Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

【第17回八子クラウド座談会 LT】CloudConductor+VDCのご紹介

1,574 views

Published on

第17回八子クラウド座談会でLTした資料です

Published in: Technology
  • Be the first to comment

【第17回八子クラウド座談会 LT】CloudConductor+VDCのご紹介

  1. 1. アジャイルなインフラ運⽤用とクラウドロックインの打破  -‐‑‒  CloudConductor  +  VDCのご紹介  -‐‑‒ 2015年年6⽉月6⽇日 TIS株式会社  戦略略技術センター  松井暢之 第17回  ⼋八⼦子クラウド座談会「IoT・IoE時代のデータ利利⽤用」 第4部  ライトニングトーク
  2. 2. 2 松井  暢之(まつい のぶゆき) TIS株式会社 戦略技術センター 〜~2003 2003〜~2008 2009 2010〜~2012 2013〜~ 2015〜~ 現場PJでアーキテクト兼モデラー兼プログラマ兼…を歴任 基盤技術センター(現戦略略技術センター)で不不芳PJの⽕火消しに奔⾛走 全社⽣生産性向上の企画策定に従事 オープンでエッジな技術を活⽤用した事業企画に従事 Cloud  Orchestrator  “CloudConductor®”  の企画開発とOSS化開始 IoT・IoEのオーケストレーション関連の研究開発を開始 http://cloudconductor.org nbyk.matsui nmatsui nbyk.matsui@n_matsui
  3. 3. クラウドを取り巻く状況 3 クラウドは 永遠ではない
  4. 4. パブリッククラウドの市場推移 l  AWSの⼀一⼈人勝ちだが、Microsoftが急速に追い上げてきている l  ⼀一⽅方、厳しい戦いを強いられているクラウドも多い 4 LEADERS: CHALLENGERS:市場ニーズに対応する成熟した製品をリリース しており、市場が進化した場合でもリーダーの 座を維持できるビジョンを明⽰示している 実⾏行行能⼒力力に優れているが、新たな顧客に最新 かつ強⼒力力な価値を提案する戦略略を⽋欠く VISIONARIES: NICHE  PLAYERS: 市場の進化に関するビジョンを持っているが、 ビジョンを実現する能⼒力力が実証されていない 特定の市場セグメントで成功を収めているか、 またはイノベーションを実現する能⼒力力や競合 他社を上回るために必要な能⼒力力が限られている 出展:Gartner  “Magic  Quadrant  for  Cloud  Infrastructure  as  a  Service“  2012年年度度〜~2015年年度度を加⼯工 公開時に図表を削除
  5. 5. プライベートクラウドの市場推移 l  実際に利利⽤用しているプライベートクラウドはVMWare製品が多いが、 検証中・計画中も合わせるとOpenStackも⽐比肩する l  エンジニアが注⽬目するOSSクラウド基盤ツールはOpenStackが⽀支配的 で、CloudStackやEucalyptusの将来は厳しいと⾔言わざるを得ない 5 出展:RightScale  “Cloud  Computing  Trends“  2014年年と2015年年を加⼯工 出展:婉兮清扬 “CY15-‐‑‒Q1  Community  Analysis“  を加⼯工 公開時に図表を削除 公開時に図表を削除
  6. 6. クラウドを取り巻く状況 6 今後クラウドの 乗り換えが 必要となる (場合も)
  7. 7. SIerとクラウド 7 (多くの)SIerは(まだ) クラウドを⼗十全に 活⽤用できていない
