Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
謎解きイベントカンファレンス
2015 夏
IGDA日本 SIG-ARG 謎解き分科会
基調講演:分科会長 南 晃
2015年 7月 6日 於・東京カルチャーカルチャー
本カンファレンスの目的
• 謎解き業界の現状を分析的に把握する
• もって、今後の発展に寄与する
• 情報交換と交流の場を提供する
2
IGDA 日本 SIG-ARG 謎解き分科会
• NPO 法人 国際ゲーム開発者協会日本
ARG(代替現実ゲーム)専門部会 謎解き分科会
http://www.igda.jp/
• ゲーム開発者「個人」を対象とした、情報共有とコミュイティ育成に...
自己紹介
• 初参加の謎解きイベントは 2009年6月の「図工室からの脱出」
• 以降、総計919件の謎解きイベントに参加(2015年7月6日現在)
• 2011年2月「RPG雀荘からの脱出」を初制作
• 以降、総計 98件の謎解きの制作に関わ...
基調講演の流れ
• 謎解きイベントとは
• 現状分析
• 市場規模
• 公演数や団体数の推移
• 最近のトピックス
• 問題点
• 今後の展開
5
謎解きイベントとは
• クイズ、ミステリー、宝探し、ジオキャッシング、オリエンテーリング
• 映画、演劇、コンサート、サーカス
• ネット対戦ゲーム(MMO RPG、スプラトゥーン、麻雀など)
• クルード、ハグル
謎解きイベントとは 現状分析...
標準的な流れ
謎解きイベントとは 現状分析 最近のトピックス 問題点 今後の展開
7
小問題 数問(小謎)
新情報、謎(中謎)
新情報、謎(大謎)
過去のすべての情報を総合
「気付き」が必要
隠し要素があることも
単独で解けるもの 4~10問程...
分類
謎解きイベントとは 現状分析 最近のトピックス 問題点 今後の展開
8
個人戦 チーム戦 全体戦
小規模会場
(アジト)
- - 多
中規模会場
(ヒミツキチ)
少 多 稀
大規模会場
(球場など)
多 少 稀
親イベント併設 多 稀 少...
市場規模
• 2011年 5千人 1500万円
• 2012年 10万人 5億円
• 2013年 50万人 30億円
• 2014年 150万人 100億円
• 2015年 500万人 400億円(予想)
謎解きイベントとは 現状分析 最近のト...
形態別動員数
謎解きイベントとは 現状分析 最近のトピックス 問題点 今後の展開
10
公演型
130
周遊・街歩き型
60
アジト型
3
その他
15
動員数
公演型 周遊・街歩き型 アジト型 その他
2015年1月~6月 単位:万人(概算)...
初演タイトル数/新規設立団体数
謎解きイベントとは 現状分析 最近のトピックス 問題点 今後の展開
11
初演タイトル数 新規設立団体数
2011年 151 51
2012年 281 76
2013年 396 144
2014年 441 135...
持ち帰り謎タイトル数
謎解きイベントとは 現状分析 最近のトピックス 問題点 今後の展開
12
初売りタイトル数 新規販売団体数
2011年 2 2
2012年 11 7
2013年 44 22
2014年 90 38
2015年 24 ※ 1...
最近のトピックス (1)
• カフェ型、常設店舗の増加
• フェス系イベントの増加
• コラボイベントの大規模化
• 形式の多様化
• イベント内イベント
• ウェディング、企業懇親会、教育向け
謎解きイベントとは 現状分析 最近のトピックス ...
最近のトピックス (2)
• 海外事情
• 高校/大学などのサークル活動
• 地方への波及
• コラボイベントの大規模化
• 競技謎解きの登場
• テレビや広告への露出の増大
謎解きイベントとは 現状分析 最近のトピックス 問題点 今後の展開
...
謎解きイベントとは 現状分析 最近のトピックス 問題点 今後の展開
15
現状を俯瞰して
• 黎明期を過ぎ、成長期から全盛期(安定期)に入りつつある
• 需要に対して、制作者が質量ともに不足している
• 10代後半から40代がメイン
• 子供向...
問題点
• タイトル数が多い?
• 参加者の奪い合いになり、採算割れの危険が増す
• ネタバレ
• 著作権、商標権侵害
• 情報収集の困難さの増大
• 記録/資料の散逸
• 優勝劣敗
• 概念や構造の「固定化」
謎解きイベントとは 現状分析 最...
公演の開催や常設店舗の運営にあたっての留意点
• 事故対応
• 消防法
• イベント保険
• 著作権、商標権、意匠権
• 名称、イラスト、デザイン、音楽、版権
• 旅行業法、食品衛生法
• 税金
• 労働基準法
17
謎解きイベントとは 現状分...
今後の展開
• タイアップの増加
• メディアミックス
• 形態のさらなる多様化
• ポータルサイトの整備
• 批評家の育成
• ノウハウの継承
謎解きイベントとは 現状分析 最近のトピックス 問題点 今後の展開
18
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

