Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

0

Share

Download to read offline

大企業でアジャイル開発を推進できる条件とその心構え

Download to read offline

2021/06/08 Ltech#17 実録!LIFULLアジャイル導入までの挫折と取り組み

野澤 猛

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all
  • Be the first to like this

大企業でアジャイル開発を推進できる条件とその心構え

  1. 1. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. 大企業でアジャイル開発を 推進できる条件とその心構え 株 式 会 社 L I F U L L L I F U L L H O M E ’ S 事 業 本 部 プ ロ ダ ク ト エ ン ジ ニ ア リ ン グ 部 プ ロ ダ ク ト エ ン ジ ニ ア リ ン グ 5 U 野 澤 猛 ( @ t a k e s h i _ n o z a w a ) 2 0 2 1 . 6 . 8
  2. 2. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. ■ 2 0 0 9 年 教 育 系 C G M の ベ ン チ ャ ー 企 業 ■ 2 0 1 7 年 L I F U L L 入 社 。 国 際 事 業 部 に 所 属 ■ 2 0 1 8 年 賃 貸 事 業 部 ■ 2 0 1 9 年 プ ロ ダ ク ト エ ン ジ ニ ア リ ン グ 部 1 U ■ 2 0 2 0 年 プ ロ ダ ク ト エ ン ジ ニ ア リ ン グ 部 5 U ( L S M 取 得 ) 自己紹介 野澤 猛 @takeshi_nozawa Copyright© LIFULL All Rights Reserved. 2
  3. 3. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. 目次 LIFULLでのアジャイル アジャイル推進の条 件と心構え 今後の課題 3
  4. 4. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. © 2001, 上記の著者たち この宣言は、この注意書きも含めた形で全文を含めることを条件に 自由にコピーしてよい。 https://agilemanifesto.org/iso/ja/manifesto.html 4
  5. 5. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. LIFULLでのアジャイル 5
  6. 6. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. LIFULLでのアジャイル: 導入の歴史 6 •開発スピード向上のた めスクラム導入 •数名がCSM取得。60名 ほどで社内研修の実施 •開発体制、リリースフ ロー的に難しかったた め下火になる 2013 •中途入社メンバーが各 部署でスクラムを実施 •その後主要メンバーの 異動先でもスクラムが 採用され普及してくる 2018 •アジャイル勉強会 •スクラムサークル立ち 上げ 2020
  7. 7. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. LIFULLでのアジャイル: 現状 意識調査 7 3年以上アジャイ ル開発の経験が ある 16% 1年以上アジャイ ル開発の経験が ある 22% 1回以上アジャイ ル開発手法を採 用したプロジェ クトに従事した ことがある 34% 書籍を読んだ り、ネットで調 べたりしたこと がある 13% 言葉としては 知っている 12% 全く知らない 3% LIFULL HOME’Sアジャイルの経験・意識調査 PMI日本支部事務局 2020年度 「アジャイルプロジェクトの実態」 に関するアンケート より https://www.pmi-japan.org/topics/PMI_Japan_Chapter_Agile_Survey_2020.pdf 72% vs 46%
  8. 8. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. LIFULLでのアジャイル: 現状 開発手法 8 アジャイル 53% ウォーター フォール 42% 組み合わ せ 5% LIFULL HOME’Sで採用している開発手法
  9. 9. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. アジャイル推進の条件 9
  10. 10. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. PJ名 概要 特徴 開発手法 国際事業部 エンジニア5名 サービス企画2名 デザイナー2名 ストーリーポイント見積もりや ベロシティの計測は無し 緩めのスクラム 賃貸 システムリプ レース エンジニア8名 DevOps3名 サービス企画3名 デザイナー3名 はじめましての人多め 交代制スクラムマスター 形式的には完全に近いスクラム 賃貸UX施策 - 小さめ(1-2人月位)のPJ多め 全エンジニアのリソース管理表 要件大盛り ウォーターフォールっぽい 賃貸特命PJ“Z” エンジニア6名 サービス企画3名 デザイナー1名 7ヶ月(調査フェーズ抜き) 納期絶対死守 社史でも5本の指に入るくらいの 大規模PJ ガントチャートとベロシティに よる計画の併用 ハイブリッド アジャイル推進の条件 私がLIFULLで経験した主なプロジェクト 10 ま だ ま だ ウ ォ ー タ ー フ ォ ー ル 型 の 考 え 方 が 残 っ て い る 組 織 ( プ ロ ジ ェ ク ト 志 向 、 ア ウ ト プ ッ ト 志 向 、 納 期 、 予 算 、 短 期 の 業 績 重 視 )
  11. 11. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. アジャイルを始めるときのつらみ アジャイル推進の条件 つらみ 11 • 思いつくことは全部やろう!ストレッチした目標がなければ会社も個人も成長もで きない(目標とプロセスの違い) • 今やらないといつできるか分からない。この人とまた一緒にできるかもわからな い。 スコープに対する考え方 • 一年に一回、組織の枠組みの変更。稀に半期に一回。 • 仕事の進め方や優先順位、フロー、体制、メンバーが変わる。 • PJごとにチームを招集(開発のやり方、見積もり基準、計画の立て方が変わる)。 • 全員のリソースを余すことなく使えるように、全員の毎日の作業内容を把握し、計 画を立てる(調整する) • ヤバくなったら人を増やす 組織・チームの考え方
