Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

【LIFULL HOME'S事例トーク】LIFULLが進めるデータドリブンマーケティング~WEB/店舗/LINE・・多チャネルサービス展開に必要なLIFULLのマーケティングテクノロジーとは

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad

Check these out next

1 of 13 Ad

【LIFULL HOME'S事例トーク】LIFULLが進めるデータドリブンマーケティング~WEB/店舗/LINE・・多チャネルサービス展開に必要なLIFULLのマーケティングテクノロジーとは

Download to read offline

2019/12/17 
【LIFULL HOME'S事例トーク】LIFULLが進めるデータドリブンマーケティング~その戦略と実践〜
LIFULL HOME'S事業本部 オムニチャネルマーケティングユニット長
菅野 勇太 

2019/12/17 
【LIFULL HOME'S事例トーク】LIFULLが進めるデータドリブンマーケティング~その戦略と実践〜
LIFULL HOME'S事業本部 オムニチャネルマーケティングユニット長
菅野 勇太 

Advertisement
Advertisement

More Related Content

More from LIFULL Co., Ltd. (20)

Recently uploaded (20)

Advertisement

【LIFULL HOME'S事例トーク】LIFULLが進めるデータドリブンマーケティング~WEB/店舗/LINE・・多チャネルサービス展開に必要なLIFULLのマーケティングテクノロジーとは

  1. 1. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . WEB/店舗/LINE・・多チャネルサービス展開に 必要なLIFULLのマーケティングテクノロジーとは 2019年12月17日
  2. 2. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d .
  3. 3. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . 「世界一のライフデータベース & ソリューション・カンパニーへ」 スローガン
  4. 4. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . ソリューションの2つの考え方 4 ① 事業やサービス単位としてのソリューション 各事業がテーマとして定めた社会課題を解決していくサービス群。 100社規模での展開を目指す。 ② ユーザー単位としてのOne to Oneソリューション 各サービスが、より「一人ひとりのLIFE」に相応しい形で提供されることを目指す。 今回の講演は、②のOne to Oneソリューションの 仕組みづくりの考え方についてご紹介
  5. 5. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . ソリューションの提供イメージ 5
  6. 6. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . 多チャネル展開に必要なマーケティングテクノロジー 6
  7. 7. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . 7Copyright© LIFULL All Rights Reserved. これが本当に One to Oneソリューションなのか? テクノロジーの使い方これであってる?
  8. 8. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . One to Oneソリューションという“幻想”を解体する 8 「あらゆるLIFEを、FULLに。」 一人ひとり全く事情が違う住み替えの悩みに、One to Oneで応えたい。 これまで絶対視してきたフレームワーク「カスタマージャーニー」は、ユーザー行動 のパターン化という、One to Oneとは矛盾する作業が内在することに気づいた。 カスタマージャーニーの解体結果 :「パターン化」して「汲み取る」 本来のOne to Oneマーケティング:「パターン化」ができないから「聞き取る」 LIFULLとしては 巷で推奨されてきたOne to Oneマーケティングという幻想からむしろ脱却すべき。 ※CJMは全くダメかというとそうではなくて、実は「One to Segment」の効率化ツールであり、不足しているサービスや機能を埋めていくためには役立つツール だと思います。ある意味でCJMはOne to Oneの幻想を潔く受け入れている点で個人的には好きです。
  9. 9. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . One to Oneソリューションの「脱構築」へ 9 「LIFULLのビジョンと真摯に向き合う」 この作業が、結果としてこれまで私自身が作り上げてきた、 One to Oneソリューションのフレームワークをむしろ足枷としてディスラプトした。 類推かつルールベースでの一方向性のコミュニケーションを前提とした テクノロジーの使い方では、成長に限界がある。 『ユーザーに率直に聞く』 確定ベースの双方向性コミュニケーションへと舵を切る
  10. 10. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . 10Copyright© LIFULL All Rights Reserved. 真のOne to Oneソリューション実現のためには あらゆるチャネルにおいて 双方向コミュニケーションシステムが必要!
  11. 11. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . サービス例:LINEを活用した対話型エージェントへの挑戦 11 検討初期ユーザーのアバウトなニーズを具体化していくヒアリングのプロセスとして、不動 産仲介会社の店頭接客を模し「物件をざっくり好きか嫌いか選ばせて絞り込むUI」を開発。
  12. 12. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . (参考:この話は Agenda Note でたっぷりと連載寄稿しています) 12
  13. 13. C o p y r i g h t © L I F U L L C o . , L t d . A l l R i g h t s R e s e r v e d . Fin. 13

Editor's Notes

  • ただ単に、あらゆるチャネルからユーザーとコミュニケーションが取れるようにすることは容易い。
    難しいのは、この状況でどのようなコミュニケーションのシナリオを考案するか?ということ。
    AIが優れているからといって、流石に全体最適されたシナリオの自動生成はまだ先の未来の話。

×