Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

【Ltech#7 】LIFULLにおけるSalesforceの歴史+開発環境まわりについて

787 views

Published on

2019/6/20 Ltech#7 Salesforce de 夜ふかし
CoEユニット 企画開発グループ
2018年5月中途入社 Salesforceエンジニア 市来 亮
LIFULLでSalesforceを利用し始めた2013年ごろから現在に至るまで、どのように活用してきたかをお話しします。 また、LIFULLでのSalesforceの開発環境周り・リリースフローなどについてもお話しします。
▼所持資格
Platform App Builder
Platform Developer II
Sales Cloud Consultant
Service Cloud Consultant

Published in: Technology
  • Be the first to comment

【Ltech#7 】LIFULLにおけるSalesforceの歴史+開発環境まわりについて

  1. 1. LIFULLにおけるSalesforceの歴史 + 開発環境まわりについて 2019/06/20 情報システム部 CoEユニット 市来 亮介
  2. 2. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。2 自己紹介 市来 亮介(いちき りょうすけ) 2012/06:Salesforceの開発に携わり始める Salesforceの資格をいくつか取得 • Platform App Builder • Platform Developer II • Sales Cloud Consultant • Service Cloud Consultant 2018/05:LIFULL入社 CoEユニットに所属し、社内のSalesforceの開発・運用を行っている ※CoE:Center Of Excellence
  3. 3. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。3 1. LIFULLにおけるSalesforceの歴史 2. LIFULLでの開発環境・開発フローについて
  4. 4. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。4 Salesforceとは 全世界No.1の営業・サポート・マーケティングに特化した クラウド型のビジネスアプリケーション。 マーク・ベニオフ氏 これからはNO SOFTWARE 34歳の1999年3月 賃貸アパートの1室でセールスフォース・ドットコムを起業 2019年1月期 約133億ドル 超簡単なCRMとしてスタート 2014 CommunityCloud → HOME'S PRO立ち上げ 2015 ServiceCloud → コールセンタで活用 2016 MarketingCloud 2013? force.com → 営業がSFA利用開始 LIFULLとSalesforceの 簡易年表
  5. 5. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。5 LIFULLにおけるSalesforceの歴史
  6. 6. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。6 LIFULLでのSalesforce 始めの一歩 HOME’S PRO 利用者:不動産会社の人 CommunityCloudを活用し、 不動産関係者が問題解決のコミュニケーションを行う場 としてスタート 不動産関係者の業務上の問題も解決できる場として、 アプリケーション認証基盤としての機能追加 SFA 利用者:LIFULL営業マン SalesCloudを活用し、営業が売上やクライアントを管理 するためのCRM(顧客管理システム)として利用 2013年頃? 2014年
  7. 7. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。7 Client Platform(CPF) HOME'S PRO 取引先(会員) PRO ID(利用者) SFA 取引先(店舗) 取引先責任者(お客様) 商談(売上) サービス 営業不動産会社 同じものを表している 当初、別々に利用していました CRM(売上、顧客管理)サービス管理 HOME'S Manager B2Bなどの アプリケーション 利用
  8. 8. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。8 組織の統合 HOME’S PRO 取引先(会員) 取引先責任者 PRO ID(利用者) 商談(売上) サービス 営業 不動産会社 2017年 統合しました 大事なのは顧客と営業が繋がったと言う事 そしたら何が出来る?
  9. 9. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。9 CPF 取引先(会員) 取引先責任者 PRO ID(利用者) 商談(売上) サービス 営業 不動産会社 オンラインでの受注 請求書処理へデータ連携 メールマーケティング レポートの提供 オンラインでのサポート DWHでデータ分析 営業戦略に活用 HOME'S PRO から クライアントプラットフォームへ(CPF) HOME'S Manager B2Bなどの アプリケーション 利用 バックオフィス マーケター
  10. 10. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。10 集まってきました CPF 取引先(会員) 取引先責任者 PRO ID(利用者) 商談(売上) サービス 取引を開始するには審査が必要 取引先審査G GreenID検索システム 営業統括G 販売管理システム 経理G 契約したら請求が必要 みんないるなら 経費精算もSFで 日次採算G チームスピリット 生産性を測りたい +LIFULL社員全員 オンラインでの受注 メールマーケティング レポートの提供 オンラインでのサポート カスタマーサポートG サポートもSFで 連携 移管予定 統合 活用 合理化
  11. 11. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。11 HOME'S サービス 基幹系システム マーケティング 人が結合させていた情報を
  12. 12. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。12 HOME'S サービス 基幹系システム マーケティング 人が結合させていた情報を Salesforce Salesforceが繋ぐ形に
  13. 13. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。13 Salesforce サービスとバックオフィスの融合 LIFULL 社内インフラ化へ 情報が循環しながら蓄積されるプラットフォーム 反響行動データ Pardot Marketing Cloud 分析
  14. 14. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。14 関わる人が増えてきているなかで、 LIFULLはどのように開発を行っているのか?
  15. 15. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。15 LIFULLでの 開発環境・開発フローについて
  16. 16. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。16 はじめに • LIFULLのSalesforce開発事情 – 基本的に内製で開発 – リリースは毎週1~3回 – 開発はCoEユニット内だけではなく、 複数の部署で行っている。 – Salesforceのエンジニアは20数名(業務委託含む)
  17. 17. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。17 起案からリリースまで 1. 新規/変更案件を起票 2. CABにて起案内容の方針承認 3. 開発 4. CABにて開発内容の変更承認 5. 本番リリース
  18. 18. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。18 起案からリリースまで 1. 新規/変更案件を起票 2. CABにて起案内容の方針承認 3. 開発 4. CABにて開発内容の変更承認 5. 本番リリース CABって?
  19. 19. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。19 CABって • CAB=Change Advisory Board – 変更諮問委員会 追加・変更を行う上で統制を図る組織 – 変更内容を様々な観点から評価し、Salesforce組織 の統制を図る目的 • 審議している内容 – 開発ポリシーに沿っているか – データのアクセス権限や実行権限が適切か – 全体最適であるか – 追加・変更内容の効果がどれくらいあるか などなど
  20. 20. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。20 起案からリリースまで 1. 新規/変更案件を起票 2. CABにて起案内容の方針承認 3. 開発 4. CABにて開発内容の変更承認 5. 本番リリース
  21. 21. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。21 Salesforce開発のつらいところ ソース管理がしにくい
  22. 22. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。22 Salesforce開発のつらいところ ソース管理がしにくい理由(と思っていること) • ポイント&クリックでいろいろ作れる • ソースコードもSalesforce上で直接修正できる • 年3回のメジャーバージョンアップで機能がどんどん増える Salesforceのいいところでもある!
  23. 23. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。23 LIFULLでのソース管理 ※VF=Visualforce
  24. 24. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。24 いまいちなところ Gitのソース=本番のソースではない – GitでApex、Visualforceは管理しているけど、 その他のMetadataは管理していない – 結局本番環境の設定が正としている
  25. 25. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。25 • これからやりたいこと – SalesforceDXを用いた開発フローに変更 – CIを導入
  26. 26. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。26 ご清聴ありがとうございました

×