docker run -d -p 80:80 --name front2 nginx $ docker ps CONTAINER ID IMAGE COMMAND CREATED STATUS PORTS NAMES a4b0755a685 nginx:latest "nginx -g 'daemon of 32 seconds ago Up 27 seconds 192.168.1.12:80->80/tcp front1 fa586fafd753 nginx:latest "nginx -g 'daemon of 3 minutes ago Up 3 minutes 192.168.1.11:80->80/tcp front2 もうひとつ nginx コンテナをたててみる 動いた!
  23. 23. filter $ docker run -d -p 3306:3306 --name mydb mysql $ docker run -d -p 80:80 -e affinity:container==mydb --name web1 nginx $ docker run -d -p 80:80 -e affinity:container!=mydb --name web2 nginx $ docker ps CONTAINER ID IMAGE COMMAND CREATED STATUS PORTS NAMES 87c4376856a mysql:latest "mysql" 1 minutes ago Up 57 seconds 192.168.1.12:3306->3306/tcp mydb a4b0755a685 nginx:latest "nginx " 32 seconds ago Up 27 seconds 192.168.1.12:80->80/tcp web1 87c4376856a nginx:latest "nginx " 14 seconds ago Up 10 seconds 192.168.1.13:80->80/tcp we2 Container affinity ※ この他にImage affinity とか Label affinity とかもある
  24. 24. filter $ docker run -d -p 80:80 --name front1 nginx $ docker run -d -p 80:80 --name front2 nginx $ docker run -d -p 80:80 --name front3 nginx $ docker ps CONTAINER ID IMAGE COMMAND CREATED STATUS PORTS NAMES a4b0755a685 nginx:latest "nginx -g 'daemon of 32 seconds ago Up 27 seconds 192.168.1.13:80->80/tcp front1 fa586fafd753 nginx:latest "nginx -g 'daemon of 3 minutes ago Up 3 minutes 192.168.1.12:80->80/tcp front2 963841b1388 nginx:latest "nginx -g 'daemon of 3 minutes ago Up 3 minutes 192.168.1.11:80->80/tcp front1 Port filetr $ docker run -d -p 80:80 --name front4 nginx 2015/7/15 00:33:20 Error response from daemon: no resources available to schedule container
  25. 25. Docker が動くサーバがたくさん増えた! Docker Swarm も増えそうだ!! ホストサーバのセットアップとか Docker のイン ストールとか Swarm 構築とかいちいち手作業 でやるのは大変!! Docker Machine を使おう
  26. 26. Docker Machine Docker Machine は、ローカル あるいは クラウド 上に、 Docker エンジンが動くホスト(vm)を構築したり管理したり できるツール! Docker Swarm クラスタも構築できる。 Vagrant みたい なイメージ?
  27. 27. ローカルPC 仮想マシン/オーケストレーション製品 クラウド・プロバイダ Amazon Web Service Digital Ocean Google Compute Engine Microsoft Azure .... etc OpenStack Vmware VirtualBox Hyper-V ... etcDocker Machine VitualBox (boot2docker)
  28. 28. Docker Machine インストール $ curl -L https://github.com/docker/machine/releases/download/v0.3.0/docker- machine_darwin-amd64 > /usr/local/bin/docker-machine $ chmod +x /usr/local/bin/docker-machine $ docker-machine -v machine version 0.3.0 MAC OS へのインストール例 ・・ バイナリをころがすだけ!! Linux 版 や Windows 版もあるで~ $ curl -L https://get.docker.com/builds/Darwin/x86_64/docker-latest > /usr/local/bin/docker 必要に応じて Docker クライアントも拾ってきます
  29. 29. ローカルに Docker ホストをたてる ※ 実際には VirtualBox に boot2docker の vm イメージをダウンロードして起動します。 このため、ローカルPCに Virtualbox 4.3.28 がインストールされていることが前提となります。 $ docker-machine create --driver virtualbox host1 『host1』 という名前で Docker ホスト(Virtualbox 上の vm)を構築 $ docker-machine ls NAME ACTIVE DRIVER STATE URL SWARM host1 virtualbox Running tcp://192.168.99.100:2376 構築した Docker ホストの一覧を見る OK
  30. 30. Docker ホストを使ってみる $ eval "$(docker-machine env host1)" 構築した 『host1』 ホストをアクティブにするおまじない!! $ docker-machine env host1 export DOCKER_TLS_VERIFY="1" export DOCKER_HOST="tcp://192.168.100.99:2376" export DOCKER_CERT_PATH="/Users/<username>/.docker/machine/machines/host1" export DOCKER_MACHINE_NAME="host1"
  31. 31. Docker ホストを使ってみる $ docker-machine ls NAME ACTIVE DRIVER STATE URL SWARM host1 * virtualbox Running tcp://192.168.99.100:2376 もういちど Docker ホスト一覧を見ると・・ アクティブになった!! $ docker run -d -p 80:80 --name web nginx $ docker ps $ docker stop ... $ docker rm ... アクティブな Docker ホストにコンテナを生成したりして遊ぶ・・ アクティブな Docker ホストに対 しては、普通に Docker コマンド が使用できる
