Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ライブラリ作成のすゝめ - 事例から見る個人OSS開発の効能

7,331 views

Published on

for students.

Published in: Technology
  • Be the first to comment

ライブラリ作成のすゝめ - 事例から見る個人OSS開発の効能

  1. 1. 河合 宜文 / Kawai Yoshifumi / @neuecc Cysharp, Inc. Cygames C#大統一理論 C#
  2. 2. 作ろう、公開しよう なぜ? ・知識を深めるため => エンジニアとしての実力の向上 ・キャリアを作るため => より高い地位や収入 両者が合わされば、更により大きなことができるようになります! なにを、どうやって、どのように? ということ、私自身を事例として紹介していければと思っています
  3. 3. #01 2009-04-04 linq.js https://github.com/neuecc/linq.js #02 2009-10-29 AnonymousComparer https://github.com/neuecc/AnonymousComparer #03 2010-04-07 DbExecutor https://github.com/neuecc/DbExecutor #04 2010-04-30 DynamicJson https://github.com/neuecc/DynamicJson #05 2010-07-15 XStreamingReader https://github.com/neuecc/XStreamingReader #06 2010-09-12 ReactiveOAuth https://github.com/neuecc/ReactiveOAuth #07 2011-02-22 ChainingAssertion https://github.com/neuecc/ChainingAssertion #08 2011-10-17 ReactiveProperty https://github.com/runceel/ReactiveProperty
  4. 4. #09 2012-02-18 ImplicitQueryString https://github.com/neuecc/ImplicitQueryString #10 2012-04-02 HashMapper http://hashmapper.codeplex.com/ #11 2012-12-03 MemcachedTranscoder https://github.com/neuecc/MemcachedTranscoder #12 2013-02-27 AsyncOAuth https://github.com/neuecc/AsyncOAuth #13 2013-04-05 CloudStructures https://github.com/neuecc/CloudStructures #14 2013-12-06 OwinRequestScopeContext https://github.com/neuecc/OwinRequestScopeContext #15 2013-12-08 Owin.RedisSession https://github.com/neuecc/Owin.RedisSession #16 2013-12-23 LightNode https://github.com/neuecc/LightNode
  5. 5. #17 2013-12-23 RespClient https://github.com/neuecc/RespClient #18 2014-05-28 UniRx https://github.com/neuecc/UniRx #19 2014-09-24 LINQ to BigQuery https://github.com/neuecc/LINQ-to-BigQuery #20 2014-10-28 LINQ to GameObject https://github.com/neuecc/LINQ-to-GameObject-for-Unity #21 2015-01-14 Open on GitHub https://github.com/neuecc/Open-on-GitHub #22 2015-03-30 NotifyPropertyChangedGenerator https://github.com/neuecc/NotifyPropertyChangedGenerator #23 2015-11-03 EtwStream https://github.com/neuecc/EtwStream #24 2016-03-18 SerializableDictionary https://github.com/neuecc/SerializableDictionary
  6. 6. #25 2016-05-23 MarkdownGenerator https://github.com/neuecc/MarkdownGenerator #26 2016-05-31 PhotonWire https://github.com/neuecc/PhotonWire #27 2016-06-07 ObserveEveryValueChanged https://github.com/neuecc/ObserveEveryValueChanged #28 2016-11-08 ZeroFormatter https://github.com/neuecc/ZeroFormatter #29 2017-01-09 MasterMemory https://github.com/neuecc/MasterMemory #30 2017-03-05 RuntimeUnitTestToolkit https://github.com/neuecc/RuntimeUnitTestToolkit #31 2017-03-13 MessagePack for C# https://github.com/neuecc/MessagePack-CSharp #32 2017-04-20 ReMotion https://github.com/neuecc/ReMotion