  8. 8. SIにおけるクラウド活⽤用の現実 l  ウォーターフォールなインフラ運⽤用プロセスを引きずったまま、単な る仮想化基盤としてクラウドを⽤用いている 8 プライベートクラウド 運用担当 基盤担当 システム管理担当 保守担当 統合運用監視システム 担当 作業フロー 業務システム 開発者 クラウド基盤 保守 キ ッ ク オ フ ヒアリング シート記入 ヒアリング シート確認 マシン作成 報告書作成 マシン作成 報告書確認 マシン作成 マ シ ン 確 認 1~∼2週間(3~∼5⼈人⽇日) 1~∼2週間(3~∼5⼈人⽇日) 1週間(2~∼3⼈人⽇日) 1週間(2~∼3⼈人⽇日) 0.5~∼1週間(1~∼3⼈人⽇日)構築準備  4.5~∼7週間(11~∼19⼈人⽇日) 0.2~∼0.5週間(1~∼2⼈人⽇日) 1週間(1~∼3⼈人⽇日) 出展:TIS,  “運⽤用側⾯面からのCloudConductor調査“       2014-‐‑‒03,  http://download.cloudconductor.org/  whitepaper/運⽤用側⾯面からのCloudConductor評価.pdf 構築作業  0.2~∼0.5週間(1~∼2⼈人⽇日) 構築確認  1週間(1~∼3⼈人⽇日)
  9. 9. アジャイルなインフラ運⽤用プロセス 9 SIでのインフラ運⽤用のプロセスを クラウドロックインされない形で アジャイル化し クラウドに適合させて、 初めてクラウドの効果が得られる
  10. 10. アジャイルなインフラ運⽤用プロセス l  インフラ運⽤用の設計ノウハウを標準化し、⾃自「働」化されたパターン として実装することで、インフラ運⽤用のプロセスをアジャイル化する 10 アジャイル開発 プロセス アジャイル運用 プロセス設計 開発 検証 設計 自働構築 自律運用 リリース 運用標準 (QMS/ITIL、SLAレベル、業務継続計画(BCP)、クラウドポートフォリオ) インフラ方式標準 (冗長化方式、負荷分散方式、DR/バックアップ方式、ネットワーク設計、統合ログ管理方式、統合監視方式等) 標準運用を含むインフラパターン (Build/Bootstrap/Test  Scripts,  Configuration  Parameters,  ...) パターン化された設計、自「働」化された構築、標準化された運用 (Hypervisor,  Orchestrator  =  CloudConductor,  Platform-as-a-Service,  ...) ミドルウェア標準 (Web/APサーバ、RDBMS、冗長化ソフトウェア、認証認可システム、統合ログ管理システム、統合監視システム等)
  11. 11. アジャイルなインフラ運⽤用を実現するためのツール 11 アジャイルなインフラ運⽤用 を実現するための クラウドフリーなツール が欲しい!
  12. 12. アジャイルなインフラ運⽤用を実現するためのツール l  デザイン指向クラウドオーケストレータ  CloudConductor l  インフラ運⽤用のノウハウを込めたパターンから、いつでも誰でも その時点で最適な⾮非機能要件を持ったシステムを簡単に構築する 12
  13. 13. アジャイルなインフラ運⽤用を実現するためのツール l  仮想データセンター  VDC(Virtual  DataCenter) l  クラウドの差異異を吸収し、クラウドの存在を意識識することなく 「単⼀一のDCを指定したAPIで操作している」かのように扱う 13 ・・・ 仮想データセンター(VDC) クラウドを跨った資源管理理(仮想マシン・仮想ネットワーク・仮想ストレージ等) クラウドA⽤用のドライバ ハードウェア資源(クラウドA) クラウドB⽤用のドライバ ハードウェア資源(クラウドB) VDC  API OpenStack  on  VDC OpenStack  API OpenStack  APIで資源管理理 仮想マシン Docker  on  VDC Docker  API Docker  APIで資源管理理 コンテナ ・・・ 鋭意開発中
  14. 14. アジャイルなインフラ運⽤用を実現するためのツール l  CloudConductor  +  VDC l  複雑なシステムをクラウドの差異異を意識識せず容易易に構築できる 14 VM VM VM VM VM VM 仮想ストレージ VM VM VM VM VM VM 仮想ストレージ システムを記述したパターン システム  on  VDC パターンから⾃自動構築 されたシステム ・・・ 仮想データセンター(VDC) クラウドを跨った資源管理理(仮想マシン・仮想ネットワーク・仮想ストレージ等) クラウドA⽤用のドライバ ハードウェア資源(クラウドA) クラウドB⽤用のドライバ ハードウェア資源(クラウドB) VDC  API ・・・ システム  on  VDC 鋭意開発中