  32. 32. その他 基本的な利用方法 $ docker-machine stop [ホスト名] Docker ホスト(vm)の停止 $ docker-machine start [ホスト名] Docker ホスト(vm)の起動 $ docker-machine rm [ホスト名] Docker ホスト(vm)の削除
  33. 33. いい感じにやりたいこと Docker Machine を使って、Amazon EC2 に Docker が動くホストを数台構築する 同時に、これらのホストをクラスタリングして Docker Swarm 環境を構築しチャウ この Docker Swarm 環境に、Docker Compose で コンテナを生成して連携させ チャイナ
  34. 34. ホスト1 Docker Machine master ホスト2 node1 ホスト3 node2 Docker Swarm Docker Compose
  35. 35. Docker Swarm を構築する Docker Machine Docker Swarm +
  36. 36. ホスト1 Docker Machine master ホスト2 node1 ホスト3 node2 Docker Swarm Docker Swarm を構築する
  37. 37. $ docker-machine create --driver amazonec2 --amazonec2-access-key [your access-key] --amazonec2-secret-key [your secet-key] --amazonec2-ami ami-f4b06cf4 --amazonec2-region ap-northeast-1 --amazonec2-vpc-id [your vcp-id] swarm-create Docker Machine で Docker Swarm クラスタリングを create する用の ホスト 『swarm-create』を構築!! Docker Swarm を構築する Tokyo Region
  38. 38. Docker Swarm create おまじない $ eval $(docker-machine env swarm-create) $ docker run swarm create ... 7d1ca38131c37fe03af760221de31a01 token Docker Swarm を構築する
  39. 39. Docker Swarm を構築する Docker Machine で Swarm manager となるホスト1 『master』 を構築 $ docker-machine create --driver amazonec2 --amazonec2-access-key [your access-key] --amazonec2-secret-key [your secet-key] --amazonec2-ami ami-f4b06cf4 --amazonec2-region ap-northeast-1 --amazonec2-vpc-id [your vcp-id] --swarm --swarm-master --swarm-discovery token://7d1ca38131c37fe03af760221de31a01 master token
  40. 40. Docker Swarm を構築する Docker Machine で Swarm node となるホスト2 『node1』 を構築 $ docker-machine create --driver amazonec2 --amazonec2-access-key [your access-key] --amazonec2-secret-key [your secet-key] --amazonec2-ami ami-f4b06cf4 --amazonec2-region ap-northeast-1 --amazonec2-vpc-id [your vcp-id] --swarm --swarm-discovery token://7d1ca38131c37fe03af760221de31a01 node1 token
  41. 41. Docker Swarm を構築する Docker Machine で Swarm node となるホスト3 『node2』 を構築 $ docker-machine create --driver amazonec2 --amazonec2-access-key [your access-key] --amazonec2-secret-key [your secet-key] --amazonec2-ami ami-f4b06cf4 --amazonec2-region ap-northeast-1 --amazonec2-vpc-id [your vcp-id] --swarm --swarm-discovery token://7d1ca38131c37fe03af760221de31a01 node2 token
  42. 42. Docker Swarm を構築する Swarm manager のホスト1 『master』 に接続、確認 $ eval $(docker-machine env --swarm master) $ docker info Containers: 4 Images: 3 Role: primary Strategy: spread Filters: affinity, health, constraint, port, dependency Nodes: 3 dm-master: 52.69.171.103:2376 └ Containers: 2 └ Reserved CPUs: 0 / 1 └ Reserved Memory: 0 B / 1.018 GiB └ Labels: executiondriver=native-0.2, kernelversion=3.13.0-53-generic, operatingsystem=Ubuntu 14.04.2 LTS, provider=amazonec2, storagedriver=aufs dm-node1: 52.69.146.1:2376 └ Containers: 1 └ Reserved CPUs: 0 / 1 └ Reserved Memory: 0 B / 1.018 GiB └ Labels: executiondriver=native-0.2, kernelversion=3.13.0-53-generic, operatingsystem=Ubuntu 14.04.2 LTS, provider=amazonec2, storagedriver=aufs dm-node2: 52.69.190.50:2376 └ Containers: 1 └ Reserved CPUs: 0 / 1 └ Reserved Memory: 0 B / 1.018 GiB └ Labels: executiondriver=native-0.2, kernelversion=3.13.0-53-generic, operatingsystem=Ubuntu 14.04.2 LTS, provider=amazonec2, storagedriver=aufs CPUs: 3 Total Memory: 3.053 GiB
  43. 43. $ docker-machine create --driver amazonec2 --amazonec2-access-key [your access-key] --amazonec2-secret-key [your secet-key] --amazonec2-ami [ami-id of the instance to use] --amazonec2-region [region to use] --amazonec2-vpc-id [your vcp-id] [host name] Docker Machine で AWS にホストを構築するコマンド例 ※ Asia Pacific (Tokyo) Region の場合、一部のパラメータは以下のとおり --amazonec2-ami ami-f4b06cf4 --amazonec2-region ap-northeast-1 ※ 他のパラメータは、AWSのコンソールで調べると分かるはず.... Tokyo Region