  7. 7. #33 2017-04-24 DatadogSharp https://github.com/neuecc/DatadogSharp #34 2017-06-05 MagicOnion https://github.com/Cysharp/MagicOnion #35 2017-07-09 MicroResolver https://github.com/neuecc/MicroResolver #36 2017-08-18 MySqlSharp https://github.com/neuecc/MySqlSharp #37 2017-09-27 Utf8Json https://github.com/neuecc/Utf8Json #38 2018-02-16 HyperMapper https://github.com/neuecc/HyperMapper #39 2019-04-05 ConsoleAppFramework https://github.com/Cysharp/ConsoleAppFramework #40 2019-03-28 Ulid https://github.com/Cysharp/Ulid
  8. 8. #41 2019-05-06 RandomFixtureKit https://github.com/Cysharp/RandomFixtureKit #42 2019-05-27 LitJWT https://github.com/Cysharp/LitJWT #43 2019-06-06 UniTask https://github.com/Cysharp/UniTask #44 2019-08-26 ValueTaskSupplement https://github.com/Cysharp/ValueTaskSupplement #45 2020-01-30 ProcessX https://github.com/Cysharp/ProcessX #46 2020-02-19 ZString https://github.com/Cysharp/ZString #47 2020-05-01 ZLogger https://github.com/Cysharp/ZLogger
  9. 9. 車輪の再発明をしよう 世の中、新しいものはない、全ては何かの再発明 そして自分で実装することが深くその領域を知ることになる LINQをJavaScriptに移植(linq.js) → LINQについて RxをUnityに移植(UniRx) → Rxについて, Unityについて ORM作成(DbExecutor) → 低レベルDB操作(ADO.NET)について MySQL Driver作成(MySqlSharp) → MySQLプロトコルについて Webフレームワーク作成(LightNode) → HTTP/1について gRPCフレームワーク作成(MagicOnion) → gRPCとHTTP/2について
  10. 10. 小さくっても全然良い AnonymousComparer DynamicJson XStreamingReader ChainingAssertion ImplicitQueryString OwinRequestScopeContext RespClient SerializableDictionary ObserveEveryValueChanged Ulid
  11. 11. 経験値を貯めよう 小さなライブラリでの経験が、大きなライブラリに繋がる リリースを乗り越えていくことが大きな能力向上に繋がる 人に見せるものを意識する 「自分のために作ってる」ではなく、人が使うことを意識する コードの書き方、見せ方、ウリを作るための機能の取捨、他人に 使ってもらうことを意識すると考え方の吸収がだいぶ違ってくる 機会はそんなに多くない!(10年間で、ある意味「たった」40回) なので、一つ一つの機会を大事にして欲しい
  12. 12. 人が使うものを意識して作る 多くの人が使うことで、多くの人の視点を得られる (普通のOSSはコントリビュートは得られません!けれど、Issueを 報告してもらうと、自分とは違う別の視点を得ることができます) なので、人が使って有益なものにするため差別化要素を設ける ・他言語からの移植 → その言語のエコシステムにはないもの ・単機能(シンプル/イージー)→ 複雑でない = 最高の機能 ・ハイパフォーマンス → 性能 = 最高の機能 得られる体験を
  13. 13. LINQってJavaScriptでもできそうだね やるからには勝ちたい
  14. 14. LINQってJavaScriptでもできそうだね やるからには勝ちたい
  15. 15. 枯れた技術の水平思考 「世の中、新しいものはない、全ては何かの再発明」 「小さなライブラリでの経験が、大きなライブラリに繋がる」 自分自身の経験からバリエーションを産む 経験を血肉にする 何度も似たようなテーマを重ねることで、 より、その領域で深い洞察を繰り出すことができる そして完成度の高いライブラリを生み出すことができる 結果多くの支持を得られて多くのフィードバックが得られる それが更に深い視点を得られて完成度が更に上がり能力も高まる
  16. 16. 枯れた技術の水平思考 「世の中、新しいものはない、全ては何かの再発明」 「小さなライブラリでの経験が、大きなライブラリに繋がる」 自分自身の経験からバリエーションを産む 経験を血肉にする 何度も似たようなテーマを重ねることで、 より、その領域で深い洞察を繰り出すことができる そして完成度の高いライブラリを生み出すことができる 結果多くの支持を得られて多くのフィードバックが得られる それが更に深い視点を得られて完成度が更に上がり能力も高まる
  17. 17. AnonymousComparer UniRx LINQ to BigQuery LINQ to GameObject EtwStream ReactiveProperty linq.js
  18. 18. AnonymousComparer UniRx LINQ to BigQuery LINQ to GameObject EtwStream ReactiveProperty linq.js
  19. 19. LightNode PhotonWire MagicOnion ConsoleAppFramework DbExecutor
  20. 20. LightNode PhotonWire MagicOnion ConsoleAppFramework DbExecutor
  21. 21. ZeroFormatter MessagePack-CSharp Utf8Json MySqlSharp HyperMapper MicroResolver Ulid DynamicJson
  22. 22. ZeroFormatter MessagePack-CSharp Utf8Json MySqlSharp HyperMapper MicroResolver Ulid DynamicJson