【謎解きイベントカンファレンス2015夏】基調講演「謎解きイベントの市場規模と最新トレンド」(南晃)

9,005 views

Published on

2015年07月06日(月曜日)15時より実施された「謎解きイベントカンファレンス2015夏」にて行った基調講演「謎解きイベントの市場規模と最新トレンド」のスライド資料です。

【イベント概要】
現在、日本国内で大小あわせて年間数千の興行公演が行われている「謎解きイベント」。
これまで謎解きイベント制作者でありIGDA日本(NPO法人国際ゲーム開発者協会日本)SIG-ARG 謎解き分科会長を務める南晃が不定期に実施していた謎解きイベント制作者懇親会を発展させ、これまで分析的に語られる機会の乏しかった「謎解きイベント」について各種の統計データに基づき学習したり情報共有するカンファレンスとして開催!

【イベント内容】
・開会挨拶
・基調講演「謎解きイベントの市場規模と最新トレンド」(南晃)
・講演「データで見る高校の謎解き事情」(ぎん)
・講演「海外と日本 謎解きゲームの比較と検証」(山肩大祐)
・シンポジウム「討論・謎解きイベントの問題点~さらなる発展のために~」(南・田中・ぎん・山肩)
・閉会挨拶

【出演者】
南晃(謎制作者、IGDA日本 SIG-ARG 謎解き分科会長)
田中宏明(読売テレビエンタープライズ、IGDA日本 SIG-ARG 副世話人)
山肩大祐(謎解きグローバルコンサルタント)
ぎん(なぞまっぷ管理人)

Published in: Entertainment & Humor
  • Be the first to comment

【謎解きイベントカンファレンス2015夏】基調講演「謎解きイベントの市場規模と最新トレンド」(南晃)