  44. 44. $ docker-machine create --driver [Driver] --swarm --swarm-master --swarm-discovery token://7d1ca38131c37fe03af760221de31a01 [host name] Docker Machine で Swarm manager を構築するコマンド例 $ docker-machine create --driver [Driver] --swarm --swarm-discovery token://7d1ca38131c37fe03af760221de31a01 [host name] Docker Machine で Swarm node を構築するコマンド例
  45. 45. Docker Compose で利用してみる Docker Compose Docker Swarm +
  46. 46. ホスト1 master ホスト2 node1 ホスト3 node2 Docker Swarm Docker Compose で利用してみる Docker Compose
  47. 47. Docker Compose で利用してみる 簡単ですが nginx コンテナを作成して起動! nginx: image: nginx:latest ports: - "80:80" docker-compose.yml
  48. 48. nginx コンテナを生成して起動! $ docker-compose up -d Creating nginx_nginx_1... Docker Compose で利用してみる docker ps で確認する $ docker ps CONTAINER ID IMAGE COMMAND CREATED STATUS PORTS NAMES 2a6ab7f5b98a nginx:latest "nginx -g 'daeon 7seconds ago Up 7 seconds 52.69.146.1:80->80/tcp node1/nginx_nginx_1 OK
  49. 49. スケール・アウトしてみる $ docker-compose scale nginx=2 Service nginx specifies a port on the host. If multiple containers for this service are created on a single host, the port will clash. Creating nginx_nginx_2... Starting nginx_nginx_2... Docker Compose で利用してみる docker ps で確認する $ docker ps CONTAINER ID IMAGE COMMAND CREATED STATUS PORTS NAMES 312649a3b648 nginx:latest "nginx -g 'da 5 seconds ago Up 4 seconds 52.69.190.50:80->80/tcp node2/nginx_nginx_2 2a6ab7f5b98a nginx:latest "nginx -g 'da a minute ago Up About a minute 52.69.146.1:80->80/tcp node1/nginx_nginx_1 ooh!
  50. 50. さらに スケール・アウトしてみる $ docker-compose scale nginx=3 Service nginx specifies a port on the host. If multiple containers for this service are created on a single host, the port will clash. Creating nginx_nginx_3... Starting nginx_nginx_3... Docker Compose で利用してみる docker ps で確認する $ docker ps CONTAINER ID IMAGE COMMAND CREATED STATUS PORTS NAMES 82caa4b2b626 nginx:latest "nginx -g 'da 4 seconds ago Up 2 seconds 52.69.171.103:80->80/tcp master/nginx_nginx_3 312649a3b648 nginx:latest "nginx -g 'da 5 seconds ago Up 4 seconds 52.69.190.50:80->80/tcp node2/nginx_nginx_2 2a6ab7f5b98a nginx:latest "nginx -g 'da a minute ago Up About a minute 52.69.146.1:80->80/tcp node1/nginx_nginx_1 いいね
  51. 51. ノード数を超えて スケール・アウトしてみる!! $ docker-compose scale nginx=4 Service nginx specifies a port on the host. If multiple containers for this service are created on a single host, the port will clash. Creating nginx_nginx_4... unable to find a node with port 80 available Docker Compose で利用してみる docker ps で確認する $ docker ps CONTAINER ID IMAGE COMMAND CREATED STATUS PORTS NAMES 82caa4b2b626 nginx:latest "nginx -g 'da 4 seconds ago Up 2 seconds 52.69.171.103:80->80/tcp master/nginx_nginx_3 312649a3b648 nginx:latest "nginx -g 'da 5 seconds ago Up 4 seconds 52.69.190.50:80->80/tcp node2/nginx_nginx_2 2a6ab7f5b98a nginx:latest "nginx -g 'da a minute ago Up About a minute 52.69.146.1:80->80/tcp node1/nginx_nginx_1 エラーw
  52. 52. スケール・インする $ docker-compose scale nginx=1 Service nginx specifies a port on the host. If multiple containers for this service are created on a single host, the port will clash. Stopping nginx_nginx_3... Stopping nginx_nginx_2... Removing nginx_nginx_3... Removing nginx_nginx_2... Docker Compose で利用してみる docker ps で確認する $ docker ps CONTAINER ID IMAGE COMMAND CREATED STATUS PORTS NAMES 2a6ab7f5b98a nginx:latest "nginx -g 'da a minute ago Up About a minute 52.69.146.1:80->80/tcp node1/nginx_nginx_1 good!