  23. 23. むしろ小さくなければならない
  24. 24. むしろ小さくなければならない
  25. 25. むしろ小さくなければならない
  26. 26. 自分自身の技術に拘泥しない 時代の変化で、当時良いものもいつか必ず老朽化する 永遠に良いソフトウェアなどない、作った瞬間から腐敗は始まる レガシー化した自分の技術に拘ってるのは時間を無駄にすること 良いものには乗っかり、捨てるべきタイミングを誤らない 捨てるためにも小さく作る 小さければ小さいほど「捨てやすい」 これはOSSじゃなく会社の共通ライブラリを作るときなどもそう 薄く、小さく作り、捨てる時は躊躇なく捨てることがなにより大事 厚いライブラリは厚いというだけで大きなマイナスを背負っている
  27. 27. 自分自身の技術に拘泥しない 時代の変化で、当時良いものもいつか必ず老朽化する 永遠に良いソフトウェアなどない、作った瞬間から腐敗は始まる レガシー化した自分の技術に拘ってるのは時間を無駄にすること 良いものには乗っかり、捨てるべきタイミングを誤らない 捨てるためにも小さく作る 小さければ小さいほど「捨てやすい」 これはOSSじゃなく会社の共通ライブラリを作るときなどもそう 薄く、小さく作り、捨てる時は躊躇なく捨てることがなにより大事 厚いライブラリは厚いというだけで大きなマイナスを背負っている
  28. 28. キャリアパスと生存戦略
  29. 29. 結果としてキャリアに繋がった https://github.com/neuecc/Resume 2008 新卒入社 2011 Microsoft MVP for C#受賞 2012 gloops入社 2012 Grani設立, CTO 2018 Cysharp設立, CEO/CTO
  30. 30. 結果としてキャリアに繋がった https://github.com/neuecc/Resume 2008 新卒入社 2011 Microsoft MVP for C#受賞 2012 gloops入社 2012 Grani設立, CTO 2018 Cysharp設立, CEO/CTO
  31. 31. 結果としてキャリアに繋がった https://github.com/neuecc/Resume 2008 新卒入社 2011 Microsoft MVP for C#受賞 2012 gloops入社 2012 Grani設立, CTO 2018 Cysharp設立, CEO/CTO
  32. 32. 結果としてキャリアに繋がった https://github.com/neuecc/Resume 2008 新卒入社 2011 Microsoft MVP for C#受賞 2012 gloops入社 2012 Grani設立, CTO 2018 Cysharp設立, CEO/CTO
  33. 33. 結果としてキャリアに繋がった https://github.com/neuecc/Resume 2008 新卒入社 2011 Microsoft MVP for C#受賞 2012 gloops入社 2012 Grani設立, CTO 2018 Cysharp設立, CEO/CTO
  34. 34. 最初は「LINQの人」として linq.jsが名刺代わりの一品として機能した 継続的な情報発信をLINQ中心に展開して立ち位置を確立した 「Unity」で知名度を得るために UniRxが名刺代わりの一品として機能した Unityは(.NET Frameworkの)C#とは別の文化圏で、人も違う 知名度ゼロからスタートするのにUniRxが媒介になった 今は「パフォーマンスの人」として MessagePack for C#が名刺代わりの一品として機能した C#のエキスパートと認識されるためには性能は一番分かりやすい
  35. 35. linq.js, UniRx, LINQ to GameObject, LINQ to BigQuery LINQとは何であるかの掲示 ReactiveProperty MVVMへの異質なアプローチ NotifyPropertyChangedGenerator Roslyn時代のコーディング手法 LightNode, PhotonWire, MagicOnion 現代的な観点でのRPCの再評価 MessagePack for C#, Utf8Json 真に高速なシリアライザの証明 ライブラリは思想の塊であり、 言葉だけよりも、むしろずっと 流暢に語ってくれる 言葉に、より強い証明、よ り強力な説得力をもたらす ブログだけ、Qiitaだけ、講演だけで は成し得ない立ち位置を作りやすい
  36. 36. C#大統一理論 現在のメインテーマで、MagicOnionがそれを表現する クライアントとサーバーを、API通信とリアルタイム通信を 全てをC#で統合するという夢想を具現化 理想は、理想だけでは実現できない 現実に実現するためのフレームワークを作り提供する 世界中の人に使ってもらうような ワールドスタンダードを自分が作るという気概でやっている
  37. 37. 手触り駆動設計(Scenario First, API First) ライブラリにおいて何が一番大事かというと、APIの手触り 私にとって設計とは良いPublic APIの手触りを考えることから ・最も頻度の高いユースケースで直感的で最短 ・入力補完でガイドされ機能が想像つく その後に APIの手触りを損ねない拡張性を組み込んでいく
  38. 38. 手触り駆動設計(Scenario First, API First) ライブラリにおいて何が一番大事かというと、APIの手触り 私にとって設計とは良いPublic APIの手触りを考えることから ・最も頻度の高いユースケースで直感的で最短 ・入力補完でガイドされ機能が想像つく その後に APIの手触りを損ねない拡張性を組み込んでいく
  39. 39. Conclusion
  40. 40. GitHubだけが全ての指標ではない 表に名前の出ていない凄腕の人はいっぱいいる 企業での大きな仕事でしか得られない経験もある しかし近道ではある 全体的には、どんどんオープンな世界に近づいている また、誰にでも平等にチャンスがある (良い環境で良い仕事に恵まれていなくても、一発逆転できる)
  41. 41. 未来の競合になる 作り出したものは、未来の誰かのリファレンスになる それは、その領域を進化させる鍵になれるということ そして自分のためになる ただの社会貢献だけではなく 自分の実力向上に繋がり、キャリアの成功に繋がっていくでしょう 競合を調べまくって、他所より完璧に、最高の機能を載せる 何度も似たようなテーマを重ね完成度の高いライブラリを生み出す

×