  1. 1. 謎解きイベントカンファレンス 2015 夏 IGDA日本 SIG-ARG 謎解き分科会 基調講演:分科会長 南 晃 2015年 7月 6日 於・東京カルチャーカルチャー
  2. 2. 本カンファレンスの目的 • 謎解き業界の現状を分析的に把握する • もって、今後の発展に寄与する • 情報交換と交流の場を提供する 2
  3. 3. IGDA 日本 SIG-ARG 謎解き分科会 • NPO 法人 国際ゲーム開発者協会日本 ARG(代替現実ゲーム)専門部会 謎解き分科会 http://www.igda.jp/ • ゲーム開発者「個人」を対象とした、情報共有とコミュイティ育成により 業界の発展への寄与を目的とする • 謎解き分科会は、ARG 専門部会内に 2014年に設置 • 広義の ARG のうち、謎解きをメインとしたものを対象 3
  4. 4. 自己紹介 • 初参加の謎解きイベントは 2009年6月の「図工室からの脱出」 • 以降、総計919件の謎解きイベントに参加(2015年7月6日現在) • 2011年2月「RPG雀荘からの脱出」を初制作 • 以降、総計 98件の謎解きの制作に関わる(2015年7月6日現在) • 主なものに「東京迷宮パズル」「探偵パルコアラ謎解きゲーム」 「コードルームからの脱出」「髭謎」など • 2014年 IGDA日本 SIG-ARG 謎解き分科会長 4
  5. 5. 基調講演の流れ • 謎解きイベントとは • 現状分析 • 市場規模 • 公演数や団体数の推移 • 最近のトピックス • 問題点 • 今後の展開 5
  6. 6. 謎解きイベントとは • クイズ、ミステリー、宝探し、ジオキャッシング、オリエンテーリング • 映画、演劇、コンサート、サーカス • ネット対戦ゲーム(MMO RPG、スプラトゥーン、麻雀など) • クルード、ハグル 謎解きイベントとは 現状分析 最近のトピックス 問題点 今後の展開 6 能動性 課題解決 情報分析 成功判定
  7. 7. 標準的な流れ 謎解きイベントとは 現状分析 最近のトピックス 問題点 今後の展開 7 小問題 数問(小謎) 新情報、謎(中謎) 新情報、謎(大謎) 過去のすべての情報を総合 「気付き」が必要 隠し要素があることも 単独で解けるもの 4~10問程度 ストーリーとは無関係なことも多い ストーリーに合致したものが多い 小謎を再使用することも 中謎が複数存在することもある
  8. 8. 分類 謎解きイベントとは 現状分析 最近のトピックス 問題点 今後の展開 8 個人戦 チーム戦 全体戦 小規模会場 (アジト) - - 多 中規模会場 (ヒミツキチ) 少 多 稀 大規模会場 (球場など) 多 少 稀 親イベント併設 多 稀 少 街歩き 多 少 稀 web 多 稀 少 • 公演型 • 周遊型 • アジト型 • 随時型(カフェなど) • 街歩き型 • 持ち帰り型 • Web型 • 特殊型
  9. 9. 市場規模 • 2011年 5千人 1500万円 • 2012年 10万人 5億円 • 2013年 50万人 30億円 • 2014年 150万人 100億円 • 2015年 500万人 400億円(予想) 謎解きイベントとは 現状分析 最近のトピックス 問題点 今後の展開 9 ちなみに・・・ 100億円 ジグソーパズル 150億円 声優 250億円 プラモデル 300億円 フィギュア 350億円 ライトノベル 550億円 麻雀 出展:市場規模マップ http://visualizing.info/ 日本国内、講演者調べ
  10. 10. 形態別動員数 謎解きイベントとは 現状分析 最近のトピックス 問題点 今後の展開 10 公演型 130 周遊・街歩き型 60 アジト型 3 その他 15 動員数 公演型 周遊・街歩き型 アジト型 その他 2015年1月~6月 単位:万人(概算) 講演者調べ
  11. 11. 初演タイトル数/新規設立団体数 謎解きイベントとは 現状分析 最近のトピックス 問題点 今後の展開 11 初演タイトル数 新規設立団体数 2011年 151 51 2012年 281 76 2013年 396 144 2014年 441 135 2015年 217 ※ 70 ※ ※2015年は1月~6月 講演者調べ
  12. 12. 持ち帰り謎タイトル数 謎解きイベントとは 現状分析 最近のトピックス 問題点 今後の展開 12 初売りタイトル数 新規販売団体数 2011年 2 2 2012年 11 7 2013年 44 22 2014年 90 38 2015年 24 ※ 12 ※ ※2015年は1月~5月 出展:持ち帰り謎年表 めれる(@tic_tac_toe_)氏作成
  13. 13. 最近のトピックス (1) • カフェ型、常設店舗の増加 • フェス系イベントの増加 • コラボイベントの大規模化 • 形式の多様化 • イベント内イベント • ウェディング、企業懇親会、教育向け 謎解きイベントとは 現状分析 最近のトピックス 問題点 今後の展開 13
  14. 14. 最近のトピックス (2) • 海外事情 • 高校/大学などのサークル活動 • 地方への波及 • コラボイベントの大規模化 • 競技謎解きの登場 • テレビや広告への露出の増大 謎解きイベントとは 現状分析 最近のトピックス 問題点 今後の展開 14
  15. 15. 謎解きイベントとは 現状分析 最近のトピックス 問題点 今後の展開 15 現状を俯瞰して • 黎明期を過ぎ、成長期から全盛期(安定期)に入りつつある • 需要に対して、制作者が質量ともに不足している • 10代後半から40代がメイン • 子供向けやシニア向けに需要あり? • タイアップにより、新規層が増加している • 地方に常設型が増え、遠征者も増加している
  16. 16. 問題点 • タイトル数が多い? • 参加者の奪い合いになり、採算割れの危険が増す • ネタバレ • 著作権、商標権侵害 • 情報収集の困難さの増大 • 記録/資料の散逸 • 優勝劣敗 • 概念や構造の「固定化」 謎解きイベントとは 現状分析 最近のトピックス 問題点 今後の展開 16
  17. 17. 公演の開催や常設店舗の運営にあたっての留意点 • 事故対応 • 消防法 • イベント保険 • 著作権、商標権、意匠権 • 名称、イラスト、デザイン、音楽、版権 • 旅行業法、食品衛生法 • 税金 • 労働基準法 17 謎解きイベントとは 現状分析 最近のトピックス 問題点 今後の展開
  18. 18. 今後の展開 • タイアップの増加 • メディアミックス • 形態のさらなる多様化 • ポータルサイトの整備 • 批評家の育成 • ノウハウの継承 謎解きイベントとは 現状分析 最近のトピックス 問題点 今後の展開 18

×