  12. 12. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. そんな中、どうやってチームを アジャイルにしていったか? 12
  13. 13. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. アジャイルを推進できる条件 ※ 個 人 の 経 験 を 元 に し た も の で あ り M E C E で は あ り ま せ ん アジャイル推進の条件 13 型に囚われ ない 考えるきっ かけを作る 土壌を作る
  14. 14. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. 型に囚われない アジャイル推進の条件その1 14
  15. 15. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. アジャイル推進の条件: 型に囚われない 15 完全な スクラム 変化を受け入 れる側 ハレーション
  16. 16. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. 最初から完全なスクラムが 必要だったのか? 16
  17. 17. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. アジャイル推進の条件:柔軟なやり方 17 形だけのスクラムになりがち スクラム導入のバッチサイズは大きい 3つのロール 5つのスクラ ムイベント 3つの成果物 スクラムも意外と複雑 PMBOKやRUPに比べれば 軽量級かもしれないが…
  18. 18. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. なので、課題を明らかにした上で、その課題を解決する 仕組みとして個別に導入していくのが良さそう。 →メンバーの学習負荷/心理的な障壁も低い。 →スクラムマスターの負荷も低い。 18 納得感も得られやすいし、 ひとつひとつの効果も実感しやすい。 ってボブも言ってた。
  19. 19. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. アジャイル推進の条件: 型に囚われない 19 問題があるけど言い にくい 振り返り会 作ったものがステー クホルダーにイマイ チ伝わっていない スプリント レビュー チームの開発ノウハ ウにバラツキがある ペアプロ モブプロ
  20. 20. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. ちなみにスクラムガイドでは 20
  21. 21. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. アジャイル推進の条件: 型に囚われない 21 Ken Schwaber & Jeff Sutherland(2020) https://scrumguides.org/docs/scrumguide/v2020/2020-Scrum-Guide-Japanese.pdf スクラムって状況をチェックして変化適応して いくことが大事なんじゃなかったっけ? 不変なことってありうる? これだけ世の中変わっているのに? 完全なスクラムでなければスクラムとは言えな いなら、別にスクラムじゃなくてもいいん じゃ? • 適応が大事なのに、適応を拒否している • 「プロセスやツールよりも個人と対話」というアジャイル開発宣言に反している スクラムの自己矛盾
  22. 22. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. なので必ずしもスクラムガイドや 有名な本の通りにやる必要はない と思います 22 完成の定義をクリアし たものしかスプリント レビューしない、なん てない バックログはユーザー ストーリーじゃないと いけない、なんてない ストーリーポイントで 見積もり、ベロシティ を計測しなきゃいけな い、なんてない
  23. 23. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. 23 https://media.lifull.com/campaign_2021052604/
  24. 24. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. でもその前に 24
  25. 25. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. そもそもアジャイルやるのが ベストなんだっけ? 25 定型業務 開発以外の仕事 要件も変わらないし やり方も分かってるPJ 高度な知識を要し、一人 や少人数でやる仕事 差し込みタスク少ない または柔軟にタスクを組 み替えられる
  26. 26. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. 考えるきっかけを作る アジャイル推進の条件その2 26
  27. 27. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. アジャイル推進の条件: 考えるきっかけを作る 27 アジャイル知ってる人 知らない人 知ってる人からすると 解決策は明らかなので すぐ解決策を提示したくなる これやれば解決するよ 知らない人からすると、相手 の言葉がよく分からないた め、無思考で受け入れたり、 ハレーションが起こったりす る 知らない俺がいけないんだ。 不勉強でした、すみません いっつも偉そうなこと ばっかり言ってる アジャイルに限らず、何か新しいことを導入するときには 知っている人と知らない人の間に、力関係(上下関係)が生まれやすい 力関係が障害になり、アジャイルの理解・定着に問題が生じる→アジャイルになれない
  28. 28. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. アジャイル推進の条件: コーチング 28 いっつも見積もりがズレ ちゃうんだよね じゃあプランニン グポーカーやって みようか? どうすればうまく 見積もれると思 う? 1人で見積もって ると限界あるよ ね?