  15. 15. プレスリリースも出しました 15 詳細は、先⽇日 ㈱あくしゅと共同発表した プレスリリースを ご覧ください (http://www.tis.co.jp/news/2015/20150525_̲1.html)
  16. 16. 例例えば、CloudConductor+VDCで 16 クラウドフリーで PaaS的かつ 従来のノウハウが通⽤用 するインフラ運⽤用 が実現できる
  17. 17. l  システムの鋳型(ボイラープレート)によるサービスの個社展開 l  サーバやNW、各種ミドルウェアやフレームワーク、初期データや 運⽤用スクリプトなど、「アプリ以外」を全てをパッケージング l  「開発したアプリをデプロイするだけ」という視点はPaaSに似て いるが、構築されたシステムは従来通りのノウハウで運⽤用できる FW Apache2 HTML WEB JS JVM Tomcat Spring  FW pgpool-‐‑‒II lib Java  ClassAPP JVM Tomcat Spring  FW pgpool-‐‑‒II lib Java  ClassAPP PostgreSQL SchemaDB (SBY)PostgreSQL SchemaDB (ACT) Apache2 HTML WEB JS Zabbix Template Monitor Cloud  B VDC システムのボイラープレートへの応⽤用 17 Monitor Zabbix DB (ACT) WEB Apache2 APP Tomcat  etc PostgreSQL DB (ACT) WEB Apache2 APP Tomcat  etc PostgreSQL パターン アプリケーション FW Apache2 HTML WEB JS JVM Tomcat Spring  FW pgpool-‐‑‒II lib Java  ClassAPP JVM Tomcat Spring  FW pgpool-‐‑‒II lib Java  ClassAPP PostgreSQL SchemaDB (SBY)PostgreSQL SchemaDB (ACT) Apache2 HTML WEB JS Zabbix Template Monitor Cloud  A VDC VDC
  18. 18. 例例えば、CloudConductor+VDCで 18 甚⼤大災害時に ⽣生き残ったクラウドへ システムを⾃自動復復元 するサービスが 実現できる
  19. 19. 甚⼤大災害時のシステム復復旧サービスへの応⽤用 l  甚⼤大災害発⽣生時に⽣生き残ったクラウドを探し出し、⾃自動的にシステムを 復復元する l  必要なときに初めて災対システムを⽴立立ち上げるため、災対サイトの 維持管理理コストが低減できる 19 LAN WAN Private  Cloud GW APP DB GW 企業情報システム 社内LANから接続 利利⽤用者 企業情報システムを ⾃自動構築 Public  Cloud GW APPDB 企業情報システム 災害復復旧拠点から接続 利利⽤用者 通常時 災害時 パターン リポジトリ Internet VDC VDC仮想ストレージ 仮想ストレージにより 災害からデータを保全 VDC 災害時には 企業情報システムを オンデマンドに再構築 鋭意検証中
  20. 20. 災害時のシステム復復旧サービスへの応⽤用 l  宮城県登⽶米市・慶應⼤大学・TISで災害対策の実証実験を実施 (2014/11/07) 20 ※実証実験の詳細は、CloudConductor公式サイトで公開しているレポートを参照   http://cloudconductor.org/whitepaper/災害時情報共有システムの実証実験.pdf
  21. 21. CloudConductorやVDCの仲間を募集しています 21 CloudConductorやVDCは オープンソースです (公式サイト  http://cloudconductor.org/) 開発やビジネスでJOIN していただける⽅方々を 募集しています
  22. 22. 連絡先 22 cloudconductor@tis.co.jp https://twitter.com/ccndctr https://www.facebook.com/cloudconductor

×