  53. 53. ついでに Volume と Link を試す 冒頭でご紹介した wordpress システムの docker-compose.yml storage: build: ./storage db: image: mysql:5.7 volumes_from: - storage ports: - "3306:3306" environment: MYSQL_ROOT_PASSWORD: password web: image: wordpress:latest links: - db:mysql ports: - "80:80"
  54. 54. Data Volume コンテナイメージ(storage)をビルド $ docker-compose build storage ついでに Volume と Link を試す docker ps で確認する $ docker ps CONTAINER ID IMAGE COMMAND CREATED STATUS PORTS NAMES 9b214205ddb0 wordpress:latest "/entrypoint.sh 6 seconds ago Up 5 seconds 52.69.146.1:80->80/tcp node1/wp1_web_1 bdffe99d4b6e mysql:5.7 "/entrypoint.sh 6 seconds ago Up 5 seconds 52.69.146.1:3306->3306/tcp node1/wp1_db_1 WordPressシステムを構成するコンテナを一気に作成して起動 $ docker-compose up -d !!同ノード?
  55. 55. Docker Swarm の注意点 Volume を用いてコンテナが使用するディス クをマウントしたり、 Link を用いて、コンテナ間の連携をさせよう とすると、 これらのコンテナは同一ノードに生成されて しまう!! 今だけ?
  56. 56. db と web を別ノードに振り分ける storage: build: ./storage db: image: mysql:5.7 volumes_from: - storage ports: - "3306:3306" environment: MYSQL_ROOT_PASSWORD: password web: image: wordpress:latest ports: - "80:80" environment: - "affinity:container!=wp1_db*" environment: WORDPRESS_DB_HOST: 192.168.99.102:3306 WORDPRESS_DB_PASSWORD: password Link をやめる links: - db:mysql 追加
  57. 57. db と web を別ノードに振り分ける docker ps で確認する $ docker ps CONTAINER ID IMAGE COMMAND CREATED STATUS PORTS NAMES 016e3a049ab3 mysql:5.7 "/entrypoint.sh 6 seconds ago Up 5 seconds 52.69.146.1:3306->3306/tcp node1/wp1_db_1 8e739ff21dbd wordpress:latest "/entrypoint.sh 6 seconds ago Up 5 seconds 52.69.190.50:80->80/tcp node2/wp1_web_1 WordPressシステムを構成するコンテナを一気に作成して起動 $ docker-compose up -d 別ノードw OK!
  58. 58. Docker Compose を使うと、幾つかのコ ンテナで構成されるシステムをまとめて 構築したり管理したりできる 必要に応じたスケール管理もできる
  59. 59. Docker Swarm を使えば、複数の Docker をクラスタリングして扱うことができる Docker Machine を使うと、Docker ホスト (vm)を1コマンドで構築できる Docker Swarm ノードを作るのも簡単!
  60. 60. Docker Compose は まあ使えそう、特に Scale できるのはうれしい!! Docker Swarm と Docker Machine もいい 感じに便利 ・・ だが、ベータ版ということ もあり 多少!?なところも・・
  61. 61. Docker Swarm • ノードをまたぐ Volume や Link ができない Docker Machine • Windows版でローカルなVirtualBoxにvmを構築しよう とするとネットワーク(NIC)周りでエラー!利用断念 • AWSに Docker Machine で Swarm ノードを構築した場 合、各ノードを再起動すると、Swarm のノード構成が 失われた ・・・ ipアドレスが変わったせいかしら?? !?だったところ
  62. 62. 一部ベータ版なので微妙 なところもあるが、無事に 動くと楽しい!!
  63. 63. 皆さんも ぜひ自分で インストールして試し てみてください!
  64. 64. これを機会に、複数 の Docker使い が誕 生することを期待して います
  65. 65. おしまい ご静聴ありがとう ございました

×