  29. 29. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. • そ こ に 問 題 が あ る と い う こ と に 、 ま ず 気 づ い て も ら う と こ ろ か ら 始 め る • 課 題 を 発 見 し 、 解 決 策 も 分 か っ て い る 場 合 で も 、 ぐ っ と こ ら え る • チ ー ム で 解 決 策 を 話 し 合 い 、 考 え て も ら う 必 要 が あ る • 少 し ず つ ア イ デ ア を 出 し た り す る つまりこれってコーチング • もしかしたら、あなたは問題を取り違えていたかもしれない • もしかしたら、今の解決策よりも良いアイデアが出るかもしれない • 何より、ティーチングよりも深い理解がチームに残る • ハレーションも起きなければ、みんなも納得して進められる アジャイル推進の条件: 考えるきっかけを作る 29
  30. 30. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. 土壌を作る アジャイル推進の条件その3 30
  31. 31. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. アジャイル推進の条件: 土壌を作る 31 変化 拒否反応 MVPって必要? なんでそんなこと考えるの? ユーザーストーリーって面倒く さい。ワイヤーフレームだけで いいじゃん。 スプリントに分割?ガント チャート引けば良くない? 大企業で培われた 「正しいやり方・考え方」 変更するためのコスト 分からないものに対する怖さ 面倒臭さ・胡散臭さ
  32. 32. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. アジャイル推進の条件: 土壌を作る 32 変化を要求 する側 変化を受け 入れる側 なぜ変えるのかを説明する責任
  33. 33. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. 説明するのは大変 33
  34. 34. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. アジャイル推進の条件: 土壌を作る 34 変化を要求 する側 変化を受け 入れる側 変わらない方が良いことを説明する責任 変化 変化 変化 変化 変化 変化 変化 変化を認知している から変化を要求して いる 変化が必要なことを 説明するのではな く、変化の認識を揃 える 変化を積極的に検知 する責任 “DX Criteria” https://dxcriteria.cto-a.org/e5a00d8543af4d87944211603e3ff066#a51bcebb0e8d49b4bf1542f341289575 説明責任の向きを反転させる なぜ変えるのかを説明する責任
  35. 35. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. 35 変化を要求 する側 変化を受け 入れる側 変化 変化 変化 変化 変化 変化 変化 衝突 ここの衝突ではなく アジャイル推進の条件: 土壌を作る この変化に対する認識を 一緒に豊かにしていく
  36. 36. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. 勉強会を開催してみた 36 座学 ワークショップ 合計4日間 (各2時間) 参加者平均40名 (のべ150名)
  37. 37. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. 全社で「アジャイル」の存在が ちょっとだけ近くなった 37 チームに導入してみたいと思った チームで仕事を始める前にみんなで考えたいと思った 読書会をやってみようと思った
  38. 38. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. アジャイル推進の条件: 土壌を作る 38 社内ブログ • 見積もり方法 • アジャイルとウォーター フォールどっちがいいの? 書評 書籍リスト 認定資格の情報 おすすめの勉強会やカ ンファレンスの情報 うまくいったプロジェ クトの紹介(Award) サークルの立ち上げ
  39. 39. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. アジャイル推進の条件: 土壌を作る 39 うまくいかないなぁ 私もあまりうまくいってないけ ど、Aさんのチームはうまく いったみたいですよ そうそう。 こういう事例を使って説明した ら分かってもらえたよ。 なるほど。そういうやり方があ るのか。そんなに僕も間違って はいなかったな。諦めずにやり 方考えてみよう。 ひとりでいろいろ頑張るのはツライ
  40. 40. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. まとめ 40
  41. 41. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. アジャイルを推進できる条件 まとめ 41 型に囚われ ない 考えるきっ かけを作る 土壌を作る
  42. 42. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. 今後の課題 42
  43. 43. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. 今後の課題 43 • 仮説検証型 • アウトカム志向 • アジャイルな動き方が求められる プロダクトづくり • 年間ロードマップ、予算編成、組織のあり方 • 人材育成、ノウハウの蓄積 • 人事制度、評価制度、キャリアパス(PO、SM) • 大規模アジャイル 全社に広げていくのか? • 疎結合アーキテクチャ • 技術的負債 • TDD / ペアプロ・モブプロ • CI/CD 技術力/アーキテクチャ/エンジニアリングカルチャー
  44. 44. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. 最後までお聞きくださり ありがとうございました 44
  45. 45. Copyright© LIFULL All Rights Reserved. 45

2021/06/08 Ltech#17 実録!LIFULLアジャイル導入までの挫折と取り組み 野澤 猛

Views

Total views

547

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

268

Actions

Downloads

3

Shares

0

Comments

0

Likes

0

×