セミナー勉強会カレンダー <ul><li>http://textcode.vs.land.to/SEMIBEN/ </li></ul>JGGUG 荻窪支部長  @nemo_kaz
IT勉強会カレンダー <ul><li>IT 勉強会カレンダー </li></ul><ul><ul><li>おかけで助かってます </li></ul></ul><ul><ul><li>しかし、個人の努力に依存し続けて良いものか </li></ul...
SEMIBEN: 7月1日サービスイン
動作原理 加点 減点 「クラウドなう」の辞書で評価 IT系のみ選別 例:   減点 : 「テストです」 加点 : 「テスト駆動」 Google Data APIで カレンダー更新 ATNDの新規登録を監視
中身: オブジェクト指向レス開発 <ul><li>脳負荷を軽くしたい </li></ul><ul><li>オブジェクト指向で考えない </li></ul><ul><li>テキトーに作ったコードを、 くっつけていけばOK </li></ul><u...
new  すればいいだけなのだが・・ class   Hello  { static   void  main(args) {   World wd =  new  World() wd. greet (“ world! &quot;) } }...
単なるファイル間呼び出し shell = new GroovyShell(binding) result = shell.evaluate(new File('Child.groovy')) println result 親側 World は ...
<ul><li>Have a Groovy Day! </li></ul>
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Groovyでセミナー勉強会カレンダー

2,432 views

Published on

JGGJG Summer 2010 meetup

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,432
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
6
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Groovyでセミナー勉強会カレンダー

  1. 1. セミナー勉強会カレンダー <ul><li>http://textcode.vs.land.to/SEMIBEN/ </li></ul>JGGUG 荻窪支部長 @nemo_kaz
  2. 2. IT勉強会カレンダー <ul><li>IT 勉強会カレンダー </li></ul><ul><ul><li>おかけで助かってます </li></ul></ul><ul><ul><li>しかし、個人の努力に依存し続けて良いものか </li></ul></ul><ul><ul><li>もはや社会インフラ </li></ul></ul><ul><ul><li>大事なものはクラスタリング </li></ul></ul><ul><ul><li>IT の課題は、 IT で解決する </li></ul></ul><ul><li>NOKIA の Vanjoki 氏 </li></ul><ul><ul><li>「良いものはプライドをもって模倣する」 </li></ul></ul>
  3. 3. SEMIBEN: 7月1日サービスイン
  4. 4. 動作原理 加点 減点 「クラウドなう」の辞書で評価 IT系のみ選別 例:  減点 : 「テストです」 加点 : 「テスト駆動」 Google Data APIで カレンダー更新 ATNDの新規登録を監視
  5. 5. 中身: オブジェクト指向レス開発 <ul><li>脳負荷を軽くしたい </li></ul><ul><li>オブジェクト指向で考えない </li></ul><ul><li>テキトーに作ったコードを、 くっつけていけばOK </li></ul><ul><li>単なる機能分割 </li></ul>
  6. 6. new すればいいだけなのだが・・ class Hello { static void main(args) {   World wd = new World() wd. greet (“ world! &quot;) } } 親側 World は Java クラス class World { public void greet (String arg) {     println(“Hello “ + arg); } } 子供側 実行結果 : Hello world Groovy!
  7. 7. 単なるファイル間呼び出し shell = new GroovyShell(binding) result = shell.evaluate(new File('Child.groovy')) println result 親側 World は Java クラス Hashtable hash=[:] hash.put(&quot;ANSWER1&quot;, 1) hash.put(&quot;ANSWER2&quot;, &quot; 答え &quot;) return hash 子供側 Child.groovy 実行結果 : [ANSWER2:答え, ANSWER1:1] 連想配列渡し
  8. 8. <ul><li>Have a Groovy Day! </li></ul>

×